綾川澄生 について

年120万の不労所得と、支出を120万に抑えることに残りの人生を費やす低所得・ゴミ投資家でダメ人間

Angry Birdsの血なまぐさい話?

Angry Birds

なんか最近、「Furits Ninja」の記事読んだら「Angry Birds」の事を思い出したんだけど。Angry Birdsと言えば、日本ではマイナーな気がするけど、世界的には大ヒットしてたような記憶が。

『アングリーバード』(アングリーバードあるいはアングリーバーズ)は、フィンランドのロビオ・エンターテインメント(旧:Rovio Mobile)がiPhone向けに開発したモバイルゲームである。2009年12月にApp Storeで販売されてから、1200万ダウンロードを記録するなど、世界中で大ヒットした。後にAndroid版やPC版およびMac版が開発され、シリーズを含めた累計ダウンロード数は2015年時点で25億以上ともいわれている[1]。

日本ではそこまで爆発的なヒットを遂げなかったが、ヨーロッパ、アメリカ、中東、中国などで大ヒットし、世界では2010年で最も成功したゲームソフト、または世界で最も成功したモバイルゲームと評され、世界の至る国でグッズ販売、アニメ化などメディアミックスを果たした。

ググったら、「Rovioの日本法人であるRovio Japanを立ち上げた人」の友人氏が敗因分析してる記事を見たんだが、なかなか斜め上の発想なんじゃね。知らんけど。

このような質問が大人から出る一方で、Angry Birdsは幼い子供達にはそれなりに受け入れられていました。前述の着ぐるみのミート&グリードやApp Bank協力のイベントにはたくさんの小学校低学年くらいの子供達が親と一緒に参加していましたから。しかし如何せん現在の日本は超・少子高齢化社会。子供達だけの支持ではとても満足な収益は上げられません。

子供は無邪気にAngry Birdsを楽しめるのに年齢が高くなるほどネガティブな印象を持つ人が増える

ネタバレしちゃ悪いから不自然な切り取りで引用したけど、子どもに受けても年齢が高くなるほどダメ出しされるってことらしいが、これっておま環みたいなもんじゃね。ぶっちゃけ、海外発のヒットしたスマホゲーでも、おっさんとか老人にダメ出しされて日本でウケない例がそんなにあるのか、私気になります。

スマホゲー

個人的には、スマホ持つのが遅かったし、格安スマホとか使っててあんまスマホゲーやってないから間違ってるかもしれんが。そもそも、海外のスマホゲーって日本ではあまりヒットしてないんじゃね。一昔前のその手のゲームで思いつくのって、キャンディーなんちゃらぐらいしか思い浮かばないが、それでも日本でそんなに市民権得てるとは思えんが実際どうなんだろ。

もっとも、最近は日本のゲーム会社はガチャゲーでポチポチゲーみたいなのが主流になってるせいか、海外のゲーム会社と地位が逆転してるみたいな説もあるけど。

日本企業が苦戦する中で勢いづいているのが、海外企業だ。昨年7月以降の1年間で配信され、今年7月時点でトップ30入りした6タイトルのうち、4つは中国や韓国の企業が手掛けたものだ。

日本でヒットしている海外のタイトルを見ると,「アズールレーン」をはじめ日本人好みのテイストになっていることが多い。日本ユーザーは辛口の評価をすることが多いが,近年は海外産のタイトルも受け入れられるようになってきたと加藤氏は語った。

日本のhentai領域に、ようやく海外もついてこれるようになったのか、私気になります。

今回の感想

そんな訳で、日本のお家芸とか言われた気がするゲームも、スマホゲーに関しては斜陽産業になりつつある、そんなふうに考えていた時期が私にもありました。

  • スマホゲームの年間課金売上ランキング、3位パズル&ドラゴンズ、2位モンスターストライク、1位は?
    https://dime.jp/genre/864273/

このデータによれば、2019年の「国内モバイルゲーム課金売上ランキング」でベスト10に入ってる海外ゲーは、多分「荒野行動」だけっぽい。それとも、「ツムツム」は海外に含めていいんだろうか。

それはともかく、なんとなくのイメージだけど、この中でゲームらしいゲームって荒野行動ぐらいで、他はパズルゲーを除けばガチャゲーみたいな課金か時間かけるほど有利って感じだな。まあ、スマホの特性を考えれば、ガチなのよりカジュアルゲーの方が合ってるとは思うけど。結局、日本のスマホゲーは最後は金目でしょって結論になるのかもしれんな。知らんけど。

