あの頃みんなサーチエンジン難民だった?

Google前

なんか、Googleが普及する前に使っていたサーチエンジンがーみたいな記事を読んだんだけど。一言で言えば、Googleの前にも、ロボット型のサーチエンジンはあったでファイナルアンサーな気がするけど。

これ、元記事海外翻訳っぽいから、「千里眼」とか「ODIN」がないのかもしれんな。知らんけど。

国産サーチエンジン

個人的には、インターネットはじめたころは、国産のサーチエンジンの千里眼とかODINあたりを使ってたような。理由は単純に、日本語の情報を探すなら日本のサーチエンジンじゃねって単純な理由。

その後、時間が経つにつれ海外産のサーチエンジンの質が上がったのか、日本語のページが引っかかるようになる反面、日本の非商業の千里眼とかはなんとなく進化においつけなくなった印象。なので、当時最強と謳われてた気がするAltaVistaに乗りかえたりもしたが。結局、日本のコンテンツには日本のサーチエンジンが 良くねっことでgooに落ち着いたような。

ちなみに、なぜか日本で人気のYahoo!は、ディレクトリ型のイメージが強くてサーチエンジンとしては認識してなかったような。

Google

Googleに関しては、インターネットマガジンあたりでGoogleマジパネみたいな記事で知って、試しに検索したらいい感じだった記憶があるが、それでも乗りかえるにはいたらなかった。

それが心変りしたきっかけは、ニュースだったかで神戸連続児童殺傷事件の犯人の中二病ハンドルネームで検索すると検閲されるって聞いて、やってみたらマジでNGワードみたいな扱いだったのがきっかけだったような

サーチエンジンが広告のせたりSEO対策されているのはまあ理解できるが、思想的なものを押しつけてくるのは絶対許さないだったかもしれんな。知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、もう誰もGoogleを止められないって感じだったけど、最近はいつまでもGoogle一強ってわけにはいかないみたいな気がしないでもない。

まあ、そこそこ前からプライバシーがーでDuckDuckGoあたりがもてはやされてるっぽいけど、あれは日本語コンテンツに関してはまだまだだねって気がしないでもない。

それよりも、Googleの検索結果の質が落ちてそうなほうが、私気になります。まあ、他のサーチエンジンの質があがってるのかもしれんが、どっちかというとGoogleが検索ワードを最適化してるのが原因な気がする。なんとなく、Googleって検索ワードの意味から類義語とか関連する単語も含めたり、打ち間違いを予測して正しく変換しなおしてるっぽいんだけど。

ここまではまだ分るんだけど、例えば 「○○」で検索するとなぜか○○を無視した結果が表示されて、その下に「含まれない: ○○ ‎| 含めて検索: ○○」とかでてくるからな。ちょっと前に話題になってたけど、まさにこれって気がする。

じゃあ、他のサーチエンジンはどうかというと、Yahoo!は劣化版Googleって感じであんまGoogleと変わらない気がする。ただ、今のGoogleにはないリアルタイム検索だけは重宝してる。

BingはGoogleと違って、SEO対策に力入れてない気がする。それなんで、玉石混交ではあるが、検索結果に業者やいかがでしたか系じゃない個人サイトがGoogleより上位にくることが多い気がする。

ただ、Bingは上位の位置にくる広告と検索結果がまぎらわしくて、あれでイメージ悪くしてる気がする。検索のクオリティに関しては、Googleと違って同一サイトの回数制限みたいなのがなさげなので、同じ内容のページが何度も引っかかると水増しされてるようで心証が悪い気がする。

これが改善されればDuckDuckGo使ってる意識高い系以外はGoogleからの乗り換え先の最有力候補になりうる気がするけど、今まで放置されてるってことはつまりそういうことなのか、私気になります。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

作成者: 綾川澄生

年120万の不労所得と、支出を120万に抑えることに残りの人生を費やす低所得・ゴミ投資家でダメ人間

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください