Posts tagged ‘WordPress’

wordpress-588495_640

SQLiteとSQLite IntegrationでWordPress

タイトルのとおり、さくらインターネットさくらのレンタルサーバ ライトWordPressをインストールした時の記録を残した。自分用のメモなので簡単に。

さくらのレンタルサーバライトにWordPressをインストール -SQLite + SQLite Integration-

詳細は上記リンクを参照してもらいたいが、かいつまんで話すと。MySQLが使えないさくらのレンタルサーバ ライトで、SQLite Integrationを使ってMySQLをSQLiteで代用してWordPressを動作させている。

個人的にはWordPressを使うなら、レンタルサーバーの予算を増やして、MySQLが使えるところと契約したほうがいいと思うけど。もしくは、無料でWordPressが使えるサービスを利用するとか。例えば、このサイトが利用してるミニバード・スタードメインの運営元、ネットオウルWPblogウェブクロウなら、条件付きだが無料でもWordPressが使える

WordPress無料レンタルサービス!WPblog
無料で使えるホームページサービス! ウェブクロウ

さくらのレンタルサーバ ライトならさくらのブログもある

こういう記事は書いたけど、さくらのレンタルサーバ ライトでWordPressを運用することについて勧めてるわけではない。単に、ブログ形式のサイトが作りたければ、さくらのレンタルサーバ契約者なら、さくらのブログというサービスが無料で利用できるので、そっちを使ったほうが手っ取り早いだろう。ちなみに、ライトでも他のプラン同様50個は作れる

それでも、すでにさくらのレンタルサーバ ライトを利用してるなら、とりあえずWordPressがどんなものか試してみる分には、今回紹介した方法はいいんじゃないかな。ただ、WordPressをインストールして動作は確認したけど、実際に運用はしてないのでどのぐらい実用性があるか分からないが。

以前に、キャンペーンで初期費用が無料だったから、さくらのレンタルサーバ ライトを契約したけど。今のところ使っているのはほとんどメール機能だけなんだよな。それなので、本来ならSQLiteで動いてるWordPressのアドレスを公開するべきなんだろうが、ちょっとできないんだよね。メールの方は、結構クリティカルな用途で使っているので。

まあ、本気でさくらのライトでWordPressサイトを構築しようと考えているのなら、2週間はお試し無料だから、実際に自分で試してみるのが一番だね。そんな訳で、あまり役に立たない結論になってしまった。

a0002_010334

クイックドラフト

ちょっと前に、クイックドラフトで下書きを書いてたんだけど。後日、編集しようと思ったら、記事が見つからなかった。おかしいと思って、クイックドラフトで下書きが保存されるか試したら、見事に保存されなかった。その時ググったけど、それらしい情報が見つからなくて。結局クイックドラフトを使用しないようにしていたが。

その後、ふと目にしたダッシュボードのWordPressニュースを見たら、こんな事が書いてあった。

WordPress 3.8.3 メンテナンスリリース

WordPress 3.8.2セキュリティリリースに残念ながら含まれてしまった小さなバグを修正するための WordPress 3.8.3 が利用可能になりました。

ダッシュボード画面の「クイックドラフト」ツールは、3.8.2アップデートでうまく動作していませんでした。「クイックドラフト」これを使用した場合、下書きが消えてしまったり、保存されなかったりすることがありました。このツールを使用して小説を書いている方がいるとは思いませんが、どんなコンテンツであれ、その消失は損失は容認できるものではありません。

この現象ってバグくぁwせdrftgyふじこlp

対処法

上記記事によると、このバグで消えた下書きも、復活する可能性があるらしい。

あなたが先週失ったクイックドラフトがデータベースにまだあり、ただ表示されていないだけ、という可能性もあります。また事態を複雑にしてるとこととして、これらの「捨てられた下書き」は、通常7日後に削除されます、すでにこのリリースから6日が過ぎています。もし下書きを救い出すことができたなら、3.8.3にアップデートした後に “すべての投稿」画面に表示されます。(バッ​​クグラウンド更新として3.8.3を送り出しているので、単に下書きとして表示ささるようになるかもしれません)

