Posts tagged ‘ニュース’

部屋ごとに宅配ボックス

ちょっと前のニュースなんだけど、最近はマンションに宅配ボックス装備するだけじゃなく、各部屋ごとに専用の宅配ボックスを用意した物件が出てきたとかやってたんだけど。

リンク切れ
部屋ごとに宅配ボックス 不動産各社で販売進む

ワンルームマンションならともかく、タワマンみたいに総戸数が多いと全部に用意するのは厳しいんじゃね。この物件の総戸数がどのぐらいなのか、私気になります

住戸専用宅配ボックス

で、ググってみたところそれらしい宅配ボックスが見つかった。大京って事は、ライオンズマンションの会社だよな。これ自体は、今年の4月には発表してたのか。

次世代の住戸専用宅配ボックスとは?

物件の方はこっちなんだろうか。新築じゃなくリノベみたいだが。仮にそうだとしたら、23戸だからまあ余裕だろう。

「公式」グランディーノ駒込 |一棟リノベーションマンション| 東京都豊島区「巣鴨」駅|大京穴吹不動産 | GD駒込

今回の感想

そんな訳で、これからの小規模マンションにはこういった専用宅配ボックス付が増えるんだろうか。特に、留守がちになる単身者が多そうな、ワンルームマンション投資用の物件とかだと。今後は各戸用に宅配ボックス用意できるとことそうでないとこだと、黄金聖闘士と青銅聖闘士並の格差がでるかもしれんな。

マンションじゃなくてアパートなら、部屋数が少ないからここまで大げさなものじゃなくても、低コストで部屋ごとに設置できそうだな。むしろ、集合ポストを廃止して、各部屋の前に郵便ポストと宅配ボックス設置すればいいだけだからかえって楽かもしれんな。

山一證券の思い出

昨日の記事でちょっと触れた山一證券だが。

山一證券なつかしす

山一と言っても、最近の若いもんには何その聞いたこともない証券会社と思われるかもしれんが。昔は野村とかと共に、日本の四大証券と呼ばれてた最大手の一角だったが。上記リンク先の通り、不祥事であぼーんしたわけだが。

ちなみに、ネット証券がまだ誕生する前の時代、私が最初に作った証券口座がここだったんだが。当時は今と違って身分証とか求められないから、確か未成年だったはずだが何も言われず口座作れたな。

それはともかく、何の力もない一般人がどうして証券会社に興味を持ったかというと。当時バブルだったか高金利時代だったかで、専門誌じゃない週刊誌とかでもしきりに金融商品を紹介してるのを読んでなんだが。実際、証券会社に口座を開くきっかけとなったのが、スーパーゴールド(金貯蓄口座)だったりする。

なお、山一にした理由は家から一番近い大手証券会社だったから。

スーパーゴールド(金貯蓄口座)

スーパーゴールド(金貯蓄口座)とは、名前の通り金に投資する商品だった。当時の記憶を辿ると、年間税抜400円(3年だとちょっと割安)ぐらいの口座管理料が必要だった気がする。投資金額は最低10万だったかな。利回りはそこそこだが、元本は保証されてたような。他に利回りが高い商品があるのに、口座管理料が必要なこれにひかれたのは、1週間複利ってとこだったりする。

当時の雑誌か証券会社の売り文句だと、50万を10万ずつに分けてスーパーゴールドに預けると、お金が必要な時にいつでも下ろせるからおすすめみたいな感じだった。山一の場合だと実際には、今みたいなネットも即時出金もないので、前営業日までに電話で出金の旨を伝えて、翌日店舗で受け取るみたいな感じだったが。店頭で必要なのは、山一のカードとハンコだったはず。ハンコは暗証番号でも代用できたと思った。

当時は、数カ月ごとに郵送で報告書送って来て、1週間複利で金が増えるのを見て喜んでいた。FXのスワップや毎月分配型投信みたいな、定期的に小銭の入る商品が好きなのは、この頃の原体験が原因かも知れんな。

確か、最初の40万ではじめてたけど1回解約した記憶はあるが。これ見るとその間に、10万引き出したみたいだな。で、それから全解約して20万を再度20万円を別コースではじめたのかな。報告書はその後、コスト削減のためか封筒からハガキで送ってくるようになったが。

これは半年ごとの報告みたいだから、だいたい20万で年間3,000~4,000円の分配金が付いたんだな。税引前の利回りだと、概算で1.5~2%ってとこか。

余談だが、昔の店舗構えた証券会社だと、ミジンコだろうとゴミだろうと一人一人担当がついたんだが。もしかすると四大証券クラスのみか、大和や日興は違うのかもしれんが。それはともかく、これは担当が変わった時にもらった紙っぽい。個人的にはほとんど担当の世話になる機会はなかったが、たまにセールスの電話がかかってきたな。

中期国債ファンド・公社債投信

その後スーパーゴールドの利回りが下がって解約したと思ったが。電話で連絡した時に、ご一緒にポテトはいかがでしょうかと言わんばかりに勧められたのが中期国債ファンド(以下、中国ファンド)と公社債投信だったような。どっちも元本割れリスクが低いかないかで安定してるって理由と。中国ファンドは最低額と最低単位があるから、半端な額は1円から投資可能な公社債投信って感じだったかな。

中国ファンドと公社債投信の報告書というか、これは残高照会っぽいな。

たまに店頭で金下ろす時とかはこういう封筒を使ってたらしい。ちなみに、窓口まで行かなくてもカードと暗証番号でATMから下ろせたらしいが、使ったことというか見たことない気がする。提携ATMがあったかどうかも記憶ないけど、なかったと思う。

今回の感想

そんな訳で、山一證券なつかしす。

山一證券廃業20周年

なんか、WBSで山一證券が潰れて20周年とかやってたんだけど。

それで、昔の山一證券のカードとかまだあるはずだよなと思って探してたら、こんな時間になってしまった。

そんな訳で、続きは明日以降に書くと思う、多分。

続き

書いた

山一證券の思い出 -スーパーゴールド(金貯蓄口座)に人生狂わされた?-

ドトールコーヒー

なんか、ドトールコーヒー非正規向けに退職金制度を作ったみたいだが。

飲食業界初 非正規雇用者向け退職金制度を導入 ~可処分所得の最大化と資産形成をサポート~

ドトールが非正規向け退職金制度を導入 従業員の声から生まれたものだった

最初、イイハナシダナーと一瞬思ったけど、正社員の退職金と比べると格差がありすぎる気がするんだが。それでもないよりはマシだし、会社も月100円+手数料程度とはいえ負担してるからな。個人的に気になるのは、この退職金も退職金の優遇税率が適用されたり、控除の対象になるのかどうか。なんか、利用制度に「確定給付企業年金制度」って書いてあるから、普通に給料もらうより税制的には有利なんだろうが。だとすると、退職金というより年金積立みたいな感じなのか。

今回の感想

今回の退職金制度は、対象者が非正規約1万7千人のうち約330人ってことだが。正直事務コストを考えると微妙っぽい気がする。けど、この人数で実施するってことは、正社員のついでに出来るぐらいの手間なんだろうかと思ったが。上記記事に張ってあったリンク見る限り、オリックスに丸投げぽい。今後はこういう制度が、非正規増やして人件費削減しまくりたい企業の間に広まるのかもしれんな。

ドトールコーヒーのパートタイム労働者向け退職金制度を運営受託 ~当社独自の確定給付企業年金制度(選択付)が飲食業界で初めて採用~

個人的には昔竹中平蔵氏が言ったように、正社員廃止してみんな非正規にすれば問題解決すると思うけど。その代わり同一労働同一賃金にして、給料は最低時給1500円スタート+能力給にすればいいんじゃね。昇給・ボーナス・退職金とかは一切なしにすれば、企業も喜んで導入すると思うけど。

難病患者の費用対効果?

