屋上から窃盗犯侵入

ちょっと前のニュースだが、年末に38階建てのタワーマンションの屋上から、38階の部屋に侵入して窃盗で捕まった人がいたけど。タワーマンションの最上階に住んでるような人なら金持ってそうだから、セキュリティ的に狙いやすいアパートとか一軒家に入るより、リスクは高いがリターンも高いってのは理解できるが。

とはいえ、この手のタワマンならコンシェルジュサービスとかフロント24時間対応だとかを売りにしてるとこもあるから、盗みに入るのも楽じゃないと思うんだが。

コットンハーバーマリナゲートタワー

気になるのは、不審者が屋上に上がれるぐらい管理がズサンなタワマンってどこなんだろうと思ったら、マンションの外見をヒントにしたのか特定されてるんだな。

横浜市の高層マンション屋上から38階の部屋にロープで侵入、現金3500万円を盗んだ山品聡志容疑者を逮捕

で、犯行場所が「コットンハーバーマリナゲートタワー」と仮定して、どういう管理体制なのか調べてみたんだが。

マリナゲートタワーの購入・売却ならノムコム

静脈認証オートロックをはじめ、24時間管理システムなど、多彩なセキュリティシステムを採用し、安心してお住まいいただけます。

おそらく、エントランスのオートロックが暗証番号とかじゃなく静脈認証なら、不審者どころか関係者以外は一人じゃ中に入れないよな。そうなると、他の場所から敷地内に潜入したんだろうか。理想を言えば、出入り口をオートロックや有人監視の場所に限定して、住人がフロントが入館許可を出すシステムにすればいいんだろうけど。これだと、有事の際は外に出られなくてパニックになるかもしれんし。さらに、住人が犯罪者の共犯になる可能性も否定出来ないからな。

今回の感想

そんな訳で、いくらセキュリティの高さを売りにしても、泥棒に入られる時は入られるんだな。それに、アパートの2階とかなら犯行時に人目につく可能性もあるが、38階じゃ意識してるか偶然じゃないと気づかないだろうし。もっとも、ちゃんと犯人が捕まってるんだから、監視カメラとかのセキュリティは役に立ったんだろうし、管理システムも無駄ではなかったんじゃね。

そうなると、不審者の侵入を完全に防ぐのは難しいから、監視カメラや警報装置の強化で対応するのが現実的か。今回のケースだと、屋上に共用設備とかがあるならしかたないけど、そうでないなら普段は施錠しとくだけで防げた気もするが。

以下余談

風夏

よく学園モノの漫画やアニメで、登場人物が屋上の出入り口の上とかに登ってるシーンがあるけど。ちなみに、その部分はペントハウスとか塔屋というらしい。

学校などの屋上に上がるための階段のある小屋?みたいなのは何… – Yahoo!知恵袋

陸屋根 – Wikipedia

学生時代は登った記憶はないが、社会人になった後に登ったことはあったりする。特に意味もなく、なんとなく登りたくなっただけなんだが。なんでこんなどうでもいいようなことを書くのかというと、最近「風夏」とかいうアニメを見てその事を思い出したから。

この思わせぶりな展開とあざとすぎるサービスシーンは、「君のいる町」を彷彿とさせるなあと思ったら、原作者が同じ瀬尾公治氏だった。けど、アニメの方は制作会社違うんだけど、ここまでデジャ・ヴ感じるなんて、よっぽど原作スメルが強すぎるんだろうな。年寄り的な感覚だと、リアルタイムで「きまぐれオレンジロード」読んで、心がきゅんきゅんとかぴょんぴょんした人は好きそうな気がする。

アルコール除菌

以前に買った、高濃度(アルコール度数77%)のアルコール除菌スプレーパストリーゼ77の詰め替え用を買ったんだけど。ちなみに、今回買ったのはリカータイム 楽天市場店で、5L入りの奴にしたよ。5Lのは送料込みじゃないのもあるけど、ここの送料無料ラインは21600円以上なので、よほど大量に買わない限り単品でいいと思う。

 