とりあえず3.8.3にアップデートしてみたら、下書きが表示されたよ。クイックドラフトで保存されるか試しに書いた、どうでもいい記事だけ。肝心な記事は7日経ってたみたいだくぁwせdrftgyふじこlp;「’」

今回のまとめ

そんな訳で、クイックドラフトで保存した時は、ちゃんと保存されてるかの確認をしましょう。ちなみにこのバグ、3.7.2でも起こるらしいので、該当する人は注意。

WordPress移行ってどうよ

前に書いた通り、このサイトはスタードメインの無料Webサーバ機能、スターサーバープラス(現在新規受付終了)から、有料のミニバードに移行してる。WordPressなら移行も楽だろうと思っていたが、予想より面倒な作業だったよ。ログのエクスポート・インポートと画像のダウンロード・アップロードだけで済ませるのならまだマシだったんだが。今回は、プラグインやカスタマイズしてる、環境まるごと移行したかったので。手順調べて、ちょっと躊躇したけど。このブログでは、独自ドメイン+WordPressなら他社への乗り換えも出来るぜ、なんて散々書いた手前。やらない訳にはいかないよな。

それで具体的な移行方法を探したが、ネットオウルの情報だけでは足りなかった。それでググったら、親会社のエックスサーバーのマニュアルに書いてあったので、参考にしてみた。

WordPressの移転について

WordPress移行事前準備

まずは、移転元のWordPressサイト(今回はスターサーバープラス)でやることから。

データのバックアップ

アップロードした画像・インストールしたプラグインや、カスタマイズした設定情報などを復元する為、移転元でWordPressをインストールしたフォルダまるごと、FTPを使ってダウンロードした。容量はそれほど多くないけど、ファイル数が数千ぐらいあるから結構時間かかったな。

データベースのバックアップ

20140413b

phpMyAdminのエクスポート機能を使ってバックアップを取る。それには、phpMyAdminのログインに使うIDとパスワードが必要だが分からない。というのも、簡単インストールでWordPressの設置をしたから、データーベース名とパスワードも自動で設定されるんだよな。ちなみにDBのパスワードは設定ファイルに書いてあるので、直接見て解決した。

wordpress 初期設定のMySQLのパスワード

これで事前の準備はOK。

WordPress移転先での作業

続いて移転先のミニバードでの作業。

ドメインの追加設定

20140413c

ミニバードのオリジナルドメインを使うなら不要だが。今回は独自ドメインで運用するので、ドメインの追加設定をする。これだとURLが変わらないし、その為に独自ドメイン取ってるのだし。管理ツールからドメイン設定を選んで。私の場合は、hatarakitakunee.comを追加。

なお、ミニバードでは独自ドメインとオリジナルドメインのディレクトリが別々になっているので。先にドメインを追加してから、ファイルをアップロードする必要があるので注意。というのも、minibird.jpとかにアップしたファイルを、独自ドメイン用のディレクトリに移動したくても出来ない。おかげで2度もアップロードをする事になりました。

データベースの作成・wp-confingファイルの書き換え・データベースのインポート

ここは、エックスサーバーのマニュアル通りでいいと思うので、簡単に。

・ミニバードでMySQLのデータベースとユーザーを作成して。設定した情報を控える。「MySQL追加」で追加するが、文字コード「UTF-8」になってなければ変更。

20140413f

・ダウンロードした元WordPressフォルダの中のwp-confingファイルの、MySQLデータベース名・MySQLユーザーID・パスワードを、MySQLで新規作成した情報に書き換える。MySQLホスト名は、ミニバードのMySQLホスト名に書き換える。

Windows上で書き換えるときは、 UTF-8 の BOM なし (UTF-8N)で保存する必要がある。個人的には、FTPでファイルをアップロードした後に、ファイルマネジャーから書き換えた方がいいと思うけど。

