消費税増税前にスターサーバー3年契約したお -ついでにDMMいろいろレンタルのWiMAXも-


wal_172619によるPixabayからの画像

消費税増税

なんか、ニュースで消費税増税前の駆け込み需要がーとか軽減税率がーとかやってるので、なんとなく増税前に買っとくかと思ったけど買うもん思いつかなかったんだけど。ただ、有料のネットサービスとかは増税の影響しか受けなさげな気がして、ネット回線に使ってるDMMいろいろレンタルのWiMAXと、このサイトのレンサバ代は延長しといたんだが。

イー・モバイル3G 限定SIM接続サービスからDMMいろいろレンタルのWiMAXに移行したよ

DMMの方は延長した後で気づいたんだけど、なんか「レンタル」は増税後も「商品価格に変更はありません」とか書いてあるんだが。

消費税率改正に関する弊社対応のお知らせ

これって、いろいろレンタルも該当してるのか、私気になります。

スターサーバー

ちなみに、スターサーバーの方は増税後はその分税込価格が反映されるはずだから、自動更新だと次の支払いは増税後になるんだけど。

消費税法の改正に伴うご請求金額の変更について

まあ、手動更新でも手続き可能で、これだと9月末の増税前に決済すれば8%のままなので一応更新しといた。期間はどうしようかと思ったけど、6月に今まで全くメリットのなかった24ヶ月以上の契約とかを改定した新料金体系になってたので、最安になる36ヶ月で更新してみた。

『スターサーバー』「24ヶ月契約」「36ヶ月契約」への対応およびプラン料金改定のお知らせ

記憶によると、旧料金は3ヶ月は割高だけど6ヶ月以上は月額料金が同じになるから、更新の手間が減る以外に長期契約する意味なかったんだけど。この時の改定で6ヶ月以下が割高、12ヶ月が従来の最安、24ヶ月・36ヶ月と長くなるほどさらに安くなると、値上げ・値下げ入り交じる長期優遇措置になったような。

と言っても、いきなり新規契約で36ヶ月とかは地雷業者だったらヤバイですねな気がするけど。まあ、スターサーバーのネットオウルとはミニバードというか、その前のスタードメインの先代おまけ無料サーバからの付き合いだからな。3年で税込み7,776円なら、まあこんなもんだろってことでファイナルアンサーかな。


今回の感想

そんな訳で、2%の増税だと1万円で200円の節約だから、普通の商品だと値下げとか増税後のキャンペーンがあればひっくり返りかねない数字な気がするので、普通の買い物を増税前にまとめ買いする必要はなさげだな。まあ、100万ぐらい買うなら2%でも2万だからNintendo Switch Liteが買えるぐらいになるけど、貧乏人は関係なさげじゃね。

WordPressのテーマ変えてダークモードにしたお

WordPressテーマ

諸般の事情でサイトのデザインを変更してみた。といっても、WordPressテーマ変更と使わなくなったプラグインの削除と多少のカスタマイズ程度だけど。見た目的には、カラーをダークテーマに変更したからそっちのほうが大きい気がする。

ちなみに、いままで使ってたテーマは「Evanescence」で、もうだいぶ更新されてない気がする。

https://ja.wordpress.org/themes/evanescence/

これを選んだ理由は、シンプルな2カラムで本文が可変幅だったような。個人的には固定幅はあまり好きじゃないんだが、あんま幅広げると1行長すぎて読みにくくなるからこだわらなくてもいいかな。

で、新しくしたのはWordPress公式テーマの一つ「Twenty Eleven」

https://ja.wordpress.org/themes/twentyeleven/

名前から分かるとおり、これも古いテーマだけど、公式だけあって更新が続いてるのは安心か。これにした理由は、テーマ探すの面倒だから公式から選んだってのと、アイキャッチが自動で本文に使われないとこ。最近はアイキャッチ設定してると、記事とか一覧とかに反映するテーマが多いけど、以前のEvanescenceではそういう機能なかったので、記事書く時はアイキャッチ設定+手動で本文にも手動挿入してたから、それ全部修正するのは面倒くさかった。

カスタマイズについては、本当は色は変える予定なかったけど、色の設定でダークカラーが一発でできたので。それと、以前はテーマエディター使ってオリジナルテーマに直接修正入れてたけど。更新停止したテーマならそれでもいいかもしれんが、公式だと結構マメに更新してくるんで、流石に今回は子テーマ作った。

モバイル用

ついでに、モバイル用テーマも変更した。こっちはだいぶ昔に「WPtouch Mobile Plugin」を入れて対応してた。

https://ja.wordpress.org/plugins/wptouch/

携帯向けは、PHP 7.xに上げるまでは、「Ktai Style」使ってた。

https://hatarakitakunee.com/wp/?p=10581

WPtouchは結構前にアップデートしたら使い勝って変わったんで、バージョン戻して古いまま使ってたんだが。これも諸般の事情で最近アップデートしたんだが。基本的に見た目はほぼデフォルトで使ってたような。今回、PC版をダークテーマにしたのを期に、モバイルもダークテーマで統一することにした。こっちは一発で変更できなかったんで、適当に色を変えてそれっぽくした。

今回の感想

そんな訳で、WordPressに移行してからずっと同じテーマを使ってたのを、思い切って変えた訳だが。個人的には、よく使うアプリとかは設定可能なら大体ダークテーマにしてるんだけど。ただ、ブラウザはダークテーマにしても、各サイトが好き勝手なデザインにするからあんま意味ない気がするが。無理やりダークっぽく表示する拡張機能とかも使ったりしたが、たまに文字とか見えなくなったりするので結局やめちゃったが。

こうしてダークテーマのページを見てると、なんとなくGeocities全盛期ホームページを思い出すな。あの頃よく行くサイトはなんか、黒バックに赤とか青とかビビッドな色使いだけでなく、文字もでかいフォントで強調するようなのが多かった気が。よく考えると、ネットのタコツボ化が進んだりSNSで思想の近い人が繋がったり、言わば「スタンド使いはスタンド使いとひかれ合う」みたいなものだったのか、私気になります。

スターサーバーのPHPバージョンを5.6.xから7.2.xにバージョンアップした

PHP

なんとなく、このサイトのPHP設定5.6.xから7.2.xにバージョンアップしてみた。5.6系はすでにサポート終了してるっぽいけど、素人的にはナニソレイミワカンナイだから気にしなくてもいい気もするが。

https://www.star.ne.jp/manual/homepage_php_ver.php

https://secure.php.net/supported-versions.php

プラグイン

過去にもPHP 7にあげようと思った時はあったが、WordPressのプラグイン「Ktai Style」が対応してなかったから断念したんだけど。ここ3ヶ月ぐらいの携帯サイトのアクセス解析を確認したところ、数件しかアクセスがないし全部Opera miniだったんで、もう携帯サイトはなくてもいい気がした。個人的には、WillcomのPHSを解約して以来、リアル端末で携帯用サイト見ることはなかったけど。なので、サイトの確認にはgooのサイトビューワを使ってたが。

https://emu.mobile.goo.ne.jp/emu/emu.php

どうでもいいけど、現時点だとこれだと見れないサイト結構あるな。まあ、実機だと違うのかもしれないけど。ここのサイトはなんとか見れてるけど、同じくKtai Style停止したsqlite.hatarakitakunee.comは見れなくなってるのが謎。

ちなみに、Katai Styleの他にもPHP 7と互換性のないプラグイン「Exec-PHP」があって停止したんだけど。これ、難のために使ってたかが思い出せないんだけど。とりあえず、なんか問題起こるまでは気にしないことにする。

今回の感想

このサイトは、WordPressが3.xぐらいからはじめたと記憶してるが。標準の機能にないものをプラグインで補ったり、子テーマじゃなく親テーマを直接編集するとかした結果、増改築を繰り返した九龍城みたいになってしまった。思い切って、テーマ変えてプラグインも取捨選択したい気がしないでもないが、まあこれはこれでいいんじゃないって気もしないでもない。単に面倒くさいだけかもしれんが。

それはそれとして、PHP 7.xって5.xに比べると高速化したって話だけど、このサイトに関してはあんまり違い感じない気もする。ついでに、ミニバードからスターサーバーに移行もされたんだけど、体感的にはかわってないとしか思えなかったりするが。

とはいえ、SQlite + SQLite integration使ってる下記サイトの方はPHP 5.xの時でも、反応がマグネット・コーティング並に改善したし、頻発した500だったかのエラーとかも今のとこ見なくなってるから、スターサーバーの高速化は効果あるんだろう。SSDなのかnginxなのかCPUとかメモリとか、どれが原因なのかそれとも複数なのかは不明だが。

https://sqlite.hatarakitakunee.com/

令和で日本語ドメイン取ってるのが誰なのか、私気になります

令和

なんか、新元号「令和」に決まったらしいが。個人的には、昭和から平成になった時に元号の非効率さに気づいて以来、脳内では西暦しか使わないようにしてたので、心の底からどうでもいいが。ただ、今回は年号に「安」の字が入るかだけは気になっていたが。

https://rocketnews24.com/2019/04/01/1192181/

そいや、テレビとかの元号予想とかに出たのは発表10分前でも全力回避とか言ってた気はするが。大方の予想を裏切って安倍首相「安」の字は入らなかったな。

なんとなく、マスコミが次の年号は「安」の字で決まりとか繰り返してるのは、これだけ「安安」連呼してれば流石の安倍首相も自分の名前から採用しようとは思わないだろうって魂胆だと思っていた。それでも、安倍首相なら「安」の字をゴリ押ししてくるとも思ってたんだけど。そしたら、記者会見で「これだけ『安安』が望まれてるのは『安○』は新任された」と開き直るか、元号制定に安倍首相や夫人が関わっていたなら「首相も議員も辞職する」とか、「忖度はなかった」で通す予定だったのかって、ちょっと期待してたんだけど。

令和ドメイン

それはともかく、元号に関しては商標は不可だけど会社名はおけとかテレビで見た気がするが。早速、社名変更するとかもあるんだな。

https://bizconsulting.jp/2019/04/01/corporate_name/

当社は、2019年4月1日より社名を「株式会社 令和コンサルティング」に変更することとなりましたのでお知らせいたします。

まあ、ブロガー的には「令和ドメイン」を誰が取るのかの方が興味あるけど。元号が商標登録できないなら、早いもん勝ちでドメイン取って後から令和の商標がーとか言われることもないだろうし。

そんな訳で、令和ドメインをお名前.comで調べてみた。

https://www.onamae.com/service/whois/

「reiwa」はすでに取得済みなので、日本語ドメイン限定にした。まず、「令和.jp」はここみたい。

https://www.humeia.co.jp/

「令和.com」はここか。

http://www.wingnames.co.jp/

どっちも、ドメインに関わりのある商売してるっぽいから面白みに欠けるな。ただ、令和.comの方は代理の可能性もあるかもしれんな。

しょうがないので、ドメイン力は劣るが、現時点ではドメイン取っただけっぽい上2つと違って、すでにサイト用意してる「令和.org」も調べてみた。

http://令和.org/

一瞬Googleかと思ったが、Googleのドメイン取得サービスみたいなものっぽい気がする。Twitterとか見ると個人っぽいな。

上のページに「某noteみたいに記事を書いたり販売できるサイトを作りました」って、「Leaf」ってサイトのリンクがあるんだけど、acドメインか。

https://leaf.ac/

そう言えば、noteってmuドメインで始めたけど、今はjpcomドメイン持ってるんだよな。

https://note.mu/info/n/n12bba5e4ee75

note.comドメイン力ってスカウター壊れるレベルだよな、知らんけど。

今回の感想

ちなみに、今回の令和ドメイン争奪戦で、お名前.comが混雑でドメイン申し込みできない状態にまで追い詰められたっぽいけど。

http://buzz-plus.com/article/2019/04/01/shingengo-inkan-hanko-news/

そのせいなのかは不明だが、ここで紹介した3ドメインはお名前以外で取ったっぽいな。まあ、令和ドメイン自体には興味ないけど。こういう早いもん勝ち競争はやっぱ、チケットとか限定商品みたいに人間じゃなくBOTとか使ってるのかは、私気になります。

コトバンクで精選版日本国語大辞典対応したおかげでまた一つWindowsを使う理由が消えた

コトバンク

なんか、いつのまにかコトバンク精選版日本国語大辞典が追加されてるんだけど。

https://kotobank.jp/dictionary/nikkokuseisen/

これ目的でATOK買ったオレ涙目なのか、私気になります。

ATOK買っちゃった -今の日本語入力ソフトやワープロはビックリマンチョコ扱い-

まあ、おかげでLinuxからでもコトバンク使えば日国精選版を引けるから、また一つWindowsを使う理由が消えたので良しとしよう。とはいえ、英和辞典はジーニアスじゃないみたいから、ATOK 2016プレミアムのおまけ辞書にも価値はあるが。とはいえ、プログレッシブ英和中辞典じゃダメなんですかってほど、違いの分かる男でもないから無問題な気がしないでもない。

今回の感想

そんな訳で、ジャストシステムのプレミアム以上に搭載されるおまけ辞書って、できるだけ他サービスとかぶらないのとか無料で使えない奴を優先してるのか、私気になります。ジャストシステムも、ATOK単品売りやめておまけ辞書を一太郎にしかつけなくなってなければ、2018の広辞苑とか2019の日本語大シソーラス買ったかもしれないのに商売下手だよな。