WBSで見たエムスリーのデジスマは便利そうなんだが


エムスリーの医療DX

先日WBS見てたら、エムスリーって会社が医療のDXがーとか医療システムの囲い込みがーみたいなことやってたんだけど(感じ方には個人差があります)

医療界の“巨人” エムスリー 新事業で頼る「出前館」の知恵

その中で、デジスマとかいうオンラインの診察予約から病院での受付やお会計までできるアプリを紹介してたんだが。

M3デジカルスマート診療

たしかに便利そうなシステムなんだけど、これ使える病院ってどこなんだろうと思ってググっても、デジスマ使えるでって個別の病院とかクリニックのWebページとかしか引っかからないんだけど。これ、公式デジスマ対応病院の一覧とか作らないとSEO対策してる病院以外見つからないんじゃないかと、私気になります。それとも、アプリインストールすればそこから見られるんだろうか。なんとなく、権限から察するに位置情報取得して近くの対応病院見れるだけなんじゃね。知らんけど。

神田西口クリニック

ついでに、番組に出てた病院のWebページあったんだけど。番組では普通の内科の診療してたけど、ここってメインの診療内容は男性のお悩みっぽいんだけど。しかも、一般内科は新規じゃなく他の病院ですでに診察済の患者への「継続処方」だけで週2回しかやってないっぽいのが、私気になります。

医師紹介・ご挨拶 | 神田西口クリニック

一般内科、一般皮膚科

かかりつけの医療機関になかなか受診出来ない方の継続処方を致します。お薬手帳をお忘れなくお持ちください。

2月から月曜日13時半~15時(院長)と木曜日13時半~15時(院長)のみの対応となります。

一応、風邪とかには対応してくれそうだけど、基本的には詳しい検査とかも出来ないから、薬の処方のみじゃない普通の診察とかはよその病院行ってくれってことなのかもしれんな。

診療内容 | 神田西口クリニック

当院で対応可能な病気  ☆月の13時半~15時と木の13時半~15時のみの対応となります☆

風邪(急性上気道炎、急性気管支炎、急性副鼻腔炎、急性扁桃炎など)、インフルエンザ、生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病、痛風・高尿酸血症)、花粉症(アレルギー性鼻炎)、咳喘息、胃腸炎、急性胃炎、慢性胃炎、過敏性腸症候群、片頭痛、緊張性頭痛、逆流性食道炎、貧血、睡眠時無呼吸症候群など。

と思ったら、院長先生が外来に来てる時だけ内科・皮膚科の診察が可能で、それ以外はお薬のみっぽいな。知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、デジスマ使える病院が増えれば病院行くのが捗るかと思ったけど。診察予約だけなら他にもその手のアプリとかサービスがあるっぽいな。「診察予約ZERO」はそこの電子カルテシステム導入してないと使えないらしいが、他のはブラウザでもできるオンライン予約をアプリでしてるっぽいな。知らんけど。

診察予約ZERO – 待ち時間ゼロの病院クリニック予約

EPARKデジタル診察券-病院・歯医者・薬局の受付や検索、予約や治療履歴の管理

アットリンク – 診療予約

オンライで予約できるのは便利だけど、サービスが乱立したままだと初期のなんちゃらペイみたいに混乱しそうだな。ただ、診察予約だけでなく電子カルテとか決済まで含めたオールインワンパッケージみたいなサービス提供してるのは今のとこデジスマくらいで少数派ですよなのか、私気になります。

まあ、いくらサービスが良くても自分の生活圏に使える病院がなければ意味ないからな。都心じゃないと、自分の通ってる病院がたまたまデジスマ導入してたとかじゃないと使う機会ないんだろうな。知らんけど。

そう考えると、本来こういうシステムはとか行政がやるのが筋な気がするが、そうするとマイナンバーとかコロナワクチンとかみたいに、既得権益層が中抜きして中身がグダグダになるだけだろうからこれでいいのかもしれんな(感じ方には個人差があります)

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください