Posts tagged ‘ニュース’

骨髄移植

なんか、オリンピックメダル候補が白血病になって安倍総理が骨髄移植に興味を示したようです的答弁が、テレビのニュースで流れたのを見たんだけど。流石に、SNSとかPRには草生えるって気がしないでもない。

安倍首相、「ドナー休暇」の普及支援=骨髄移植の環境整備-衆院予算委

一応、野党は国が直接助成することを提案したみたいだが、まあこれが手っ取り早い対策な気がする。というか、献血でやってるようなPRとかで電通とかの広告代理店やアイドル・アニメに金使うぐらいなら、それ直接ドナーに金渡したほうが効率的じゃね。ぶっちゃけ、昔やってた売血みたいに骨髄買えばいいんじゃね。

献血

ちなみに、白血病の治療には骨髄移植の他に献血も役に立つらしいんだが。

すごいぞ!献血|LOVE in Action

けど、30代以下の献血者は減少してるんだな。どうりで、若者限定でグッズで釣ろうとしてるわけだ。

血ぃ、日赤にもっと献血を! -ただし若者に限る?-

それなら血液も金で買えばいいんじゃねって思ってググったら、昔の売血って日本赤十字が買ってたわけじゃないのを知った。

売血 - Wikipedia

今の献血は日赤がかなり個人情報収集してるから、身元保証済みの献血カード持ちには血液買い取りしても問題起きないんじゃね。

今回の感想

そんな訳で、骨髄移植に関してはどんなお題目や綺麗事並べても、最後は金目じゃないと無理ゲーじゃね。

CAEBVの治療に骨髄移植が必要でも、ドナーになって骨髄を提供するのは難易度高いな -松来未祐「ザ!世界仰天ニュース」-

それに比べればまだ献血はリスク低いから、池江璃花子氏絡みで興味持った若者はとりあえず献血してみたらいいんじゃね。ただ、上の「すごいぞ!献血」のページでは「チクッとした痛みはありますが、ほんのちょっとの勇気があれば、乗り越えることができるはずです」とサラッと書いてるが、本番の献血で使う針は通常より太い針使うんだよな。

個人的には、採血で手間取って青タンできたのがなかなか消えないことがあったぐらいだが。あれは本番じゃなく事前検査の方だったな。担当者の当たり外れは仕方ないところか。最近は本番で失敗しないためか、最初に両腕の血管見て細い方で先に採血して、太い方は本番用に温存するみたいだが。まあ、万が一なんかあった時の保証はあるみたいだが。

具合が悪くなったら|献血の流れについて|献血する|日本赤十字社

ノーリスクってわけではないが、全身麻酔必須の骨髄移植と比べればほとんどないと言ってもいいんじゃね。

日本骨髄バンク | ドナー登録について - 骨髄移植で過去に死亡事例はありますか?

ファミマこども食堂

なんか、ファミマこども食堂を全国展開するらしいんだが。

ファミマがこども食堂 3月から全国2千店、イートイン

なぜかこの件、藤田孝典氏がZOZOほどじゃないにしろ因縁つけてる気がするんだけど。

関連ツイートを見てみると、藤田氏の主張は大雑把に二点な気がする。

藤田孝典ファミマこども食堂を語る

一つは、僕の考えた最強のこども食堂じゃないってダメ出し。

もう一つは、コンビニみたいな貧困の原因作ってる非正規低賃金で労働搾取してるクソ企業は、エセ慈善事業やる前に正規雇用して給料増やせって感じ。

藤田氏の心境はよく分からんが、なんかスイッチ入っちゃったっぽい気がする。

この意見は至極当然だとは思うけど、だからってファミマがこども食堂やるのを親の仇みたいにdisる必要があるのか、私気になります。

というか、ファミマのこども食堂ってまだ始まる前の段階だよな。

ちなみに、返信先の赤木智弘氏はプレスリリースとか読んでるみたいだけど、藤田氏はおそらくリンク先のニュース記事しか読んでない気がする。

プレスリリース読むと、世間が想像してるこども食堂とは別物って気はするけど。まあ、ガチな貧困は救えないかもしれんが、プチ貧困とか孤立化の抑止ぐらいの効果はあるんじゃね。

「ファミマこども食堂」を全国で展開 |ニュースリリース|ファミリーマート

こども応援ネットワーク埼玉

ついでにググったら、埼玉でのトライアル関連の記事とか見つかった。

埼玉県との包括的連携協定締結10周年記念事業 ファミリーマートが埼玉県内3か所で「こども食堂」を開催 ファミマでご飯を食べて、コンビニ探検!

