Posts tagged ‘Amazon’

planetarian一族?

なんか、だいぶ前に劇場版アニメの「planetarian~星の人~」プライム・ビデオ対象になってたので、あとで見ようと思ってダウンロードしてたんだけど、ようやく見た。

planetarian~星の人~

新品価格
¥500から
(2018/6/9 22:36時点)

この作品と同時期にWebアニメだかで配信された、「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~ 」の方は、以前対象だった時に見たけど、今は対象外になってるな。ちなみに、ゲームの方は未だにやってないが、これは愚かな選択だったっぽい気がする。

planetarianというと原作は悲劇!?のシナリオライター涼元悠一を思い出す

planetarian感想

で、webアニメ→劇場版の順番で見た感想としては、多分原作と関連商品フルコンするような真珠入りのファンにはいいんじゃねって気がする。

一般人的には、Webアニメはすごくいい。すごくいいんだけど、劇場版があちゃーって感じ。以下にその理由をネタばれありで書くので、プライム会員は読まずに劇場版先に見たほうがいいと思う。可能なら、数百円で売ってるゲーム版もやっといたほうがいいかも。

planetarian ~ちいさなほしのゆめ~ネタばれあり

まずはWebアニメなんだけど、これ見た時に書いたメモがあるのでそれに補足説明入れる感じで書いてます。そんな訳で、上と被るとこもありますがご了承ください。

「アニメより原作先だったか」ってのが最初の感想。その後、「まじかよゼンショー最低だな」「SBでもいい?」というメモがあるが。おそらく、ゼンショー系列店でロボット活用とか、ソフトバンクのペッパーが受付で採用されてるのが思い浮かんだからと思われる。

ココスがロボット店員におもてなしさせるってよ -ゼンショー的には労働基本法よりロボット三原則の方が好きそうだよな-

それと、ロボット三原則について確認するように自分用指示。

ロボット工学三原則 – Wikipedia

で、ようやく感想なんだけど。「アンドロイドは電子羊の夢を見るかのアドバイスが思い浮かんだ」と身も蓋もない。それと、「まさかの大どんでん返しオチ」と書いてるが、多分自動再生された予告編を見て早合点したっぽい。どんなふうにかというとこんな感じ。

アニメは映画の前座か当て馬扱いで、本命の映画はオリジナルシナリオでやるのか。もし、涼元悠一氏がKeyに残ってたら一悶着あったかもしれんな。他人が書くぐらいなら、原作者本人にシナリオ担当やらせろとか。

そう思ってplanetarianのWikipediaや関連ニュースを読み直したら、勘違いに気づいたらしい。

planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜 – Wikipedia

青井は作品の長さからテレビで1クールやる長さではないこと、原作がネットでのダウンロード販売が最初だったことから、『planetarian』を原作同様ネットから配信していこうと考えた。またその映像美、内容を再度楽しんでもらうとともに、原作の後日談にあたる小説『星の人』を含めてほしのゆめみと屑屋、それぞれの物語を見てもらいたいということから劇場版も作られることになった。

それを受けた感想がこれ。

なんか、蛇足っぽいと思ったけど、元は涼元氏本人だったのか。ちょっと意外。多分、余りに不遇な扱いにやるせなさを覚えて、続編書かなきゃおさまらないぐらいだったんだろう。お察しします。

オリジナル声優そのままなのは商業的にはマイナスかと思ったが、この点を変更しなかったのはかなりの英断じゃね

なんだかんだ書いたけど、Webアニメ単独としては高評価。

planetarian~星の人~ネタばれあり

で、問題作の劇場版。何が問題かというと、上のWikipediaにも書いてるんだけど。劇場版Web配信アニメ+後日談で、内容的にはWebアニメとは半分以上被るんだよな。私は気づかなかったが、Webアニメと劇場版では視点が違うという、ぷちエンドレスエイトみたいなこだわりはあるんだけど。まあ、これに気づかないようじゃプラネタリアニストは名乗れないよねって、にわかへのリトマス試験紙的な役割を果たしてるのかもしれんが。

