Posts tagged ‘特定口座’

特定口座2018

なんか、大納会も終わったので今年の特定口座の結果でも書いてみる。正確な数字は、来年以降の特定口座の報告書みたいなの見ないと分からんが。まあ、そんなに変わることはないだろう、多分。

で、マネックスは配当・分配金が譲渡損益を上回って+3,206円だった。楽天証券の方は譲渡損益が配当・分配金でカバーできず、-5,105円。確定申告でフュージョンすれば、差し引き-1,899円ってとこか。

以下、各ジャンルごとの考察。

日本株

今年の日本株は散々だったのは気のせいではなさげ。ピーク時の含み益が、損切りしたのを入れれば半分ぐらいになってる気がする。もっとも、一番ひどい時は1/3ぐらいまで落ちてたから、それ考えれば多少は戻してるが。

個別の銘柄だと、サイゼリヤを損切りした後に書い直すタイミングが早かったのが悔やまれる。結果論だが。これも、いきなり-10%ぐらいまで下落したのを考えれば、まあ許容範囲とも言えなくはないが、含み損には変わりないからな。

サイゼリヤ買い戻したらいきなり含み損であばばばば

日本株については、今後はマネックスより楽天証券で買うってことでファイナルアンサーかな。

米国株

今回、後悔まみればかりの投資の中で、唯一と言っていい成功例は米国株でビリビリ動画を買ったことぐらいな気がする。やはり、ビリビリ動画の含み益が100%超えたときが2018年のピークだったんだな。

ビリビリ動画の株買ったお -円決済対応してようやくしおらしくなってきたマネックス?-

ビリビリ動画の株価2倍になった時が今年のピークタイムになりそうで、私気になります

投資額が額だから、仮に10倍になっても世間的にはショボいことには変わらないけど。それでも、DGRWCXSEの下落をカバーできてるのはありがたい。どうでも良くないが、CXSEの購入は少し早すぎた感は否めない気がする。

ウィズダムツリー 中国株ニューエコノミーファンド(CXSE)に手を出してみた

投資金額的に、ゼロETF対象じゃないと手数料負けするから、他のETFには手を出せない。貧民らしく慎ましく投資信託でも買ってろって気もするが、DGRWやCXSEぐらいのコストで互換性のある商品が見つからない。そうなると来年もゼロETFでの購入は続けていくかな。

アセアン(シンガポール)株

続いては、アセアン株というかシンガポール株だが。去年の秋ぐらいだったかにはじめて、ここ数年で最大の失策だった気がしないでもないが。手数料の高さは理解してたつもりだが、まだまだ手数料を舐めすぎてたのかもしれんな。

シンガポール株の失敗は、買うのが早かったという点もあるが。それ以前に、銘柄選択が致命的だったのかもしれんな。ぶっちゃけ、スターハブ。シンガポール株の配当の確定益を相殺するため損切りしたタイミングはまあ良かったが、半端ない高値づかみと底あたりで仕込めなかったのはいただけなかったか。

スターハブ一部損切りしたお -そろそろ損益通算の季節-

今後は、年末の損益通算の売りはやるかもしれんが、積極的に買うのは控えたほうがいいのか、私気になります。

投資信託

最後は投資信託。今年はワリートを解約して、毎月分配型投資信託を買うのは間抜け野郎というのを認めてインデックス投信全面的に屈服したが。その後乗り換えたSmart-i先進国リートは、先の株価暴落まではそこそこ堅調だった気がしないでもない。

ワリート撤退してSmart-i先進国リートに乗り換えた -やっぱりREITが好き-

ワリートは完全敗北と言っても過言ではなかろう

ただ、去年の秋ぐらいからやってる毎営業日手動積立とかの積立投信はかなり悲惨な結果になった。一時期全部含み損だったからな。

毎日「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」を100円ずつ買うことにした -営業日のみ-

今更積立投資はじめるのって恥さらしだな -楽天VTI・EXE-i中小型株・DGRW-

しかも、損益通算のため一部の投信を売ったら大暴落の時の基準価額で予想以上の損失。翌営業日に買い直したが、日本の祝日と投信の休業日が連荘したせいか、株価が記録的な上昇をした日の基準価額で購入扱いになってあばばばば。

