Archive for the ‘ゲーム’ Category

PCエンジン30周年

なんか、10/30はPCエンジンの発売日で、昨日が発売30周年だったらしいが。

『PCエンジン』発売30周年! ツイッター上でファンが「#PCエンジン誕生祭2017」とタグ付けして祝福

さらにソフトのラインナップにも特色があり、アーケードシューティングの名作「R-type」「ファンタジーゾーン」などがいち早く移植され人気を博したほか、後に定番タイトルとなった「ときめきメモリアル」や「ファイヤープロレスリング」などを生んだ機種としても知られている。

どうでもいいけど、PCエンジンのラインナップの例に「R-TYPE」「ファンタジーゾーン」を並べるのは、私気になります。

R-TYPE

とりあえずR-TYPEとファンタジーゾーンについて補足しとくと。どっちもアーケードがオリジナルで、ジャンルは横スクロールパワーアップシューティングゲーム。これらが家庭用ゲーム機とかに移植されたわけだが、それについてはWikipediaでPCエンジンのタイトル一覧が発売順に並んでるので、参照してほしい。

PCエンジンのゲームタイトル一覧 – Wikipedia

当時を思い出すと、最初の4つがハードの発売同時タイトルだと思ってたが、実際には「上海」と「ビックリマンワールド」の2つなんだな。上海は、今見てそう言えばこんなのもあったな程度の印象なんだが。ビックリマンワールドの方は、これまたセガのアーケードゲームをなぜかビックリマンのキャラに置き換えるというナニソレイミワカンナイ的作品だったな。ハードの値段的に、PCエンジンとビックリマンの購買層がかぶってるとは思えなかったが。どうでもいいけど、ファミコンでも似たようなキャラ改変移植で「高橋名人の冒険島」ってのがあったな。どれだけワンダーボーイ嫌われたんだよ。

それはともかく、R-TYPEに話を戻すと。PCエンジン8番目と11番目のタイトルで初期の名作なのは間違いないが。ちなみに、なんでIとIIの2本なのかというと、当時の技術では容量が足りなくてHuカード1本じゃ足りなかった苦肉の策。R-TYPEは移植の出来もさることながら、任天堂(出てない)・セガに先んじて移植されたから「いち早く移植」されたと言ってもいいだろう。

ファンタジーゾーン

それと比べると、20番目のファンタジーゾーンについては微妙。なんせ、PCエンジン発売前に、MarkIII版ファミコン版が出てるからな。

ファンタジーゾーン – Wikipedia

まあ、当然後発でスペックが上だけあって、出来は一番だったとはいえ。ゲーム史的に試験に出るほど重要かと言われるとちょっと。むしろ、ファンタジーゾーン含めた自社タイトルをPCエンジンに移植するのを許した、セガの戦略の方が興味深いかな。おそらくセガの中の人は、アーケードゲームを知り尽くした我が社に、ゲームも作ったことのない所詮NEC程度という、舐めプ的な上から目線だったのではないだろうか。単に、任天堂に圧倒的大差をつけられてて出し惜しみする余裕なかっただけかもしれんが。

ファンタジーゾーン比較ペェジ

どうでもいいけど、ラインナップの例に出すならファンタジーゾーンよりナムコの「妖怪道中記」の方が適切だった気がする。7番目という時期より、初のサードパーティタイトルで、シューティングとアクションの違いはあるけど、これもアーケードからの移植だし、乙姫様だし。

PCエンジンのスペック

あと、スペックについても気になる記述があった。

しかし、高価なだけあってグラフィックやサウンドの美しさのほか、最大5個のコントローラが接続可能なマルチタップが発売と同時にリリースされたり、家庭用ゲーム機で世界初のCD-ROMを採用した周辺機器「CD-ROM2」が発売されるなど、高性能な機種として注目を浴びた。

グラフィックはともかく、サウンドはファミコンと比べるとたいして進化してなかったんじゃね。発売当初から、なんでFM音源搭載しないんだってツッコミがあったからな。当時の見解としては、コストの問題もあるけど処理速度を優先したって説もあった気がするが。とはいえ、後にセガのマイナーチェンジ機種のマスターシステムがFM音源(MarkiIII用のオプション別売り)搭載してるんだよな。まあ、PCエンジンのサウンドもCD-ROM2でCD-DAの力技があったけど。

