Archive for the ‘日記’ Category

世界一周船の旅

なんか、ピースボード世界一周気になるけどオッサンお断りぽくて蚊屋の外みたいなツイートを見たんだが。

なんか、似たようなツアーをテレビで見たりどっかで聞いたような気がしてググったが、これか。見てると、すごーーい!たのしーーー!!って思えてくるな。

TRAVELERS BOAT l TABIPPOが提案する100日間世界一周の船旅

ピースボート

ついでに、ネイティブ広告みたいな記事を読むと、夢見がちな若者なら興味持ちそうな感じな事が満載っぽく思えてくるな。

ピースボートに初乗船したので、中の様子を赤裸々に書いてみた

しかし、あまりにマンセーしてるのが引っかかって他の評判も見てみたが、そしたら昔はひどかったけど今はマシになったみたいな記事もあった。比較的中立的なとこでこんな感じ。

評判を無視してピースボートの船に乗ってみたら、こんな毎日だった

一昔前のひどい時代だとこんな感じらしい。

ピースボートに乗ってはいけない3つの理由

今回の感想

そんな訳で、もうすぐ出発する第95回(8月から11月)だと、18~29歳限定で70万円からいけるみたいだが、通常だと99万からか。しかし、この期間だと大学生なら休学するか授業サボらないと無理だろうし、まともな社会人ならこんなに休めないだろうし。そうなると、無職ニートフリーターか金持ちじゃないと無理ゲーじゃね。まあ、金持ちが乗る船じゃなさそうだけど。それだから、年金暮らしの年寄りが多いってのも納得だな。

だとすると、年齢制限なければ多数派の年金勝ち逃げ世代と、その年金支給額にも満たない給料しか稼げないような少数の年金負け組若者って構成になるのか。下手すると、Uの字テーブルの向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、刺すか刺されるか、そんな雰囲気になってるかもしれんな。

まあ、100万+αで3ヶ月だと1年分ぐらいの生活費だから、本当に余裕がないU30は行けないだろうな。かといって無理して資金捻出しても、9ヶ月近い差額がプライスレスだと思えない人にはただの金ドブか。どうでもいいけど、件のツイ主は後ろ向き思想で、未来に希望を持ってないオッサンみたいだから。十分な年金もらってる年寄りとも、世界一周船に乗るようなキラキラな若者とも、話が合うとは思えないな。Twitterでやってるみたいな自分理論を振りかざしたりすると、お前に割くリソースはないとか言われてリアルで鍵かけられるかもね。

金村圭介

なんか、リーマンでインデックス投資節約リタイヤ生活目指してる金村圭介氏が2冊目の本を出したらしいが。で、これは1冊目なんだが。

8年間で2800万円貯めた、僕の方法

販売後1週間ぐらいで最初のレビューがついてるからどうせサクラだろと思ったら、いきなりdisってたから違うっぽいな。ちなみに、このレビューについては、金村氏本人がブログでまさに願ったりな評価とか書いてたけど。

僕が本で伝えたかったこと|Time is money  キムのお金日記

評価は2つ星(5つ星が最高)と、辛辣なものでした。
しかし、この意見こそ、まさに僕が求めていたものです。

上の記事では書いてないが、もう一つレビューがあるな。こっちはアンリミ目当てと思われる手抜き本によくある評価だが、こっちについてはスルーするしかないかな。

Amazon.co.jp: 8年間で2800万円貯めた、僕の方法の Kさんのレビュー

ネットで書いてあることばかり。無料で読めるブログと同じ内容だから、買う必要なし。

まあ、一応フォローしとくと、この本に興味がある人はそれなりに収入があると思われるので。無料ブログから電書の内容をサルベージするより、350円払った方が時給換算すれば得になるんじゃね。ただ、金村氏は本とか買うなんてバカ、図書館で読めとかの節約指南を主張してた気がするので、自分で言っちゃうと矛盾が生じるから言えないだろうけど。

平凡なサラリーマンが3700万円の資産を築いた27の方法とその解説

で、今度は2冊目なんだが。現時点ではまだレビューはないみたいだが、Kindle Unlimited対象だしブログの記事で書く前は無料キャンペーンで0円にしてたみたいだから、いずれ書く人が出るんじゃね。

書籍第2段『平凡なサラリーマンが3700万円の資産を築いた27の方法とその解説』を出版!

平凡なサラリーマンが3700万円の資産を築いた27の方法とその解説

ブログによると、1冊目は100冊ぐらい売れたみたいだから、そっちも無料商法使った可能性はあるな。そうでなく、アンリミ含めない数字での売上なら、素直にすごいと思うが。

【お金勉強ドットコム】
ファイナンシャルプランナー、元証券マンなどが中心となって運営されている、お金に関する情報を配信しているサイト。 オンライン講座配信サイトのラーニングス(http://learnings.jp/)で、お金のリテラシーを向上させる講座も展開している。

上記サイトで会員登録(有料)をすれば、僕の本の解説動画も見られます。
ご興味もある方は、ぜひご覧ください。

ちなみに今回の本がそこそこ売れた場合は、リアル本の出版も検討してもらえるみたいです。
とりあえず、前回の2倍200冊が目標です。

1冊目が金村氏単独の著書だったのに対して、2冊目は「お金勉強ドットコム」との共著になってるせいか、お勉強ドットコムについての説明がしてあるが。このサイト、ググればググるほど、私気になります。

お金勉強ドットコム

商品説明には「お金勉強ドットコム」の他に、「ラーニングス」というサイトの名前も出てるが。実はこの二つ、金村氏の本を出版してる「ファストブック」運営が同じなんだよね。一応、「ファイナンシャルプランナー、元証券マンなどが中心となって運営されている」みたいだが、なんかなんか代表の梶田洋平氏が個人でやってそうな雰囲気っぽいんだけど。

特定商取引|Fastbook

代表者

特定商取引法に基づく表記 | Learnings

代表者の名前や運営者や所在地でググってみると、なんかわらわら関連サービスが見つかったんだが。この人手広げすぎじゃね。

タノスクドットコムのeラーニング×セミナー – タノスクドットコム【月々定額のeラーニングサイト】

株勉強.com/お金勉強.com/ブログで月収10万円.com/通勤英語.com/貯金と副業ブログ塾.com/不動産勉強.com/おうちピラティス.com/fastbook.jp(ファストブック)

なんか一つだけピラティスって、この中では場違いに思えるサービスもあるんだけど。

おうちピラティス.com

どうでもいいけど、インストラクターの鳥海真央先生って美人だな。ちなみに、名前でググると公式サイトとかブログとかインスタも見つかったが。インスタの写真は個人的には健康的な肉体美の健全だと思うが、中には男子の劣情を煽ると考える思春期全開の人もいるかもしれないのでリンクはやめておくが。

それはともかく、公式サイトのプロフィール見る限り、レッスン先におうちピラティス.comの名前が見つからない気がするんだけど。

鳥海 真央 (mao toriumi) プロフィール

過去〜現在のレッスン指導先 ※敬称省略

•Google Japan
•スペイン国営 セルバンテス文化センター
•株式会社IDEO TOKYO
•株式会社エムティーアイ
•株式会社マアザス さくらハイツ西五反田(自立型高齢者住宅)
•加茂歯科医院
•高円寺 小杉湯
•NAスポーツクラブA-1
•スポーツクラブNAS

まあ、おうちピラティス.comは出張レッスンじゃなく、DVDで見て一人でシコシコ練習する形式だから別物なんだろうが。ちなみに、DVDだけならAmazonでも買えるのか

【Amazon.co.jp限定】腰痛すっきり! かんたんピラティス ~おうちピラティスVol.1~ [DVD]

新品価格
¥2,000から
(2017/8/6 10:05時点)

商品説明によると「オンデマンド(DVD-R)で製造されています」ってなってるんだが、本だけじゃなくDVDもオンデマンドかよ。

株勉強.com

余談だが、梶田氏関連のサイトに株勉強.comというのがあるんだが。なんか、ここのサービスとかを実際に登録して検証したサイトも見つかったんだが。

株勉強.com(株勉強ドットコム)の評判,口コミ,情報,無料,詐欺

真偽のほどは定かではないが、少なくともファストブックの所在地がワンルームマンションってのはあってるっぽいな。

今回の感想

そんな訳で、金村氏の著書とは関係のない話の方が予想以上に興味深く長々と書いてしまった。ぶっちゃけ、本の内容より金村氏の方から企画を持ち込んだのか、梶田氏からスカウトされたかとか、どういう経緯で本を出版したかの方が気になってしまうな。

それは置いといて。個人的な金村氏の評価は、ブログ読んだ限りでは文章こなれてると思った。ただ、自己啓発本みたいな主張は薄っぺらくてオレの心には響かないって感じだが。出会い系サイトみたいなとこでナンパしてた時の小説風の記事は、面白かったと思った。資産形成については立場が違いすぎて参考にならないが、節約系はまれに役に立つこともあるかもしれない。

ブログ全体的な印象だと、炎上商法が鼻につくかな。元貧BP氏みたいにアンチを引き込みかねんリスクはあるが、金村氏の場合親が金持ちで本来ならこんなせこいことしなくても余裕で暮らせる勝ち組だから、まあ問題ないんだろうけど。収入・資産額・相続資産を考えると、外こもりと女以外はcub氏の上位互換みたいな感じか。

本については、2冊目は無料でもらってるから機会があったら読むかもしれないけど、優先順位的には低いかな。1冊目は、アンリミならKindleオーナーズライブラリーでも読めると思うけど、月一の枠使ってまで読む気にはなれないかな。

以下余談。

貧BP

在りし日の貧BP氏が金村氏のブログを取り上げた時、自分と比べて有能だと評してたと思うが。

バカでは月数万円は稼げません!

元貧BP氏の大学より数段落ちる私からすると、学歴的には元貧BP氏がミジンコだと私はゾウリムシになってしまうな。

内閣改造

なんか、内閣改造後に行われた毎日新聞の世論調査で、安倍内閣の支持率が上昇してるらしいんだけど。他の新聞各社も、結果は軒並みそんな感じみたいだが。

<世論調査>改造内閣支持率35% 不支持率は47%

この手の調査ってランダムな電話番号にかけて、アンケートするみたいだけど。流石に暇なのか心が広い人が多いのか、この程度で支持率上がるなんてちょろイン顔負けだな。

まあ、今回の内閣改造は前回までと違って、稀勢の里も日本人じゃなきゃ横綱になれなかったみたいな女性枠がなさそうな点は評価できるけど(相撲素人の意見です)

女性閣僚はたった2人。この数字はある意味正しいが、絶望的・・・

逆差別

余談だが、女性枠で女性優遇しても、自称フェミニストは当然何も言わないだろうな。これが逆なら、鬼の首を取ったようにキレまくるんだろうけど。だからって、男も大臣になるために性別詐称(切出翔か)はしないだろうけど。

僕は「黒人」に変装して医学部に合格した――アファーマティブ・アクションは「差別」なのか?

個人的には、ガラスの天井破りは賛成するが、だからといって能力もない者を起用するのは愚かな選択だよな。まあ、結果平等にするのが目的ならそれでいいのかもしれんが、そうでないなら根治的な解決策が必要だよな。

今回の感想

そんな訳で、政治も経済もライバル不在の一人勝ち状態ってのは百害あって一利なしだな。

斉藤由貴不倫疑惑

なんか、女優の斉藤由貴氏の不倫疑惑文春砲で暴かれたみたいだが。個人的には、ブラック・エンジェルズ1話に出てきた刑事の改変画像でも張っときたくなるぐらいで驚きはないが。仮に不倫が本当だとしても、これって宗教上の罪にはなっても法律的には問題ないからな。まあ、一昔前なら姦通罪で有罪になったんだろうが。

斉藤由貴“ダブル不倫疑惑”魔性再び 女優生命ピンチに

ただ、過去2回と違って、今回は結婚して子供もいるんだよな。ググったら、去年の段階でこれだと今現在、長女は大学受験で長男は中2まっさかりで次女も中学生。幸か不幸か、全員報道の意味が理解できそうだな。

斉藤由貴ショック 中学1年の長男から「キショッ」

まあ、ここまでひどくないにしろ、自分が親ならこういう気持ちになるかもしれんな。自身が、敬虔なモルモン教徒で売ってて子供にも信仰があるなら。

「奴は知りすぎた」女装オムツでうんこ食べる写真見られ父親が息子殺害

なんか、記者会見では夫にも詳しい説明してないとか言ってたけど。仕事絡みの事情を匂わせる非論理的であいまいな釈明に終始した気がする記者会見と違って、家族会議ではどんな発言をするのか、私気になります。

今回の感想

今回の件でググってたら、斉藤由貴氏の夫小井延安氏の職業が日本のモルモン教の最高幹部ってのがいくつも引っかかったんだが。どうでもいいけど、これを確認できるソースが見つからないんだよな。

そんな訳で3度目の不倫騒動となるともう、「ただの不倫には興味ありません! 夫と子供捨てて尾崎豊の息子と再婚したら記者会見しなさい、以上」ぐらいの印象だな。それに、女優は人生経験すべてが芸の肥やしになるみたいなことを、月影先生もおっしゃってたし。

ただ、個人的には斉藤由貴氏には、宮沢りえ氏や高岡早紀氏みたいに、全盛期ならもっと活躍して欲しかったとは思うけど。現時点なら、鈴木早智子氏や小沢なつき氏みたいに活躍されてもなあ。

ぶっちゃけ、50過ぎよりアイドル時代にこういう服着てくれよ。

ガクエン情報部H.I.P.

なんか、「ガクエン情報部H.I.P.」の1巻がAmazon Kindleで無料になってたんだが。

ガクエン情報部H.I.P. 1

タイトル見て思い出したが、昔ジャンプで連載されてたな。で、今回の1巻無料で読んで思い出したが、今見返すとそこそこサービスシーンがちりばめられてたんだが。まあ、コマ的に小さいからイメージ的には、ワンダーモモとか妖怪道中記のエロ程度だろうが。

それはともかく、H.I.P.が連載してた頃のジャンプを紹介するページがあったんだが。ドラゴンボールやジョジョより早い時期だったのか。あまりヒロインの微エロの印象がなかったのは、ウイングマンと気まぐれオレンジロードに、シェイプアップ乱まであったからかな。

【ジャンプ黄金期】1984年『第50号』11月26日号

どうでもいいけど、この時代にまだスーパーカセットビジョンが絶滅してなかったのは驚き。

富沢順

作者の富沢順先生については意識したことなかったが、今でも活躍されてるようだし、「企業戦士YAMAZAKI」とか「あまくちナイト」みたいに、実写化された作品もあるから結構人気なんだな。

企業戦士YAMAZAKI 1

あまくちナイト [DVD]

新品価格
¥3,660から
(2017/8/3 20:16時点)

今回の感想

そんな訳で、ジャンプコミックなのに使えない期間限定無料じゃなく普通に無料っぽいのでありがたくいただいといたが。多分、出版が集英社じゃなくコアミックスだからなんだろうな。とりあえず、無料のうちにもらっとけ。

それにしてもこのマンガのヒロイン、ニーソとかガーターベルトっぽいストッキングとか、当時の少年マンガだと珍しいファッションな気がする。加えて、なんか足癖が悪いのか、あらためて見ると一部の男子の劣情を煽りそうな気がするな。

そう考えると、後の作風についても理解できるかな。

以下余談。

森高千里

ちなみに、ガクエン情報部H.I.P.にも実写版があったのを最近知ったんだが。どう見ても、これ絶対ミスキャストだろうと思う。

森高千里氏もこういった下積み時代があったからこそ、今の地位があるんだと思うと感慨深くなります。