あの頃みんなサーチエンジン難民だった?

Google前

なんか、Googleが普及する前に使っていたサーチエンジンがーみたいな記事を読んだんだけど。一言で言えば、Googleの前にも、ロボット型のサーチエンジンはあったでファイナルアンサーな気がするけど。

これ、元記事海外翻訳っぽいから、「千里眼」とか「ODIN」がないのかもしれんな。知らんけど。

国産サーチエンジン

個人的には、インターネットはじめたころは、国産のサーチエンジンの千里眼とかODINあたりを使ってたような。理由は単純に、日本語の情報を探すなら日本のサーチエンジンじゃねって単純な理由。

その後、時間が経つにつれ海外産のサーチエンジンの質が上がったのか、日本語のページが引っかかるようになる反面、日本の非商業の千里眼とかはなんとなく進化においつけなくなった印象。なので、当時最強と謳われてた気がするAltaVistaに乗りかえたりもしたが。結局、日本のコンテンツには日本のサーチエンジンが 良くねっことでgooに落ち着いたような。

ちなみに、なぜか日本で人気のYahoo!は、ディレクトリ型のイメージが強くてサーチエンジンとしては認識してなかったような。

Google

Googleに関しては、インターネットマガジンあたりでGoogleマジパネみたいな記事で知って、試しに検索したらいい感じだった記憶があるが、それでも乗りかえるにはいたらなかった。

それが心変りしたきっかけは、ニュースだったかで神戸連続児童殺傷事件の犯人の中二病ハンドルネームで検索すると検閲されるって聞いて、やってみたらマジでNGワードみたいな扱いだったのがきっかけだったような

サーチエンジンが広告のせたりSEO対策されているのはまあ理解できるが、思想的なものを押しつけてくるのは絶対許さないだったかもしれんな。知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、もう誰もGoogleを止められないって感じだったけど、最近はいつまでもGoogle一強ってわけにはいかないみたいな気がしないでもない。

まあ、そこそこ前からプライバシーがーでDuckDuckGoあたりがもてはやされてるっぽいけど、あれは日本語コンテンツに関してはまだまだだねって気がしないでもない。

それよりも、Googleの検索結果の質が落ちてそうなほうが、私気になります。まあ、他のサーチエンジンの質があがってるのかもしれんが、どっちかというとGoogleが検索ワードを最適化してるのが原因な気がする。なんとなく、Googleって検索ワードの意味から類義語とか関連する単語も含めたり、打ち間違いを予測して正しく変換しなおしてるっぽいんだけど。

ここまではまだ分るんだけど、例えば 「○○」で検索するとなぜか○○を無視した結果が表示されて、その下に「含まれない: ○○ ‎| 含めて検索: ○○」とかでてくるからな。ちょっと前に話題になってたけど、まさにこれって気がする。

じゃあ、他のサーチエンジンはどうかというと、Yahoo!は劣化版Googleって感じであんまGoogleと変わらない気がする。ただ、今のGoogleにはないリアルタイム検索だけは重宝してる。

BingはGoogleと違って、SEO対策に力入れてない気がする。それなんで、玉石混交ではあるが、検索結果に業者やいかがでしたか系じゃない個人サイトがGoogleより上位にくることが多い気がする。

ただ、Bingは上位の位置にくる広告と検索結果がまぎらわしくて、あれでイメージ悪くしてる気がする。検索のクオリティに関しては、Googleと違って同一サイトの回数制限みたいなのがなさげなので、同じ内容のページが何度も引っかかると水増しされてるようで心証が悪い気がする。

これが改善されればDuckDuckGo使ってる意識高い系以外はGoogleからの乗り換え先の最有力候補になりうる気がするけど、今まで放置されてるってことはつまりそういうことなのか、私気になります。

Macintoshフォーマット(HFS)のフロッピーディスク読み取りってLinuxならチョー簡単だったのか

HFS

諸般の事情で、昔のデータ入ってるフロッピーディスクのデータを読み取ろうと思ったんだけど。一応、先々代のPCにはFDDをつけてはいたから、Windowsで使っていたFDなら読めるんだけど。今回、読み取りたいのはMacintosh時代に使ってたやつなんだよな。こんなことなら、MacでDOSフォーマットしとけばよかったのか、私気になります。

そんな過去は過去で変えられないけど、ググったら意外な解決法が見つかった。今時のLinuxならmountコマンドでhfsオプションつければMacフォーマットのFDそのまま読めるっぽい。

+MacintoshのFDを読み込むには
https://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/278usemacfd.html

Linuxは、MacintoshでフォーマットされたFDでも読み込むことができる。具体的には、MacintoshではHFS(Hierarchical File System)というファイルシステムが採用されているので、mountコマンドのオプションで「hfs」を指定する。

FDDついてるPCのLubuntu 18.04で試したら、本当に出来た。コマンドはLubuntuだとこれでおけっぽい。

mount -t hfs /dev/fd0 /media/floppy
umount /media/floppy

FDD

一応、FDDのハードはあるとはいえ、まともに使ってたのは下手すると10年以上前っぽいのを考えるとドライブ新調した方がいいと思ったが、USBの外付けフロッピーとかまだ売ってたっけ。

