あの頃みんなサーチエンジン難民だった?

Google前

なんか、Googleが普及する前に使っていたサーチエンジンがーみたいな記事を読んだんだけど。一言で言えば、Googleの前にも、ロボット型のサーチエンジンはあったでファイナルアンサーな気がするけど。

これ、元記事海外翻訳っぽいから、「千里眼」とか「ODIN」がないのかもしれんな。知らんけど。

国産サーチエンジン

個人的には、インターネットはじめたころは、国産のサーチエンジンの千里眼とかODINあたりを使ってたような。理由は単純に、日本語の情報を探すなら日本のサーチエンジンじゃねって単純な理由。

その後、時間が経つにつれ海外産のサーチエンジンの質が上がったのか、日本語のページが引っかかるようになる反面、日本の非商業の千里眼とかはなんとなく進化においつけなくなった印象。なので、当時最強と謳われてた気がするAltaVistaに乗りかえたりもしたが。結局、日本のコンテンツには日本のサーチエンジンが 良くねっことでgooに落ち着いたような。

ちなみに、なぜか日本で人気のYahoo!は、ディレクトリ型のイメージが強くてサーチエンジンとしては認識してなかったような。

Google

Googleに関しては、インターネットマガジンあたりでGoogleマジパネみたいな記事で知って、試しに検索したらいい感じだった記憶があるが、それでも乗りかえるにはいたらなかった。

それが心変りしたきっかけは、ニュースだったかで神戸連続児童殺傷事件の犯人の中二病ハンドルネームで検索すると検閲されるって聞いて、やってみたらマジでNGワードみたいな扱いだったのがきっかけだったような

サーチエンジンが広告のせたりSEO対策されているのはまあ理解できるが、思想的なものを押しつけてくるのは絶対許さないだったかもしれんな。知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、もう誰もGoogleを止められないって感じだったけど、最近はいつまでもGoogle一強ってわけにはいかないみたいな気がしないでもない。

まあ、そこそこ前からプライバシーがーでDuckDuckGoあたりがもてはやされてるっぽいけど、あれは日本語コンテンツに関してはまだまだだねって気がしないでもない。

それよりも、Googleの検索結果の質が落ちてそうなほうが、私気になります。まあ、他のサーチエンジンの質があがってるのかもしれんが、どっちかというとGoogleが検索ワードを最適化してるのが原因な気がする。なんとなく、Googleって検索ワードの意味から類義語とか関連する単語も含めたり、打ち間違いを予測して正しく変換しなおしてるっぽいんだけど。

ここまではまだ分るんだけど、例えば 「○○」で検索するとなぜか○○を無視した結果が表示されて、その下に「含まれない: ○○ ‎| 含めて検索: ○○」とかでてくるからな。ちょっと前に話題になってたけど、まさにこれって気がする。

じゃあ、他のサーチエンジンはどうかというと、Yahoo!は劣化版Googleって感じであんまGoogleと変わらない気がする。ただ、今のGoogleにはないリアルタイム検索だけは重宝してる。

BingはGoogleと違って、SEO対策に力入れてない気がする。それなんで、玉石混交ではあるが、検索結果に業者やいかがでしたか系じゃない個人サイトがGoogleより上位にくることが多い気がする。

ただ、Bingは上位の位置にくる広告と検索結果がまぎらわしくて、あれでイメージ悪くしてる気がする。検索のクオリティに関しては、Googleと違って同一サイトの回数制限みたいなのがなさげなので、同じ内容のページが何度も引っかかると水増しされてるようで心証が悪い気がする。

これが改善されればDuckDuckGo使ってる意識高い系以外はGoogleからの乗り換え先の最有力候補になりうる気がするけど、今まで放置されてるってことはつまりそういうことなのか、私気になります。

Nextcloudでファイルが削除できなくてヤバいですねの解決策っぽい

Nextcloud

レンサバに入れたNextcloudなんだけど、Androidのアプリでファイル名の編集しようとしたら、サーバーの設定がーみたいなメッセージ出て変更も削除もできなかったんだけど。

しょうがないんでログを確認したら、なんかファイルがロックされてるっぽいな。

Error index OCP\Lock\LockedException: "hoge/「クイックリップ(コピペツール)」をチェック!.txt" is locked

サーバー上の実ファイル削除しても無駄無駄無駄だったんで、困った時のGoogle先生に聞いたところ、どうもデーターベースをいじらないと無理ゲーっぽいらしい。

コマンドラインでの操作が必須ならスターサーバー詰んだなと思ったが、phpMyAdminなら大丈夫だ問題ないのか、私気になります。

  • 【クラウド】ownCloud
    ttps://egg.5ch.net/test/read.cgi/software/1395606535/335

Netowlの管理ツールにログインして思い出した。SQLiteってphpMyAdmin使えなかったな。

SQLite

で、SQLiteでもなんとかならんかとググったら、phpLiteAdminなんてのがあるっぽい。しかも、こいつならphpファイル一つアップするだけできりきり舞いさらしい。

早速、Nextcloud止めてデーターベースに直接アタックするかと思ったら、ブラウザでメンテナンスモードってどうやるんだと思ったら、config.phpを手動で修正すればいいのか。

データベースは「data/owncloud.db」っぽいから、ここにphpliteadmin.php置いてブラウザでアクセスしてみたら403だったって、セキュリティ的にそりゃそうか。

それなんで、一時的に別の場所に移してやるかと思ったら、Netowlのファイルマネージャーってファイルの移動できない気がする。しょうがないんでFileZilla使って場所移動・ブラウザでphpliteadmin.phpにアクセス・oc_file_locks編集して解決したけど、ここまでやるならowncloud.dbダウンロードしてローカルで編集したほうが早かったのか、私気になります。

今回の感想

よくある話だ。ブラウザ上でスマートに作業するオレかっけーと思ったら、泥臭いローカル作業のほうが実は手間暇がかからなかった。

SQLite Integrationの設定が保存されないアレを改善するプラグインがあるのか

SQLiteでWordPressの闇?

なんか、WordPressのデーターベースを本来対応してないSQLiteに対応させるプラグイン「SQLite Integration」の、設定が変更できない謎の現象を改善するプラグインがあるみたいだが。

1回設定してはいそれまでよなら直接データーベースをいじれば済むかもしれんが、頻繁に変更する人やデーターベース直はヤバいですねって人だとプラグインのほうがありがたいかもしれんな。知らんけど。

  • WordPressをSQLite Integrationで運用して、管理画面の設定が変更できない人は.ht.sqliteを直接変更すればOK? -自己責任だぞ-
    https://hatarakitakunee.com/wp/?p=8625

SQLite Integration

ちなみに、SQLite Integrationだが、現時点だとwordpress.orgのプラグインページからは「ガイドライン違反」で落とせないっぽいんだけど。

このプラグインの公開は2019年6月29日に停止されており、ダウンロードできません。 理由: ガイドライン違反

単に、作者と連絡取れなくなったのが原因みたいなんだが。

そういえば、結構前からSQLite Integration(ja)の公式ページっぽいとこがあぼーんしたと思ってたら、今では別の人がサブドメインとったのかがらりと内容が変わってるのな。

  • スタッドレス交換を激安特価で!ブランド志向から価格重視の30代サラリーマン必見のタイヤショップはズバリこれだ!
    http://dogwood.skr.jp/

今回の感想

そんな訳で、SQLite Integrationは、通常はMySQLとかが必要なWordPressがPHP使えるならほとんど対応してるっぽいSQLitieさえあれば使えるようになるありがたいプラグインだけど、今後も大丈夫だ問題ないと言い続けられるかは心配になってくるな。

まあ、よほどの物好きでもなければこれ使うのはレンサバがSQLiteしか対応してないとこだろうから、今後もWoredPressを使い続けるならSQLite Integrationで強行するか、MySQLとかが使えるサービスに移行するとかの判断を迫られる時期に来てるのかもしれんな。知らんけど。

個人的には、今SQLite Integration使ってるサイトは、お手軽だから致命的な不具合出るまではこのままでいいかと思ってるけど。

https://sqlite.hatarakitakunee.com/

今後新しくサイト作る場合は、Static Site Generatorで作りたいと思ってるんだけど、導入がWordPressより手間暇かかって面倒臭そうなんだよな。まあ、一度環境構築して運用ルーチンが決まればWordPressより楽になるとは思うんだけど。