Amazonでも同じ業者が関東とか送料無料で売ってるけど、若干楽天のほうが安かった。

ドーバー パストリーゼ77 5L

新品価格
¥3,294から
(2017/1/6 22:21時点)

Amazonプライム会員でも、Amazon.co.jpからの発送じゃなければ優位性はないし。今回のは楽天とはいえ、当日13時まであす楽対応してるからな。個人的には、Amazonプライム会員が楽天市場で買い物するなら、営業時間内の注文は当日発送してくる店舗かあす楽対応にしないと、いつ届くか分からなくてストレスたまるぐらいプライムの当日配送やばすぎる。まあ、メール便は諦めがつくけど、楽天ポイントで買わない時は多少の価格差ならAmazonで買うこともあるんだよな。貧民的にはイクナイけど。

パストリーゼ77 5L

閑話休題。ちなみに、リカータイムで買ったのの梱包はこんな感じで現物が直に入ってた。それと、付属品らしい詰め替え用の注ぎ口もついてた。ただ、注ぎ口は密閉性が悪そうだから、使用後は元のキャップでフタしたほうが良さそうだな。

パストリーゼについては、以前書いた記事を参考にしてもらうとして。半年以上使ってみてリピートする価値はあると判断。まあ、最初の1個は容器も必要だから500mlのでいいと思うが。その後はスプレーボトルがへたるまでは、5L買ってもいいんじゃね。

シンクの拭き取りと除菌のためセルロースクロスとパストリーゼ77を買ってみた

なお、スプレーボトルを別売りで買う場合は、高濃度のアルコールを入れても大丈夫かどうかの確認は忘れないように。

今回の感想

これで、めでたしめでたしで終わるはずだったんだが。なんか、買った後に気づいたんだけど。この手の食品にも使えるアルコール除菌剤って、パストリーゼ以外にも色々あって、さらに安いもあるんだな。例えば、ライオンハイジーンハイアルコールスプレーだと、Amazon.co.jp取扱で2854円なのか。

ハイアルコールスプレー アルコール除菌剤 5L 業務用

新品価格
¥2,798から
(2017/1/6 22:26時点)

ただ、公式のページとか見てもアルコール度数が書いてないのが気になるが。レビューを信じれば約75度らしいが。

サニテーションシリーズ|業務用厨房用洗浄剤|商品情報|ライオンハイジーン

まあ、当分この手の製品を買う必要はないだろうが、次に買う時は他社製品も調べてみるかな。

スワップ

月が変わったので例によって、セントラル短資FX口座のスワップを確認したのだが。12月分の受取合計額は、15347円だったよ。年末に大幅にポジを減らしたけど、その影響が出るのは今月からだろうな。

ちなみに現在のポジはAUDJPY 2枚 @85.144と、ZARJPY 11枚 @7.754。

2016年FX成績

ついでに、2016年のスワップ合計は税引前で16万ぐらいになった。まあ、こんなもんだろう。もっとも、ランド円の含み損を相殺したから、差引だと5万ぐらいなんだけどね。あれだけランド円持ち直したのに10万近く損失出すなんて、どんだけ高づかみしてたんだよ。

とはいえ、今年はポジが減ったままだと受取スワップはかなり寂しいものになりそうだな。

正月終了

正月三が日が過ぎて、ようやくテレビが平常運転になったんだけど。民放はほとんど見ないからいいんだけど、NHKまでニュース潰して特番やるのは勘弁してほしいよな。そんな訳で、年末年始の暇つぶしに一役買ったのが、Amazonプライムビデオと、スカパー無料放送の時に録画した「ゲームセンターCX」だったよ。

地底戦空バゾルダー

で、ゲームセンターCXの中に、大昔のリピート放送じゃない比較的最近ので「地底戦空バゾルダー」を取り上げた回があったんだけど。ファミコンソフトなのに、タイトルやメーカーの「ソフエル」すらまったく聞いたことなかったんだが。どうやら、ファミコン末期のマイナーゲームらしく、バーチャルコンソールにも対応してないみたいだな。

地底戦空バゾルダー

中古価格
¥6,891から
(2017/1/4 20:42時点)

ゲームの内容や攻略については番組を見てもらうとして。個人的には、開発者のお遊び的な要素で一つ気になるのがあったんだが。なんか、主人公たちが乗ってた可変型の戦闘機みたいな奴(5号機)が奪われて、予備の4号機に乗り換える展開なんだが。その後、5号機と対戦する事になって、R2D2みたいなのがTALKで「MAY THE 4TH BE WITH YOU…」って言ったんだが。おそらく、これを言いたいがために「4号機」出したんだろうな。

ちなみに私は映画スター・ウォーズは見たことないんだが「May The Force Be With You」とか「Use The Force」という台詞は知ってた。

5/4はスター・ウォーズの日!『フォースの覚醒』や『ツムツム』イベントで渋谷が大賑わい

今回の感想

NEVER GIVE UP!

反LINE運動

去年の大納会のあいさつで、2016年IPOの大型上場の例としてJR九州と共に名前を挙げられ、時価総額1兆円を超えるほどの大企業になったLINEだが。

そんなLINE帝国に、たった一人の写真家が反旗を翻してるのが一部で話題になってるんだが。

「広告会社はNAVERまとめへの広告配信を停止してください」 NAVERまとめに写真をパクられた写真家がネット署名開始

Yahoo!をはじめとする広告配信サービス会社は NAVERまとめへの広告配信を停止してください

世間的には、昨年末のLINEの株価を見る限り、さすがゴッグだレベルでどうってことなさそうな瑣末事っぽいが。

LINE(株)【3938】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

今後、この件がNHKのニュースとか民放のワイドショーレベルまで取り上げられたらどうなるんだろうね。

旅するフォトグラファー 有賀正博

この件については以前にも書いた通り、キュレーションメディアとかに自分の写真を無断転載された写真家の有賀正博氏が、パクったとこに請求書を送ったことから始まったんだが。で、1社を除いて快くかどうかは知らんが使用料を払ってくれたらしい。もちろん支払いに応じなかったのが、韓国系企業傘下で天下のLINEが運営する最強最悪の著作権侵害サイトと名高い、NAVERまとめなんだが。

LINEも「DeNA・サイバーエージェントがやられたか」なんて余裕ぶっこいてられなくなるかも?

前回記事執筆時点では、その後の対応を検討してたけど、詳細はリンク先を読んでもらえば分かる通り、一個人の力ではにっちもさっちもいかない状態になって、今回のネット署名運動に繋がった模様。

NAVERまとめ対策 | 旅するフォトグラファー  有賀正博

LINEに宣戦布告するなら少額訴訟?

まあ、NAVERまとめの悪行については一旦置いといて。LINEに関しては、自分たちに都合の悪い真実も検閲してない懐の広さは評価したい。

著作権侵害を助長するNAVERへ未だに広告出稿する倫理観の低い企業のまとめ

LINEがNaverまとめの著作権侵害やめないならBLOGOSへの転載とメルマガを止めようと思う

後者のリンクでは、NAVERまとめにパクられたらLINEに少額訴訟起こしちまえと、LINEが運営するBLOGOSに転載された記事で勧めてるが。少額訴訟は相手が拒否すれば通常の裁判で争うことになるんだが、そこまでの覚悟はあるんだろうか。LINEの写真家の人へのなめた対応を見れば、LINEなら当然少額訴訟を拒否するんじゃね。

裁判所|これから少額訴訟を利用しようとする方へ

なお,相手方が希望する場合や,相手方が行方不明の場合,裁判所が少額訴訟で審理することが相当でないと認めた場合などには,通常の民事訴訟手続に移行しますが,簡易裁判所では,移行後の民事訴訟手続においても簡易な手続により迅速に紛争を解決することを目指しています。

他にも永江一石氏は、少額訴訟を起こしまくればLINEが泣きを入れてくるみたいなことを書いてるが。

訴訟を起こす裁判所は、LINEのある渋谷区である必要はなく、あなたの住む場所の裁判所でかまいません。訴訟を起こせばLINEの担当者は顧問弁護士と一緒にその地方まで出向かねばならず、来なければ一発で勝訴です。全国で同時多発で次々に少額訴訟を起こせば良い。たとえ負けてもどうせ払われなかった金だし、いいじゃないですか。これが全国で何百件も起きれば、間違いなく横柄なLINEの担当者は家に帰れなくなり、全国行脚の旅です。弁護士費用も莫大です。

裁判は原則相手側の住所の管轄の簡易裁判所らしいが。

裁判所|訴え(少額訴訟)を起こす方へ…

原則として,相手方の住所地を管轄する簡易裁判所です。
事件の種類によっては,ほかの簡易裁判所にも訴えを起こすことができます。

仮に少額訴訟に応じるとしても、弁護士と一緒に行く必要もないんじゃね。だとすれば、訴える方も弁護士いないと不利だし。実際は、少額訴訟だと金にならないから弁護士はやりたくないみたいだが。それでも司法書士ぐらいなら依頼してもいいのかもしれんが、金銭的に割に合わないかもね。

弁護士に断られた少額裁判

裁判手続|滋賀県 大津市 司法書士 社労士|やました司法書士社労士合同事務所

まあ、本人訴訟ならたいして金かからないみたいだから、起こすだけ起こしてもいいとは思うが。

余談

永江氏の記事を読んでなんか引っかかったのでググってみたら、以前にYahoo!ニュースに転載された自分の記事を「Yahoo!Japanの佐野氏」「しょーもない記事だ」と言われてYahoo!ニュースから手を引いた人らしい。

ソーシャルは難しい。わたしはこれでYahoo!個人に投稿するのをやめることにしました

ちなみに、「しょーもない」と言った人は、Yahoo!を休職して大学院に行ってるのか。Yahoo!もネット広告ではLINEの著作権侵害の片棒担いでると批判されてるが、「勉学休職制度」があったりYahoo!ニュースのオーサーを一人やめさせた人を許容するとは懐広いな。

世にも奇妙な上司の話 – 数学を学び直すために勉学休職を選んだ異色のiOS開発者・佐野岳人インタビュー

ついでに、「しょーもない」事件の前に永江氏に意見した人が見つかったんだが。

自称コンサルの永江一石氏に申し上げる。あなたは本当にコンサルか?

永江氏の少額訴訟に関する認識や、上記ブログへの反応を見ると確かにこの人なんだかなあーって感じはするが。

ただ、永江氏に意見したブログ主のプロフィールを見ると。

私について | shizu-navi.info

Webでは、2010年12月からガジェット系ブログ「shizu-navi.info」を運営。また、2013年2月より、大手IT系メディアサイト・ガジェット速報(閉鎖)にて勤務。2014年8月~12月まで大手VIP系2chまとめサイト運営会社に在籍。

NAVERまとめにパクられたらLINEに少額訴訟起こせと勧める人と、まとめサイト会社で働いてた人。こりゃ、相性最悪だな。

今回の感想

去年のWELQ事件以来、DeNAサイバーエージェントリクルートとかもキュレーションメディア絡みで叩けば埃が出そうだと疑われてたが、しまいにはDMMが、過去にまとめサイトを買収して運営してた事実まで明らかになったが。

はちま起稿を買収したDMM、元管理人・清水氏ら主要メンバーを雇用しステマ関与か 取材に対し隠蔽工作も (1/5)

ちなみに、DMMの売却先の株式会社インサイトはこんな過去があるらしい。

はちま起稿を買収した株式会社インサイト、あの悪質な「2chまとめ風広告」に手を出していた

閑話休題。キュレーションメディアにパクられた人は、最悪裁判起こすぐらいの手間暇金をかける覚悟があるなら少額訴訟してもいいと思うが。そこまで労力かけたくない人は、有賀氏みたいに署名活動したり、SNSに助け求めるなりする方がいいんじゃね。それか、クラウドファンディングで訴訟費用集めるのもいいかもしれんね。