ググったら売ってはいたが、まじもんの新品は入手困難というかデッドストックでもなければ無理ゲーっぽい。国内企業の新品でも、中身のドライブは中古の再生品使ってるらしい。

タイムリー FDDドライブ [ USB接続 ] 2HD(1.44MB)モード対応 [ Windows8/7/VISTA/XP対応 ] FDD-U03B


国内大手メーカーの再生スリムFDDを搭載しております。
中古のFDD機器を中国工場で解体し、基準をクリアした部品のみを集め、
再生のために徹底した清掃&テストを行なった部品を使用。

オウルテックでも同様。

リサイクルパーツ使用製品です

今あるのがぶっ壊れたらしょうがないけど、SSD 128GBより高いFDD買うのは考えさせられるな。いっそバクチ覚悟で、FDD搭載の中古ノートとか買ってFPYだけ使うって手もあるのかもしれんな。知らんけど。

なお、ちょっとお高いけどティアック「最後の正規品採用モデル」採用したロジテックの製品もあるんだな。

1TBのSSD買える金額を払うだけの価値あるデータがフロッピーに入ってるなら、検討の余地はあるんじゃね。知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、Macintosh時代のFDを読める手はずは整った。まあ、FDでも3.5インチならまだ難易度低いから余裕だな。問題は、FD全部読み取るまでドライブが持つのか、私気になります。

以下余談

フォーマットアプリ

昔、MacintoshでFDを現役の記録メディアとして使ってた頃、Mac用じゃなくDOS用とかフォーマットしてないFDを買うことが多かった。理由は単純に、Mac用は信者価格で割高だったからなんだが。それなんで、使う前にフォーマットする必要があったが、1枚ずつシコシコ入れたり出したりしてやるのは面倒だった。

そんなある日、雑誌か本だったかで「まだフォーマットで消耗してるの?」みたいな記事に、連続フォーマットするアプリが紹介されてた。といっても、アプリ起動してる間はフロッピー入れると自動でフォーマットして終わったらイジェクトするって単純なものだったが、それでも手間暇は軽減された。

思い出した。昔のMacintoshのフロッピーはイジェクトボタンがなくて、フロッピーのアイコンをゴミ箱入れたりすると自動でイジェクトされたんだったな。

覚えてなかったが、FDから立ち上げてシャットダウンするとフロッピーが出てくるのか。まあ、そうじゃないとFD取り出せないから当然と言えば当然か。

ちなみに、なんらかの事情でFDが出てこない時は、強制イジェクト用の小さな穴にピンとか刺すと取り出せる。今でも、CD・DVDドライブにはこの穴あると思うけど、最近の若者だと光学ドライブすら見た事ない人もいるかもしれんな。知らんけど。

そういえば、後にWindowsのDOS窓で「format a:」した時、確かフォーマット終わった後「もう1枚いっとく?」みたいなメッセージが出て連続フォーマット出来るのに驚愕した。もしかして、GUIでも似たようなもんだったっけ? それ以前に、MacOSでもその程度ならデフォであったっけ?

まあ、今となっては心の底からどうでもいいかもしれんな。知らんけど。

Beepのドクトルだみおって岩崎啓眞氏だったのか -ついでにPAD(Problem Analysis Diagram)-

大魔界村

なんか、レトロゲームの時代のプログラマーの超絶技巧について知るツイートを見たんだけど。大魔界村SGってNECアベニューぽいけど開発もそこだったのか、私気になります。

ぐぐったら、実際の制作は下請けに丸投げしてたっぽいな。知らんけど。

さらに掘っていったらハドソンが作ってたっぽい。それにしてもS君マジぱねッスね。

ドクトルだみお

ついでに知ったんだが、岩崎啓眞氏って元Beepのライターだったのか。

それと前後して『Beep』においてライター活動を開始(ドクトルだみお名義、当初はプログラミング記事だったが、のちにゲームレビューページとなる)

「ドクトルだみお」って名前は覚えてるけど、どんな記事書いてたのかは覚えてないな。ヤタタウォーズというと、ライターが北海道のバイク事故だったかで亡くなられた記憶しかないし。そう言えば、プログラムと言えばたいにゃん氏の記事にも載ってたようなってとこで、思い出した。もしかして、BASIC構造化プログラムとかPADとかの記事書いてた人か?

