Archive for the ‘PCとか’ Category

Fire タブレット 8GB到着

昨日注文したFire タブレット 8GBが届いたんだけど。今回はAmazonいつものダンボールだったな。それはともかく、パッケージはFire TV STickみたいに、ビニール袋に紙の箱が入ってた。箱自体はKindle Fire HD 8.9と比べるとチープだな。

firetablet8GB002 firetablet8GB003

中身は本体と、取説・ACアダプタ・USBケーブル。USBケーブルは60cmぐらいと、短めで使いにくいか。個体差かもしれんが、ケーブルコネクタがきつめなのか、着脱にかなりの抵抗があるのが気になる。

firetablet8GB004 firetablet8GB005

ACアダプタはFire TV Stickのよりスリムだな。これなら横に2つ並べられそう。Fire TV Stickのもこれにして欲しかったか。

firetablet8GB006

向かって右がFireタブレット、左がFire TV Stickのアダプタ。Fireタブレットの表面がテカってるのは、保護フィルムみたいのを外してないから。

取説はイラストのみで異常に簡素。もう一つは保証内容が多国語で書いてある。

firetablet8GB007 firetablet8GB008 firetablet8GB009

詳細についてはWebで見ろってスタンスかな。

Amazon.co.jp ヘルプ: Fire (第5世代)ヘルプ

本体は軽量でも薄型でもないと思うけど。普段、重量級のKindle Fire HD 8.9使ってるから、かなり軽く感じる。ただ、背面ラバーコーティングみたいなKindle Fire HD 8.9と違って、プラスチックっぽい素材のFireタブレットはかなり滑りやすいと思う。一応、多少ざらついた加工はしてあるが、外での使用がメインなら滑りにくいカバーがあった方が安心だな。

firetablet8GB010 firetablet8GB011

ボタンはプラスチックで、いかにも安物って感じ。microSDのスロットカバーが耐久性なさそうなのは仕方ないか。できるだけ大容量のメディアを用意して、抜き差しを最低限に抑えたほうがいいだろう。まあ、この値段でカバーあるだけマシって考えたほうがいいかな。

電源入れてみた

そんな訳で、充電しながら電源入れてセットアップ。言語設定して、モバイルルータのパスワードとか無線LANの設定すれば、Amazonのアカウントとひも付けされてたみたいですぐ完了した。この時点での内部ストレージの空き容量は4.51GB。ちなみに、8GBのうち使えるのは5.63GBみたい。

firetablet8GB012

プライム・ビデオ

とりあえずプライム・ビデオで、ストリーミングじゃなくダウンロードして動画を見ることにした。今回試したのは「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 」の吹き替え版。1時間48分のSD画質でファイルサイズは593MB。

firetablet8GB013

例によって動画中のキャプチャは画面真っ黒になるので画像は出せないが、ローレゾ液晶にもかかわらず画質の劣化はあまり感じられなかった。SD画質なら解像度は720×480でアスペクト変更してるんだと思うけど、だとすれば液晶に合わせて引き伸ばしてるから通常ならぼやぼやになるはずだが。7インチ液晶という小ささが幸いして、気にならないんだろうな。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (吹替版)

新品価格
¥300から
(2015/11/26 20:44時点)

Prime Music

続いてPrime Music。これも普通に使えた。一旦音楽再生した後に電源ボタン押せば、画面が消えたまま再生したり、他のタスクに切り替えてバックグランドで流せたり出来るので、音楽プレイヤーとしての最低限の機能はあるな。ゲームとかアプリで音楽流す奴と一緒でも再生されるから、パズドラやりながらPrime Music聞くこともできるぞ。需要があるかはともかく。

音質も、思ってたほど悪くはない。ドルビーもないモノラルスピーカーだけどまあまあ聞けた。それにしても、楽天レンタルでまだ借りてない堀江由衣の「ワールドエンドの庭」がPrime Music対象になってるとは。あっちだと準新作扱いなんだぜ。これでレンタルしなくて済んだな。