以下余談

バトルロイヤル

そういえば荒野行動って、先発の「PUBG」に誰の許可得てパクってんだよオラみたいな訴え起こされてた気がするけど。これ結局、裁判になって最後は和解してたのか。

どうでもいいけど、「バトルロイヤル」のシステムに関しては「Quake」とか「Unreal」の時代からあった気がするけど。

「Quake」の真髄が人間相手のバトルロイヤルにあるのはもちろんだが、シロウトがいきなり戦場に飛び込んでも瞬殺されるのがオチだ。

FPSゲームではもっともポピュラーなスタイルである、バトルロイヤル形式のゲームモード。Map上に配置されている武器やシールドを回収しながら、制限時間内で1番多く敵を倒したユーザーの勝利となる。

まあ、100人降りても大丈夫ってのは、多分PUBGが初の試みな気がするけど。それって単に、PCとかの性能が上がって実現できるようになっただけなんじゃね。知らんけど。

すかいらーく200店舗あぼーん・無配転落・株主優待改悪コンボキター

瀕死のすかいらーく?

なんか、テレビのニュースで流れるほど、すかいらーくヤバいですねな状況っぽいんだけど。

ファミリーレストラン最大手の「すかいらーくホールディングス」は、新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいる業績の立て直しに向け、不採算店舗など、およそ200店を来年末までに閉店することになりました。ただ、閉店に伴う人員削減はせず、グループ内の配置転換で雇用を維持するとしています。

記事によれば、「採算が見込める新たな出店も進める」ぽいから、差し引きマイナス120店ぐらいになるらしいが。おそらく、儲かってない典型的なファミリーレストランみたいな店舗は潰しまくって、テイクアウトに力入れたり立地の良いとこに回転率重視の小型店舗とかが増えるのかもしれんな。知らんけど。

無配・配当改悪

なお、一般ニュースでは触れてないが、期末配当が無配になっただけでなく株主優待が改悪される模様って、ヤバいですね。

ちなみに、具体的な数字は下記の通りで、今までは1,000株保有が一番優待利回りが高かったが、今回の改悪で100株最強になった。

・Before

保有株式数 贈呈金額年間合計 贈呈金額6月末 贈呈金額12月末
100株~299株 6,000円 3,000円 3,000円
300株~499株 20,000円 9,000円 11,000円
500株~999株 33,000円 15,000円 18,000円
1,000株以上 69,000円 33,000円 36,000円

・After

保有株式数 贈呈金額年間合計 贈呈金額6月末 贈呈金額12月末
100株~299株 4,000円 2,000円 2,000円
300株~499株 10,000円 5,000円 5,000円
500株~999株 16,000円 8,000円 8,000円
1,000株以上 34,000円 17,000円 17,000円

大口より、数の多い優待乞食のダメージを抑えようとする姿勢なのか、私気になります。

今回の感想

ホント、コロナ禍の外食は地獄だぜ、あばばばばだな。ヤバいですね。

まあ、すかいらーくもGo Toイート対象だからって、ここも既得権益のお仲間だっのか。そうなると無限くら寿司みたいに、Go To乞食以外のヘイトを集めても無限ガストできるメニューを開発してればよかったのか、私気になります。

けど、オンライン予約でポイントが貯まるのはガスト含まない5ブランドに限られるのか。けど、すかいらーく系列では錬金術とか無限技はつかえないっぽいな。

オンライン予約で付与されたポイントはお使いいただけません。ご注意ください。

Go To利権企業も一枚岩ではないのかもしれんな。知らんけど。

Kindleオーナーライブラリー終了するってよ

KOLあぼーん

なんか、Amazonから、Prime ReadingあるからもうKindleオーナーライブラリーやめるわpgr(感じ方には個人差があります)みたいなメールが来たんだけど。

Kindleオーナーライブラリーと言えば、サービス開始からあまりの検索性の悪さに実は使ってほしくないんじゃねとは思っていたけど。2021年1月4日でサービス終了とはいえ、今まで結構長く続いた気がする。

個人的には、シックスサマナは全部これで読んでるんで結構有用だったりするが。

シックスサマナ 第36号 マジキチ日本紀行 ラストオブ出会い旅

結構前から、クーロン黒沢氏も忙しいのかネタ切れなのか、出版ペースが落ちまくって他の本を読むことが多くなったんだけど。小説とかは1ヶ月だと読む気が起きないかもしれないとか、かと言ってマンガは下手すりゃ10分ぐらいで読み終わってしまうとかで、なかなかオーナーライブラリー対象本を選ぶにも苦労してたが。それなんで、最近は月末になると写真集とか選択してたりしたけど、数十ページだと気分的に損した気分で虚無ったりしてたのもいい思い出になるのかもしれんな。知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、Kindleオーナーライブラリー終了するけど、なんだかんだ言って結構使ってたんで今まで乙であざーっすって感じだな。ちなみに、個人的な印象だとAmazonの電子書籍サービスのラインナップはこんな感じで、Prime Readingが一番しょぼい気がする。