今だとWebアニメがプライムビデオじゃないから、劇場版だけ見る人にはいいのかもしれないが。劇場版って単なる時系列じゃなく、Webアニメを回想シーン扱いぶつ切りにして、間に後日談挟むザッピング形式みたいな感じなんだよね。シナリオ重視のこの作品だと、個人的には逆効果な気がするんだけど。そういったとこが、一見さんお断りってスメルがプンプンするんだよな。

さらに、この作品の一番盛り上がるとこって本編の、ダチョウ倶楽部からのロボット三原則の後のお約束のお涙頂戴展開につなげるコンボ攻撃だと思うけど。リアルタイムでプレイした人だと、そこから現実の時間経過があって「星の人」だから、感情移入も通常の3倍ぐらいになるんだろうけど。初見の人には、そこから後日談のオーラスまで話が同時進行してるから、ほとんど時間差を感じること無くぬるいエンディングでご都合主義の展開に思えるんじゃないかと、私気になります。

けど、最後の展開はちょっと意外だった気はする。個人的には、押し入れにしまっておいた5インチのフロッピーディスクにカビが生えてあばばばみたいなオチでも良かった気はするが。まあ、お話の中ぐらいは、いい夢見させてもらうべきか。

今回の感想

そんな訳で、劇場版はWebアニメ見た後だと冗長すぎるのとぶつ切り展開がイマイチだった気がする。ぶっちゃけ、星の人もWeb配信で良かったんじゃね。

ゲームプレイしてないから推測だけど。元々の原作がフルプライスのゲームじゃないから、映画化するにはネタが足りなかったんじゃないかって気がしないでもない。さらにぶっちゃけ、全70分ぐらいの配信版で映画にしたほうが良かったんじゃね。

まあ、なんだかんだ書いたけど、Webアニメ見てだいぶ経ってから劇場版見たのは結果オーライになったかも。惜しむらくは、Kindle版のゲームアプリあるのに未プレイなとこかな。

Prime Reading

なんか、昨日からAmazonプライム会員向けの新サービス「Prime Reading」が始まったんだけど。内容は、Kindle Unlimitedの超劣化バージョンだから、さしずめKindle超Limitedってとこか。

プライム会員なら数百冊の電子書籍が読み放題、Amazonが「Prime Reading」を日本で開始

ちなみに、米国では1年前にサービス開始してるんだな。

日本のKindle Unlimited騒動をヨソに、米国ではAmazonがプライム会員向けPrime Readingを開始

今のところPrime Reading対象は896冊と少ないが、まあプライム会員なら無料だからな。ちなみに、Amazon.comでも現時点で856冊みたいだから、よく頑張ったほうじゃね。それに、対象書籍なら同時に10冊まで読めるし。Kindle端末縛りじゃなく、ブラウザやアプリでも利用できると太っ腹だからな。

Prime Reading対象本

とりあえずPrime Reading対象本をざっと見たところ、コミックはしょぼいだけでなく、アンリミで全巻無料でも最初の何巻かまでってのが多い。あと、写真集やアダルトで対象になってるのはなさ気。雑誌は何種類かあるけど、かなり偏りがある印象。おそらく、Kindle Unlimited開始時の騒動を踏まえて、ラインナップや出版社との調整をかなり慎重に行った結果がこれなんじゃね。

「5カ月分の予算が最初の1週間で消えた」―― 出版社社員が明かす「Kindle Unlimited」大混乱の理由

それなんで、アンリミみたいな大盤振る舞いは出来ないだろうが、その分提供する出版社側にメリットあるのかどうか、私気になります。

それはともかく、個人的にPrime Reading対象で気になるのと、読んだやつについてちょっと紹介してみる。

自作ゲーライフ: 個人スマフォゲームアプリのマネタイズ本

元が同人で出したオフセット本だったらしいが、そのせいか割高な価格設定のままKindleでも売ってる。タダで読めるなら試してみていいんじゃね。実用性については読む人次第だけど、この芸風は嫌いではない。

自作ゲーライフ: 個人スマフォゲームアプリのマネタイズ本

ひさしApp氏の本は、オーナーライブラリー対象のは全部読んだが。ちなみに、前は対象外のハッキング本があったんだけど、その本についてはPrime Readingは対象外だけど自作ゲーライフ3の方で触れてたと記憶してる。

Z~ゼット~

次はコミック。前述した通り、マンガだと大半がタケノコ商法で一部のみ無料だから、続巻も買うかどうかの判断材料のつもりじゃないとおすすめしないが。これは珍しく全3巻Prime Readingで読める

Z~ゼット~ 1

内容は、私は好きだけど。「ムジナ」読んで最近の少年マンガでは修正入りそうな表現に、不快感感じた人はやめたほうが無難かも。それにしてもこの作品、なんで映画化されたのか謎。

映画 Z 完全版 DVD-BOX

新品価格
¥19,800から
(2017/10/6 19:43時点)

マスゴミ

鈴木みそ氏の短編集なので、1巻完結なのがよい。

マスゴミ

古い作品集めたみたいだが、今でも通用しそうな気がする。

参考
宮迫不倫、豊田真由子ハゲ音声、週刊誌がテレビ局に売った動画総まとめ!

途中まで無料

基本、シリーズ物は途中でハシゴ外されるのでおすすめしないが。これは、個人的に嫌いではないので。

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件: 1 (REXコミックス)

どうでもいいけど、この表紙の帯アイデア賞ものだよな。

それと「幕張」なんだけど。

幕張 1 (highstone comic)

内容については、以前の記事で書いたのでそっちを参考にしてください。まあ、幕張なら3巻まで読めば十分だろ。

「幕張」が楽天Koboで1冊11円なんで全巻買ったよ -おっさんホイホイ-

今回の感想

そんな訳で、すでにプライム会員ならPrime Reading対象で気になったのあったら、とりあえず読んどけばいいんじゃね。タダだし。注意点があるとすれば、一度に読めるのは10冊までだから、小説とか文字数多い本ばっか選んでると、枠開けるのに時間かかるとこぐらい。

なお、これ目当てでプライム会員になろうという人はやめとけとしかいいようがないのは言うまでもないけど。

Fire HD 10 タブレット (Newモデル)

なんか、Amazonの10インチのタブレット、Fire HD 10ニューモデルが出るみたいだが。以前のHD 10はほとんどHD 8がでかくなっただけっぽかったけど。今回は、Amazonちょっとやる気出した感じ。

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック

新品価格
¥18,980から
(2017/9/20 23:22時点)

最大の変更点は、液晶が今までのHD止まりと違ってフルHD対応してるとこ。この解像度は私の記憶してる限りだと、HDXシリーズ以来な気がすると思っていたが違った。HDXは7インチは1920×1200だけど、8.9インチは2560×1600だったか。そうなると、HDXの後継とまではいかないか。まあ、HDXはAmazon的にはバブル家電並の豪華モデルだったからな。

Fire HDX 8.9タブレット(第4世代) 16GB

そうなると、いまだにHDX 7のポジションは空白のままだけど。将来的にはHD 8あたりがフルHD化して穴埋めるんだろうか。

Kindle Fire HDX 7 64GB タブレット(第3世代)


閑話休題。HDXには及ばないとは言え、Kindle Fire HD 8.9使ってる私には必要十分なスペックだと思う。その上、値段も発売開始からプライム会員向けクーポンで14,980円だからな。他に、保証期間が下位モデルの中華タブ並の90日間から1年間に戻ってるのも、地味にメリットかな。

参考までに私の持ってるAmazonタブレット関連の記事

Kindle Fire HD 8.9
Fire タブレット 8GB

今回の感想

そんな訳で、今回のHD 10リニューアルはHDXシリーズの後継じゃなく、現行のHDシリーズの延長線上って扱いみたいだな。もう、Amazonはハイエンドタブレットは出さないんだろうか。貧民的には、iPadあたりをターゲットにした価格帯は手が出ないので、それはそれでいいんだけど。

そうなると、今回のHD 10もプライム会員クーポンの4000円引き程度で手を出すべきじゃないな。プライムデーとかの大型セールで、32GBモデルが1万切るまで待ちでいいんじゃね。流石に、クリスマスセールでそこまで下がるとは思えんが。とにかく、俺は食うだけ。

もっとも、プライム会員になる気がなくてセールとか待つのはごめんって人はHuaweiとかの日本に正規代理店あるメーカーにしてもいいかもしれんが。型落ちとかセール品とか狙えば、Fireクーポンなし価格と同じか安く出来るんじゃね。そしたら普通にAndroidも使えるし。

炭酸水

なんか、こないだAmazonで買い物しようと思ったら目当てのものがあわせ買い対象商品だったんだけど。で、目についてついで買いしたのがこのVOX炭酸水なんだけど。

VOX ヴォックス 強炭酸水 コーラフレーバー 500ml×24本

新品価格
¥1,550から
(2017/9/5 18:13時点)

コーラーフレーバーってのが珍しくてつい買っちゃったけど、目当ての商品より高いな。

VOX ヴォックス 強炭酸水 コーラフレーバー

で、届いたのがこれ。商品の発送元が別で別々に送られてきたせいか、炭酸水は箱そのままで来たな。中身は普通に500mlのペットボトル。

賞味期限は「180716」だった。

原材料は、ナチュラルミネラルウォーター・炭酸・香料。名称は炭酸飲料になってるな。

実際に飲んでみたけど、そこそこ強いとは思うが「世界最高レベルの超・強炭酸水」って感じはしなかったかな。多分、スペック的にはそうなんだろうけど、体感的にはまあこんなもんじゃねって感じ。ちなみにコーラフレーバーについては、最初の一口目はまじコーラーって思えるんだけど、飲んでるうちに印象ぼやける印象。もし次買う機会あるならミントフレーバーにするかな。

水の味についてはなんというか、無難な感じ。イオンのネットスーパーの送料対策で買ってみた、トップバリュの炭酸水とタメ線レベルかな(個人の感想です)

今回の感想

そんな訳で、悪くはないんだけどやっぱ炭酸水は贅沢品かな。9月になってるから、この24本あれば今年はもう十分だろうし。イオンなら他と一緒に買えば1本からでも買えるからな。炭酸抜けやすくなるけど、1リットルのもあるし。まあ、Amazonであわせ買い対策するにしても、次の夏まではおあずけかな。

余談だが、AmazonでAmazon.co.jp販売の水を箱買いする場合、特別取扱商品扱いで取扱手数料350円かかる場合があるんだけど。私はプライム会員だからか手数料無しで買えたけど、そうでないなら楽天の方が安く買えるかな。

 

どうもここ、VOXのメーカー公式直販みたいだな。ちなみに、AmazonのマケプレにもVOX公式ストアがあるから、Amazon.co.jpのプライム会員よりは若干高くなってVOXからの配送になるけど、楽天と同じ送料無料で買える模様。

プライムデー

7/10から11日にかけて、Amazonのプライムデーだったんだけど。セールの日に500ポイントにつられて買ったAmazonギフト券5,000円分が、今日届いたよ。11日に注文したんだけど、お急ぎ便不可の通常配送のみだからそこそこ日数かかったな。やはり、Amazon日本法人の社長がテレビで、配送ノープレだよんとか言ってたけど、クロネコヤマトの乱の影響はそこそこ出てるんだろうな。