ワールドエンドの庭

新品価格
¥2,500から
(2015/11/26 20:44時点)

microSD入れてみた

今回microSDカードは注文してなかったけど、動作確認のため手持ちの2GBのをとりあえず入れてみたが。低速だから「性能に支障をきたす可能性があります」とか警告されたよ。

firetablet8GB014

流石に、本体内蔵メモリ未満のmicroSDカードを使うつもりはないんだが。それなんで、外部ストレージ追加するのは内部が足りなくなってからでいいかな。Amazonプライム会員なら、トランセンドとかのメディアなら当日お急ぎ便対応だしな。

動作的には、FireタブレットからはES ファイルエクスプローラーでアクセスできるし。USBケーブルで繋げば、PCから内部ストレージ同様、microSDカードの中身も読み書きできる。特別なソフト必要なしで、PCとファイルのやり取り出来るのはAndroid系のメリットだよな。というか、iTunes必須のiOS系がうざいだけか。

Fire タブレット 8GB現時点での感想

とりあえずファーストインプレッションは、意外にサクサク動いてローレゾだけど画面はきれい。液晶は流石にIPSだけあって、この値段とは思えない。個人的にはノングレアの方が好みだけど。ただ、画面の明るさ、最低にしても結構明るい。省電力的にはこの辺はマイナスかな。

バッテリーの持ちに関しては、まだ使い始めだからなんとも言えんが。600MB弱のファイルをダウンロードして、1時間50分の動画視聴の後で100%→80%だから、この程度の負荷なら公称7時間は余裕で持つんじゃね。

現時点だと、8980円ならどうかは分からないが、4980円ならよほど致命的な欠点でもなければ良い買い物じゃね。まあ、スマホやタブレットを1台も持ってなくて、これが初めてとかならお勧めはしないが。2台目以降のサブ機としてなら、アマゾンのサービスに魅力感じるならお勧めできる。当然、プライム会員登録は必須だけどね。

Fire タブレット 8GB、ブラック

新品価格
¥8,980から
(2015/11/26 20:45時点)

Fir TV Stickで実用ソフト

最近テレビCMでもAmazonのスティック型動画プレイヤー、Fire TV StickのCMを見かけるが。現時点では在庫ありになってるし、ようやく品薄状態も解消したのかな。この時期にCMで「4980円」って大々的に宣伝してるってことは、クリスマスセールでも値引きしないつもりか。するにしても、予約ん時みたいにプライム会員限定かねえ。まあFire TV Stickの購入を検定してる人で、プライム会員になるつもりがまったくなく当分値引きもないと考えるなら、即納可能な時に買ったほうがいいかもね。

Fire TV Stick

新品価格
¥4,980から
(2015/11/9 20:58時点)

それはさておき、発売日に届いて動画プレイヤー以外にも使えないか試しているが。今回はPC代わりにオフィスとかの実用ソフトが使えないか検証してみたんだが。

Excel

firetvstick3006

まずは表計算ソフトの代表格のExcelから。Amazonのアプリストアにはないので、Google PlayからAPKを持ってきてインストールした。

Fire TV Stickへの野良アプリインストールについては↓
Amazon Fire TV StickにAdobe Flash Playerとドルフィンブラウザ入れて非対応アプリのフラッシュ動画再生するよ -ES File Explorer等のアプリ・APKファイル・Bluetoothマウスは必須-

インストール後、起動すると「このアプリは、1GB以上のメモリを搭載するデバイスで最も適切に動作します」という注意が出てきた。

firetvstick3007

スペック的にはRAM 1GBあるんだけどな。気にせず「続ける」を選ぶと、今度は追加ファイルのダウンロードを促される。

firetvstick3008

ダウンロードしてみたが、「エラーが発生しました。インターネット接続を確認してください」というメッセージか、「ダウンロード中…」の表示はされるが、延々とその表示のまま進まなかった。

firetvstick3009 firetvstick3010

Googleスプレッドシート

だったら他の表計算ソフトを試すかってことで、Googleスプレッドシートをインストールした。これも、Amazonにはないので、Google Playから。

firetvstick3001

けど、今度は起動しようとすると「Googleアカウントが見つからないためアプリを終了します」という表示が出て、強制終了された。

firetvstick3002

Google謹製アプリだと、Googleのアカウントに紐付けられない端末は使えないのかもしれんな。

Jota Text Editor

仕方ないので表計算ソフトは諦めて、Fire TV Stickで文章作成が出来るかを試してみる。今度はJota Text Editorというエディタをインストールしてみた。これもAmazonにはないのでG(以下略

firetvstick3003 firetvstick3004

これは問題なく起動して、アプリ自体には瑕疵はなかったんだが、実用に耐え難い問題が発生した。というのも、Bluetoothキーボードを繋いで日本語入力しようとすると、デフォルトのAmazonの日本語入力のソフトウェアキーボードが強制的に表示されて、かなり使いにくいんだよね。英語ならダイレクトに入力できるんだけど。

firetvstick3005

ちなみに、Kindle Fire HD 8.9にJota Text Editorを入れてBluetootheキーボードで入力すると、下画像のようにソフトウェアキーボードが引っ込んで入力できるんだよな。

firetvstick3011 firetvstick3012

それを考えると、Fire TVシリーズのFire OSは外付けキーボードの使用をまったく想定してない設計なんじゃね。そう言えば、設定に日本語入力やキーボードについての項目は見つからなかったな。

今回使用したBluetoothキーボードは↓
エレコムのスライド開閉式Bluetoothキーボード TK-FBP049EBK英語レイアウト(UK)を使ってみるよ -iPod touch, Kindle Fire HD, Windows動作確認-

今回の結論

Fire TV Stickでのファイル作成や編集は、現状だと向いてないと思うけど。もしかして、ビューワーとしてなら使えるかもしれん。マイクロソフトとグーグルのオフィス関連アプリが動かなかったから、他社製オフィスが動作するという条件だが。ただ、家庭用テレビに繋ぐ前提のFire TVシリーズでそういう使い方したいとは思えんな。ちょっとXLSとかDOCとかPDFを見てみたいけど、PC立ち上げるまでもないって時とかあるかもしれんけど、そういった用途だとタブレットの方が適切だよな。

そんな訳で、残念ながら日本語での文章入力が必要な作業については、Fire TV StickをPC代わりにするのはかなり厳しいと思う。せめて、外付けキーボード接続時の動作が、Kindle Fire HD 8.9とかのタブレットと同じ挙動ならねえ。

続報については↓
Amazon Fire Stick使ってみた

艦これ

先日、Amazon Fire Stick TVにドルフィンブラウザとAdobe Flash Playerをインストールして、動画サイトでフラシュッを利用した動画再生が出来ることを確認したんだが。フラッシュを使いたい二大需要の一つはクリアしたので、今度はもう一つを試すことにした。ぶっちゃけ、艦これだけどね。

過去の経緯は↓
Fire TV StickをAmazonの策略にはまって買っちまったよ -プライム会員なら3000円割引で1980円だからな-
Amazon Fire TV Stickが発売日に届いたんでレビューするよ
Amazon Fire TV StickにAdobe Flash Playerとドルフィンブラウザ入れて非対応アプリのフラッシュ動画再生するよ -ES File Explorer等のアプリ・APKファイル・Bluetoothマウスは必須-

Fire TV Stickで艦これ

Fire TV Stickでのテキスト入力は、Bluetoothキーボードを使っても面倒なので、事前に艦これの登録はPCからしといた。一応、PCでの動作を体験してみてから、Fire TV Stickのドルフィンブラウザで艦これしてみたが、とりあえず起動は可能だった。

20151031a

ただ、メニュー画面での操作やプレイはかなりもっさり。個人的には、動作確認としてなら耐えられないほどの重さじゃないけど。やりこんでるプレイヤーなら、わざわざFire TV Stickでプレイする価値無しと判断するだろう。カジュアルユーザーでもこれだけ重ければ、あえてFire TV Stickでプレイしようとは思わないんじゃね。まあ、本来の使い方とはかけ離れてるからしょうがないが。

20151031b 20151031c 20151031d

Fire TV StickのCPUは、Broadcom Capri 28155らしいが。これがどのぐらいのスペックかは分からんが、デュアルコアなんだから世代的にはかなり前だよな。クアッドコア搭載のAmazon Fire TVなら、型番は不明だがMediaTekの石採用してる。クロックが「デュアルコア 最大 2.0 GHz + デュアルコア 最大1.6 GHz」でRAMは2GB積んでるから、数字だけ見るとFire HDタブレットより上なんだよな。

Amazon Fire TV

新品価格
¥12,980から
(2015/10/31 17:26時点)

通常のAndroidアプリなら、下手するとFire HDタブレットよりFire TVの方が快適かもね。とはいえ、Fire TV Stickでも、「“雷撃戦”開始~戦闘終了」だと、下記記事動画の3機種より上だった。と言っても、相手は2013年のタブレットだけどね。

新型Nexus7で『艦これ』はどれくらい遊べるか?実機で探る“実力”

今回のまとめ

Fire TV Stickは、スマホあるけどPCない人が艦これプレイするのに、もしかして一番安い選択肢になるのかな。まあ、HDMI入力対応のテレビかモニタは必要になるけど、本体とBluetoothマウス合わせて、キャンペーン価格でなくても7000円以下だからな。それとも、この価格帯の中華パッドとか、Fire タブレットやFire HD6の方が、パフォーマンスいいんだろうか。

個人的にはPCあるから、あえてFire TV Stickを使う必要性は感じないが。フラッシュがこのぐらい動作するなら、リビングで動画再生&お気楽Web閲覧端末になるってのは便利かもね。惜しむらくは、Webブラウザでの使用を前提としてないOSとリモコンかな。いっそAmazonもFire TVシリーズにも、Fire OS標準ブラウザのSilkとKindled電子書籍リーダー入れとけばいいのに。それなら、リモコンにもポインティングデバイスデフォで付けとけば、リビングのテレビに繋いだFire TVシリーズが捗ったかもしれない。

普段PC使ってる身からすると、別に家庭用テレビでWebとか見ないとは思うけどさ。最近、PC持ってない若者も増えたって言うしね。素人考えだと、e-inkのKindle Papwewhiteや、FireタブレットシリーズとFire TVシリーズって、使用用途が違うから複数持ちでも競合しないと思うんだけど。それとも、何らかの儲からない理由でもあるんだろうか。

Fire TV Stick

新品価格
¥4,980から
(2015/10/31 17:27時点)

続報については↓
Amazon Fire Stick使ってみた

Fire TV Stickでフラッシュ再生できる?

こないだ買ったAmazon Fire TV Stickなんだけど。実は到着日にAndroid用のドルフィンブラウザAdobe Flash Playerをインストールしてたんだが。ただ、ドルフィンの起動はできたけど、Fire TV Stick付属のリモコンやBluetoothキーボードでは設定の変更ができないので中断してた。そこで、Bluetoothマウス注文して今日それが届いたんで、Fire TV Stickで動画再生にフラッシュ要求するサイトの動画が見れるか検証するよ。

Fire TV Stick

新品価格
¥4,980から
(2015/10/30 20:09時点)

Fire TV StickにAPKインストールする方法

まずは、Fire TV StickにAPKファイルからアプリをインストールする方法について。とりあえずAmazonのAndroidアプリストアから、Fire TV Stickに対応してる、ES File Explorerをインストールする。

ES File Explorer

新品価格
¥0から
(2015/10/30 20:09時点)

続いて、ES File Explorerが対応してるNASにつなぐか、FTPサーバー立ち上げるか、オンラインストレージサービスを利用するなどして、ES File ExplorerアプリからAPKファイルをインストールする。ちなみに私はOneDriveを使った。

余談だが、家で使ってるモバイルルーターのGP02には、ルーターに挿入したmicroSDファイルをNASとして利用できる機能があるんだけど。これにアクセスするにはブラウザが必須になんだよね。通常のAndroid端末なら、ブラウザが当たり前のようにインストールされてるけど。Fire TV Stickの場合、デフォルトでブラウザなしだから入れたい訳で、鶏が先か卵が先かって話になるので、前述した通りOneDrive経由する羽目になった。