Kindle Unlimited >>> 超えられない壁 >>> オーナーライブラリー >>> Prime Reading

これからは現在オーナーライブラリー対応の本がPrime Readingでも読めるようになるのか、私気になります。

Rogueか、何もかもみな懐かしい

Rogue on Steam

なんか、SteamRogueが発売されたって記事を読んだんだが。Rogueは昔、プロバイダーのシェルにインストールしたり、MS-DOS版の日本語対応のjRougeだかをやった気はするが、結局「イェンダーの魔除け」を見つけることすらできなかった記憶が。

個人的には、RogueよりJNethackのほうがプレイ時間が圧倒的に長かったけど、Rogueは本格的にはやってないからこれを期にプレイしようかと思ったけど、思い出した。

Rogueならフリーでもあるんじゃね。

Rogue on Linux

ググったらいろいろあるっぽいけど、Linuxでソースからコンパイルとか面倒くさいなと思ったところで気づいた。これだけメジャーなゲームならaptでインストールできるんじゃね。で、「apt search rogue」してみたけど、結構ローグライクのゲームが多かった気がする。

ちなみに、Rogueは「bsdgames-nonfree」に入ってるぽい。

bsdgames-nonfree/focal 2.17-8 amd64
rogue, the classic dungeon exploration game

「bsdgames」ってのは、ハングマンとか昔ながらのゲームが入ってるんだなと「apt show bsdgames」して気づいた。

以下のプログラムが含まれています: adventure, arithmetic, atc, backgammon, battlestar, bcd,
boggle, caesar, canfield, countmail, cribbage, dab, go-fish, gomoku, hack,
hangman, hunt, mille, monop, morse, number, pig, phantasia, pom, ppt,
primes, quiz, random, rain, robots, rot13, sail, snake, tetris, trek,
wargames, worm, worms, wump, wtf

そう言えば、RogueとNetHackの間にHackってのもあったな。これはプロバイダーにインストール済だったんでやったけど、Rogueほどシンプルじゃなかった記憶。

今回の感想

そんな訳で、「bsdgames」と「bsdgames-nonfree」をapt installしてみてRogutとHackをプレイしてみたが。テキスト画面は耐性があるけど、プレイのかったるさには耐えられなかった。もう、スマホのポチポチゲーとかドボンぐらい単純なゲームじゃないとダメかもしれんって、年は取りたくないもんだな。

死刑囚の人権と被害者の人権で等価交換は成り立つのか、私気になります

死刑囚表現展

なんか、津久井やまゆり園事件で死刑確定した植松聖氏含めた、死刑囚の作品が出品されてる「死刑囚表現展」ってのが開催されるらしいんだが。

障害者施設「津久井やまゆり園」(神奈川県相模原市緑区)で入所者ら45人を殺傷した植松聖死刑囚(30)が拘置施設内で制作した「作品」が、東京都内で23日に始まる「死刑囚表現展」に展示される。

これいっそ、入場料とるとか作品をオークションにかけて、利益は被害者救済とかに回したほうが良い気がしてきたが。そうなるとやっぱ「サムの息子法」が必要なのか、私気になります。

サムの息子法

ついでにググったら、元少年A「絶歌」の時に国会でもサムの息子法のやり取りがあったのか。

我が国でも米国の「サムの息子法」に倣って、加害者がその犯罪に関する出版物等で得た収入を差し押さえて、被害者や遺族に渡すような法律を制定すべきだと考えますが、政府の見解を伺います。

お尋ねの「加害者がその犯罪に関する出版物等で得た収入を差し押さえて、被害者や遺族に渡すような法律」の具体的な内容が必ずしも明らかではないが、一般論として、自己の犯した罪に関する出版物により収益を得ることを規制するような制度を設けることについては、憲法の保障する表現の自由等の観点から、慎重な検討が必要であると考えている。

しかし、政府の答弁を読むとまるで、チラシの裏みたいな誰も読まないところに書けるだけじゃなくTwitterとかYouTubeみたいにバズれるプラットフォームで好き放題言えてこその言論の自由、みたいなことを言ってたume_ponさんと同レベルに見えるな。
(感じ方には個人差があります)

そう考えると、政府の考える「表現の自由」には犯罪自慢でマネタイズする自由まで含まれてるのか、私気になります。

今回の感想

そんな訳で、結局世の中最後は金目でしょかと思ったけど。そもそも、元ネタの死刑囚表現展って「死刑廃止派の市民団体」が主催してるっぽいんだよな。

そうなると、人は金で飼えるけど壬生の狼を飼う事は何人にも出来んみたいなもので、死刑囚表現展は死刑が廃止されるまで続くんだろうな。ヤバいですね。

まあ、犯罪者への刑罰は「1984」みたいなのが個人的にはベストな気がしないでもない。
(個人の感想です)