CDシングルは折って保存する、そんなふうに考えていた時期が私にもありました

万引き対策

なんか、平成の終わりまだCDシングルで消耗してるのみたいな記事がRTされてて読んだんだが。どうでもいいけど、結構前から8cmシングルは駆逐されて、今ではシングルでも12cm CDになってパッケージも共通化されてるから。CDシングルのパッケージが細長かったの知ってるのって、おっさんなのかもしれんな。

https://dailyportalz.jp/kiji/singleCD_no_shita_hanbun

まあ、完全なネタ記事っぽいが。CDシングルが正方形だった理由はこのツイートの通り、ぶっちゃけ万引き防止だったと記憶してる。

音楽業界もアナログレコードの頃から万引きには頭を悩ませてたみたいだから、ただでさえ小さくなった12cm CD以下の8cm CDじゃ販売店が泣き入れると思ったんじゃね。その後のデータになると、WinMX・Winnyの前の時代から違法コピーとの仁義なき戦いを繰り広げてきた歴史があるからな。その結果、物理メディアは握手券とか特典商法で海賊版対策どころかビックリマンチョコみたいにいらないCDが捨てられるほど一部のユーザーが買うぐらいになったみたいだけど。

ただ、純粋な音楽としてはDRMフリーのデータやサブスクリプションでユーザーの利便性を考えた集金方式になってきたのを見ると、生まれ変わる時は人間になりたいと泣いたクロコダインのような心境になる気がしないでもない。

CDシングル

記事で紹介されてるCDシングルはなんとなく、この記事書くために適当にブックオフとかで買ったんじゃないかと推測する。真偽の程はともかく、この手の縦長ジャケット用にデザインされたCDは折る必要ないんじゃね。ちなみに、折る前提だったCDはデザインも既存のアナログレコードの使い回しで、下半分は何もないのとかあったような。現物はどっかにあるが、折ったとこは捨てたから不明だけど。記憶によると、プラだけじゃなくジャケットにも切り取り線みたいなのあったような。まあ、レコード会社によっても違うかもしれんが。

私の場合、当時は折る前提だったCDは折ってケース買って入れてた。CDシングルってケース入れないと、紙がペラペラするから保存性悪かったかので。そういえば、12cm CDも普通のプラケースじゃない紙とかのは最初のビニールの捨てなかったな。

折らないCDシングルも最初はケースに入れてたけど、だんだんケース買うのが惜しくなったのか、買った時に入ってたビニールみたいなのをそのまま使ってた。けど、CDをそのまま聞いてた時は出し入れが面倒だったけど、MP3とかに変換して聞くようになってからはどうでも良くなったっぽい。

その後、折らないのが主流になった理由は知らなかったが、なんとなく正方形ジャケットのアナログレコードが廃れたからだと思ってた。

今回の感想

そんな訳で、縦長CDシングルが折れる理由を知ってるのはおっさん通り越して年寄りの豆知識なのか、私気になります。

以下余談

過渡期のCDシングル?

この記事書くのに手持ちのCDシングル引っ張り出したんだけど。ケース外すの面倒だからつけたまま。これ、縦長デザインだけど折ってもいいような中途半端な仕様っぽい気がする。というのも、真ん中に折れ線があって半分に折ってもジャケット切らずに折り曲げて収納できるっぽい。

画像だとわからないけど、ジャケット下がツメ状の差込口になってて、裏の切り込みに突っ込めるようになってるぽい。メーカーによっては切り込みのみでそのまま差し込めるのもあった。多分、初期のだとケースなしだと固定されないから改良したんじゃね。

他のCD見ると、昔は上みたいな過渡期のCDシングルも躊躇なく折ってた。若い頃から細かいことにはこだわらない人だったのかもしれんな。それはともかく、折る前提のバージョンも見つかったので確認したところ、ジャケットの表は折り曲げて裏は切り取り線で切れるようになってた。多分、切り取ると見栄え悪くなるからと、歌詞を載せるスペースを確保するためな気がする。なんとなくこの手のタイプは、レコードのみの頃に発売されたのがCD化された古いシングルっぽい気がする。

あと、1枚だけ通常とは逆に、表面のCDを取り出す方の表裏に歌詞があって、裏をジャケットにしてる変則的なCDがあった。まあ、店で売る時は裏表とか関係ないだろうけど、これだとジャケットがケースに糊付けしてせいか、なんか表面が波打ってるのが難だな。だとしたら、他のもそうなっててもおかしくないが、同じ保管条件なのにこれ以外は無事なんだよな、と思ったら同じメーカーの折り曲げ式のを確認したら若干うねってた。

平成ってアイドル冬の時代と呼ばれてた気がする

平成アイドル

なんか、平成ひとりで歌うアイドル絶滅危惧種になってったみたいな記事を読んだんだが。これ読んで、私の抱いていた平成のアイドルって平成初期のイメージだったのに気づいた。そういえば、AKBどころかモーニング娘すらよく知らないな。

https://dot.asahi.com/dot/2019042600138.html

個人的には平成に入った時にはすでに、アイドル冬の時代だったような気がするが。あの頃って、おニャン子がソロアイドルを潰したまでいかなくても、おニャン子以降のアイドルを先細りさせてったような。なので、少なくとも「ひとりで歌う」に関しては、平成にはもうアイドル系は駆逐されてた気がしないでもない。まあ、安室奈美恵氏とかをアイドルにカテゴライズするなら別だけど、確かあの辺は「歌姫」とか呼ばれてたからアイドルと言うよりはアーティストって気がする

おニャン子

徒党を組んだアイドルの先駆け的な気がするおニャン子だが、結構ソロ活動も盛んだった気もする。ソロの代表作と言えば、一般的には国生さゆり氏の「バレンタイン・キッス」だろうが、個人的には歌だけなら河合その子氏一択だったような。ただ、リアルタイムではなぜか新田恵利氏が異様に人気だった覚えが。まあ、「冬のオペラグラス」だけは未だにサビがフラッシュバックすることあるから、印象値はメーター振り切るレベルだったのかもしれんな。

どうでもいいけどこの記事、2ページ目にこんな記述があるけど。

https://dot.asahi.com/dot/2019042600138.html?page=2

とはいえ、平成初期にはまだ、アイドルといえば「ソロ」だったものだ。のちのAKB・坂道系にも影響を与えた東京パフォーマンスドールのような大人数の「グループ」はあくまで傍流扱いだった。

平成限定とはいえ、おニャン子無視して東京パフォーマンスドールってのは違和感あるかな。神セブンの原型とか、原宿でライブやってたのが劇場起源って認識なのかもしれんが。ただ、TPDってソロも結構無茶しやがってってぐらい力入れてたし、全盛期の7人が2~3人のユニットで歌ったりしてたから、少なくとも音楽活動では秋元系との関連性は薄い気がするんだけど。

平成ひとりで歌うアイドル

2ページには広末涼子についても書いてるが。

平成9年には、広末涼子が歌手デビュー。この年の『紅白』にも出場した。2年後に初のコンサートを開いたあと、大学進学などを理由に歌手活動からフェードアウトしていったが「ひとりで歌うアイドル」の魅力を再認識させた。

なんとなくだけど、3M(宮沢りえ・観月ありさ・牧瀬里穂)以降のトップクラスのアイドルって、歌はおまけとかついでって感じで、少なくとも本業じゃなかった気がする。多分、当時広末涼子が歌手デビューしてもしてなくても、人気への影響は誤差の範囲だったんじゃね。

記事だと、この時期にモーニング娘誕生で、アイドルのソロとグループの地位が逆転説を上げてるが。まあ、それはそれであってるのかもしれんが。実際はソロ云々じゃなく、アイドルの小粒化が進んでバラ売りできなくてセットで売らざるを得なかったって気がしないでもない。それと3ページで触れてるが、歌に関してはアイドルがアーティスト様に屈服したってのも影響大じゃね。

どうでもいいけど、3ページ目にこうも書いてるが。

https://dot.asahi.com/dot/2019042600138.html?page=3

綾瀬はるかや深田恭子、国仲涼子、新垣結衣といった、アイドル的な女優が歌手デビューしたケースも少なくないが、片手間感というか、副業っぽさを否めなかった。実際、彼女たちの歌声を記憶している人はほとんどいないのではないか。アイドルはやはり、歌番組やライブで生歌を披露し、ドキドキハラハラさせてこそ魅力的なのだ。

広末涼子氏もこのお仲間でファイナルアンサーな気がする。

ドル売り声優

この記事、最後にそういうオチに持ってくかと思ったが。それはともかく、5ページの現在のソロアイドルについてのアイドル声優への記述で気になる点があった。

https://dot.asahi.com/dot/2019042600138.html?page=5

最近では、桜井日奈子が人材派遣会社「グロップ」のCMで披露した歌とダンスが素晴らしかったし、アニソン界ではアイドル声優のルックスが向上したおかげでひとりで歌う文化がむしろ成熟中。需要はまだまだあるはずだ。

歌の世界では、年齢もルックスも関係ないって証明してるのが声優って感じなんだけど。まあ、ニッチな需要じゃなく一般受けするためにはルックスは重要って意味合いだとは思うが。

今回の感想

そんな訳で、細かいとこでは見解の相違があるが、全体的には結構この記事説得力ある気がする。しかし、はじめから企画と結論ありきなのか、平成縛り時事ネタオチのおかげか、多少無理筋で強引なとこと最後の付け足し感が、私気になります。

それと、声優顔面偏差値がーって理由で「ひとりで歌う文化がむしろ成熟中」ってのは何が「成熟中」なのかも、私気になります。まさか、年齢のことじゃないよな。

以下余談

スマホに入れてるひとりで歌うアイドル

なんとなく、自分のスマホに入れてるひとりで歌うアイドルを書いてみる。アニソン・声優・アーティスト系は除外。敬称略。

三浦理恵子・中嶋美智代・中川翔子(これもアニソン?)・南野陽子・小泉今日子・森高千里(アーティスト?)・米光美保・西村知美

ひとりじゃないけど参考に、Wink・東京パフォーマンスドール

あと、AmazonのPrime Musicでダウンロードしたのも含めると、岡田有希子

我ながら、加齢臭漂いそうなラインナップだな。ちなみに、最近のアイドルだと声優・アニソン系しか入ってなかった。

というか、最近のアイドルってAKBと坂道以外で思いつくのって、外神田バクステなんたらと東京女子流ぐらいな気がするって、全部グループか。調べたら、「バクステ外神田一丁目」が正解か。

AKB関連については、歌とかはよく知らないけどなぜか一部のグループのスケジュールとかチェックしてたりするが。坂道は最近なんかテレビで再放送とかPV見たりしたけど、なんとなくルックスと楽曲はAKBより良さげな気がしないでもない。それでも、テレビやYouTubeで見ることはあっても、金出してCDや音源を買うかというと、音楽だけで買いたいと思わせるにはちょっと弱いかな。

ちなみに、AKBのPVって「ヘビーローテーション」しか思いつかないけど、これなら特典DVDとかデジタル写真集とか付いてるのなら買ったかもしれないって、知り合いが言ってた

Palmは紙の手帳の延長で、Windows CEは小さいPC目指してた気がする

スマホ起源

なんか、日本のガラケースマホ起源って話があるらしいが。それに対して、ガラケー無視してPDAというか実質Palmがスマホの前身みたいな記事を紹介してるツイートを見たんだが。

個人的には、スマホってPDAと携帯電話をフュージョンしたって認識だから、Palmが前身ってのはいい線言ってると思うが。念の為、この場合の携帯電話は日本で独自進化した全部のせのガラケーではなく、通信・通話・メールといった最低限の機能を備えたようなのを指してる。実際は最低限必要なのは通信のみで、他はアプリ次第でどうとでもなる気がするが。

Newton

ただ、上のツイートをRTして異議ありって感じのツイートしている人もいるんだが。なんとなくだけど、Palmとかモノクロのクソ狭い画面で前時代のCPU載せたクソ遅くて大したことも出来ないポンコツ端末がスマホの前身とかマジありえないんですけどって感じなのか、私気になります。

Palmユーザーでも、U.S.Robotics時代から使ってる人あたりなら、Newtonは直系じゃないにしてもPalmのご先祖みたいに思ってるんじゃね。CLIEとかサードパーティ製からの新しめのユーザーだと、多分Newton自体知らない人が多いんじゃね。というか、Newtonって日本で売ってたっけって思ったけど、一応売ってたのか。

https://kakakumag.com/pc-smartphone/?id=12699

Newtonは末期に米国で100ドルか200ドル台で投げ売りされるまで、あんま興味なかったので気づかなかった。

Windows CE

Windows CEに関しては、このツイート見るまでPDAの歴史線上にあることを忘れてた。Casiopeaだったかとかhpじゃなく多分Copmpaqあたりから出てた気がするが、ほとんど覚えてないな。MicrosoftもWindows CEなんて半端モンじゃなくいっそMS-DOSベースで出してたら、大成功はしなくてもWindows Mobileのデッドエンドよりマシな結末のif展開があったんじゃね、知らんけど。

それはともかく、Windows CEのPDA史における重要度はPalmやNewtonどころかザウルスの比較にならないレベルで、例えるなら難関校の重箱の隅をつつくような試験問題にやっと登場するって感じじゃね(個人の感想です)

Palm-size PC・Pocket PC

この記事書くのにWindows CEのPDAについてもググってたんだが、なんかキーボード付きしか出てこないと思ったら、私がPDAと思ってたWindows CEのイメージってPalm-size PCとかPocket PCだったのに気づいた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/カシオペア_(コンピュータ)

https://ja.wikipedia.org/wiki/Pocket_PC

流石に、キーボード付きのクラムシェルをスマホの原型にするのは無理があるから、PDAのタイプ限定だよな。そうなるとやっぱスマホの原型に関しては、NewtonはともかくPDAタイプのWindows CEはガン無視しても問題ないんじゃね(感じ方には個人差があります)

今回の感想

そんな訳で、スマホというかiPhone誕生って、Newtonの理想Palmの割り切り技術の進歩が加わってできたような気がしないでもない。Windows CEは、Newton・PalmとWindow CEの関係ってMac OSとMicrosoft Windowsみたいなもんじゃね、知らんけど。

とはいえ、最近の高機能化したスマホだと、ザウルスとかWindows CEみたいに、単独でもなんでもできるぞを目指してるとも言えなくもない気もしてきた。ただ、それはスペックが上がってやれることが増えた結果論で、Windows CEがあってもなくてもスマホはそういう進化をしたんじゃね、なんとなく。そう考えると今の時代、Palmの正当な後継機ってもしかしたら存在しない気がしてきた。Palm Phoneは、あのクソみたいなバッテリーがある限りただのオモチャじゃね。

https://hatarakitakunee.com/wp/?p=10529

以下余談

Palm

件のツイ主に話を戻すと、NewtonとWindows CEを出してPalmというかPalm信者をdisってるとこから、ガジェットヲタ分少なめの実用性重視ユーザーなんじゃないかと推測する。だから、Palmみたいに人間が機械のスペックに合わせて使い方を強いられたり、限られたリソースを創意工夫で使いこなすような端末は、ナニソレイミワカンナイとか思ってるんじゃないだろうか。

それと気になったのは「Palm信者」って言葉なんだけど、Appleはよく聞くけどPalmで聞いたのは初めてな気がする。

なんとなくだけど、Palmユーザーって他の機種を敵視はほとんどしてなかったような。ぶっちゃけ、Palm単独だとできることが限られてるし、母艦との同期が前提の依存関係だったからな。それなんで、ハンドヘルド系みたいな、Palmではできないキーボード入力を補完できる端末には需要があった気がする。音楽は専用のプレイヤーとか、カメラはデジカメか携帯に任せるとか。それでもあえてライバル視してたとするなら、もしかしたら全然違うかもしれんが紙の手帳だった気がしないでもない。

