セブンイレブンのブリトーをめぐる冒険?

ブリトー

ちょっと前の記事だけど。内容まったく関係ないけど、ブリトーセブンイレブン発祥、そんなふうに考えていた時期が私にもありました。

ブリトーのせい?、米陸上選手にドーピング検査陽性反応 五輪出場の望み薄れる

で、ブリトーでググったら驚愕の事実が判明した。

ブリート - Wikipedia

日本において、ブリトーはメキシコ料理店やアメリカ料理店などで供されるのみで、一般にほとんど知られていない料理であったが、セブン-イレブン・ジャパンが「ブリトー」と称する商品をレギュラーメニューに加えて(1983年[5])以降、その名前だけは全国的に知られるようになった。しかし、日本のセブン-イレブンの「ブリトー」は、小麦粉のトルティーヤを用いてはいるものの(シンクロニサーダ(英語版)に近いとの意見もある[6])、メキシコのブリトーはもとより、オリジナル商品であったため、本格的なブリトーは現在も知名度が低い。

なお、「ブリトー」は伊藤ハムの登録商標である(1983年出願)[7]。家庭ではトルティーヤの代わりに市販の春巻きの皮を用いる例も見られる[8]。

ブリトーが伊藤ハムの登録商標になってるなんて、当時のセブンイレブンのブリトー担当者は世が世なら切腹を命じられていたかもしれない。そんなふうに考えていた時期が私にもありました。

セブンイレブン ブリトー3種チーズのラザニアソース

セブンのブリトーの製造って伊藤ハムって、つまりそういうことなのかもしれんな。知らんけど。

今回の感想

セブンイレブンのブリトーって高いよな。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

投稿日:
カテゴリー: 日記

作成者: 綾川澄生

年120万の不労所得と、支出を120万に抑えることに残りの人生を費やす低所得・ゴミ投資家でダメ人間

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください