センター試験の英語の筆記テストに挑戦してみた


Image by lecroitg from Pixabay

センター試験

なんか、ニュースでセンター試験が今年最後とか連呼しまくりだったんで、なんとなくネットで公開されてる英語のテストをやってみたんだけど。

リスニングは自信ないから筆記のみだけど結果は122点だったって、東進ハイスクールの予想平均点とほぼ同じだな。

大学受験時の自己採点でもだいたい平均点だったし、大学の偏差値も50ぐらいだったのを考えれば、まあこんなもんだろ。

ただ、点数的にはあまり変わってないけど、問題解いてる時のスピードが受験生だった頃とは段違いに落ちてて、最後の問題は最後までいけなかった。まあ、序盤で時間かかりすぎて後半の長文とかにかける時間足りなくなったってのもあるが、それでも老いを感じざるを得なかった気がする。

顔面偏差値が高くなければ自己満以外は1,000円カットで良くね?


Image by Renee Olmsted from Pixabay

1,000円カット

なんか、1,000円カットで髪を切るのは「子供とかもう身なりなんてどうでもいい老人」ってイメージで、いい大人が利用してるのを知ってデカルチャーみたいな記事を読んだんだが。

ぶっちゃけ、1,000円カットで髪切ったアイドルやモデルと、カリスマ美容師にカットしてもらった一般人のどっちが好感度高いか考えたら、イケメン以外は1,000円カットでいいんじゃね。知らんけど。

ちなみに人づてに聞いた話では、一番高かったカット料金は5,000円と1万円の間ぐらいだった気がするが。今回検索したら、「2万円」とか「将来的には10万円を目指していきたい」とかのパワーワードが出てきてビビった。

けど、これ見ると元がいいイケメンとかよりもそうでない人の方が腕のいい美容師とかが必要なことは確かな気がしてきた。

美容師さんはみんな、若い女性を切るのは得意なんです。ヘアカタログを見てもらえばわかると思うんですけど、魅力的な髪形がたくさん並んでいるでしょう? ピチピチの肌に合わせて、ボリュームがあってツヤツヤの髪を切るのはとても上手。でも、人間には老いがやってきますよね。若い時と同じ髪型が変わらずずっと似合う方の方が少数派なんです。私はその“老い”に合わせて髪や美をプロデュースすることに特化してやっていますが、きっとそういう美容師は多くないんですよね。老いていくおばさんの気持ちは、おばさんにしか分からないんじゃないかなって思うし、実際分かっているからこそ、支持していただけてるのかなって思います。

1,000円カットに行く理由

昔は、3,000円ぐらいでシャンプー付きの美容院を利用してたんだが。その後、1,000円カットに切替えたのは、髪切ってる時の営業トークがうざかったから。ちなみに、床屋じゃなく美容院なのは床屋の店主の話がうざかったたので、そこより遠いけど家から近い他の店が美容院だったから。そういえば、QBハウスは徒歩圏にないので当時は乗換駅の中か駅近の店で切ってたな。

なお、1,000円カットの出来については、掃除機がうるさい以外は特に不満はない。何も言わないともみあげの長さが違う確率が高い気はするが、値段考えればまあこんなもんだろ。どちらかというと、1,000円カットクラスの仕上がりは、店より担当者の当たり外れ次第って気がする。知らんけど。

ちなみに、1,000円カットに興味持ったのはマネックス社長松本大氏がマネックスメールで書いてるのを見てからだったりする。

なので、あの頃はQBハウスに行くのは緑以外は負けだと思ってた。

カニカマは高タンパクで筋肉つくのか、私気になります


PezibearによるPixabayからの画像

カニカマで筋肉?

ちょっと前に見たテレビなんだが、カニカマがシニアに人気で筋肉もつくみたいなことを言ってたんだが。

シニアの間で大人気の食材といえば「カニカマ」。「筋肉は裏切らない」のセリフで話題の谷本道哉さんによれば、カニカマは高タンパクで消化もいいため、シニアでも筋肉がつきやすいというのだ。

それで冷蔵庫にあるカニカマみたら、なんかタンパク質より炭水化物の方が多かったんだが。それなんで本当にカニカマは高タンパクなのか気になったので調べてみました。

カニカマ適当調査

とりあえず、Amazon.co.jp販売で「カニカマ」で検索したらこれしかカニカマっぽいのが引っかからなかったんだが。

丸善?たらばかにかま?1本入り×15個


栄養成分と原材料はこんな感じで、これもタンパク質より炭水化物の方が多いんだが。

栄養成分表示:1本あたり エネルギー61kcal・たんぱく質6.2g・脂質0.4g・炭水化物8.1g・ナトリウム447mg

番組では、原材料魚のすり身卵白が入ってるからタンパク質がーとか言ってたけど、これ見ると卵白よりでん粉の方が多いんだけど。

原材料:たら、でん粉、食塩、醸造調味料、かにエキス、卵白、還元水あめ、植物油脂、植物性たん白、加工デンプン、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、セルロース、レシチン、香料、着色料(パプリカ色素、トマト色素)、(原材料の一部にえび、小麦、いか、大豆を含む)

