Rogueか、何もかもみな懐かしい

Rogue on Steam

なんか、SteamRogueが発売されたって記事を読んだんだが。Rogueは昔、プロバイダーのシェルにインストールしたり、MS-DOS版の日本語対応のjRougeだかをやった気はするが、結局「イェンダーの魔除け」を見つけることすらできなかった記憶が。

個人的には、RogueよりJNethackのほうがプレイ時間が圧倒的に長かったけど、Rogueは本格的にはやってないからこれを期にプレイしようかと思ったけど、思い出した。

Rogueならフリーでもあるんじゃね。

Rogue on Linux

ググったらいろいろあるっぽいけど、Linuxでソースからコンパイルとか面倒くさいなと思ったところで気づいた。これだけメジャーなゲームならaptでインストールできるんじゃね。で、「apt search rogue」してみたけど、結構ローグライクのゲームが多かった気がする。

ちなみに、Rogueは「bsdgames-nonfree」に入ってるぽい。

bsdgames-nonfree/focal 2.17-8 amd64
rogue, the classic dungeon exploration game

「bsdgames」ってのは、ハングマンとか昔ながらのゲームが入ってるんだなと「apt show bsdgames」して気づいた。

以下のプログラムが含まれています: adventure, arithmetic, atc, backgammon, battlestar, bcd,
boggle, caesar, canfield, countmail, cribbage, dab, go-fish, gomoku, hack,
hangman, hunt, mille, monop, morse, number, pig, phantasia, pom, ppt,
primes, quiz, random, rain, robots, rot13, sail, snake, tetris, trek,
wargames, worm, worms, wump, wtf

そう言えば、RogueとNetHackの間にHackってのもあったな。これはプロバイダーにインストール済だったんでやったけど、Rogueほどシンプルじゃなかった記憶。

今回の感想

そんな訳で、「bsdgames」と「bsdgames-nonfree」をapt installしてみてRogutとHackをプレイしてみたが。テキスト画面は耐性があるけど、プレイのかったるさには耐えられなかった。もう、スマホのポチポチゲーとかドボンぐらい単純なゲームじゃないとダメかもしれんって、年は取りたくないもんだな。

PC-6001mk2を思い出したら昭和の時代も最後は金目でしょだったな

惑星メフィウス

先日の記事でレトロゲームのことを書いてたら、知り合いのPC-6001mk2でプレイした「惑星メフィウス」のことを思いだしたんだが。

  • 携帯電話ゲームの変遷を見てると、エアコンを知らないインド人と違って日本人はエアコンがないとダメ問題を思いだす?
    https://hatarakitakunee.com/wp/?p=12078

他の機種のは知らんけど、PC-6001mk2のはマジで遅かったな。実際にプレイした時は砂漠で心が折れたような。

ミステリーハウス

ついでに、PC-6001版の「ミステリーハウス」のことも思い出した。

これも知り合いの家でやったけど、穴に落ちてゲームオーバーになったような。再プレイにはロードし直す必要があるんけど、テープ版だからやり直す気起きなかったような。なんでFDD搭載してるのにテープ版なんだと思ったが、それがPC-6601の背負った悲しい宿命だと気づいて何も言えなかった夏だったような。

それはともかく、マイクロキャビンのミステリーハウスって動詞と名詞個別に入力するのか。全然覚えてないんだが。それと、最初の3文字で認識できたって、百人一首の○字決まりみたいだな。

今回の感想

そういえば、レトロPCの時代にリアルタイムで知り合いが持ってた機種って、今考えるとP6系が一番多かった気がする。やはり、値段が手頃だったからかそれとも「こんにちはマイコン」の影響なんだろうか。

どうでもいいけど、こんマイで取りあげられてたのって「パピコン」こと無印のPC-6001だったけど。あれの現物はショールームみたいなとこで見たような覚えがあるけど、所有してた奴は記憶にないな。まあ、当時住んでたとこが低所得エリアだったからつまりそういうことなんだろう。

それはともかく、こんマイ2で、PC-6001mk2が大々的に紹介されてた気がするんだけど、現物ないから確認できない。電子書籍版は買ったけど、そっちは当時のマイコン一覧とかのコンテンツがばっさりカットされてるのが惜しすぎる。

