Archive for the ‘日記’ Category

無慈悲なゲームレビュー

なんか、コミックウォーカーに連載されてる「無慈悲な8bit」の最新話が、クソゲーに関するバッシングについてなんだが。

2017/03/04更新分だから、次回更新予定の2017/03/11になるまでは読めると思う

無慈悲な8bit 無料漫画詳細 – 無料コミック ComicWalker

ゲームは客のためじゃない、客がゲームに金を落とすために存在する

非常に感動的な話なんだけど、現場はだいたいそうだと思いたいが上層部は別じゃね。それとこれはまだ手間暇金がかけられるパッケージゲームだけど、スマホゲーとかになると悪意の有無は置いといても、プレイヤーを雑巾扱いする事だけしか考えてないようなのが大半だと思うけど。少なくとも、テレビCM流すぐらい広告宣伝費に金かけてるところは。

ついでに言うと、どんなに人件費かけようが家庭を犠牲にしようが、プレイヤーからしてみれば関係ないからな。例えば、サーカスで日頃のハードトレーニングの影響でステージ本番に失敗したとしても、金払った観客が笑って許してくれる訳ないだろう。そんな争いのないステージみたいな世界が欲しいなら、幻の大技天使の技クラスのゲームを作ればいいんじゃね。

今回の感想

ゲームのレビューに関しては、クソと書くならならクソの理由を指摘してないただの感想には価値を見いだせないが。客観的事実に基づく物や理に適った批判なら、例えネガティブな意見でも評価できるけどね。むしろ、購入の検討にならないマンセーレビューの方がクソの役に立たなくて不要だと思う。あくまで消費者視点だが。

それでも、今回の元ネタは結構な金額払って買うパッケージのゲームだからな。これが、Steamのセールで数百円で買ったとかならそこまでボロクソに言われないだろうに。そう思ったが、世の中には基本無料のスマホゲーに親の敵かってぐらい辛辣な批判する人もいるけどな。

追加

Twitterでも見れるようです。

追加2

この件のまとめもあるんだな。コミックウォーカーで読んでたから忘れてたけど、元は「ファミ通」の連載だったな。

ファミ通「ゲームのバッシングをやめよう!みんな必死に作ってるんだ!楽しい話をしよう!」 – Togetterまとめ

これ見てると著者の山本さほ氏より、ファミ通への批判の方が多いんだな。確かに、このマンガもファミ通じゃなく「ゲーム批評」に掲載されてたら評価も違ったかもしれんな。

Twitter

なんか、貧BP氏の隠し名(というかこっちが本家?)の「シンギュラリティがー」の人と、Twitterでやりとりしてる人がいるんだけど。内容は退屈で特に言及するほどじゃないけど、相手の人がTwitterアイコンに設定してる画像がちょっと気になった。

ユキノシバリ(@yukinoshibari)さん | Twitter

どうでもいいけどこの人、「ベーシックインカムがー」の人に絡んだんじゃなくて、「生活保護がー」の人が先にRTしたのかな。

グイド・レーニ「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」

で、Twitterアイコンなんだけど。なんか、憂いのあるターバン巻いた女性が振り向いてこっち見てるんだけど。ちなみに、元ネタはグイド・レーニ「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」なんだけど。この絵は昔、「美の巨人たち」で見たけど、確かこの服装と髪型とターバンから処刑直前の姿って解説だったと記憶してるが。

テレビ東京のページだと、これを取り上げた回の内容は公開されてない
フェルメール「真珠の耳飾りの少女」
バックナンバー

これをチョイスした人のつぶやきだと思うと、ちょっとおもしろく感じます。

今回の感想

そんな訳で、元貧BP氏も活動停止してもやってることは変わらないみたいだな。むしろ、貧BP名義で書き込む必要なくなった分をそっちに回してるんだろうか。自己顕示欲が強いといろいろ大変だな。

草間彌生のかぼちゃ破壊?