これだけじゃサンプルが足りない気がするので、今度はイオンのネットスーパーで売ってるカニカマを調べてみました。ググって商品情報見つからなかったのはスルー。

なお、栄養成分に関しては単位が各製品違う場合もあるけど、タンパク質・炭水化物の比較だけでいいからこういうのでいいんだよじゃね。

これは卵すら使ってないのか。

原材料名
魚肉すり身、でん粉、発酵調味料、食塩、ずわいがに、砂糖、かにエキス、たん白加水分解物(小麦を含む)、植物油脂、大豆粉/調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、炭酸Ca、香料(小麦・大豆由来)、レシチン(大豆由来)、トマト色素

その割に若干タンパク質の方が多いけど、やっぱり炭水化物とそう変わらんな。

栄養成分
100g当たり エネルギー83kcal たんぱく質10.2g 脂質0.3g 炭水化物9.8g(糖質9.8g、食物繊維0g) 食塩相当量2.0g

これはちゃんと魚肉・卵白の順になってる。

原材料名
魚肉、卵白、でん粉(小麦を含む)、砂糖、食塩、発酵調味液、かにエキス、鶏卵、植物油(大豆を含む)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香料、パプリカ色素、トマト色素

しかも、今までと比べて炭水化物が少なめだ。それでもでん粉使ってるだけあって結構入ってるな。

栄養成分
<製品70g当たり>エネルギー 64kcal 、 たんぱく質 8.9g 、 脂質 0.8g 、 炭水化物 5.4g 、 食塩相当量 1.0g

流石は、番組で紹介されてたスギヨだけのことはあるのか、私気になります。

これもでん粉が卵白より多くて、タンパク質が若干多いとは言え炭水化物とほぼ同じだな。

原材料名
魚肉、でん粉、卵白、大豆たん白、発酵調味料、植物油、砂糖、かにエキス、食塩、えんどう豆たん白/調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、ソルビトール、炭酸カルシウム、香料、トマト色素、パプリカ色素、ポリグルタミン酸、(一部に卵・小麦・えび・かに・大豆を含む)

栄養成分
1パック(52g)当たり
エネルギー 42kcal
たんぱく質 4.9g
脂質 0.4g
炭水化物 4.7g
食塩相当量 0.7g
カリウム 213mg

これは魚肉・卵白の順だけど、結局若干タンパク質が大いにとどまってる。

栄養成分 1包装(標準90g)あたり
エネルギー 76kcal
たんぱく質 8.9g
脂質 0.6g
炭水化物 8.5g
食塩相当量 2.0g
ナトリウム 772mg

原材料
魚肉, 卵白, でん粉, 魚介エキス, 砂糖, 食塩, なたね油, 香味油/加工でん粉, 調味料(アミノ酸等), カロチノイド色素
[添付カニ酢]
しょうゆ, 魚介エキス, 砂糖, 醸造酢, 発酵調味料, 米黒酢/調味料(アミノ酸等)

これ、原材料にもかまぼこかよってのはおいといて、やっぱりでん粉が卵白より先か。栄養も接戦でタンパク質の勝ちってとこか。

栄養成分 1包装(標準120g)あたり
エネルギー 112kcal
たんぱく質 13.0g
脂質 1.1g
炭水化物 12.4g
食塩相当量 2.8g

原材料
かに風味かまぼこ、かまぼこ、魚肉、香味油、食塩、でん粉、卵白、植物油、乳たん白/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、pH調整剤、着色料(カロチノイド、紅麹、ラック)、(一部に卵・乳成分・えび・かに・小麦・大豆・ゼラチンを含む)

これはタンパクタンパクと並んでるけど、最後は誤差の範囲でファイナルアンサー。

原材料名
魚肉、卵白、でん粉、砂糖、食塩、発酵調味液、魚介エキス、植物性たん白、植物油、コラーゲンペプチド/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、セルロース、pH調整剤、着色料(パプリカ色素、トマト色素)、貝Ca、香料、(一部に卵・小麦・えび・かに・大豆・ゼラチンを含む)

内容量 1包装・136g(12本)あたり
エネルギー 138kcal
たんぱく質 15.1g
脂質 2.0g
炭水化物 15.0g
食塩相当量 2.6g

これだけ原材料公開してなさげだけど、炭水化物の方が多いからどうでもいいか。

栄養成分
112g(56g×2パック)当たり
エネルギー 115kcal
たんぱく質 12.0g
脂質 1.5g
炭水化物 13.4g
食塩相当量 2.4g

筋トレに炭水化物

そういえば、昔公共のスポーツ施設みたいなとこで筋トレの説明受けてた時、トレーニングの後はプロテインだけじゃなく炭水化物も取った方がいいとか聞いたような気がするので、もしかするとカニカマの炭水化物にも意味があるのかもしれないので、調べてみました。

トレーニング時に体内でエネルギーとして使われているのが炭水化物(糖質)です。運動強度が高くなればなるほど、体内で使われる炭水化物(糖質)の比率は上がります。
炭水化物(糖質)と一緒に、筋肉をたくましくする材料として欠かせないタンパク質もバランスよく摂ることで、よりトレーニングの効果を期待できます。

ハードなトレーニングするほど炭水化物も必要になるっぽいが、NHKの番組だと「シニア」の話だから、炭水化物とタンパク質が同じぐらいってのはどうなんだろう。ちなみに、上記ページだと炭水化物の必要量しか書いてなさげだが。

運動量・及び種目によって、使われる筋肉の特性が違うため必要な量も異なります。
筋力・瞬発系の無酸素運動目の場合は6g×体重(kg)、持久系の有酸素運動の場合は7~10g×体重(kg)を目安に摂取することが推奨されています。

タンパク質はこんな感じっぽい。

トレーニングの強度や頻度によっても左右されますが、だいたい体重1kgあたり2g程度のたんぱく質が必要と言われています。体重70kgのアスリートなら1日に約140gのたんぱく質を摂る必要があります。ちなみに、運動をしていない一般の方の必要量は、体重1kgあたり1g程度ですので、倍の量を摂らなければいけません。

炭水化物がトレーニング前なのか後なのかそれとも前後なのかは不明だが、記事によれば炭水化物より多くても問題さげっぽいな。知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、生兵法は大怪我の基だから、素人が調べてみましたで正確なことは分からない気がしないでもない。

ただ、カニカマはスギヨの製品でもタンパク質が製品70gあたり8.9gだから含有率約12.7%で、言われるほど高タンパクじゃない気がするんだけど。でも全卵だと12.3%だから、これでも高タンパクでいいのか、私気になります。

ちなみに、黄身の方が白身よりタンパク質多いけど脂質も多いんだな。この辺がサンシャインが弟子にゆで卵の白身と皮なしの鶏肉しか食べさせてなかった理由なのか、私気になります。

障害者雇用にやりがいとか達成感を求めるのは、氷河期世代的にはゴンに対するハンゾーの心境?


Free-PhotosによるPixabayからの画像

障害者をダシに使うな?

なんか、桜を見る会シュレッダー事件に関して、障害者団体が安倍首相に抗議したって記事を読んだんだが。

これって、例えるなら通販で人手足りなくて発送予定日が遅れたみたいなもんで、別にシュレッダー係の能力や効率性についてはその発言に関しては触れてないんじゃね。まあ、関連記事の「担当である障害者雇用の短時間勤務職員の勤務時間等との調整を行った結果」については、確かに「障害者雇用」って言う必然性は感じないけど。

ただ、コスパ無視して税金とアファーマティブアクション使ってまで優遇してる障害者雇用に関して、小一時間問い詰めたいって感じで質問してるのはいかがなものかって気がしないでもない。

要請書は「内閣府は障害者として雇用した職員に対して、このようなシュレッダー作業を主要に行わせているのか」とも質問。古賀さんは「障害者には単純作業しか任せていないのかと疑っている。やりがいを感じなければ、早々にやめてしまわないか。私たちも他の人と協力し、一緒に仕事上の目標を達成したいし、一体感を味わいたい。そうした思いが中央省庁の障害者雇用でくまれているのか」と懸念を口にした。

つまり、ハンター試験の最終選考でゴンとハンゾーが戦った時、ハンゾーが負けを認めた後でそれを許さなかったゴンに言った台詞でファイナルアンサーなのか、私気になります。

今回の感想

「人はパンのみにて生くるものに非ず」と言うし、確かにお金だけじゃなく精神的な何かも必要かもしれんが。それって、お金と違ってその人の価値観次第で、決まった物があるわけじゃないからな。そういうのは個人の努力でまかなうべきじゃねって気がする。

それに、おそらく法律や補助金がなければ健常者の方が雇われる現在の障害者雇用の制度で判断すれば、「障害者は能力がなく、非効率な人間」ってのは客観的な事実にしか思えないが。この件に関して、論理的な反論やなんらかのエビデンスがあるのか、私気になります。