現在は終了
Amazon.co.jp: プライムデー限定 Amazonギフト券 配送タイプを5000円購入で最大1000ポイント: ギフト券

せっかく5,000円分買うなら、ボックスタイプの方がいいかと思ってこれにしたんだけど。

見た感じは意外といいんだけど

カードは撮影時にひっくり返してます

なんか、缶の素材が安っぽいのは仕方ないにしても。フタが開けにくいし、裏の透明部分はフィルム貼ってあるだけで、小物入れとかに再利用もできないから燃えないゴミっぽいな。次買う機会があったら、多分グリーティングカードとかにすると思う。

ロジクール ワイヤレスゲームパッド F710

それともう一つ、プライムデーのセール対象じゃなかったけど、PC用のワイヤレスゲームパッド買った。

ロジクール ワイヤレスゲームパッド F710

確か、エレコムのゲームパッドはセール品にあったけど、Xinputとかいう新規格に対応してないし有線だったんだよな。多少の価格差なら、マイクロソフト製でいいじゃんって思ってたら、なんか思ったより高かった。で、関連商品にワイヤレスで振動対応してるのに2,000円切ってたのが、上のロジクール ワイヤレスゲームパッド F710

ロジクール ワイヤレスゲームパッド F710

新品価格
¥1,500から
(2017/7/15 00:24時点)

いくら旧モデルとはいえ、ロジクール製なのに怪しい並行輸入品とか聞いたことないメーカー並の値段はおかしいと思って調べたら、どうも訳あり品だったみたい。

大人の事情で安くゲットできる、ロジクールのワイヤレスゲームパッド「F710r」をレビュー

安売りされてる理由は、運営会社があぼーんしたかららしい。サービスは親会社が引き継いで継続中みたいだが。

Gクラスタ・グローバル(株) : 東京商工リサーチ

まあ、おかげでロジクール製がこんなに安く手に入るんだから、ハイエナ的には大歓迎だな。なお、タイミングによっては、F710が同梱されてるG-cluster基本セットの方が安いかも。

G-cluster(ジークラスタ)基本セット 新時代クラウドゲーム機誕生!

新品価格
¥1,442から
(2017/7/15 00:24時点)

今回の感想

とりあえずF710の動作確認は済んだとこだが、これ結構悪くないかも。まだUSB接続のゲームパッドで消耗してるなら、この値段なら騙されたと思って買ってもいいんじゃね。まあ、単3電池2本使うから有線よりは重いのが許容できればだけど。気が向いたら、後でもうちょっと詳しいレビュー書くかもしれないけど、使用感はググった方が早いかも。

なお、Amazonで買う場合旧モデルだと現時点では全部マーケットプレイス業者になるので注意。かといって、中身大差なさそうな新モデルをAmazon.co.jp販売で買うと3,000円超えるからな。マケプレ業者から買うんなら、業者の住所とかで信頼性を確認した上で、Amazon.co.jp発送のとこ選ぶべきかな。多少の値段差とプライム発送を捨てるなら、1,500円+送料480円になるけどG-clusterの現在の運営ブロードメディアGC株式会社から買った方がいいかな。一応、公式通販扱いだからな。

POSTAL

余談だが、動作確認に使ったのは、「POSTAL」「POSTAL Redux」なんだが。F710自体は振動機能付いてるが、POSTALは対応してないぽいのでゲームでは確認できなかったが。

どうでもいいけど、Steamのサマーセールは終わったけど、POSTALが7/18まで-75%の49円。POSTAL Reduxが7/17まで-84%の143円になってるんで、興味ある人はこの値段ならまあいいんじゃね。元が結構昔のバカゲーだから、説明とか読んでもいまいちぴんとこないかもしれないけど。YouTubeとかでプレイ動画見れば、人によってはやりたくなるかもしれない。

そんな訳で、興味のある人はググってみてください。