なんか、アメリカの「ハーシュホーン博物館と彫刻の庭」で、自分撮りしようとした人が展示品の草間彌生氏の作品を壊したらしいが。

博物館の入館者がセルフィーをしようとして草間彌生さんの約80万ドルの彫刻を壊す

Google先生の助けを借りて、この事件の詳細を調べてみたところ80万ドルのとは別のカボチャで、壊れたのは作品全体の一部っぽい。

Kusama Infinity Room Reopens at Hirshhorn Exhibition After Sculpture Damage

どうもこんな感じの部屋に入ったぼっちが、自分撮りしようとして事故ったみたいだな。確かに、ここで写真撮ったらおもしろい絵になるわな。

こんな風に、誰かに撮ってもらえれば良かったのにねえ。

今回の感想

そんな訳で、草間彌生氏って樹木希林氏と似てるよな。それはともかく、今回事故が起きたのとは違うが、草間氏の似たような鏡あわせの部屋の展示って見たことあるんだけど。多分、写真撮影は禁止されてたと思うけど、それ考えるとこの手の展覧会で撮影OKってのは気前いいな。日本の美術館だと、国立クラスは所蔵品の常設展だと撮影許可だしてるところは多いけど。都道府県立以下は対応ばらばらで、私立だとほとんどないって印象だが。

FAQ|国立西洋美術館

ちなみに、国立西洋美術館世界遺産に登録されたコルビュジエ特需のおかげで、来館者数が増えたせいか無料観覧日は撮影禁止になってるらしいので注意。

無料観覧日における常設展示室 撮影禁止のお知らせ(2016年7月23日(土)から)

東京都に関しては小池知事は前向きだけど、今回みたいなリスクもあるからな。絵画系ならまだしも現代美術作品の大型展示品だと、自撮り棒は禁止と明記する必要ありそう。

東京都の美術館と博物館、写真撮影OKに? 解禁検討へ

東京都でも、江戸東京博物館の常設展は撮影可なんだよな。昔、両国国技館で行われてたスターバックスの株主総会の帰りに行った時に撮ったし、今でもOKだし。

ご来館案内 – 江戸東京博物館

まあ、この辺は展示品の値段と警備コストとの兼ね合いだろうけどね。

サイゼリヤ株主優待

なんかまたゆうパックから荷物が届いたんだけど。今度はサイゼリヤの株主優待だったよ。そういえばここまだ届いてなかったな。配送予定確か1月~3月とかいうアバウトさが、合理主義的なサイゼリヤらしい。

だから、ゆうパックのラベルは以下略

株主優待中身

そんな訳で、サイゼの株主優待の中身だが。広告とか案内文入ったのを取り除くと、ぱっと見は前と同じで代わり映えしないように見えるが、今回は結構驚きなんだぜ。

スパゲッティ・キタッラ(リゴーリ社)

まずは定番のパスタだけど。物は去年と同じリゴーリ社のスパゲッティだが、500gが1袋のみと前回から半減されてるよ。一食換算すると生存可能日数が激減するな。まじかよ。

ゆで時間は11分で太さが1.97mm。多分前と同じだと思う。賞味期限は2019.11.10。

パスタソース トマト&バジル(アルモニエ社)

続いてこれも定番のパスタソース。味はトマト&バジル。今回はアルモニエ社という多分サイゼ株優初メーカーだと思う。

内容量は350gで、賞味期限は2019/11/21。調理方法は、特に書いてない。

エキストラ・バージン・オリーブオイル(ミラ社)

超定番のミラ社のオリーブオイル250ml(229g)。賞味期限は2018.05.18。皆勤賞ものだから4年目ともなると書くこともねえ。

チョコレート・スプレッド(ヴェンキ社)

いつものアンチョビ枠の代わりに入ってるのは、これも今回初おめみえと思われる、ヴェンキ社のチョコレートスプレッド。量は40gと少ないが、おそらくスパゲッティ500g×2個を1個に減らされた要因と思われるから、結構なお値段するんじゃね。

原材料とか見ると、ヘーゼルナッツ入りの塗るチョコレートって感じだからヌテラみたいなもんかと思ったが。同梱の案内文には「トリノといえばヘーゼルナッツのペースト『ジャンドゥーヤ』発祥の地」とか書いてある。

この手のチョコレートって、てっきりオーストラリアの名産品かと思ってたが、イタリア由来なんだな。ちなみに、ヌテラってオーストラリア製だから勘違いしてたけど、ここのメーカーフェレロってイタリアの会社だったんだな。

ヌテラ – Wikipedia

FERRERO(フェレロ) ヌテラ ヘーゼルナッツ チョコレート スプレッド 750g

新品価格
¥1,000から
(2017/2/24 20:24時点)