まあ、商標とかの権利関係とかで問題があるのかもしれんが、とっくの昔にディスコンになった製品情報をダメだしすることに意味があるのでしょうかって気がするんだけど。なので、電子書籍を出版する時に「権利関係うざいめんどい」とか「慈善事業じゃないんだから300円程度に手間暇金かけて許可とってらんねえ」みたいな遣っ付け仕事ってオチな気がしてきた。それとも、弱小8bit機をだしてマイコン戦争に負けたことは、「団地○の誘惑」レベルの黒歴史扱いなのか、私気になります。

余談だが、最近すがやみつる先生がPythonのプログラミング入門書を書いてるのを知ったんだが。

ゲームセンターあらしと学ぶ プログラミング入門 まんが版こんにちはPython

エアプだけど、なんとなく昔のBASICは今だとScratchとかのビジュアルプログラミングにとって変わられた気がするんだけど。仮に、こんにちはマイコン2レベルの内容でPythonだと簡単すぎじゃないかと、私気になります。

ついでに、最後に一人テニスゲームのスカッシュを作るっぽいけど、「Tkinter」でGUIで作るぐらいならなんとかツクールでいいんじゃねって気がする。まあ、最終目標がゲームを作るんじゃなくプログラミングの入門書なんだからつまりそういうことなんだろうな。知らんけど。

今夜はHONDA BEAT?

安いスポーツカー

なんか、安いスポーツカーがーで実際発売されてもお前ら買わねーだろみたいなツイートを見たんだけど。

車にうといんで、安いスポーツカーの例の4台中知ってるのはロードスターぐらいなんだけど。見た感じ、多分それらが支持されなかったのは安いからじゃなくかっこよくないからなんじゃね(個人の感想です)

どうでもいいけど、ツイ主も乗ってるっぽいロードスターって売れまくった気がするのが、私気になります。

BEAT

今となっては、車とか贅沢品で維持費の元とれないじゃんって貧民根性がしみついてるけど。若いころ、「よろしくメカドック」を読んで一番車に興味あった時期は、ホンダのBEATは欲しかった記憶が。

まあ、BEATは軽にしては安くはなかった気がしないでもないが

カプチーノ

ついでに思い出したけど、それ以外でもスズキクパチーノみたいな名前の軽スポーツカーあったけど、そっちはBEATよりまともだったけどなんか好きになれなかったのを思い出した。

カプチーノだったか。こっちはBEATよりさらに高かったような記憶が。

今回の感想

車の知識がメカドックで止まってるので間違ってるかもしれんが、安いスポーツカーが欲しい人は安くてダサい新車より、イケてる中古車買うんじゃね。それとも、畳と車は新品に限る初物信仰なのか、私気になります。

以下、年寄りの昔語りの余談

大事なことは全部少年ジャンプが教えてくれた?

そんな訳で、メカドックの影響で好きだった車は、セリカとかCR-XとかMR2だったんだけど、一番欲しかったのはMR2だった気がする。その最大の理由はマンガでのやりとりで、フェアレディNEW Zに乗ってる主人公にMR2に乗ってた東條が、「はじめから速い車をチューニングすれば速くて当たり前、小排気量車でデカい車を負かすのが面白いんじゃねえか」みたいなことを言ってたのを見て、男のロマンを感じたからだった記憶が。

その影響があったから、MR2と同じミッドシップのBEATにひかれたのかもしれんな。それと、BEATのエンジンがターボなしってのもポイントだった気が。理由は思いだせないが、なぜかターボはダサいって思ってたんだよな。

あと忘れてたけど、ディスクブレーキ採用も大きかったような。ディスクブレーキのことは、確かシティをチューンする回に使われてて知ったような。どうでもいいけど、シティって一時期流行ってたけど、結構前から全然見なくなったな。

やっぱCMの影響が大きかったのか、私気になります。

閑話休題。他には、レゲーではアウトランが好きだったからかオープンカーってのも良さげに思えたけど、BEATってを出すのもしまうのも手動で面倒くさそうだったのはマイナスだった気が。

その点、カプチーノはオープンカーでありながら、アルミ製のパーツをワンタッチでセットできて楽そうだったが、その実用性がなんとなく好きになれなかったような。例えるなら、飛んで行けば数分で着く孫悟空の家にわざわざ車で行くのは無駄だけど、だがそれがいいみたいなものかもしれんな。知らんけど。

携帯電話ゲームの変遷を見てると、エアコンを知らないインド人と違って日本人はエアコンがないとダメ問題を思いだす?

携帯電話ゲーム

なんか、古の携帯電話用のゲームの開発者へのインタビュー記事みたいなのを読んだんだけど。携帯電話のゲームが全盛だったころはPHS使ってたからあまり思い入れがないけど、これはこれで胸熱な気がしないでもない。

そういえば、ソフトバンクのスパボ一括で契約した時、最初の一ヶ月はパケ放題だったかのオプション必須だったんで、その時に落した無料のVアプリのゲームは今でも端末にあるな。その中で一番遊んだのは麻雀ゲームだったけど、これってWindowsのソリティアをなんとなくプレイする人みたいなものかもしれんな。知らんけど。

PHSゲーム

あとは、ウィルコムが無料で配ったレトロゲームの移植みたいなのもあったが、電話のボタンで「悪魔城ドラキュラ」とかどうやってクリアすればいいんだよって、当時悶絶してた気がする。もっともクリアどころか背虫あたりすら越えられなかった記憶が。まあ、オリジナルのファミコン版でさえ、死神はなんとか倒せた気がするけど、クリアできたかどうか記憶が定かではない。

ちなみに、ウィルコムのは多分「とりほ~だい★らんど」でもらったっぽい。

今回の施策では、無料で利用できるコンテンツポータル「とりほ~だい★らんど」を開設し、「とことんぷよぷよ」「悪魔城ドラキュラ」といった人気ゲームを月替りで配信したり、一部ではなく全話が読めるコミックス「ジェネラルルージュの凱旋」「蟹工船」、デコラティブメール素材など多数を用意している。

eRa

ここで思いだした。純粋なアプリではないが、携帯向けのゲームで8bit時代のアドベンチャーゲームをブラウザゲームに移植した「eRa」があったのを。もっとも、あれは「タイムシークレット」が元になってたっぽいから、携帯電話ゲームのオリジナルコンテンツってわけじゃなさげだけど。

個人的にはこういうのでいいんだよなんだけど、世間的には誰得なんだよでファイナルアンサーなんだろうな。知らんけど。

スマホゲーム

ここまでの携帯ゲームは、麻雀は実物の元ネタあるし、アクションにしろアドベンチャーにしろレトロゲームもオリジナルあるから、携帯じゃなきゃダメなんだって気はしない気がする。

そう考えると、スマホ用のパズドラとか千メモのゲームデザインはスマホならではって思えるかもしれんな。もっとも、今のスマホゲーだとガチャありきのマネタイズじゃないとやってけないっぽいから、内容とかはどうでもいいのかもしれんな。知らんけど。

まあ、それはゲーム会社の運営の問題で、ゲーム制作側には関係ないのかもしれんな。結局、最後は金目でしょでファイナルアンサーなのか、私気になります。

今回の感想

最近のスマホゲーは、元ピコピコ少年のなれのはてのピコピコ中年だと、最新の複雑なゲームには頭と反射神経がついていけず、最近の主流の周回ガチャゲーには財布と時間がついていけなくて、どっちにしても無理ゲーかもしれんな。ヤバいですね。

だからといって、仮にデゼニランドとかサラトマあたりがスマホでプレイできるとしても、今さらやりたいかと言われると微妙って気がしないでもない。

以下余談

単語探しゲー

そういえば、昔のゲームって難易度とか融通のきかなさとか理不尽だったよな。後者については、あの頃のPCのスペックが貧弱だったから仕方ないってのもあるんだろうが。前者については「put cross」じゃダメなんですかってのは 当時から感じていたな。

ただこれ、スマホゲーの集金と同じでゲーム会社の生存戦略だったんじゃないかって気がする。

あの時代でテープ版でだせるアドベンチャーゲームだと、テキスト的には読むだけなら1時間どころか、下手すると30分もかからない文字数だったんじゃね。結構なお値段で買ったゲームが中身うすうすですぐ終ったら損した感パネエから、お買い得感だすためにも簡単にはクリアできないようにする必然性があったのかもしれんな。

まあ、RPGの経験値稼ぎと一緒で、プレイ時間の調整というかぶっちゃけ水増しだったのか、私気になります。

あの頃みんなサーチエンジン難民だった?

Google前

なんか、Googleが普及する前に使っていたサーチエンジンがーみたいな記事を読んだんだけど。一言で言えば、Googleの前にも、ロボット型のサーチエンジンはあったでファイナルアンサーな気がするけど。

これ、元記事海外翻訳っぽいから、「千里眼」とか「ODIN」がないのかもしれんな。知らんけど。

国産サーチエンジン

個人的には、インターネットはじめたころは、国産のサーチエンジンの千里眼とかODINあたりを使ってたような。理由は単純に、日本語の情報を探すなら日本のサーチエンジンじゃねって単純な理由。

その後、時間が経つにつれ海外産のサーチエンジンの質が上がったのか、日本語のページが引っかかるようになる反面、日本の非商業の千里眼とかはなんとなく進化においつけなくなった印象。なので、当時最強と謳われてた気がするAltaVistaに乗りかえたりもしたが。結局、日本のコンテンツには日本のサーチエンジンが 良くねっことでgooに落ち着いたような。

ちなみに、なぜか日本で人気のYahoo!は、ディレクトリ型のイメージが強くてサーチエンジンとしては認識してなかったような。

Google

Googleに関しては、インターネットマガジンあたりでGoogleマジパネみたいな記事で知って、試しに検索したらいい感じだった記憶があるが、それでも乗りかえるにはいたらなかった。

それが心変りしたきっかけは、ニュースだったかで神戸連続児童殺傷事件の犯人の中二病ハンドルネームで検索すると検閲されるって聞いて、やってみたらマジでNGワードみたいな扱いだったのがきっかけだったような

サーチエンジンが広告のせたりSEO対策されているのはまあ理解できるが、思想的なものを押しつけてくるのは絶対許さないだったかもしれんな。知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、もう誰もGoogleを止められないって感じだったけど、最近はいつまでもGoogle一強ってわけにはいかないみたいな気がしないでもない。

まあ、そこそこ前からプライバシーがーでDuckDuckGoあたりがもてはやされてるっぽいけど、あれは日本語コンテンツに関してはまだまだだねって気がしないでもない。

それよりも、Googleの検索結果の質が落ちてそうなほうが、私気になります。まあ、他のサーチエンジンの質があがってるのかもしれんが、どっちかというとGoogleが検索ワードを最適化してるのが原因な気がする。なんとなく、Googleって検索ワードの意味から類義語とか関連する単語も含めたり、打ち間違いを予測して正しく変換しなおしてるっぽいんだけど。

ここまではまだ分るんだけど、例えば 「○○」で検索するとなぜか○○を無視した結果が表示されて、その下に「含まれない: ○○ ‎| 含めて検索: ○○」とかでてくるからな。ちょっと前に話題になってたけど、まさにこれって気がする。

じゃあ、他のサーチエンジンはどうかというと、Yahoo!は劣化版Googleって感じであんまGoogleと変わらない気がする。ただ、今のGoogleにはないリアルタイム検索だけは重宝してる。

BingはGoogleと違って、SEO対策に力入れてない気がする。それなんで、玉石混交ではあるが、検索結果に業者やいかがでしたか系じゃない個人サイトがGoogleより上位にくることが多い気がする。

ただ、Bingは上位の位置にくる広告と検索結果がまぎらわしくて、あれでイメージ悪くしてる気がする。検索のクオリティに関しては、Googleと違って同一サイトの回数制限みたいなのがなさげなので、同じ内容のページが何度も引っかかると水増しされてるようで心証が悪い気がする。

これが改善されればDuckDuckGo使ってる意識高い系以外はGoogleからの乗り換え先の最有力候補になりうる気がするけど、今まで放置されてるってことはつまりそういうことなのか、私気になります。