今回の感想

なんだかんだ書いたけど、PCエンジンってハード的には堅牢コンパクトで非常によく出来てたと思うな。その代償に、前述したようなR-TYPE分割とか、バックアップROMを付けれなくて天の声みたいな弊害もあったけど。

しかし、あれから30年も経ったのか。私も年を取るわけだな。

Her Story

なんか、以前に「無慈悲な8bit」で紹介されたPCゲームの「Her Story」80%オフで119円になってるんだけど。個人的には推理モノとかかったるいんで、興味はひかれたけどプレイする気にはなれないかな。セール期間は9/26 02:00amまでみたい。ハロウィンとかクリスマス控えてるから、またチャンスはあるとは思うけど。

Steam で 80% オフ:Her Story

ちなみに、マンガでこのゲームが登場するのは129話。コミックウォーカーだともう読めないけど、そっちだとまだ読めるな。

無慈悲な8bit – コミッククリア

どうやら、コミックウォーカーの方は2週ぐらい遅れて連載されてるみたいだから、コミッククリア見たほうが早く読めるのか。けど、色んなとこ巡回するのは面倒くさいんだよな。

今回の感想

そんな訳で、相変わらずSteamのセールに慈悲はないな。どうでもいいけど、私もここで何本かゲームを買ってるけど、ほとんどプレイしてないような気がする。こないだ買ったロジクールのワイヤレスゲームパッドF710で「POSTAL Redux」とかやってみたけど、プレイ時間は結局3時間ちょっとぐらいだな。

Steamセールに500円割引目的で今更ながらペイパルl登録したよ

Amazonプライムデーで買ったボックスタイプのAmazonギフト券とロジクール ワイヤレスゲームパッドF710

拝金ガチャゲーだのなんだかんだ言っても、Steamのゲームよりパズドラやってる時間のほうが全然長い気がする。やっぱ、スマホのお手軽さとガチャの中毒性コンボはヤバイよな。こういうのはにっちもさっちもいかなくなったダメ人間に任せて、前途ある若者はゲームは1日1時間までにしといた方がいいぞ。

ペイパル登録

なんか、ペイパルSteamで1,000円以上の支払いに使える500円クーポン配布してたんで登録したんだけど。

Steam 500円クーポンがもらえるキャンペーン!-PayPal(ペイパル)

Stemaがサマーセール中だったんでちょうど良かったよ。

日本ファルコム

個人的には、Ysならいいっすって感じだけど。このツイートに対してこういうツッコミがきまくったのは、少し興味深い気がする。

ちなみに、現時点でリンク先のゲームで日本語に対応してるのは、DOAのDLCと9月発売予定の新作のみだから、日本ファルコムのゲーム的には実質ゼロじゃね。けど、新作は日本語入りになるんだろうか。昔はこんなこと言ってたのに。

まあ、日本ファルコムの公式アカウントは「投稿は『公式なコメントではありません』担当者個人の意見を多く含みます」って逃げてるけど。

余談だが、知り合いが昔ここのゲームがどうしてもクリアできなかったけど、理由がプロテクトだと知って日本ファルコムのゲームは買わないと逆恨みしてたんだが。多分ソーサリアンぽい。

プロテクトについて語ろう

こういった経緯があるなら、ファルコムにも情状酌量の余地はあるかもしれんな。

Steam

前置きが長すぎる割にどうでもいい話だったが、Steamのセールで買ったのはDOOMとかPOSTAL 2みたいな昔のゲーム中心。DOOMはまあFPSのご先祖様みたいな奴で、今更買うような物じゃないがなんとなく。POSTALは1とReduxは以前のセールの時に買ってたんだけど、ほとんどプレイしてなかったり。2は3Dになってるからスルーしてたんだけど、なんか最近コミックウォーカーで「メガロポリス・ノックダウン」読んでたんでつい。作中(GAME-12)では「POSTEL GO」になってるけど、これPOSTAL 2のことだよな。

メガロポリス・ノックダウン 無料漫画詳細 – 無料コミック ComicWalker

このマンガ、eBookJapanのポイント100倍創業祭がビビり入って早期終了しなければ買ってたかもしれないぐらいは面白い。

POSTAL

POSTALはリアルタイムで知った時、こういうゲームは8bitの時代じゃなきゃ日本では開発できないだろうと感心したが。結局、買うことはなかったな。で、Steamのセールで買ったんだけど、ほとんどプレイしてない。当時は知らなかったけど、これ操作がすごく難しいんだな。