それ言ったら、今まで正規雇用されてない職歴ないスキルない氷河期世代のみの募集を特例で認めるのも、アファーマティブアクションで「氷河期世代は能力がなく、非効率な人間」の証明とも言えるかもしれんな。新卒ガチャの排出率が「不運と踊っちまった」だった結果論だとしても。

しかし、障害者雇用で「やりがい」とか「目標を達成したい」とか「一体感を味わいたい」って、キン骨マンに打たれたテリーマンを倒したロビンマスクみたいなもんじゃね。

と書いてて思い出した。最近のSHOWROOMのTGCイベントを見てもにょったんだけど、その理由がようやく分かった気がする。

このイベントって、ファンの応援で上位3位に入れば出演権獲得出来るってことだが、言い換えれば、本来ならランウェイに立てれないアイドルが金の力とかを借りて舞台に上がるんだろ。そんな、ガチのモデルとかと比べられるだけでなく、観客からは下手すれば札束で買ったランウェイとか思われても出たい物なのか、私気になります。

まあ、場違いな舞台でも実績にはなるだろうから、その後の仕事に繋がるとかのメリットはあるかもしれんが。

閑話休題。そんな訳で、障害者も氷河期世代も、アファーマティブアクションで雇用された人は、足を負傷したテリーマンがロビンマスクを相手にするぐらいの気迫を見せるべきじゃね。知らんけど。

ついでに思い出した。障害者でも健常者を能力で上回り会社にオレ流を貫いてる例を。

どっかのシンギュラリティがーの人あたりなら、数年後にAIに仕事奪われる穴掘って埋める労働ですねとか言いそうだな。知らんけど。

食べ残しのざる蕎麦を持ち帰りたいならそれなりの備えが必要?

ざる蕎麦お持ち帰り

なんか、蕎麦屋でざる蕎麦注文したら量が多かったんで持ち帰り頼んだら断られたって記事読んだんだが。なか卯がーってのは、最初からテイクアウトを想定してるファストフード系の例を持ち出すのってどうよって気がする。それ以前に、食いかけを持ち帰るのとテイクアウトを比べるのもフェアじゃない気がする。知らんけど。

まあ、井出留美氏が行くような店だと、チェーン店とか出前やってない本格的な蕎麦屋っぽい気がするから、衛生面より味とかこだわりオヤジのラーメン屋的なマイルールでNGだったんじゃね。知らんけど。

テイクアウト

ちなみに、なか卯のテイクアウトは麺・ご飯とつゆ・具が別々になってて、お持ち帰りでも劣化を最低限に抑える工夫がされてる。ざるそば系なら最初から麺だけだから今回のケースでは関係なさげだが。

ついでに、富士そばのテイクアウトはそのままっぽいが、出前と同じと考えればまあこんなもんだろ。

今回の感想

そんな訳で、飲食店で自分が食えない量出たからってマイルール持ち出して、私は悪くありません天ぷらがーおはぎがー食べ残しがーなのにぶっちゃけあり得ない、みたいな記事書くのは大人気ない気がしないでもない。

それに、蕎麦屋とかってそばを自分とこで打つにしても仕入れるにしろ1食単位とかな気がするんだけど。仮に、注文時に客に配慮してそばの量聞いて減らすとかしたら、余ったのは結局廃棄になりそうなんだけど。それとも、茹でないそばは家で茹でるから持ちかえらせろとか主張するのか、私気になります。

個人的には、自己責任でドギーバッグとかで持ち帰るのが普通の社会になって欲しいとは思うけど。

ただ、今回の井出留美氏の記事には引っかかるとこがあるんだよな。

長野県に来ている。長野県、信州、といえば、思い浮かぶ食べ物はいろいろある。その一つが蕎麦だ。先ほど、ある蕎麦屋に4人で入った。ところが、思ったより、量が多かった。もり蕎麦、つまりざる蕎麦の持ち帰りを頼んだところ、「持ち帰りはできません」の一言。

これって、井出氏がタッパーとかジップロック持ち込んで持ち帰らせてくれって言ったならともかく。そばを持ち帰るような客想定外でテイクアウト容器とかを用意してないところに「持ち帰りを頼んだ」ってオチだったら、店の人間に同情しちゃうかな。仮に手ぶらで行って言ったとしたら、お客様は神様だからビニール袋に蕎麦入れてでも要望をかなえろってことかもしれんな。知らんけど。

真偽のほどは定かではないが、茹でたそばすら持ち帰ろうとするぐらいユニークな思想の持ち主なら、当然ドギーバッグとかを普段から持ち歩いてるのかは、私気になります。