もっとも、緊急性はないから現時点では優先順位は低い気がしないでもない。

スターサーバーでNextcloud

owncloud

なんか、某掲示板でロリポップのownCloudLinuxのクライアントで使えねえみたいな書き込みを見たんだけど。

  • ロリポップについて語るスレ
    ttps://mevius.5ch.net/test/read.cgi/hosting/1464370403/305

そいや、NextcloudもLinuxのクライアントから接続できなかった記憶があるな。まあ、Linux使ってる人は少数派ですよで片付けられそうだけど、なんか気になったのでNextcloudインストールしてみることにした。

ちなみに、ownCloudでないのは、ownCloudはインストールが面倒だったのとまともに動いた記憶が無いし、何よりAndroidのクライアントが99円とはいえ有料なのがちょっと。

Nextcloud

Nextcloudのインストールは、Webの「Download for server」→「Web Installer」から「Right-click here」のhereを右クリックでリンク先の「setup-nextcloud.php」を保存。あとは説明通りアップして設定。

鯖はスターサーバーのライトで、データーベースは面倒くさいから「ファイルの同期にクライアントを使用している場合」推奨されてないSQLiteにした。

まあ、インストール後に「セキュリティ&セットアップ警告」で確認するとなんか警告出まくりだけど、使えることは使えるぽい。ちなみに、画面は好みでダークテーマにしてます。

懸念してたLinuxのクライアントも、いつの間にか使えるようになってたっぽい。動作環境は、Ubuntu 20.04で、Nextcloudのバージョンは「Version 2.6.4stable (build 20200303)」

AndroidもNextcloudのアプリは問題なかったが、F-Droidで落とした「Nextcloud Notes」が、なんか鯖にアプリ入ってないんじゃねみたいなエラー出て使えなかった。どうも、鯖の方でも「Notes」のアプリインストールする必要があったんだな。最近は、Nextcloudのアプリでもテキスト編集できるようになってるから忘れてたけど。

設定

Nextcloudはデフォルトだと「サーバーサイド暗号化」が有効になってないので、これを変更する。

暗号化を有効にするには、暗号化モジュールを有効にしないとダメらしいので、アプリの「Default encryption module」を有効にする。この状態で「サーバーサイド暗号化を有効にする」のチェックを入れて、「デフォルトの暗号化モジュール」の「メインストレージ暗号化」にチェックを入れると、それ以降にアップロードしたファイルが暗号化される。事後で暗号化するのはWebの操作では無理ゲーで、コマンド入力が必要ぽい。

なので、暗号化の設定は一番最初にやっといた方がよさげ。

今回の感想

そんな訳で、ownCloudじゃなくNextcloudでも良ければ大抵のレン鯖ならインストール出来そうな気がするけど、実用性はどうなのか、私気になります。まあ、動画とかRAW画像ぶち込むとかならともかく、テキストメインの使い方ならなんとかなるんじゃね。知らんけど。


もっとも、オンラインメモ程度なら非公開のWordPressサイトでも作ればいいんじゃねって気がしないでもないが。

ロリポップがOwnCloudの簡単インストールに対応したらしいんだけど

ロリポップ

なんか、ロリポップownCloud簡単インストールに対応したらしいんだけど。これって、SQLiteしかないエコノミーでも簡単インストール可能なのか、私気になります。

ただ、rootとれるVPSじゃないレンタルサーバーだとセキュリティ的に大丈夫だ問題ないのかも、私気になります。前に、スターサーバーでNextcloudインストールしたことあるけど、その疑問が解決出来なくて実用には至らなかったんだけど。

ちなみに、上の解説ではownCloudの通常のインストールは数時間の作業とか書いてあるけど、NextcloudだとWeb Installer使えばそこまで手間じゃなかったような。

まあ、昔試した時は動くことは動くけどなんかエラーとか出まくってた記憶もあるから、簡単インストールで済むならそれにこしたことはないかもしれんな。

今回の感想

そんな訳で、レン鯖でownCloudだと、容量的にはDropboxとかのオンラインストレージ系の有料プランには負けるけど、そこまでストレージ容量必要なければ安く済むことは確かか。問題は、どのぐらい実用的に使えるかだけど、これは個人で使うか複数人で使うかとかプランにもよるか。