で、Windows CEのPDAタイプに関しては、形は似てるけどバッテリー持たなく砂時計が出るぐらいの認識であまり気にしてなかったんじゃね、多分。

http://palm.org/f_pal/f_pal_flight_100/p113_battery.html

ちなみに、Palmが通常の用途で電池持つのは事実だが、Palmでも通信するなら、通信機器がPalmから電源供給必要なら、速攻で電池無くなった気はする。

Palm PhoneはPalmもどきでPalmは平成じゃなく昭和かって話 -ワケガワカラナイヨ-【訂正あり】

訂正

なんかこの記事、平成元年を1989年じゃなく1999年と勘違いして書いたっぽい。なので、PalmはPilot 1000から平成でした。お詫びして訂正します。

この先の記事は勘違いして書いた時の原文そのままなので、一部に誤った記述があります。

Palm Phone

ちょっと前だけど、「Palm Phone」日本でも発売されるって記事があったんだけど。

https://ascii.jp/elem/000/001/847/1847623/

パッと見、中華スマホなら4,980円で作れそうに見えるが、スペックとか防水・防塵とか見ると小さくても廉価版じゃないんだろうけどクソ高くね。それに、バッテリーが800mAhって、NichePhoneとかカードケータイと同じ、実用性皆無ファッション端末に見えるんだけど。価格を無視すればサイズは魅力だけど、このバッテリー容量でAndroidスマホだと何もしなくても毎日充電が必要っぽい上、下手するとスマホは1日1時間でもバッテリー切れ起こしそうで、私気になります。

Graffiti

それとこの記事、Palmのこと知らないのに適当にググって書いたっぽい記述があるんだけど。

Palmと言えば、Graffitiと呼ばれる独自の文字入力方式で、それ自体は標準では搭載されていないものの、利用したいアプリの頭文字を指で描くだけで起動できる「ジェスチャーパッド」とよばれる機能が用意されている。

これだと、前半部分はオプションでGraffitiが利用できそうな感じだが、記事では書いてないのでナニソレイミワカンナイ気がする。後半部分の「ジェスチャーパッド」は、この流れだと通常のアルファベットじゃなくGraffitiで書けなければ前半の意味ない気がする。検索して動画を見つけたが、これだとGraffiti使えるかどう合わからねぇっていうか、アプリの関係かは知らんが「A」とか「F」じゃなく「W」を選ぶあたりがにわかっぽくて、私気になります。

https://www.youtube.com/watch?v=0GwhJBlXUfY

ついでに、Palm Phoneに関する記事いくつか検索してみたが、どこもGraffitiについては表面的なことしか書いてない。まあ、単にGraffitiの需要がないってことかもしれんが。ちなみに、Graffitiは昔Palmを買収したアクセスだったかがAndorid用のアプリを出してて、現在はPro版が無料で使える。ただこれ、ショートカット使えないのが惜しすぎる。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.access_company.graffiti_pro&hl=ja

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1007/16/news094.html

なお、Palmを買収したのはACCESS Systemsで、NetFront Browser作ったACCESSとは別だったことは、今回の記事を書いてて初めて気づいた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ACCESS_Systems

https://ja.wikipedia.org/wiki/ACCESS_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)

今回の感想

そんな訳で、Palm Phoneって小さいだけが取り柄のAndroidスマホに「Palm」ってつけただけのなんちゃってPalmって気がしないでもない。これをPalmがーとか書いてる記事見るとセンスないって思わざるを得ないのは、やはり老化現象なんだろうな。

以下余談

平成ベストガジェット決定戦

なんか、#平成ベストガジェット決定戦のハッシュタグ付きでガジェット紹介したら、まとめ記事にしてやんよみたいなツイートを見たんだが。クラウドなんちゃらとかランなんちゃらで記事を募集するより、効率的で賢いやり方だな、知らんけど。

このハッシュタグなんとなく眺めてたら、結構新し目のガジェットが多い気がしたけど、少数派っぽいけど一応Palm系もあるな。ただ、Palm VはともかくPilot 5000まで行くと平成じゃなく昭和って気がしないでもない。

ついでに検索したら、多分Pilot 5000の人のレビューと思われる記事を見つけた。

https://zigsow.jp/item/176294/review/101057

コメントまで読んだら、Palm機合計8台も買ってるのか。

久しぶりに「BEGIN THE 綺麗」を聞いた気がする

うる星やつら いつだってマイ・ダーリン

なんか、テレビで「うる星やつら」の劇場版がやってるのを見てたんだけど。確か、このシリーズって主題歌が東京パフォーマンスドールのがあったけど、内容的にこれっぽくないなって思ってたんだけど。まさか、「BEGIN THE 綺麗」がエンディングで流れるとは思わなかった。

この使われ方を見て、思い出した。昔とあるアニメ映画の主題歌にゴリ押ししてた女優の歌が、監督だったかがお気に召さなかったとかでイメージソングに格下げされ劇中ではハブられてたのを。ずっとそう思ってたけど、安田成美氏ってオーディションで選ばれてて、この歌出した頃はまだ大女優じゃなかったのか。

安田成美 - Wikipedia

それはともかく、映画とかアニメ関連の曲って、使われ方によって本編との親睦性の高さが伺える気がするが。だとすると、ひねりのないエンドロールで流れる主題歌は、あまり恵まれた使い方とは思えないのが、私気になります。

逆シャア

などと書いてたらまた、思い出した。昔、「逆襲のシャア」が上映された頃それ見た人に、ガンダム映画にTM Networkってどうよと、主題歌「BEYOND THE TIME」の感想を聞いたのを。そしたら、映画のいいところでいい感じに使われてたぜって聞いて、へーって思ったんだが。それからうん十年経ってテレビだったかで逆シャア見る機会があったけど、確かにいい感じだった気がする。

流石に劇中歌に使われるからには、作品のイメージぶち壊すまでいかなくても、それなりに世界観にあってないと採用されない気がしないでもない。気になる人は、Amazonプライム会員なら現時点では無料で見れるぞ。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

新品価格
¥400から
(2019/1/3 19:19時点)

カバー曲

映画ではないけど、アニメ音楽がカバー曲になってておっさんホイホイなのがあったけど。これって、アニメ制作会社がオリジナル曲に合わせて作風作ってるってことか、私気になります。その中でいくつか思いつくのをあげてみる。

まずは、レベッカ「フレンズ」が使われた「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」。元が名曲すぎるだけにカバーする方は気を使いそうだなと思ったけど、視聴者の大半は元ネタ知らなそうだからいいのか。ちなみにこのアニメ、悠木碧氏の初期主演作で、知り合いは悠木碧作品で一二を争うほど好きらしい。

次はTOM☆CAT「ふられ気分でRock'n' Roll」がエンディング曲の「せんせいのお時間」。この曲もインパクト強いけど、作品もビジュアル的にインパクトあるから結構あってた気がする。主演の南央美氏は、多分本気を出せば今でも丹下桜氏並にブヒらせられる気がしないでもないが。健康にだけは気をつけてほしい気がする。

最後は「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」だが。上の2つと違って、これは原作なしのアニメオリジナルかと思ったが。アニメ制作会社原作だけど、漫画の方が先に発表されてるのか。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート! - Wikipedia

このアニメ初めて見た時は、岡崎律子氏のカバーで驚いたんだけど。Wikipedia見るとエンディングは、キャラソンをセルフカバーしたのの林原めぐみ氏のカバーって、ワケガワカラナイヨ。そうなると、オープニング曲の「A Happy Life」の選択といい、後付とは思えない作品と曲の相性の良さといい、このアニメって岡崎律子氏へのオマージュも込められていたのか、私気になります。

ついでに。Wikipediaには消える文字についても書いてあるな。単なるノイジーマイノリティだから切り捨ててもいいような気がするが、スプレーの仕様はこれで変更されたのか最初から決まっていたのか、私気になります。

今回の感想

アニメ音楽って、たまにスポンサーとか声が大きいところの影響なのか、誰得なタイアップみたいなのがあったりするけど。なんとなく、国民的アニメとか制作費が大きくなるほどその傾向にある気がする。

まあ、音楽ぐらいならイメージソングとかスタッフロールとか逃げ場はあるけど。キャストまでゴリ押しとか大人の事情で決めるのは、ジブリとか興行収入何百億円の作品ぐらいだからどうでもいいか。