ファミマ、県内3店舗で「こども食堂」開催 県と連携 イートインスペース活用、大人数で弁当 仕事体験も

さらにググると、「こども応援ネットワーク埼玉」ってプロジェクトみたいなのが引っかかった。他のとこは不明だが、少なくとも埼玉はファミマのこども食堂と「包括的連携協定」してるっぽいので、ファミマ単独の売名行為的な藤田氏の意見は少しひねくれてる気がしないでもない。

★2月1日付 株式会社ファミリーマート プレスリリース

今回の感想

そんな訳で、まだ始まってもいないファミマのこども食堂について、そこまでdisらなくてもいいんじゃねって気がするが。藤田氏は、今回のファミマのこども食堂を「福祉後退のターニングポイント」とか考えてるぐらい脅威に感じてるっぽいが。

さらに、こども食堂は安価な食事だすだけが仕事じゃねえこども食堂舐めるなみたいに、これからこども食堂を作ろうとか協力しようって人のハードルまで上げてる気がする。

どうでもいいけど、藤田氏ってどこまでファミマのこども食堂について知ってるのか、私気になります。

ついでに、ファミマのこども食堂を子供の尊厳や自尊心を傷つけるとでも言いたげなだけでなく。

このツイートの後にこれRTしてるのは、藤田氏はファミマこども食堂では豚の餌と同等の売れ残りの廃棄食品を出すとか思ってそうで、私気になります。

トライアルだと人数限定で日時決められていたことから、おそらく専用の弁当とかを用意してたと思うけど。サービス開始後は不明だが、トライアルの実施状況から予約制みたいな感じになるんじゃね。

個人的には、心のこもった10円より心のこもってない1万円の方がありがたいのと同じで、例えファミマでも利用したい人は俺は食うだけでいいと思うけど。どっちにしても、「社会貢献なり社会活動」するには聖人君子でなきゃならないみたいな見解は、藤田氏がそう思うんならそうなんだろうな藤田氏の中ではなってことでファイナルアンサーな気がする。

まあ、ファミマのこども食堂をマンセーする意見を見て、かわいそうに本当のこども食堂を知らないんだなって気持ちになるのは分からなくもないが。それなら、一定条件満たさなきゃ「こども食堂」名乗れないとかの法律作れとか言えばいいんじゃね。

一連のツイート読んだ印象としては、藤田氏と同様の意見の人たちからすると、ファミマこども食堂容認してる人だけでなく、非正規・低所得者の犠牲の上に成り立つこども食堂を利用する奴も共犯だって言いたげなのが、私気になります。

なぜ子供が道に飛び出してはいけないのか

なんか、「なぜ子どもが道に飛び出してはいけないのか」ってタイトルの記事を読んだんだけど。てっきり交通安全の重要性を諭す記事かと思ったら、まさかの超展開で驚いたんだけど。

なぜ子どもが道に飛び出してはいけないのか

詳しい内容はリンク先を読んでもらうとして。執筆者の田中俊英氏は、「実際、クルマが横道から現れてその子どもと衝突することはほぼない」から、「自転車を飛ばして」事故る奴は不運と踊っちまったんだよって思ってるようで、私気になります。

ただ、自転車事故は対車だけじゃなく対人の場合もあるからな。言うまでもなく後者は自転車側が加害者なんだけど、その場合も自転車にひかれたらその人の「運命」で片付けるのか、私気になります。

その子が自由に自転車を漕ぎ、確率的には低いが、たまたまクルマに轢かれたとしても、それがその子の「運命」なのではないだろうか。

「なぜ子どもが道に飛び出してはいけないのか」みたいな問いかけに、正確な答えはないかもしれないけど。単純に、飛び出して自分が事故にあったり誰かを傷つけたら「悲しむ人がいるから」って水芸しそうな答えでいい気がするけど。

ただ、田中氏は「若い頃は不登校の子どもへの訪問支援を長くやっていた」ってことだから。こういう綺麗事は自分の手を汚したことのない人が言う甘っちょろい戯言って境地に達した上で書いてるのか、私気になります。

今回の感想

そんな訳で、この「運命」論って、不登校やニートよりスピード出して自転車こいで事故る方がまだ元気があってよろしいってことだよな。趣旨は違うが、なんか某議員の発言を思い出した。

「女性べっ視許せない」/自民・太田衆院議員暴言に怒り

ちなみにこの記事のオチは、このタイトルからよくつなげたなと感心するぐらいこじつけてる気がするけど。まあ、こういう考え方の人はなんとなく、ume_pon氏あたりと気が合いそうで、私気になります。

麻生氏「あほらしい」

なんか、麻生太郎財務大臣が知人の「不摂生で病気になった人がー」みたいな発言に、リアルでいいね!したみたいな記事を読んだんだけど。同じことを、医療現場に導入されると日本の社会保障が破綻するって前評判で認可された、オプジーボをちゃっかり使ってた某元総理に対しても言えるのか、私気になります。まあ、森喜朗氏あたりだったら、「人間は生まれつきがある。一概に言える簡単な話ではない」でファイナルアンサーしそうな気はするが。

麻生氏が不適切発言=医療費負担「あほらしい」に同調

とはいえ、麻生氏のおそらく本音は正論だとは思うけど。慈善事業で商売やってるわけじゃない民間の保険会社なら利益最優先で健康な人には神対応、そうでないひとは塩対応でも仕方ない気はするが。公的な保険だと全員それなりってのも、ある程度は仕方ない気もする。

まあ、現時点では日本は国民皆保険だからそれでも成り立ってるように思えるが。これが将来、社会保障費削減夜警国家を目指したりして、健康保険は民間に丸投げとかされたら別だろうけど。仮にそうなると、一部の大企業は自前の健康保険を強化するけど、中小企業は保険なしになったり。保険会社も貧乏人は相手にしなくなって、優良企業に勤めるか健康な富裕層じゃなきゃ保険に入れなくなる世界になるのか、私気になります。

今回の感想

そんな訳で、現行の健康保険が喫煙者と非喫煙者が同じ保険料ってのは非合理的な欠陥制度なのは確かだから、喫煙者と同居家族は当然として、病気や薬の副作用とかじゃない肥満やアルコールや塩分摂取量・運動習慣によって保険料が変動することになっても、それはそれで理にかなってるんじゃね。まあ、保険料節約分と保険料算出の手間暇金を秤にかけると、厳密に運用するのは無理ゲーっぽいけど。あと、骨髄移植やドナー登録しないと保険料が上がる制度とかにするってのも選択肢の一つな気はする。

それでも病気に関しては、本人の努力とかではどうしようもないこともあるだろうから、喫煙と飲酒以外なら多少のことは目をつぶってもいいとは思えないこともない。

Twitterアイコン無法地帯に終止符?

なんか、プロ写真家が自分の写真を勝手にTwitterのアイコンにしてた人を見つけて、米国のツイッター社に発信者情報開示の裁判起こしてたみたいだが。このニュース読む限り、ツイッター社の見解ってワケガワカラナイヨ。争点の一つが著作者人格権同一性保持権なんだけど、Twitterのアイコンが円じゃなく昔みたいに四角ければ問題なかったのか、私気になります。

プロの著作物をアイコンに無断使用 ツイッター社に情報開示を命じる

どうでもいいけど、これ地上波がアナログの時代で16:9のテレビが出始めの頃、どっかの映画監督ワイドテレビはクソとか言ってたのを思い出した。確か映画のテレビ放送はただでさえ4:3にトリミングしたクソ加工なのに、ワイドテレビはそれをさらに引き伸ばすから絶対許さないみたいな感じだったような。

それはともかく、RTまで権利侵害ってのは飛躍し過ぎな気もするが、厳密にはそうなるんだろうか。

今回の影響について、齋藤弁護士は「今後、他人の著作物を勝手にアイコンに使っている場合、特定される可能性が高まった」と説明。また、ツイート1回ごとに著作者人格権侵害となることや、リツイートでも侵害となること(知財高裁判決・最高裁で審理中)などから、「そのような画像をプロフィールに使ったアカウントをリツイートした場合も権利侵害とされる可能性もでてきた」と話している。

仮に、その手の画像をプロフィールにしてる人をRTして権利侵害になるとしたら、バズった人がいきなりTwitterのアイコンをミ○キーマ○スやピカチ○ウにしたら、かつてない未曽有の著作権侵害案件になるのか、私気になります。