屈辱の投信積立一部解約 -楽天証券投資信託成れの果て2018-

楽天VT

後で気づいたんだが、S&P500はiFreeからeMAXISに乗り換えたんだから、これは売った日に買っても問題なかったんだよな。

今回の感想

そんな訳で、今年の特定口座は「あたしって、ほんとバカ」としか言えない気がしないでもない。

投信積立損切り

こないだ、楽天証券の特定口座確定益相殺するためスターハブの株を売ったんだけど。

スターハブ一部損切りしたお -そろそろ損益通算の季節-

まだ利益がそこそこあったので、最近含み損が拡大してる投資信託損切りした。ちなみに解約したのは先週金曜で、対象は毎営業日100円手動積立やってた、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」「iFree S&P500インデックス」「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」の3つと、毎月1,000円積立の「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」

例によって特定口座なんで、翌営業日に書い直したんだが。なんか、25日は米国市場が休みで休業日なんで、注文は翌日扱いになるっぽい。

なお、S&P500に関しては、iFreeから「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」に乗り換えた。なんせ、eMAXISの方が後発なのにiFreeの残高超えてるし、なにより信託報酬が安いからな。

eMAXISと言えば、インデックス投信としては今では割高になった無印eMAXISの後出しでSlimを出してきたんだけど。ニッセイみたいに信託報酬を下げるでもなし、別商品なんで無印から乗り換えも出来ず、無印で積立してた人は未だに割高な無印を保有せざるを得ない塩対応なんだけど。まあ、仮にSlimで無印と同じようなはめ込みでeMAXIS SkinyだかeMAXIS Zeroだか出すにしても、現在のSlimの水準から下げる余地はほとんどないような気がするのでよしとすることにした。

余談だが、eMAXIS無印ユーザーは手数料高いのにSlimeに乗り換えない理由については、おそらくeMAXISがインデックス投資の最適解ともてはやされた時代に投資を始めた人は結構な含み益になってるから、乗り換えると利益の2割が税金で取られるからな気がする。

今回の感想

そんな訳で、eMAXIS三菱UFJ国際投信について思うところはあるけど、信託報酬に関しては安さは正義だからオレは食うだけ。

しかし、現時点だと毎営業日積立以降の積立投信は全部含み損になってるんだが。ぶっちゃけ、ここ1年ちょいの積立よりマネーブリッジの0.1%普通預金にしてたほうがマシだったどころか、そっちの方が全然良かったってことなんだよな。

ちなみに、一番成績いいのが -9.62% の「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」で、悪いのが -18.84% の「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」って、投資信託が1年で出せる数字じゃねえって気がするが、現実は厳しい。

ぱっとサイゼリヤ

今年の特定口座の損益通算のため、昨日売ったサイゼリヤを買い戻したんだけど。なんか、NYがあばばばしたせいか日本株が軟調らしく、損切りした時より安く買い直せたんだけど。

その後さらに下落して、現在含み損が2%超えてるんだけど。

注文入れるの午後にしとけばよかったよ。

楽天証券

ちなみに、今回の購入は今まで日本株買ってたマネックスじゃなく、楽天証券にした。理由は楽天のほうが(現物約定ごとの)手数料安いし、ポイント1%つくし。と言っても、今回の場合は税抜き75円の差だけど。

株式 手数料 │ 株式 │ マネックス証券

10万円超 20万円以下 180円

手数料 | 楽天証券

20万円まで 105円(113円)

どうでもいいけど、楽天の手数料ってSBI証券と同じなんだな。SBIはURLがうざいんで貼らないけど。まあ、ネット証券大手の中ではマネックスはハブられてるってことなのか、私気になります。

損益通算

なんか、今年のマネックスの特定口座の確定益が損失を上回ってたので、損益通算のために含み損サイゼリヤを売った

本当はあまり値が変わらないよう、すぐに買い直したいところだが。特定口座の場合、当日中同じ銘柄を売り買いしちゃうと損切りした意味がなくなるからな。

保有していた株式を同日中に売却して新たに買付した場合、取得単価や譲渡…

そんな訳で、明日以降サイゼリヤを買い戻すつもりだが、今日売った株価より安く買えるとは思えない気がしないでもない。

DGRW

そんな訳で、先日DGRW ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長ファンドを買ったんだけど。今までは40ドル未満で買えたが、今回は@41.220ドルもかかったよ。

ちなみに、ワリートの分配金で米ドルMMFも買ったんだけど。もう1日遅らせれば112円台だったんでぐぬぬって感じ。

それはともかく、外国株口座のドルが足りなくなったので、次にDGRW買う前に米ドルMMFを一部ドルのまま解約して振り替えなきゃならんな。しかし、これもしち面倒臭い作業だよな。楽天やSBIみたいに、円から直接買えるようにしてほしいんだけど。まあ、マネックスって伝統的に、本丸が提供してないサービスは外注丸投げぽいから無理な気がするけど。