iiyama

最近、PC用のディスプレイを新調した。買ったのはiiyamaのProLite X2380HS-W2

20140609a

実は、2年ぐらい前にEIZOのCRTモニタが壊れたので、8年以上前にPCとセットで買った17インチのワイドじゃない液晶モニタを引っ張り出して使い続けてきたんだけど。そんな状況でも新しいモニタを買わなかったのは、やっぱり次に買うのもEIZOだろと思いながらも、高いから躊躇してたんだよね。個人的に購入候補にしていた、FORIS FS2333-Aあたりだと4万ぐらいするから、iiyamaより倍以上かかるんだよな。もっとも、モニタはPCよりも長期間使うんだから。それを考えれば多少の価格差より、サポートとかを重視すべきなんだが。

それなのにiiyamaのモニタを選んだのには訳がある。たまたまAmazonで、タイムセールで安くなってたというのもあったが。最大の理由は、水平周波数25kHzに対応してるから。

ProLite X2380HS-W2 | X2380HS-W2 | 23型 | モニター・液晶ディスプレイの iiyama

ProLite X2380HS-W2

ProLite X2380HS-W2の詳しいスペックは、上記リンクから参照してもらうとして。おおまかな特徴を抜き出すと、こんなところか。

ノングレアパネル

世の中、見栄えのよさでグレアパネルが採用されてることが多いが。個人的には、電源オフにすると顔とか映ったり画面がぎらついてる感があって、目が疲れそうなので、出来れば避けたい。

好みの問題といえばそうなんだけど。

IPS液晶

最近はネコも杓子もIPSって感じだけど。この価格帯の23インチのフルHDモニタだと、TN液晶モデルもあるからな。

ちなみにバックライトはホワイトLED搭載とのことだが。普通のLEDとの差は良く分からない。前使ってた液晶ディスプレイはTFT+蛍光管だろうから、比較にならないし。LEDバックライトで常用してるのは、Kindle Fire HD 8.9ぐらいだけど。タブレットとモニタじゃ、やっぱり比較対象にはならないだろうし。

DVI-D/HDMI/D-SUBの入力3系統で各接続用のケーブルが付属

安いモニタだと、入力が2系統だったり。アナログのD-SUB15ピンが省かれたりしてるが。これはDVI-D/HDMI/D-SUBの3系統が付いてる上に、各接続に対応したケーブル3本も付属している。

それなので、HDMIで繋ごうとしたら、ケーブルが付属してなくて買い足さなきゃならない悲劇とかも起きない。付属品の有無は結構盲点なので。モニタ以外でも、商品購入の際には注意して見た方がいい。

また、オーディオケーブルも付いてくるけど。本体内蔵スピーカーの音質は2W×2のおまけ程度なので、ないよりマシってとこかな。それ考えると、あのスペースであれだけの音質が出せる。Kindle Fire HD 8.9のスピーカーってまじパネェ。

MADE IN CHINAだけど日本のメーカー

製造は中国製だけど、iiyama自体は日本の会社。iiyamaと言えばDOS/V黎明期あたりには、すでにPC用モニタを作ってた歴史あるメーカーだったと記憶してる。当時の飯山電機のモニタイメージといえば、安売りって印象が強いかな。

今はマウスコンピューターの子会社になってるんだな。

保証期間が一応3年(液晶パネル・バックライトは1年)

メーカー保証が3年間ついてるけど。液晶パネルとバックライトは1年間のみ。これは、それほどいいサポートではないかな。バックライトは消耗品だから仕方ないとして。液晶パネルもその扱いとはねえ。

ざっと調べたら、パネル・バックライトで5年保証付けてるのはEIZO(使用時間30,000時間以内)ぐらいかと思ってたら、PHILIPSにもあった。ちょっと意外。他には、3年間だけどLGも例外なし。iiyamaと同じパネル・バックライトが1年限定なのは、Benqとacer。

安い

おそらく、スペック的には底値付近と思われる実売価格。現時点だとAmazonでは18,505円で売られている。23インチ以下の製品や、入力2系統とかIPS液晶以外なら、これより安いのも当然あるけどね。

アナログ走査周波数 水平25kHzに対応

前項でちょっと書いたけど。水平周波数25kHzというのは、技術的な説明はおいとくというか、分からんが。NECのPC-9801シリーズが対応していた周波数なので。スペック的には、古い98をこれに繋げることが可能なはず。商品紹介ページでも、ちゃんと「PC9801」と書いてあるしね。「Macintosh」ってのは、当然Old Macのことだろうが、こっちにも対応してるのか。

20140609b

なお、X2380HS-W2は対応してるけど、その他のiiyamaのディスプレイも25kHzに対応してるとは限らないので。25kHz目的で他のモニタにするなら、スペックはちゃんと確認しておく事。

今回の感想

とりあえず設置して使ってみたけど。流石に17インチの4:3液晶からすると、隔世の感があるな。もっと早く買っても良かったな。

水平周波数25kHzがうんぬんと、散々書いといて言うのもなんだが。PC-9801とは繋げてません。実機は10年以上も放置して、すぐに使える状態じゃないからな。もっとも、今更電源入れて何をするわけでもないし。だったら、25kHz対応なんてどうでもいい気がしないでもないが。まあ、いざという時に98と接続できるという安心感はあるじゃないか。

普通の人は水平周波数25kHzとかどうでもいいだろうから。自分の要求するスペックを満たしてる中で、売れ筋で価格が安い奴を選んどけばいいんじゃね。ただ、今回買ったX2380HS-W2は、スペック的には合格だが、保証内容的にはもう少しがんばりましょうって評価だな。そういった点も重視するなら、また別の選択になったかもしれんが。

とはいえ、今時のモニタで水平25kHzに対応してる奴って、ほとんどないんだよね。正直、偶然iiyamaが対応してるのを知って、まさか未だにPC-9801対応してるモニタが発売されてるとは思わなかった、と驚愕したぐらい。なので、個人的にはiiyamaを評価するけど。

iiyama IPS方式パネル ホワイトLEDバックライト搭載 23型ワイド液晶ディスプレイ ProLite X2380HS-W2

新品価格
¥18,500から
(2014/6/9 23:31時点)

そんな訳で今回の買い物は、5年以上無事に使えたら大勝利。それまでに壊れたら負けって事かな。

関連記事

ブログランキング にほんブログ村

拍手ボタン

Leave a Reply