スターサーバーでNextcloud

owncloud

なんか、某掲示板でロリポップのownCloudLinuxのクライアントで使えねえみたいな書き込みを見たんだけど。

  • ロリポップについて語るスレ
    ttps://mevius.5ch.net/test/read.cgi/hosting/1464370403/305

そいや、NextcloudもLinuxのクライアントから接続できなかった記憶があるな。まあ、Linux使ってる人は少数派ですよで片付けられそうだけど、なんか気になったのでNextcloudインストールしてみることにした。

ちなみに、ownCloudでないのは、ownCloudはインストールが面倒だったのとまともに動いた記憶が無いし、何よりAndroidのクライアントが99円とはいえ有料なのがちょっと。

Nextcloud

Nextcloudのインストールは、Webの「Download for server」→「Web Installer」から「Right-click here」のhereを右クリックでリンク先の「setup-nextcloud.php」を保存。あとは説明通りアップして設定。

鯖はスターサーバーのライトで、データーベースは面倒くさいから「ファイルの同期にクライアントを使用している場合」推奨されてないSQLiteにした。

まあ、インストール後に「セキュリティ&セットアップ警告」で確認するとなんか警告出まくりだけど、使えることは使えるぽい。ちなみに、画面は好みでダークテーマにしてます。

懸念してたLinuxのクライアントも、いつの間にか使えるようになってたっぽい。動作環境は、Ubuntu 20.04で、Nextcloudのバージョンは「Version 2.6.4stable (build 20200303)」

AndroidもNextcloudのアプリは問題なかったが、F-Droidで落とした「Nextcloud Notes」が、なんか鯖にアプリ入ってないんじゃねみたいなエラー出て使えなかった。どうも、鯖の方でも「Notes」のアプリインストールする必要があったんだな。最近は、Nextcloudのアプリでもテキスト編集できるようになってるから忘れてたけど。

設定

Nextcloudはデフォルトだと「サーバーサイド暗号化」が有効になってないので、これを変更する。

暗号化を有効にするには、暗号化モジュールを有効にしないとダメらしいので、アプリの「Default encryption module」を有効にする。この状態で「サーバーサイド暗号化を有効にする」のチェックを入れて、「デフォルトの暗号化モジュール」の「メインストレージ暗号化」にチェックを入れると、それ以降にアップロードしたファイルが暗号化される。事後で暗号化するのはWebの操作では無理ゲーで、コマンド入力が必要ぽい。

なので、暗号化の設定は一番最初にやっといた方がよさげ。

今回の感想

そんな訳で、ownCloudじゃなくNextcloudでも良ければ大抵のレン鯖ならインストール出来そうな気がするけど、実用性はどうなのか、私気になります。まあ、動画とかRAW画像ぶち込むとかならともかく、テキストメインの使い方ならなんとかなるんじゃね。知らんけど。


もっとも、オンラインメモ程度なら非公開のWordPressサイトでも作ればいいんじゃねって気がしないでもないが。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください