イオンの株主優待の株主ご優待返金引換証キターと銀行振込手続き -2020年04月-

イオン優待

ちょっと前だけど、イオンから株主優待オーナーズカードキャッシュバック「株主ご優待返金引換証」が届いたんだけど。

私の返金額少なすぎなのは置いといて。今回はコロナ特別対応で、キャッシュバックは店頭だけでなく、返金引換証を送れば銀行振り込みでも受け取り可って書いた紙も入ってたんだけど。これっていつものことだから、わざわざ知らせる意味なくね。それとも、引換証の裏面に書いてある「表記の店頭でのご返金取扱期間を経過した場合は、銀行振込」無視して、取扱期間中でもおけって事なのか、私気になります。

おそらく、コロナショック中に無理してイオンカウンターに来なくても、銀行振込でも返金可能ってのを周知させたいって事なんだろうな。知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、これ届いた時点ですでに、銀行振込手続きのため引換証2年分まとめて送った後だったのでどうでもいい気がする。

以下余談

簡易書留

イオンのキャッシュバックって、一時期はそこそこ使ったりおせちかったりしたから結構あったので、引換証送るのに簡易書留使ったんだけど。これまではWebゆうパックプリント(なんか名前変わってる)で宛名ラベルとか作ってたけど。

封筒に住所だけなら手書きした方が楽かと思ってそうしたら、窓口の手続き中になんか住所のところにバーコードリーダーみたいなのあててた。もらったレシートには、宛先と送り人の住所とかも印刷されてたけど、日本郵便も業務の効率化とかしてるんだな。もしかして、自分が知らないだけで以前からこうだったかもしれんが。

それと、簡易書留だと最低でも404円かかるっぽいから、値段考えたらレターパックのほうがいいかもしれんな。ただ、キャッシュバックの金額次第では事故った奴は不運と踊っちまったで、普通郵便で良くねって気もする。まあ、期間中直接窓口いけばいいんだけど、イオンの買い物がほとんどネットスーパーで引換証2年分ためてたことからお察しだけど、イオン行くの面倒くせえ。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください