ニチブンコミックス2003冊100円祭り!

なんか、日本文芸社のコミック(一部除く)がイーブックイニシアティブジャパン eBookJapan100円(税別)でセール中なんだけど。よくある最初の方だけ安売りして後半定価ではしごを外すセールと違って、100円祭りは新しめのでも安くなってるんだよな。それなんで、「ギリギリアウト」は1巻100円で買ったきりだけど、「うれし○ん!」なら新刊が出たら買う可能性がありそうじゃねと思って何冊か買った。



会社名はお堅そうだけど、少なくともマンガに関しては日本文芸社というよりはニチブンがしっくりくる作品が多いイメージ。個人的には「じこまん」で知ったんだと記憶してる。



自転車にキラキラ()した何かを求めてる若者は、「ろんぐらいだぁす!」とか買った方がいいと思うけど。辛酸をなめてきて体も若い頃のようにいかなくなった中高年は、自転車と現実的に向かい合うつもりなら「じこまん」おすすめ。リアルじゃなくファンタジーを求めるなら、「ろんぐらいだぁす!」でも「南鎌倉高校女子自転車部」でもいいと思うけど。

これアニメだとどっちもAmazonのプライムビデオ対象なんだな。

第3話 新しい世界

新品価格
¥216から
(2017/3/12 13:27時点)

入学式ッ!

新品価格
¥0から
(2017/3/12 13:25時点)

どうでもいいけど、「ろんぐらいだぁす!」とかで自転車はじめた人に「じこまん」勧めるのって、キャベツ畑を信じてる女の子に見せられないよな本を見せるみたいなもんなのかな。

今回の感想

そんな訳で、ニチブンコミックス100円セールは、この値段なら買ってもいい作品あるなら悪くないと思う。AmazonのKindleポイント還元で後追いはじめたけど、じこまんだと1巻が325pt、2・3巻が217ptと完全には追い切れてないな。

[まとめ買い] じこまん

昔は他社の11円セールに、Amazonが自腹切ってまで参加したって噂があるが。真偽のほどはともかく、ニチブンコミックスの後追いポイント還元を見る限り、現時点だと少なくともニチブンならeBookJapanの100円待ちが大正義っぽい。

以下余談。

はぐれア○ドル地獄変

eBookJapanの今回のセールでは、「はぐれア○ドル地獄変」4巻とか買ったんだが。ちなみに、1~3巻までは同じような100円セールの時に買ってたりする。これはAmazonでも486円で379pt付くから、ポイント込みで考えればeBookJapanと遜色ないんだが。それでも、はぐれア○ドル地獄変とかはAmazonでは買わない方がいいとは思う。この手の作品は最悪、販売停止される危惧があるからな。

キンドル読み放題で個人マンガ家はどれくらい儲かったのか! 半年の収支発表

一方でアンリミテッド景気が吹き上がった個人作家の方もおりました。IronSugerさんは半年で1千万円を超えるほどの勢いでしたが、彼の作品がある日突然アマゾンから消えました。
アマゾンが消したということらしいです。

ちなみに、IronSugar先生は紆余曲折を経てKindleから個人としては撤退して、中抜きされても電子書籍の取次会社との契約を選ぶらしい。さらに将来的には、佐藤秀峰氏のように自身で取次会社を設立することまで視野に入れてるみたい。

Kindleダイレクトパブリッシングから撤退します!

さらに余談だが、IronSugar氏のTwitterを見てると、「金持ち父さん 貧乏父さん」を思い出して懐かしくなる。

ironsugar(@ironsugarDoujin)さん | Twitter

しかし、この人たいしたもんだね。Kindle Unlimited特需で荒稼ぎしても、ヒルズ族になった成金みたいに散財も慢心もせず。貪欲に勉強して自分に足りない点は素直に認めて吸収するのは、成功者にはなかなか出来ないんじゃね。ただ、個人的にはマンガ以外はダメ人間っぽい柳沢きみお先生のような破天荒な生き方してる人の方が、作品的には面白そうだけどな。

「天地真理」が激白! 「柳沢きみお」も瀬戸際! 誰でも危ない「老後破産」の共通項を検証する

柳沢きみお「極悪貧乏人」完結プロジェクト

なお、IronSugar先生の作品は、無料の時に入手できなかったらしく読んだことはないから内容は知らんけどね。

粉末茶

ちょっと前に、粉末茶が切れそうだったんで新しいのを買ったんだが。今回は別の商品を試そうと思って、がってん寿司の粉末玄米茶にしたよ。

 

前に買ったのはこれ↓
お茶っ葉で入れるの面倒だから粉末茶買った

がってん寿司粉末玄米茶

がってん寿司の粉末玄米茶だけど、今回買ったのは100gパック2個入りで送料無料の奴。

先月に届いてるんだけど、賞味期限は2018.02.05だから製造から1年以上はあるのかな。

販売者は株式会社 荻野商店になってる。

商品説明によると、「がってん寿司店舗で使用!」と書いてあるから、店と同じなんだろうが最近行ってないから比較は無理かな。

で、飲んでみた感想。まず感じるのが、玄米茶のものと思われる香ばしさ。味も結構玄米っぽさを感じるので、これが好きかどうかで評価分かれそう、個人的には緑茶としてはどうかと思うが、トータル的な味は玄米入りの方がいいかも。

粉末茶を作る時は、ホットはコップ一杯分の水をレンジでチンして、それから粉入れて混ぜてる。夏場とかコールドの場合、そのまま粉入れて水注いでかき混ぜてから氷追加。粉末茶はインスタントタイプと違って、時間がたつと粉末が沈殿してくるので注意。ちなみに、コップで飲む時はお茶入れた時に使ったスプーンでかき混ぜながら飲んでる。ふたのある容器なら振ればいいんだが。

なお、楽天のページだと商品名に「ホットでもアイスでもサッととける」が含まれてたり、画像に「粉末玄米茶は、お湯や水に溶かすだけで簡単!」とか書いてあるけど、実際の粉末茶は水にもお湯にも溶けないんだが。下請けのWeb作成業者が商品知識ないのは仕方ないとしても、チェックするがってんの担当者かだめ出しできないのはやばくね。

まあ、楽天のECコンサルタントに言われるままに作ったようないかにも楽天テンプレ感丸出しのレイアウト見る限り、がってんのEC担当者は公務員で言えば福祉課並の不人気部署なのかもしれんな。商品はいいのに商品ページがこうもうざいと、Amazonみたいなシンプルなシステムで競合製品があると乗り換えられかねないか心配になる。

粉末緑茶 業務用 パウダー ( 粉末 緑茶 ) 200g 静岡県掛川産 100%

新品価格
¥648から
(2017/3/9 22:39時点)

他業者の話が出たんでついでに書いとくと。前に買ったハラダ製茶の40g×5袋セットは、商品名にあざとく「【口内フローラ/静岡茶/緑茶/煎茶/緑茶うがい/うがい/ガッテン/粉末】」と入れるれるぐらい商魂たくましいが、商品ページのシンプルさには好感が持てる。ただ、このセット販売期間が限定されてるんで買いたい時に売ってない時あるんだよな。

 

口内フローラ

粉末茶のキーワードに「ガッテン」だけでなく、「口内フローラ」とか「うがい」って入ってるを謎に思った人もいるかもしれんが。去年の終わりぐらいに、ガッテンの新健康術として緑茶うがいが紹介されたからなんだよね。

ウイルス&細菌を撃退!「口内フローラ」新健康術SP

私もこれ見て緑茶うがいをするようになったんだが、おかげで粉末茶の消費がパネくなってしまったが。それなんで、このペースなら100gパックでも無問題だと思ったが、一つ気になることがある。これが普通の玄米茶なら玄米は抽出するだけだろうが、がってん寿司の粉末玄米茶だと玄米ごと粉砕してるとすれば、炭水化物も含まれるんだよな。だとしたら、飲むには関係ないけどうがいだと結構な問題じゃねと、買った後で気づきました。

結論としては、細かいことは気にしないようにすることにした。まあ、夜寝る前のうがいは粉末玄米茶じゃなく、今まで通りオーラルクールCHXに戻した。

オーラルクールCHXが届いたんで試してみたよ

今回の感想

そんな訳で、がってん寿司の粉末玄米茶だが、緑茶うがいには向かないが飲む分には満足してるかな。味・香り以外でハラダ製茶との違いは、うがいした時に粉っぽく感じたぐらいかな。飲んでる時には気づかなかったが。

次に粉末茶を買う時はどうするかは、その時の状況次第かな。緑茶うがいを重視するなら緑茶オンリーの方がいいかもしれんが、うがい用の商品としてはコスパが悪いのが悩みどころなんだよな。とりあえずは200gがどのぐらい持つか確認して判断するか。

闇ウェブ()

なんか先日のクロ現+で、感染するとPCやスマホデータにアクセスできなくなって、解除して欲しければ金払えって言うランサムウェアが取り上げられてたんだが。

あなたのスマホが“人質”に!?徹底追跡!“闇”インターネット – NHK クローズアップ現代+

ランサムウェアは最近では、「身代金ウィルス」と呼ばれるぐらい一般化されたのか。それと、番組ではこうした犯罪に使われるツールや非合法な物やデータのやりとりされる「闇ウェブ」も紹介してたが。闇ウェブなんて言葉始めて聞いたなと思ったら、番組に出てた高野聖玄氏が代表取締役社長やってるセキュリティ会社の本のタイトルなのかよ。

闇ウェブ (文春新書)

新品価格
¥842から
(2017/3/8 21:24時点)

サイバーセキュリティ対策の専門企業 / 株式会社スプラウト

NHKも協力して流行語大賞入りでも狙ってんのかと思ったが、「ダークウェブ」って言葉自体は昔からあるみたいだな。ちなみに、「闇ウェブ」とネーミングしてる会社だけあって、結構黒そうなことをやってるんじゃねって指摘が過去にあるな。

とあるセキュリティ企業、上場企業100社に対し無断で攻撃を行っていた?

身代金ウィルス

で、番組では身代金ウィルスに感染した被害者の70代の男性の事例が出てたんだけど。ウイルスの感染経路はWebページ経由っぽいってことだから、多分Flashのセキュリティホールつかれてランサムウェアを仕込まれたんじゃね。まあ、Javaの可能性もあるかもしれんが、Javaは標準じゃ入ってないだろうし。

Flash Playerの脆弱性攻撃でLockyウイルスに感染、「直ちに更新して」

結局、この男性は身代金の支払いを拒否したはいいが、ウイルスの駆除が出来なくてPCを初期化して対処したが。その代償に、孫の写真とかが入ったデータの復旧を断念することになったが。けど、この年齢でPC使ってるだけあって、夜のニュースの「ストップ詐欺被害!私はだまされない」の例に出てくる人みたいに、ほいほい金払わなかったのは立派だよな。それだけに、アンチウイルスソフトのインストールやOSとかFlashのアップデートとかしてれば防げたかもしれないのが悔やまれる。

安全の値段?

その後、PCのセキュリティ対策の費用はどのぐらいかかるかって事で、一般家庭にパソコン修理会社の人が訪問して見積もったんだけど。「パソコン修理会社 門馬由樹さん」によると、「55,000円くらいの作業をさせていただければ、100%に近いセキュリティ対策ができる」らしいが。ちなみにこのパソコン修理会社にウイルス駆除を出張サポートでやってもらった場合、概算で税抜き21,000円かかるらしい。

ウイルス・スパイウェアの駆除|パソコン修理・設定・トラブルサポートはドクター・ホームネット|日本PCサービス

覚えておきたい停電によるパソコントラブルの回避策|@DIME アットダイム

文/門馬由樹
日本PCサービスが運営する「ドクター・ホームネット」 東京支部係長。

闇ウェブ()本の高野氏は最低限の対策と出費を聞かれて、PCとスマホのアンチウイルスソフトで年1万ぐらいと答えてたけど。まあ、出張サービスとはいえ上記費用を考えれば、決して高い金額ではないんじゃね。それに、アンチウイルスもESETファミリーセキュリティ5台3年版最安値3,000円とまではいかなくても、メジャーな市販パッケージでも複数台数使える奴の3年版とかが1万前後で買えるから、年間なら1万もしないんじゃね。

ノートン セキュリティ プレミアム 3年3台版 (windows/Mac/Android/iOS対応)(最新版)

新品価格
¥10,650から
(2017/3/8 21:26時点)

ちなみに、Windows10以降だとサードパーティーのアンチウイルス入れるぐらいなら、マイクロソフトが無料で提供してる方がマシじゃなく、むしろ害悪って主張もあるな。

Windows 8.1/10ではサードパーティーのアンチウイルス製品を避けるべき?

これ信じるなら、最近のWindows使ってればアンチウイルスに金かけなくてもいいって事にすらなるな。個人的には、一昔前はInternet ExplorerOutlook Expressウイルス感染の温床と呼ばれてたり、Excelマクロウイルス繁栄で企業を絶望に追い込んだマイクロソフトの製品一つにそこまでの信頼を預けることは出来ないから、金払ってまで有償のアンチウイルスソフトを使っているけどね。

記者の眼 – HTMLメールはやめよう:ITpro

マクロウイルスを知らない世代の社員が狙われる? 「Office文書を開いて感染」攻撃が再び増加

ちなみに今使ってるアンチウイルスソフトはESETなんだが。最近は安売りしなくなってるけど、今年で期限切れるんだよな。

無料のウイルス対策ソフトが重いのでESETファミリーセキュリティを買ったよ

今回の感想

マルウェアとかのネット経由の悪意あるソフトに対して、最低限のセキュリティ対策は当然必要だと思うが。この手の話はネットが一般普及する前から言われてるから、犯罪者とセキュリティ会社のいたちごっこなんだよな。万全を尽くしたとしても、OSとかアプリの不具合までは個人ではどうにもならないし。

そんな訳で番組でも言ってたように、万が一被害にあっても金払ったり相手に情報を与えたりせず、ウイルス駆除が出来なければ黙って初期化が正解だな。そのためにも、日頃からこまめな複数バックアップを心がけるべきだろう。

無慈悲なゲームレビュー

なんか、コミックウォーカーに連載されてる「無慈悲な8bit」の最新話が、クソゲーに関するバッシングについてなんだが。

2017/03/04更新分だから、次回更新予定の2017/03/11になるまでは読めると思う

無慈悲な8bit 無料漫画詳細 – 無料コミック ComicWalker

ゲームは客のためじゃない、客がゲームに金を落とすために存在する

非常に感動的な話なんだけど、現場はだいたいそうだと思いたいが上層部は別じゃね。それとこれはまだ手間暇金がかけられるパッケージゲームだけど、スマホゲーとかになると悪意の有無は置いといても、プレイヤーを雑巾扱いする事だけしか考えてないようなのが大半だと思うけど。少なくとも、テレビCM流すぐらい広告宣伝費に金かけてるところは。

ついでに言うと、どんなに人件費かけようが家庭を犠牲にしようが、プレイヤーからしてみれば関係ないからな。例えば、サーカスで日頃のハードトレーニングの影響でステージ本番に失敗したとしても、金払った観客が笑って許してくれる訳ないだろう。そんな争いのないステージみたいな世界が欲しいなら、幻の大技天使の技クラスのゲームを作ればいいんじゃね。

今回の感想

ゲームのレビューに関しては、クソと書くならならクソの理由を指摘してないただの感想には価値を見いだせないが。客観的事実に基づく物や理に適った批判なら、例えネガティブな意見でも評価できるけどね。むしろ、購入の検討にならないマンセーレビューの方がクソの役に立たなくて不要だと思う。あくまで消費者視点だが。

それでも、今回の元ネタは結構な金額払って買うパッケージのゲームだからな。これが、Steamのセールで数百円で買ったとかならそこまでボロクソに言われないだろうに。そう思ったが、世の中には基本無料のスマホゲーに親の敵かってぐらい辛辣な批判する人もいるけどな。

追加

Twitterでも見れるようです。

追加2

この件のまとめもあるんだな。コミックウォーカーで読んでたから忘れてたけど、元は「ファミ通」の連載だったな。

ファミ通「ゲームのバッシングをやめよう!みんな必死に作ってるんだ!楽しい話をしよう!」 – Togetterまとめ

これ見てると著者の山本さほ氏より、ファミ通への批判の方が多いんだな。確かに、このマンガもファミ通じゃなく「ゲーム批評」に掲載されてたら評価も違ったかもしれんな。

Twitter

なんか、貧BP氏の隠し名(というかこっちが本家?)の「シンギュラリティがー」の人と、Twitterでやりとりしてる人がいるんだけど。内容は退屈で特に言及するほどじゃないけど、相手の人がTwitterアイコンに設定してる画像がちょっと気になった。

ユキノシバリ(@yukinoshibari)さん | Twitter

どうでもいいけどこの人、「ベーシックインカムがー」の人に絡んだんじゃなくて、「生活保護がー」の人が先にRTしたのかな。

グイド・レーニ「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」

で、Twitterアイコンなんだけど。なんか、憂いのあるターバン巻いた女性が振り向いてこっち見てるんだけど。ちなみに、元ネタはグイド・レーニ「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」なんだけど。この絵は昔、「美の巨人たち」で見たけど、確かこの服装と髪型とターバンから処刑直前の姿って解説だったと記憶してるが。

テレビ東京のページだと、これを取り上げた回の内容は公開されてない
フェルメール「真珠の耳飾りの少女」
バックナンバー

これをチョイスした人のつぶやきだと思うと、ちょっとおもしろく感じます。

今回の感想

そんな訳で、元貧BP氏も活動停止してもやってることは変わらないみたいだな。むしろ、貧BP名義で書き込む必要なくなった分をそっちに回してるんだろうか。自己顕示欲が強いといろいろ大変だな。