UbuntuのLive USBに Persistence領域作る楽さを覚えると、PuppyLinuxはやってられないでファイナルアンサー?

USB LinuxもUbuntuで良くね?

最近、Ubuntu 20.04 LTSがリリースされたけど。その前ぐらいに、今使ってるLubuntu 18.04 LTSのサポート切れる前に、せっかくだからリリースされたら20.04を試してみようかと思って、USBメモリから起動するためウォーミングアップがてらにLive USBを試したんだけど。

試したのは、Lubuntu 19.04とかUbuntu 18.04 LTSなんだか、Persistence領域で設定とか保存すれば十分実用的なことに気づいた。ぶっちゃけ、日本語の導入に難のあったPuppy Linuxより良くねって思えた。まあ、Puppyも無印のWindows XPあたりのPCなら、それなりに思い最近のUbuntuより軽快に動くだろうが。そのレベルだと、ChromeとFirefoxで今時のWebブラウジングは無理ゲーだろうから、日常使いにも支障きたすんじゃね。知らんけど。

Persistence

USB LIVE Linuxのインストールには、公式から落としたISOファイルをUnetbootinを使ってUSBメモリに書き込んだ。

実際に検証した時はこんな感じ。必要なのはPCとUSBメモリ2枚。PCにLinuxインストールしてるか、WindowsでもLinuxに対応したパーティション編集アプリあれば、USBメモリは1枚でも可。下はWindows PCでUSBメモリ2枚の場合。

  • UnetbootinでPersistenceなしでUSBメモリ2枚作成
  • 作成したUSBメモリからLinuxでPC起動
  • もう1枚のUSBメモリさしてGParted起動
  • FAT32のパーティションサイズ最小に変更
  • 残りの領域をEXT4で作成してラベルをcasper-rwに設定
  • USBメモリの/boot/grub/grub.cfgを編集(必要ない場合あり)
    • Ubuntu日本語フォーラム / 設定変更が保存可能なライブUSBは作成可能
      https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=20556

      EFI(UEFI)で起動するPCの場合、(私のHP EliteDeskがそうでした)この状態ではパーシステント(永続)機能が働かず、以下のパラメータの編集が必要です。テキストファイルなのでubuntuのテキストエディター(gedit)で可能です。USB中の/boot/grubフォルダにあるgrub.cfgファイルを開きます。
      . 一旦電源オフして今度は後からさしたUSBメモリで起動
      . 簡単な設定変更(オートログイン無効とか)して再起動
      . 設定とか保持されてるの確認してからアップデートと本格的な設定

ちなみに、最初は起動したUSBメモリのパーティション直接変更するつもりだったが、これ無理ゲーぽい。

casper-rw

Unetbootinには「スペースは、リブートしてもファイルを維持するために使用(Ubuntuのみ)」という設定で数字を入力すると、casper-rwというファイルがPersistence領域になるっぽい。上のよりお手軽で、これが標準のやり方みたいだけど、数字をいくら増やしてもファイル上限がFAT32制限の4GBになるので、今時のUbuntuだとアプリインストールやアップデートとかで不足しかねない。

それなんで容量が8GB以上のUSBメモリだと、最初からPersistence 0で作って、残りの領域をext4でラベルcasper-rwにしないと、空き容量余ってるのに4GB制限で詰むのかも。

USBメモリ容量節約

おまけに、最初Ubuntuでやってた時、casper-rw 4GBでなんとかやりくりしてた時の涙ぐましい作業メモ。

  • ブラウザのディスクキャッシュは無効か最低限
  • aptのキャッシュは定期的に削除
  • 可能な限りアプリは外付けにおく
    appimageとかじゃないと無理かも

/var/log/journal

  • systemd/ジャーナル
    https://wiki.archlinux.jp/index.php/Systemd/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB

    journal が永続的(不揮発性)の場合、デフォルトではファイルシステムの容量の 10% に制限されます (4 GiB が上限)。例えば、/var/log/journal が 20GiB の root パーティションにのっている場合、2GiB がログデータの上限になります。/etc/systemd/journald.conf の SystemMaxUse を変更すれば、最大サイズを変更できます。例えば制限を 50Mib にする場合、適切な行を次のようにアンコメント・編集します:

  • systemdのログ「ジャーナル」を見る・ためる
    https://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0545

Storage=volatileに設定

snap

アプリ編

続いてアプリのインストールとか設定。基本Ubuntuだけど途中でlubuntu-desktop入れて削除してlxde入れて落ち着いたので、記述がごちゃ混ぜになってるけど、まあこんなもんだろ。

Chromium

Ubuntu・lubuntuはデフォでFirefox入ってるが、個人的にはFirefox系とChrome系両方入れときたいのでChromium追加。ソフトウェアからインストール可能なんで無問題。

chromiuimのキャッシュは無効に出来ないぽいから、これで最小限の1MB似設定にした。

chromium-browser --disk-cache-size=1 --media-cache-size=1

その後、外部SSDをユーザーディレクトリ似設定してUSBメモリの書き込み減らすことにしたので、キャッシュはいじらず。

chromium-browser --user-data-dir=/media/hoge/chromium

Filezilla

FTPクライアントがないのでFilezillaインスト。諸般の事情でアプリは出来るだけapt使うことにした。

sudo apt install filezilla

画面ロック・スクリーンセイバー

Lubuntuにしてから、画面ロックしようとしても処理待ちみたいなカーソルになるだけでロックされない。スクリーンセイバー開くと警告メッセージ。

GNOMEスクリーンセーバーが起動しているようです。
XSscreenSaverが正しく動くためには停止する必要があります。

GNOMEスクリーンセーバーを直ちに停止しますか?

どうも、GnomeとXscreensaverの2つがあるのが原因ぽい。とりあえず、LXSession設定のコアアプリケーションをスクリーンセイバーを「xscreensaver」にした。自動立ち上げはすでに「@xscreensaver -no-splash」が入ってた。「スクリーンセイバー」の方はGnomeのでXscreenSaverじゃなさげ。面倒なんでGnomeのは削除。

sudo apt remove gnome-screensaver

多分これで大丈夫っぽい。

画像処理

Lubuntuで使ってたPintaをインスト。

sudo apt install pinta

nextcloud

ソフトウェアからインストール出来るのは鯖っぽい。クライアントは公式サイトから。

LinuxのクライアントはAppimage形式ぽい。落としたファイルに実行権限追加して開くだけど使えた。なんか、起動ごとに毎回アプリ初回起動時にキーリングがーとかでパスワード聞かれる。設定した記憶ないが、ログインパスワードで可だった。

Thunderbird

メールはUbuntuだとThunderbirdがデフォで入ってる。Lubuntuは別のだから削除してインストする必要あるな。

メールデーターは外付けSSDに場所変えてるので、設定は新しいプロファイルを作成してSSDの場所をフォルダーに選択するだけでおけっぽい。

Mozc

USB Liveだとデフォルトで日本語入力入ってなさげ。20.04は入ってたような。それなんでMozcインストール。インプットメソッドはiBusが入ってるが、Fcitxにしたいんでこれも変更。

sudo apt install fcitx fcitx-mozc
fcitx-autostart

表計算

なんか、LibreCalcがファイル開こうとするとOS巻き添えにしてハングするんだけど。LibreWordは問題ないんだが。ただ、Persistenceの設定してないUSBメモリからブートしたら問題なかった。ubuntu→lubuntu→LXDEとインストールしてったから、どのタイミングでこうなったか経緯不明だが、おま環ぽい。

LibreOfficeあるからいらないと思って削除したGnumericをまたインストールして対応。

sudo apt install gnumeric 

snap

Ubuntu標準のアプリ管理のソフトウェアがSnapというらしいが、容量食うんでうざいんで削除。

sudo rm -rf /var/cache/snapd/
sudo apt autoremove --purge snapd gnome-software-plugin-snap
rm -fr ~/snap

けど、なんかメニューのソフトウェアがまだ起動できる。こっちはgnome-softwareっぽいんで削除。多分、これでおけっぽい。

今回の感想

それなりのスペックのPCだと、USBメモリで運用するLinuxでも十分実用的なんだな。まあ、USBメモリの書き込み中に処理待ちで重くなることはあったが、そういえばPuppyでも似たような現象によくなったな。他に、アプリ初回起動時とか最初のメニューの展開に時間かかるのは多少きになったかな。2回目以降は、キャッシュされるらしく早くなるけど。

そんな訳で、USB Live Linuxはインストール前のお試し以外にも、お手軽Linux運用にも使えるかもしれんな。ただ、USBでカスタマイズしても、Persistence領域に構築した環境ごと移行する手段が見つからないのが、私気になります。