スターサーバーでNextcloud

owncloud

なんか、某掲示板でロリポップのownCloudLinuxのクライアントで使えねえみたいな書き込みを見たんだけど。

  • ロリポップについて語るスレ
    ttps://mevius.5ch.net/test/read.cgi/hosting/1464370403/305

そいや、NextcloudもLinuxのクライアントから接続できなかった記憶があるな。まあ、Linux使ってる人は少数派ですよで片付けられそうだけど、なんか気になったのでNextcloudインストールしてみることにした。

ちなみに、ownCloudでないのは、ownCloudはインストールが面倒だったのとまともに動いた記憶が無いし、何よりAndroidのクライアントが99円とはいえ有料なのがちょっと。

Nextcloud

Nextcloudのインストールは、Webの「Download for server」→「Web Installer」から「Right-click here」のhereを右クリックでリンク先の「setup-nextcloud.php」を保存。あとは説明通りアップして設定。

鯖はスターサーバーのライトで、データーベースは面倒くさいから「ファイルの同期にクライアントを使用している場合」推奨されてないSQLiteにした。

まあ、インストール後に「セキュリティ&セットアップ警告」で確認するとなんか警告出まくりだけど、使えることは使えるぽい。ちなみに、画面は好みでダークテーマにしてます。

懸念してたLinuxのクライアントも、いつの間にか使えるようになってたっぽい。動作環境は、Ubuntu 20.04で、Nextcloudのバージョンは「Version 2.6.4stable (build 20200303)」

AndroidもNextcloudのアプリは問題なかったが、F-Droidで落とした「Nextcloud Notes」が、なんか鯖にアプリ入ってないんじゃねみたいなエラー出て使えなかった。どうも、鯖の方でも「Notes」のアプリインストールする必要があったんだな。最近は、Nextcloudのアプリでもテキスト編集できるようになってるから忘れてたけど。

設定

Nextcloudはデフォルトだと「サーバーサイド暗号化」が有効になってないので、これを変更する。

暗号化を有効にするには、暗号化モジュールを有効にしないとダメらしいので、アプリの「Default encryption module」を有効にする。この状態で「サーバーサイド暗号化を有効にする」のチェックを入れて、「デフォルトの暗号化モジュール」の「メインストレージ暗号化」にチェックを入れると、それ以降にアップロードしたファイルが暗号化される。事後で暗号化するのはWebの操作では無理ゲーで、コマンド入力が必要ぽい。

なので、暗号化の設定は一番最初にやっといた方がよさげ。

今回の感想

そんな訳で、ownCloudじゃなくNextcloudでも良ければ大抵のレン鯖ならインストール出来そうな気がするけど、実用性はどうなのか、私気になります。まあ、動画とかRAW画像ぶち込むとかならともかく、テキストメインの使い方ならなんとかなるんじゃね。知らんけど。


もっとも、オンラインメモ程度なら非公開のWordPressサイトでも作ればいいんじゃねって気がしないでもないが。

消費税増税前にスターサーバー3年契約したお -ついでにDMMいろいろレンタルのWiMAXも-


wal_172619によるPixabayからの画像

消費税増税

なんか、ニュースで消費税増税前の駆け込み需要がーとか軽減税率がーとかやってるので、なんとなく増税前に買っとくかと思ったけど買うもん思いつかなかったんだけど。ただ、有料のネットサービスとかは増税の影響しか受けなさげな気がして、ネット回線に使ってるDMMいろいろレンタルのWiMAXと、このサイトのレンサバ代は延長しといたんだが。

イー・モバイル3G 限定SIM接続サービスからDMMいろいろレンタルのWiMAXに移行したよ

DMMの方は延長した後で気づいたんだけど、なんか「レンタル」は増税後も「商品価格に変更はありません」とか書いてあるんだが。

消費税率改正に関する弊社対応のお知らせ

これって、いろいろレンタルも該当してるのか、私気になります。

スターサーバー

ちなみに、スターサーバーの方は増税後はその分税込価格が反映されるはずだから、自動更新だと次の支払いは増税後になるんだけど。

消費税法の改正に伴うご請求金額の変更について

まあ、手動更新でも手続き可能で、これだと9月末の増税前に決済すれば8%のままなので一応更新しといた。期間はどうしようかと思ったけど、6月に今まで全くメリットのなかった24ヶ月以上の契約とかを改定した新料金体系になってたので、最安になる36ヶ月で更新してみた。