2017.7.14追加
POSTALも箱コン対応してました。ゲームパッドのデフォルト設定だと、「Fire」に割り当てがないので、これだけ設定すれば最低限はパッドでプレイ可能でした。

で、POSTALをリメイクして操作も箱コン対応でフレンドリーになったのが、POSTAL Redux。これもやってみたが、家にあるただのパッドだとやっぱ操作きつかったんであんまプレイ時間伸びてない。

今回の2は多分プレイしないだろうから、インストールすらしてない。ぶっちゃけ3D酔いするからな。私も小学生ぐらいなら、3D酔いを克服できたんだろうか。

今回の感想

一昔前のゲームがSteamのセールでここまで安くなると、型落ちした家庭用ゲーム機のゲームを中古ショップの投げ売り価格で買ってた頃を思い出すな。まさか、学生時代と同じ事をいい年こいたおっさんになってまでやってるとは、あの頃は思わなかったな。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

なんか、コミックウォーカーで無慈悲な8bitの2017/06/03更新分を読んだんだけど。

無慈悲な8bit 無料漫画詳細 – 無料コミック ComicWalker

作中で紹介されてる Nintendo Switch用の「ゼルダの伝説プレイなんちゃら」が気になったんで調べたんだけど。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

新品価格
¥6,200から
(2017/6/4 23:30時点)

Amazonのカスタマーレビューの一つが、なんかこれ絶対プロのステマ職人だろって思えるぐらいすごかった。

Amazon.co.jp: ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドの Amazon カスタマーさんのレビュー

どうでもいいけど、発売から三ヶ月ぐらい経ってもまだNintendo Switchが入手困難なせいか、AmazonのSwitch本体のレビューが転売屋批判一色なのが笑える。

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

新品価格
¥42,300から
(2017/6/4 23:31時点)

あんなゼルダのレビューを見せつけられた後に普通に在庫有ったらファミコン全盛期を経験したおっさん世代で平均年収以上有る人なら、即ポチってるだろうな。

今回の感想

そんな訳で、任天堂の品薄商法は未だ健在らしいのを見て、思い出した。昔ファミコン難民だった時のことを。

当時はまだ通販依存症でもないし、ネットも普及してないから情報も限られていたので、品薄だったファミコン本体(ソフトはどこでも売ってる)をなかなか手に入れられなかったんだけど。で、田舎の方には在庫があるという噂を聞いて、祖父母に頼んで買ってもらったんだけど。

その後、めでたく届いた本体を見て驚愕した。本体と一緒に、ファミコン初期の普通なら誰も買わないであろうゲームカートリッジが一緒に入っていたのを。おそらく、孫に頼まれて買いに来た商品知識のない老人相手に店員が、「いやー、本体だけ買ってもゲームできないからお孫さん泣いちゃいますよ」とか口先八丁で営業トークかまして、「ご一緒にポテトはいかがですか」とばかりに不良在庫を押しつけたってオチじゃね。

戦国の神(第2弾)

なんか、今日までやってたパズドラゴッドフェスなんだけど。1日1回で3回引いたうちの1回がダイヤで、今回新登場の戦国の神(第2弾)稲姫来たんだけど。引きがいいのはいいんだけど、よりによって新キャラの中で一番タソれない奴が来たな。

誰だか知らんかったが、六文銭あるから真田関連なんだろう。とりあえず素材あったから進化させたけど。

リーダースキルが火属性攻撃4倍+火の2コンボ以上4倍(さらに軽減)って、転生大小よりお手軽に256倍達成できるな。ただ、これ生かせるパーティ組むメンツがいないのと、サブ垢の方にもLSがかみ合うリーダー候補がいないんだよな。とりあえず、フレとか野良稲姫捕まえて無限回廊で試験運転してみたところ、欠損なければカジュアルプレイなら結構強いな。まあ、コンボ吸収は3個消し出来ないからきついけど。

今回の感想

そんな訳で、これで倉庫番してたクヴィアとかいう変態キャラの就職先が決まったんだろうか。