だったら、なんでわざわざ近隣の人件費安い国じゃなくオーストラリアで作ってるのかと思ったが、ちょっと古いがこういう記事を見つけた。単に輸出の都合らしい。

nutella(ヌテラ)EU圏向けと日本向けの違いの謎

今回の感想

参考までに過去3年間のサイゼ優待のリンクを載せとくが、興味ある人は今回の優待と比較して貰えば分かると思うけど、徐々にショボくなってる気がするな。一番最初のはご祝儀込みっぽいから、その後と比べじゃいかんのだろうが。見た目はともかく、おそらく仕入れ価格的には変わってないんだろうけどね。

サイゼリヤの株主優待が届いたよ

サイゼリヤの株主優待がようやく届いたよ -なんか前回よりショボくなってるが-

サイゼリヤの株主優待2016のイタリア直輸入品が届いたよ

贅沢は言わないが、年一優待なんだからせめてプチサプライズぐらいはあって欲しいけど。100株ならまあ、こんなもんか。

プレミアムフライデー

なんか、政府と御用企業のごり押し感が半端ない、税金投入したステマもといPR活動が行われている「プレミアムフライデー」が今日から始まるらしいんだけど。

で、ハフィントンポストがネタ的にプレミアムフライデーに参戦するみたいだが。

プレミアムフライデー、2月24日午後3時に編集部全員オフィスからいなくなります

ハフィントンポストぐらいなら金曜午後以降のリアルタイムなニュースが配信できなくても影響ないけど。これが、大手新聞社やNHKと民放テレビ局クラスだとそうはいかないからな。他にも、電気・ガス・水道とかのインフラ関係みたいに、24時間365日誰かが働いてないといけないとこもあるし。

それ考えるとプレミアムフライデー実践できる企業って、いてもいなくてもどうでもいい余剰社員抱えられる余裕のある企業だけなんじゃね。個人的には、管理職とか役員待遇ならまだしも、現場レベルで15時帰宅しても問題ない正社員なんて、リストラするか非正規に切り替えた方がいいんじゃねって気はするが。とはいえ、あまりぎりぎりで仕事回してるとこって、仕事休みたいなら代わりの奴探せとか言うようなブラックだからな。

まあ、政治家とかの公務員みたいに生産性悪い職業は、プレミアムフライデーとか言ってるより給料分働くことから実践しろって感じだが。

稲田氏「プレミアムフライデー、自身の能力上げる時間」

この人は特に、十分に能力を上げてから大臣に任命すべきだったんじゃね。

新聞休刊日

昔、新聞休刊日に全部の新聞同じ日に申し合わせたように休みやがってって苦情があったらしいが。これって横並びで休まないと、印刷業者とかの下請けが休めないって理由だと聞いた気がする。実際はどうだか不明だが。で、今回のプレミアムフライデーも、一部だけしか実施しないんなら、プラス面より社内外の調整とかマイナス面の弊害の方が多い気がする。

景気対策については、小手先のごまかしより根治的な解決策を講じなきゃその場しのぎにしかならないんじゃね。ぶっちゃけ、消費低迷の最大のネックって老後の不安だろ。年寄りは逃げ切り世代で若者は払い損世代とか、保険料負担は多くなっても給付は減らされるとか、少子高齢化で増え続ける社会保障のためには消費税増税が正義とか、その割に法人税は減税とかのお先真っ暗な将来展望しか見えない状況じゃ、まともな人なら無駄な支出を控えたり、金があっても貯蓄や投資に回して手元に残るようにするだろう。まあ、やりたい放題に散財して、最後は生活保護で面倒見て貰えばいいなんて刹那的な人もいるけど。

今回の感想

ちなみに、来月のプレミアムフライデーは、年度末の3月31日金曜日みたいだけど。この日にプレミアムフライデー()強行できる企業がどのぐらいあるのか、わたし、気になります。

そんな訳で、プレミアムフライデーも数年後は、バカな思いつきの税金の無駄使いとして笑い種にでもなるんじゃね。その後は、「E電」みたいに死語の代表選手の仲間入りまでするのかな。それとも、単に忘れられるだけかもしれんが。

以下余談。

JR東日本、「E電」まだ使ってた! 発表文に甦った「死語」に驚く人々

何が何でも「E電」を自分たちの失敗とは認めたくないんだな。旧国鉄のプライドがなせる技なのか。