コカBJ配当

なんか、コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスの、配当金計算書株主優待通知書が届いてたんだけど。配当の方は。マネックスの口座見たら税引き後1,993円がすでに入金されてた。

優待については、年一の株主優待サービスのご案内を見たけど、前回新製品なのに優待リスト入りした「ザ・タンサン・ストロング」がなくなってるな。そう言えば、去年全部それにしたけど記事書いた記憶がないんだが、検索してもないから書いてないっぽい。

ザ・タンサン・ストロング

なので、今更ながらザ・タンサン・ストロングについて書いてみる。まずは去年来たときの様子。確か、通常と下記配送2回に分けて、下記に本数多いのを注文したからこの画像は1回目だな。

到着は4月ぐらいだけど、賞味期限が180804だから4ヶ月あるかないかってとこか。普段、い・ろ・は・すみたいに賞味期限長いミネラルウォーター注文してるから、なんか短く感じる。

あと、届くまで気づかなかったけど、これ490mlって微妙に量減らしてるんだよな。

それはともかく、味については添加物を入れてまで飲みやすさを謳ってたけど。言われてみればまあ飲みやすかったかもしれんが、他の原材料「水+炭酸」しかない商品と比べて優位性はさほど感じられなかった。現在はマイナーチェンジしたのか、2018年版と比べて炭酸マシマシで炭酸以外はクエン酸Naだけになったから変わってるかもしれんが。

【強炭酸水】コカ・コーラ カナダドライ 新 ザ・タンサン ストロング 490mlPET×24本

新品価格
¥1,872から
(2019/3/28 21:12時点)

個人的には、金出して買うならサンガリア伊賀の天然水強炭酸水で良くねって気がする。コカ・コーラーより安いし。開けた翌日でも微炭酸ぐらい炭酸残ってるから、1Lでも安心だし。

サンガリア 伊賀の天然水 強炭酸水 1000ml×12本

新品価格
¥900から
(2019/3/28 21:21時点)

正直、味にクセがあると言うか飲みにくい部類に入る気がするけど。たまに、イオンのフレーバー炭酸水とか飲むと物足りなさを感じるぐらい、サンガリアの強炭酸水に慣れてしまった。

今回の感想

そんな訳で、なぜかサンガリアマンセーになってしまったが。とりあえず、今回の株主優待はまた非常用にい・ろ・は・すにでもしとくか。

シンガポール・テレコム

なんか、日本株が大幅下落してたんでとりあえずシンガポール株買った。銘柄はシンガポール・テレコム。スターハブはそろそろなかったことにしていい気がしたので。

日本株は明日が3月権利日だから、まだ下がるようなら優待取りのチャンスなのか、私気になります。

カナレ優待・配当

なんか、カナレ電気から配当金計算書株主優待が届いてたんだけど。普通郵便だから日曜に配達はしないから、土曜には届いていたと思うが。そう言えば、いつから普通郵便の土曜配達やめるのかと思ったら、まだ決定事項じゃなかったのか。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022601160

それはともかく、配当の方はマネックスの口座見たら、税引き後3,985円が入金されてた。

株主優待は毎度のことながらクオカード2,000円分。

どうでもいいけど、カナレ買ってからもう5年以上たってるのか。

GMOインターネットの株を売ったよ -株主優待の切れ目が縁の切れ目-

もしかして、GMOの株は売らなかったほうが良かったのか、私気になります。

すかいらーく優待カード

土曜にすかいらーく株主優待が届いてたんだけど。総会の招集通知書と別送とはいえ日にちずれるのが謎だったんだけど。普通郵便だった総会とちがって、優待の方はゆうメールだからなのか、私気になります

ちなみに、株主優待の中身は保有数が変わってないので、前回同様3,000円相当の株主様ご優待カード

カードになってから500円単位でしか使えないと聞いて、てっきり500円以上じゃないと使えないのかと思っていたが。今回「『株主様ご優待カード』のご案内」を見てたら、500円未満の場合通常の支払いだけでなく、カード利用でお釣りなしにできるのに気づいた。

前からこれ書いてあったか、全然記憶にないんだけど。もしかして、500円未満じゃ使えないのかって問い合わせ多くて今回から利用例あげたのか、私気になります。

今回の感想

そんな訳で、すかいらーくの株主優待もいつまで続くか分からんけど、とにかく今回もあざーっす。

すかいらーく配当

なんか、すかいらーくとザ・パックから株主総会招集通知が来てたんだけど。すかいらーくの方は配当計算書も入ってたんで、マネックスの口座にログインしたらすでに入金済みだった。金額は税引き後で1,754円。

株主優待

株主優待の方は「3月13日に別送しております」らしいが、まだ届いてないな。それにしても、すかいらーくの優待も投資ファンド抜けたら速攻で改悪してくるかと思ってたけど、意外と続いてるな。まあ、すき家もワタミと並び称されるブラック企業認定されて赤字転落した頃でも、無配になっても株主優待は続けてたと記憶してるからなんとかなるのかもしれんが。

https://www.j-cast.com/2014/11/24221340.html?p=all

外食産業の食事券って原価率考えれば、額面100%分のコストかかるってわけじゃないからな。そうなると機会損失リスクのほうがヤバイ気がするから、金額そのままで繁忙時は使えないとか枚数制限の改悪で逃げるって手もあるか。

そこで思い出した。この方式で実際に優待改悪した企業があったことを。確かワタミだったな。古すぎてソースが検索しても見つからなかったが、ワタミの東証開示資料のお知らせにあった。個人的に覚えてる最初の改悪は、2003年08月25日の「 株主優待制度変更に関するお知らせ(38KB)」

https://www.watami.co.jp/ir/news/

https://ssl4.eir-parts.net/doc/7522/tdnet/120027/00.pdf

この時はまだ金・土・祝日の前日禁止枚数制限だけなんだな。ランチタイム禁止が加わるのは、2009年02月10日の「株主優待制度変更に関するお知らせ(95KB)」って、結構たってからだな。その後も色々改悪・改善を繰り返して今に至るって感じだから、すかいらーくもやろうと思えばなんとかなるんじゃね。