なんか、24時間体制の医療が必要な難病の5歳児が、入院してる病院が閉鎖されるけど受け入れ先が見つからなくて大変ってニュースがあるんだけど。それに対して、所詮この世は弱肉強食ばりのコメントが付けられてるらしいんだが。

残酷なようだけど、個人的には根拠に基づかない医療行為は保険外か自己負担率を上げるべきだと思うが。この記事の男児のゴーシェ病は難病認定されてるみたいだから、保険の問題は一旦置いといくとして。回復の見込みがない場合、安楽死を認めるかどうかの問題になるかな。とはいえ、イギリスみたいに苦痛を伴う治療は国外でも認めないってのもどうかと思うが。

イギリス難病乳児の命は、誰の手にあるのか

臓器移植

話は変わるけど、寄付とかで金集めて自己負担100%海外で臓器移植手術受けるのは、医療費的には削減できて政府的には好ましいんだろうか。

米国で心臓移植受けた陽茉莉ちゃん、退院したが…追加医療費発生 9200万円不足

海外旅行先での医療費も健康保険でカバーできる!?

海外の医療費で思い出したが、無駄な医療費を減らすためには海外療養費みたいな、手続きの手間暇人件費かかるだけでなく、民間の保険との二重取りが出来る制度は廃止すべきだよな。そう言えばこの裏技、元貧BP氏も貧BP時代に記事にしてたな。

海外療養費と民間旅行保険の二重請求は合法に可能!

この記事書いたの2014年だから、ハンドキャリー外こもりの時に医者の世話になってた可能性は結構高いかも。なんせ、働いたら死んじゃう病気にかかってるんだから。そういえば、以前にローラ氏の父親海外療養費の詐欺で有罪になったけど。

ローラ父に有罪判決 法廷に遅刻も 海外療養費など167万円詐取

そっちは詐病だったから犯罪だけど、実際の病気の治療費だったら元貧BP氏が赤いフォント使って大文字で強調してまで絶賛してたように合法だからな。

海外療養費と民間旅行保険の二重請求は合法に可能!

国保・健保の海外療養費制度と、民間の旅行保険の二重請求は違法でもなんでもないことがわかりました。明確に合法です。

救う会

閑話休題。臓器移植の話を続けると、いざ自分が移植が必要になったときのためにも、国内で簡単に手術できるようになって欲しいものだが。

国内ダメだから「海外で臓器移植」 それは外国の子供の「命」奪うこと

大人は法制度的には移植手術を受けられるが、単純に臓器の数が足りてないだけみたいだけど。この記事はかなり昔の記事なんで、今は法律改正されてドナーの年齢制限はなくなったみたいだが。そうなると、陽茉莉氏がアメリカで移植する必然性はないはずだと思ってググったところ時間的な問題だった模様。

ひまりちゃんを救う会 | ひまりちゃんを救う会

国内でドナーを待つ時間も、体力も、今のひまりちゃんには厳しい状況です。

今回の感想

今回の件で色々ググってたら、海外移植手術の費用についてはジャパンマネーで移植しまくった結果、足元見られておま値対応されてるって話もあるみたいだが。

米の臓器移植 カネの力で優先させる日本人対策で費用が上昇

ある海外移植の会計~渡航費用4000万円? — うさみ のりや

確かに、陽茉莉氏の募金の内訳でもデポジットが185万ドルと、かなり高額になってるな。

内訳

いっそ、日本でもデポジット+全額自己負担にすれば順番割り込める制度作ればいいんじゃねって気がしてきた。本当にやったら非難轟々だろうけど、このままじゃどうせ海外に億単位の金が流出するだけなんだから。だったら、国内に金落としてもらうほうが良くね。まあ、移植する臓器が足りなければどうしようもないけど。