その線で検索したら多分ビンゴっぽい。

その中で「ゲームジョッキー」「デザインで見る!」といったコーナーを連載していたのが、ドクトルだみお氏。特にゲームジョッキーはBASICのプログラムを交えて解説をするコーナーで、その構造化されたソースコードの美しさに、当時とても驚いた覚えがあります。

cider_kondo 特に関係ないが、30年前に雑誌に載っていたプログラム(当時、紙は有力なソフト媒体だった)の解説で「フローチャートは時代遅れ」って書かれてたのを思い出した(たしかドクトルだみおこと岩崎さんのBeep掲載記事

今回の感想

そんな訳で、PADってマイナーだよな。こんにちはマイコン世代の私でも、ドクトルだみお氏の記事読んでフローチャートより優れてると思ったけど、なんか普及しない理由でもあるのか、私気になります。

ついでにAmazonで検索したら、PAD関連でかろうじて今でも新品で手に入りそうな紙の書籍がこれって、2003年出版かよ。

よくわかる日本語PADによるアルゴリズム演習


Kindleの電子書籍のみのはあるから、Kindle Unlimited対象だからPADに興味ある人はアンリミ加入したときにでも読んでみればいいかもしれんな。

究極のプログラム設計図 PAD解説: 構造化チャートによる設計図法 ─ 素晴らしいPAD図 ─ 究極の技シリーズ (計算機屋さんの技)


まあ、センスのある人ならこれ読むだけで理解できるかもしれんな。

知らんけど。

これやめてほしいキッチンが嫌なら都落ちか家賃上乗せするしかないのか、私気になります


Image by Michael Schwarzenberger from Pixabay

これやめてほしいキッチン

なんか、こんなキッチンでメシが作れるかってまとめを見たんだが。バブルの頃のワンルームマンションによくあった、クソ狭いミニキッチン3点ユニットバスの3点セットを思い出した。多分、ガスコンロじゃないのは安全対策なんだろうな。知らんけど。

  • 『これやめてほしい』とツイートされたキッチンの写真…何が問題かわかりますか?「これで1Kって言うのやめてほしい」「コンビニ弁当前提で作られてる」
    https://togetter.com/li/1467954

最近はこれ、ワンルームじゃなく1Kって言ってるとこあるのか。それはともかく、この物件は似たような環境の元住人の私の経験から見て、IHになってるだけマシな気がする。多分、リフォーム前は蚊取り線香みたいなやつが熱くなる電気コンロだと思うが。今でもアレ使ってるとこあるのかよ。

現在では、AC100Vのコンセント可能な卓上のIHクッキングヒーターが4,000円ぐらいから買えるから、昔よりは楽かもしれんな。

[山善] 卓上 IHクッキングヒーター IH調理器 1000W ホワイト YEL-S100(W) [メーカー保証1年]

新品価格
¥3,850から
(2020/2/16 00:45時点)


IHだと、ハードに使うならデフォルトの契約だとアンペア足りないかもしれんし、使用頻度が低いか災害対策兼ねるなら、カセットガスコンロの方がいいかもしれんな。この選択肢は当時は思いつかなかったが、今ならググればいくらでもライフハックが出てくるから、この手のキッチン物件でもイージーーモードじゃね。

今回の感想

そんな訳で、海原雄山をもてなすとか山岡士郎でもなければ、ひとり暮らしのキッチンなんてこういうのでいいんだよじゃね。まあ、二口コンロじゃなきゃダメなんですって人は、そもそもこういう物件選ばないだろ。結局、最後は金目でしょが大正義なのか、私気になります。

以下余談

なんか、3点セットって書いたら思い出したんだけど。昔、「ニッパー、ヤスリ、ピンセット、カッターナイフの4点工具セット」ってCMを見た気がするけどあれなんだっけと思って検索したら「ビッグワンガム」らしい。

「ひかる!チャチャチャ!!」は名作だったよな


Image by Free-Photos from Pixabay

トレーニング

なんか、1年ぶりぐらいにスーツ着たらきつくなったって記事を読んだんだが。

「ひかる!チャチャチャ!!」を思い出した。

そういえば、幕之内一歩も薪割りしてたけど、実際に効果あるトレーニングっぽいな。知らんけど。

「ひかる!チャチャチャ!!」

ついでにググったら、なんか「ひかる!チャチャチャ!!」全話無料で読めるっぽいサイトが引っかかったんだが。

漫画村みたいにヤバイですねなのかと思ったら、「海賊版ではありません
と書いてるだけでなく、ABJマークだったかが貼ってあるので念のためPDF確認したら、ちゃんとホワイトリストに載ってたから合法っぽい。

ABJマークを掲示しているサービスの一覧は下記でご確認いただけます。
(2020年01月21日更新)

ABJマーク ホワイトリスト
ABJmark_Whitelist.pdf

ここ、マンガ図書館ぜつなんとかと違って、広告はあるけど一話の途中に挟むとか野暮なことしてないのは分かってるよな。

結局、スキマで全部読んじゃったじゃねえか。

ちなみに、いつの間にかKindle版も出てたけど、出版社は集英社じゃなくてグループ・ゼロだからつまりそういうことっぽいな。

ひかる!チャチャチャッ!!1


アンリミ対応だから、Amazonで無料で読めるならそれでもいいかもしれんな。けど、金払って買うのは、グループ・ゼロだからセール待ちでいいんじゃねって気がする。

知らんけど。