『スターサーバー』「24ヶ月契約」「36ヶ月契約」への対応およびプラン料金改定のお知らせ

記憶によると、旧料金は3ヶ月は割高だけど6ヶ月以上は月額料金が同じになるから、更新の手間が減る以外に長期契約する意味なかったんだけど。この時の改定で6ヶ月以下が割高、12ヶ月が従来の最安、24ヶ月・36ヶ月と長くなるほどさらに安くなると、値上げ・値下げ入り交じる長期優遇措置になったような。

と言っても、いきなり新規契約で36ヶ月とかは地雷業者だったらヤバイですねな気がするけど。まあ、スターサーバーのネットオウルとはミニバードというか、その前のスタードメインの先代おまけ無料サーバからの付き合いだからな。3年で税込み7,776円なら、まあこんなもんだろってことでファイナルアンサーかな。


今回の感想

そんな訳で、2%の増税だと1万円で200円の節約だから、普通の商品だと値下げとか増税後のキャンペーンがあればひっくり返りかねない数字な気がするので、普通の買い物を増税前にまとめ買いする必要はなさげだな。まあ、100万ぐらい買うなら2%でも2万だからNintendo Switch Liteが買えるぐらいになるけど、貧乏人は関係なさげじゃね。

スターサーバーのPHPバージョンを5.6.xから7.2.xにバージョンアップした

PHP

なんとなく、このサイトのPHP設定5.6.xから7.2.xにバージョンアップしてみた。5.6系はすでにサポート終了してるっぽいけど、素人的にはナニソレイミワカンナイだから気にしなくてもいい気もするが。

https://www.star.ne.jp/manual/homepage_php_ver.php

https://secure.php.net/supported-versions.php

プラグイン

過去にもPHP 7にあげようと思った時はあったが、WordPressのプラグイン「Ktai Style」が対応してなかったから断念したんだけど。ここ3ヶ月ぐらいの携帯サイトのアクセス解析を確認したところ、数件しかアクセスがないし全部Opera miniだったんで、もう携帯サイトはなくてもいい気がした。個人的には、WillcomのPHSを解約して以来、リアル端末で携帯用サイト見ることはなかったけど。なので、サイトの確認にはgooのサイトビューワを使ってたが。

https://emu.mobile.goo.ne.jp/emu/emu.php

どうでもいいけど、現時点だとこれだと見れないサイト結構あるな。まあ、実機だと違うのかもしれないけど。ここのサイトはなんとか見れてるけど、同じくKtai Style停止したsqlite.hatarakitakunee.comは見れなくなってるのが謎。

ちなみに、Katai Styleの他にもPHP 7と互換性のないプラグイン「Exec-PHP」があって停止したんだけど。これ、難のために使ってたかが思い出せないんだけど。とりあえず、なんか問題起こるまでは気にしないことにする。

今回の感想

このサイトは、WordPressが3.xぐらいからはじめたと記憶してるが。標準の機能にないものをプラグインで補ったり、子テーマじゃなく親テーマを直接編集するとかした結果、増改築を繰り返した九龍城みたいになってしまった。思い切って、テーマ変えてプラグインも取捨選択したい気がしないでもないが、まあこれはこれでいいんじゃないって気もしないでもない。単に面倒くさいだけかもしれんが。

それはそれとして、PHP 7.xって5.xに比べると高速化したって話だけど、このサイトに関してはあんまり違い感じない気もする。ついでに、ミニバードからスターサーバーに移行もされたんだけど、体感的にはかわってないとしか思えなかったりするが。

とはいえ、SQlite + SQLite integration使ってる下記サイトの方はPHP 5.xの時でも、反応がマグネット・コーティング並に改善したし、頻発した500だったかのエラーとかも今のとこ見なくなってるから、スターサーバーの高速化は効果あるんだろう。SSDなのかnginxなのかCPUとかメモリとか、どれが原因なのかそれとも複数なのかは不明だが。

https://sqlite.hatarakitakunee.com/

スターサーバー(旧ミニバード)でzipファイルをリモート上で解凍する方法があったのか

リモートでzip解凍

ファイルマネージャーが低機能でzipファイルをリモートで解凍出来ないから、ローカルで解凍したファイル全部FTPで送るのが面倒くさいスターサーバー(旧ミニバード)なんだけど。あまりに面倒なんでググってみたら、そのものズバリな解決方法が見つかったっぽい。

FTPで大量ファイルのアップロードに失敗する時の対応方法

元ネタは、似たようなリモート解凍出来ないシステム使ってるエックスサーバー用らしい。スターサーバーもエックスサーバーの関連会社、ネットオウルのサービスだからか、上記リンク先のスクリプトのzipファイル名変えただけで動作した。この方法を思いついた人には感謝だな

余談だけど、セキュリティーがーな理由でSSH禁止してたエックスサーバーも、いつの間にかSSH使えるようになったからもうこの方法は不要だろうな。スターサーバーの方は未だに使えないままだけど、エックスが解禁してるんだから上位プランあたりは使えるようにしてもいい気がしないでもない。

今回の感想

そんな訳で、スクリプト書き換えてアップする手順が増えるとはいえ、どうせzipファイルもFTPするんだからたいした手間じゃないな。WordPressの手動インストールとかだと、今まで数千のファイルをいちいちアップしてたことを考えれば、むしろ超快適じゃね。

とはいえ、いくらスクリプトでzip解凍できるからって、SSHとは言わないからせめてスターサーバーのファイルマネジャー上で圧縮・解凍ぐらいはしたいことには変わらないけど。



スターサーバーが月額100円台からのオールSSD対応らしいが -従来の契約者は来年までHDDぽいけど-

スターサーバーオールSSD

なんか、スターサーバーオールSSD環境を開始したってメールが来たんだけど。最近は珍しくない構成とは言え、月額100円台からやってるとこはかなりレアじゃね。ただ、今のところ対象になるのは最近のサーバで、当然無料鯖はガン無視っぽい。

『スターサーバー』データ読み書き速度が大幅に向上!オールSSD環境の提供開始について

【提供対象サービス】
スターサーバーの「エコノミー」「ライト」「スタンダード」
「プレミアム」「ビジネス」プラン

【提供対象サーバー】
sv6.star.ne.jp以降のサーバー

ちなみにsv5以前は来年以降か。

【sv5.star.ne.jp以前のサーバーをご利用のお客様】
2018年以降、オールSSD環境への変更を予定しております。
詳細が決まりましたら、改めてご案内いたします。

スターサーバー開始直後にお試しで利用した時は、サーバのナンバーどうだったかは気にしてなかったんで不明だが。有料プランのスターサーバー移行はまだ始まってないから、スターサーバー開始後初期費用無料で契約して、SV5以前に割り当てられたユーザーは外れ引いた事になるんだろうか。そんな感じで、来年まで冷や飯を食わないといけない人がどのぐらいいるか、私気になります。

今回の感想

レンタルサーバーサービスをスターサーバーに統合した後、プラン内容改悪で税抜税込270円のライトプラン(旧ミニバード)がロリポップと大差なくなって魅力激減したスターサーバーだが。今回の新規向けのオールSSD化は、他社に対する数少ない優位性と言っても過言ではないんじゃね。将来的には、GMOがレンサバサービスも仮想敵国扱いしてくればどうなるかは知らんが。

そんな訳でレンサバ借りるなら、さくらとロリポあたりがSSD対応するまでは、スターサーバーで契約するメリットはあるかもしれんな。ただ、この発表前に出したキャンペーンが10/31までの初期設定費用半額と、そんな出し惜しみしていて大丈夫かと心配になるかな。

それはともかく、これでまたミニバードのスターサーバー移行が遅れて、当分なんちゃってスター状態が続くのかな。個人的には、今のところ旧ミニバードでも不満はないので別にいいんだが。むしろ、移行予定の旧サービスで一番有料の利用者が多そうなミニバードが、スターサーバーに無事移行できるかの方が、私気になります。