20140413d 20140413e

・スターサーバープラスでバックアップしたデータベースファイルを、ミニバードのphpMyAdminからインポートする。

サイトデータのアップロード

FTPでダウンロードしたWordPressフォルダを、ミニバードにアップロード。それだけなんだけど、結構時間かかった。これは、サーバ間でファイルのコピーが出来たり、無料のスターサーバープラスからの移行プランとかがあれば捗ったんだけど。

ネームサーバーの変更

ミニバードだけなら、お手軽設定でネームサーバーを変更すればいいんだけど。私の場合、スターサーバープラスとミニバードを併用したかったので。ミニバード用にDNSレコードを追加することにした。

ネームサーバーの設定について(ミニバード)

実際には、ネームサーバーはお手軽設定でスタードメイン専用を選び。DNSレコード編集でAレコードを追加して、ミニバードのIPアドレスを入力した。

20140413g 20140413h

サイトの動作確認

DNSレコード設定が反映されたら、ミニバードのサイトにアクセスして、無事にWordPressが移行できたかを確認する。

移行完了

そんなこんなで、数時間(ほとんどファイルの転送待ち)ほどかかったけど、なんとかスターサーバープラスからミニバードへの移行が完了したよ。

終わった後の感想は、ミニバード(ネットオウル共通か)のファイルマネージャー使いにくい。ファイル・フォルダのコピーや移動すらできねえし。zipファイルとかのリモート圧縮・解凍も無理なので。今回みたいに、WordPress入ったフォルダ丸ごとをアップロードするのに、一つ一つのファイルを処理していくから時間かかりすぎる

これがさくらインターネットなら。移行元の場合は、リモートでファイル圧縮してからダウンロードすれば済む。移行先なら、圧縮したファイルをアップロードした後、リモートで解凍するだけ。どっちもファイルが一つになるので、転送する時間が大幅に削減される

ちなみに今回コピーしたフォルダはファイル数4555、フォルダ数276で80MBぐらい。これをzipで圧縮すると、60MB弱になる。画像が多いから、圧縮率は低いけど。ファイル数が何千分の一になるので、実際の転送時間はものすごく変わる。多分、さくらみたいなリモート圧縮・解凍使えるところ同士で移行するなら、ダウンロード・アップロードの時間含めても、慣れた人なら10分もあれば終わるんじゃね。まあ、WordPressの移行なんて滅多にやるもんじゃないからな。読みかけの本でも用意して、気長に終わるの待てる人ならいいのかもしれんが。もしかしたら、イーモバイル 3Gという、貧弱な回線の方が問題だったのか。ブロードバンドならこれぐらいのファイルのやり取りでも、そんな時間かからなかったのかもね。

今回のまとめ

WordPressの移行は、記事のエクスポート・インポートと、アップロードしたファイルをコピーするだけなら簡単だけど。プラグインの追加やカスタマイズをしてる人なら、データベースをエクスポート・インポートとフォルダ丸ごとコピーと設定ファイルの編集をした方が、手間はかかんないと思う。

手順は結構面倒だけど、一度やったら次からはスムーズに行くんじゃないかな。もっとも、WordPressの移行なんて、そう頻繁にやるものじゃないから。次の機会には忘れてるかもしれんが。

a0002_001091

4月の消費税増税が近づき、駆け込み需要で買いだめしてるニュースとかを見かけるが。有料のレンタルサーバー利用を検討してる場合は、3月中か4月以降の契約どちらがよいのだろうか。各社の消費税8%後の対応を比較することにした。

さくらインターネット

さくらインターネットは、税抜き料金据え置きだから、消費税増税分の料金の値上げのみ。ただ3月中の契約でも、4月以降に増税分を後から請求してくる。しかも、日割り計算してきっちり。そこまでやらなくてもいいと思うんだけど。それなんで、ここは増税前に契約すれば消費税分得するとかがないから、駆け込みで契約する必要なないな。

消費税改正に関する弊社対応のお知らせ

ロリポップ

ロリポも3月中の契約でも、4月以降は8%請求に切り替わる。変更タイミングは1ヶ月単位みたいだな。多分、年間契約なら、最初の1ヶ月が旧税率で残り11ヶ月を新税率で計算するのだろう。

消費税法改正に伴う対応のお知らせ – ロリポップ!レンタルサーバー

ミニバード

ミニバードも増税分のみの値上げだけど。3月中の申し込みなら消費税5%で請求するだけ。となると、4月に契約するつもりなら、3月中にしといた方がいいかもね。といっても12ヶ月契約で、通常の初期費用45円と月額料金84円の合計129円分だけど。

消費税法の改正によるご請求金額の変更について

駆け込み契約する!?

レンタルサーバーサービスは、きっちり消費税増税分を価格に反映してる。けど、4月以降の料金を5%と8%、どちらの税率を適用するかは対応が分かれた

ただ、個人向けのレン鯖料金だと額が少ないから、増税の影響はそれほど大きくはなさそうに思える。それ考えると、サービス内容と価格に自分で納得できるところを、レン鯖借りたくなった時に契約すればいいんじゃね。まあ、何社かめぼしつけといた業者が、初期費用無料キャンペーンとかやってる時がねらい目じゃないかな。

WPblog

余談だが、ミニバードのネットオウルにはWPblogというサービスがあって、無料でWordPressが使えたりする。このサービスの前身だったPHP APPSから3ヶ月弱使っているけど、普通にWordPressが使えるよ。無料だとURLは、「http://アプリケーションID.wpblog.jp/」しか選べないけど。独自ドメインには対応してるので、ドメイン持ちなら独自ドメインでの運用が可。

WordPress無料レンタルサービス!WPblog

URLのこだわりさえなければ、独自ドメイン取得しないでWPblogのみ契約すれば、無料でWordPressサイト持ちになれたのに。なんで、貧民なのに独自ドメイン購入してるかというと、単にドメイン取得した後に開始したサービスだったので。まあ、独自ドメインのメリットは大きい割りに、維持費は月額100円未満だし。初期費用も不要だし。当時のスタードメインにはスターサーバープラスもあったし。

スタードメイン関連の記事は↓
Posts tagged ‘スタードメイン’

スタードメイン

それなので、WPblogを使う場合でも、独自ドメインはあった方がいいと思う。ドメインも消費税増税の影響あるけど、スタードメインはミニバード同様、3月中のなら消費税5%で取得できる。個人的には上位レジストラeNomで.comだから、次の更新時は税込み1080円だけど。そういったこだわりなければ、上位レジストラをNetowlにすれば、.comドメインが税込920円(4月以降は947円)。.netなら税込850円(874円)になるな。

ちなみにスタードメインだと、3/31 18:00までドメイン割引キャンペーンをやっていて。Netowlで.comドメインなら税込680円。.netだと税込580円で取得できる。だからといって、レンタルサーバー料金よりドメイン代の方が小額だから、増税前後の影響はより少ないし。この手のキャンペーンは結構頻繁にやってるし。なので、駆け込みで契約する必要はないと思うけどね。



お名前.com

ドメインだけならGMO本家のお名前.comもあるけど。普段なら弱小相手でも容赦ないキャンペーンやってるけど、今は.com・.netが700円と、めずらしくスタードメインに負けてる。もっとも、日本語.asiaドメインが180円とか、一部のドメインは突出して安いけどね。

ただ、お名前.comの4月以降の料金は、本体価格据置ってわけにはいかず、改訂されてるドメインもある。詳細はPDFファイルを見てもらうとして。主要な.comと.netが税込920円から994円と、増税分以上に値上げされてるよ。3月内の契約なら、消費税5%で旧料金だから。お名前で契約するなら、増税前にしといた方がよさそうだな。その場合、4月以降の更新料を確認して、他社との差額とお名前のブランドを秤にかけて判断した方がいいだろう。もしくは、激安ドメインを1年間限定で運用するとか。

お名前.com 料金変更(PDF形式:283KB)

今回の結論

そんな訳で、本題より余談の方に力が入ってしまったが。個人的に自分のホームページが持ちたいのなら、有料レン鯖を契約するよりは、独自ドメイン+無料レン鯖借りた方がいいんじゃねって、タイトル詐欺の結論になってしまった。

まあ、独自ドメインは後から設定できるし。無料で物足りなくなっても、WordPress使ってれば他社有料サービスへの移行でも、最低限ならバックアップログの書き出しと、画像ファイルの再アップロードすればいいだけだし。テーマーやプラグイン使用してれば再インストール、カスタマイズしてれば再設定は必要になるけど

無料でも潰しの利くWordPressが使える、WPblogはいいサービスだと思う。けど、有料のプレミアムプランはメリットないと思う。初期費用と月額費用がミニバードと同じだけかかるんだよね。だったらミニバード借りた方がいいじゃん。単に、無料の通常プランがお得すぎるだけか。

10月からスタードメインのドメイン価格が一部値上げされる事になったよ。運営元のネットオウルからのメールで知ったんだけど。上位レジストラがeNomだと、年間950円から1050円と100円の値上げ。KeySystemsの場合も現在の料金から100円高くなるようだ。反面、Netowlをレジストラにしてる場合は、変更無し。

20130926a

『スタードメイン』上位レジストラ「eNom」「KeySystems」における「.com」「.net」「.org」「.info」「.biz」ドメインの価格改定について

このサイトは、スタードメインで.comドメイン取得して、上位レジストラがeNomなんだけど。次の更新料金は、950円から1050円に値上がりしてしまう。上位レジストラをnetowlに変更すれば920円だから、価格差が30円から130円まで広がったか。このぐらいの価格差なら、eNomでもいいかなって気もする。月あたりにすれば、10円ちょっとだし。

ちなみに、今回のお知らせの発表は2013/09/24付け。実施するのが2013/10/1だから、結構急だな。というわけで、独自ドメインの取得を検討していて、上位レジストラはeNomを考えているなら、値上げ前に申し込んだ方がいいかも。もちろん値段差が、スターの場合は130円だから、無視できるなら急ぐ必要は無いが。

10月といえばスターサーバープラスの受付終了するんだよな

ただ、スタードメインは、ドメイン取得者が無料で利用できるサーバのうち、WordPressがインストール可能なスターサーバープラスの提供を、9月いっぱいで打ち切るんだよね。既存の利用者はそのまま使えるけど、10月以降の新規契約者だと、PHPとかがつかえないスターサーバーのみしか選択できなくなる。

個人的には、駆け込みで契約するのは好ましくないと思ってるけど。スタードメインのスターサーバープラスは、独自ドメインでWordPress使ったホームページ持ちたいと思ってる人には、コスト的にかなり魅力的なサービスだからな。それが来月からは過去形に成ってしまうわけだが。

有料でレンタルサーバー借りるよりドメイン取った方が安い↓
スタードメインで独自ドメイン取得する方が、レン鯖契約するより安くすむ話

スターサーバープラスの機能については↓
スタードメインのスターサーバープラスって無料だけど使えるの?

スターサーバープラス終了については↓
スタードメインでドメイン取得したら無料で使えるサーバー機能「スターサーバープラス」の新規受付が2013/9/30で終了するのかよ

WordPress使えるのはいいけどセキュリティは大丈夫なの

WordPressと言えば、最近ロリポップで大規模な改ざん事件があったので。WordPressが使えるのはいいけど、無料のサーバ機能でセキュリティは大丈夫なんだろうか、と心配してる人もいるだろう。ネットオウルの対策については、ロリポップで被害を受けた原因とされてる件については、以前から対策してた模様。また、この事件を受けて9/12のお知らせで、さらに対策を強化している。

『WordPress』におけるセキュリティ対策の強化について

まあ、ロリポップの件は特殊なケースだったんだろう。同業他社のサービスで、そこまで被害を受けたって話は聞かないしね。

ロリポップのWordPressサイト被害については↓
ロリポップでWordPress利用してるサイト、8438件が不正アクセスによる被害を受けた、ってまじかよ