ドルフィンブラウザとAdobe Flash Player

閑話休題。続いてドルフィンブラウザFlash Playerの導入。ドルフィンのAPKファイルについては、実機から吸い出すかapk downloaderなどのツールを使って入手してください。APKファイルからのインストールには、不明なソースからのアプリインストールを許可する必要があります。

Flash Playerは、ドルフィンブラウザのアプリ説明に入手方法先のリンクがあるのでそこから。ちなみに、Fire TV StickのOSはAndroid 5.1相当みたいなんだけど、ダウンロードするファイルは「Flashコンテンツを再生する方法 [Android 4.1, 4.2, 4.3]」のリンク先にある、11.1.115.81でも現時点だと動作可能だった。

|Android| Flash プラグイン利用ガイド

Fire Tv StickにSculpt Touch Mouseをペアリング

ドルフィンブラウザとフラッシュをインストールしたら、ブラウザをマウスで操作するためにBluetoothマウスをペアリングする。今回使用したのは、マイクロソフトSculpt Touch Mouse 6PL-00007。青歯だから当然無線のワイヤレスマウスで、電源は単三電池が2本必要でちょっと重い。センサーにはブルートラックを採用してる。

マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth ブルートラック マウス Sculpt Touch Mouse 6PL-00007

新品価格
¥1,873から
(2015/10/30 20:16時点)

ペアリングは、設定からBluetoothを追加を選んでマウスの電源を入れとけば、特に苦労なく自動で認識した。

firetvstick2005 firetvstick2006

ただ、Fire TV Stick標準のランチャーだと、マウスポインタが表示されず動作してるのかどうか分からない。それなんで、マウスつなげてもリモコンが必須になるという。

Fire TV Stickのフラッシュ再生

標準ランチャーでのマウス操作は不可だが、ES File Explorerとドルフィンブラウザは、アプリを起動すればマウスポインタが表示されて動作可能。早速、ドルフィンブラウザの設定で「Flashプレイヤー」をデフォの「オンデマンド」から「常にオン」に設定。これでFC2動画で試したところ、動画再生は出来たが広告邪魔すぎ。ただ、この状態だとAdobeのページでフラッシュのバージョン確認しようとしたら、フラッシュが動作しなかった。

firetvstick2007 firetvstick2008 firetvstick2009

設定を確認したら、設定に「一般」と「高度」があって、高度だとユーザーエージェントが変えられるのに気づいた。UAを「Android」から「デスクトップ」に変更したら、FC2動画の画面を半分近く埋め尽くす鬼畜な広告も消えて、Adobe公式ページでフラッシュも動作してバージョン確認できたよ。11.1.115.81と古すぎるけど、これはAndroidがFlashサポート中止してからだいぶ経ってるから仕方ない。

firetvstick2016

UA変更後のFC2動画の動画再生はこんな感じ。全画面表示もできるんだけど、これやると全画面から戻した時に画面の表示がおかしくなるので、あまり実用的ではないかな。画面を元に戻すには、ホームボタン押して一旦ホームに戻ってアプリ起動し直すのが手っ取り早い。

firetvstick2014 firetvstick2015

続いて、ニコニコビューアによるニコニコ動画の動画再生。ニコニコならFire TV Stickにも対応アプリあるけど、あそこってログインしないと動画見れなくてうざいじゃん。それなので、意味は無いけどフラッシュ使用時の動画再生確認の為に見てみたが。一応、動画は再生されるんだけど、ニコニコのサーバが弱いのか、ニコニコビューアのサイトのせいかは知らんが、動画ががカクカクして途中で読み込みが止まったりした。まあ、イーモバ3Gの回線の可能性もあるが。

firetvstick2017 firetvstick2018

Fire TV Stick + ドルフィンブラウザの情報

最後に確認くんとかによる、Fire TV Stickの情報について。OSはAndroid 5.1で認識されてる。別サイトで解像度を見てみたところ、1920×1080(32bit)とほぼモニタのスペック上限になってた。これなら操作性はともかくとして、下手なタブレットよりもブラウザ閲覧には向いてるんじゃね。

firetvstick2011 firetvstick2012 firetvstick2013

今回の感想

なんか、思ってたより普通にWebブラウザが動作したんで拍子ぬけた。まだ使い込んでないので、使用感についてはあまり突っ込んだことを書けないが。今のところ気づいた点は、マウスだけだと操作が厳しいので、URL入力用のキーボードと、いざという時のためにリモコンは手放せないとこ。キー入力は、マウスで文字クリックしても効かなかったので対応してないと思われる。

キーボードはFire TV Stickのリモコン入力に慣れれば済む話だが、HDDレコーダーとかのリモコン並に入力しづらいからな。リビングのテレビに繋いで頻繁に利用するつもりなら、Bluetoothのただのキーボードじゃなく、マウス代わりに使えるポインティングデバイスを搭載したキーボード買ったほうがいいかも。

本格的にブラウザ閲覧に使うなら、ドルフィンブラウザをカスタマイズしてマウスジェスチャーの設定したり、PCとブックマーク同期する価値はありそうだな。Androidのブラウザは他にもあるけど、フラッシュ対応を謳ってるドルフィンブラウザが現時点ではベストか。

個人的には、Chromeが対応してればそれに越したことはないんだが。ただ、ChromeのAndroid版って、拡張機能もアプリも対応してないんだよな。逆に言えば、AndroidやFire TV StickでPCのChrome並の機能が実用レベルで動作するなら、ぶっちゃけChromebookの存在価値がなくなるかもしれんからな。それ考えるとAndroidのChromeは、将来的にアプリとかに対応する可能性はなさそうだな。

そんな訳で、まだPC代わりに使えるかどうかは判断できないが。Fire TV Stickには、期待できるポテンシャルを秘めていそう。Fire タブレット特売4980円ならともかく、下手なタブレット買うより、画面広々と使えるFire TV Stick買ったほうが色々遊べそうだな。

購入時と開封時の記事は↓
Fire TV StickをAmazonの策略にはまって買っちまったよ -プライム会員なら3000円割引で1980円だからな-
Amazon Fire TV Stickが発売日に届いたんでレビューするよ

おまけ マウスの話

今回のタイトルとは関係ないが、マウスについての補足。諸般の事情で、以前ブログ記事に書いたセンサーが赤外線(赤い光のやつ)のマウスから、結構前にブルートラックのに乗り換えたんだけど。今赤外線の使ってるんなら、とっととブルートラックの買って、赤いのは窓から捨てたほうがいい。一度青いのに慣れると、二度と赤いのには戻れなくなるほど違うから。いやまじで。

firetvstick2020

今使ってるマウスは向かって右から、今回買ったBluetoothの6PL-00007・古いPC用の62Z-00009・今使ってるブルートラックのGMF-00298。参考までに購入価格は、1873円・780円・1073円。どれも、同程度のスペックでこれらより安いモデルはあったが、マイクロソフトのブランドを考えると、多少の価格差は無視できるレベルと判断した。

マウスのレビューはある程度使い込まないと、真の使い勝手はわからないと思ってたら、書くのをすっかり忘れてたな。写真下にしいてあるマウスパッド共々、機会があったらレビューするかな。ちなみに、マウスパッドはRazerのゲーム用でかなりの値段がする。まあ、使用期限近いけど使いみち思いつかないビックカメラの株主優待券するため、リアルショップ行って勢いで買っちゃたんだけどね。

Razer Goliathus 2013 Soft Gaming Mouse Mat – Small (SPEED) マウスパッド 【正規保証品】 RZ02-01070100-R3M1

新品価格
¥1,545から
(2015/10/30 20:10時点)

マウスについての記事は↓
マイクロソフトの無線マウスが壊れた!?

続報については↓
Amazon Fire Stick使ってみた

AmazonがKonozamaじゃなかった

なんか今朝になって、「Amazon.co.jp 「Fire TV Stick」の発送」ってタイトルのメールが届いたんだが。ああ、予定が早まって発売日発送になったのかと思ったら、今日到着した。1980円や980円だからとりあえず注文したけど、後になって使い道ないと気づいた人がキャンセルして繰り上がったんだろうか。

firetvstick001

そんな訳で予定外だが、開封して動作確認してみる。

Fire TV Stick開けてみた

まずはパッケージの開封から。外箱はビニール袋に包まれている他、紙の箱にも封印シールが貼ってある。封印を剥がして中身をスライドさせると、見た感じちょっと高級っぽい内箱が出てきた。

firetvstick002 firetvstick003 firetvstick004

箱を開けると上の段にFire TV Stick本体リモコン、下の段に取説USB電源ケーブル・アルカリの単4電池電源アダプタと、ケーブルの下にHDMI延長ケーブルが入ってる。

firetvstick005 firetvstick006 firetvstick007

続いて中身について。取説はインターナショナル仕様じゃなく、日本限定版らしく日本語しか書いてない。本体は見た目より安っぽい。特にリモコンはむちゃくちゃ軽くてオモチャっぽい。まあ、電池入れたらちょうど良くなったけど。

firetvstick008 firetvstick009

本体にはMicro-USB端子があるけど、これは電源専用なので給電にしか使えないらしい。逆に言うと、使用にはUSB経由で電源を取る必要があるので、本体はコンパクトだけど取り回しは結構うっとうしい。ケーブルの方は電源ケーブルとなってるが、見た目はKindle Fire HD 8.9付属のと同じに見えるな。

firetvstick010 firetvstick011

単4アルカリ電池はAmazonベーシックのが裸で入ってた。ちなみに、取説には「電池を新しく交換する際は、必ず新品の1.5Vアルカリ電池、または1.2V充電式ニッケル水素(NiMH)電池を使用してください」と書いてるから、エネループとかの充電池も問題なく使えるようだな。動画再生にしか使わなければ、普通のテレビ並には持つだろうからアルカリでもいいかもしれんが。ゲームとかアプリの操作でリモコン酷使する人なら、エネループの方がいいかもしれん。

firetvstick012

おそらく、テレビとの接続にFire TV Stickを直接繋ぐ人はあんまいないだろうから、HDMI延長ケーブルは必須だと思うが、これはちょっと短い気がする。事実、家のPC用モニタやテレビに繋げたところ、本体が斜めになったり宙ぶらりんになった。可動部分はないから、ケーブルや端子にストレスかからないように気を使えば問題ないとは思うが。

firetvstick013

ACアダプタはKindle Fire HD 8.9のよりはコンパクトだな。けど、同じサイズのをコンセントに横に並べてはさせないと思うので、もう少しスリムにはして欲しいかな。

firetvstick014

Fire TV Stickセットアップしてみた

続いて、Fire TV Stickをテレビ(PCモニタ使用)に繋げてみる。説明書通り、ACアダプタとUSBケーブルと本体を繋いでからHDMI延長ケーブルでテレビに接続。モニタの電源入れてHDMI表示に切り替えるとセットアップ画面が映った。

firetvstick015 firetvstick016

画面の指示に従ってリモコンで操作する。言語・Wi-Fiの設定をしてネットワークに繋がると、今度はAmazonのアカウント設定に。既存のアカウントがプライム会員なので、それで登録して完了。作業自体はたいした手間じゃないはずだが、リモコンでWi-FiとAmazonのパスワードとかを入力するのが手間だったな。初回のみの辛抱だが。

firetvstick017 firetvstick018 firetvstick019

セットアップが終了すると、チュートリアルの動画が流れる。これはいいアイデアかもしれんな。ペラペラの紙のマニュアルに金をかけるより、製品の性質上ストリーミングで動画で操作方法教えたほうが分かりやすいだろう。これを見終われば、普通の人なら最低限の使い方は分かるんじゃね。

firetvstick020 firetvstick021

ただこれって、デフォルト設定だと一度アカウント登録したら、パスワードとかなしでAmazonのコンテンツにアクセス出来るんだよな。それを考えると機能制限で商品購入に関しては、PINの設定しといたほうがいいな。

Fire TV Stickでプライム・ビデオの動画を見てみた

とりあえずプライム・ビデオの動画を見てみたら普通に見れたけど、画質が悪かった。もしかすると、モニタのHDMI入力HDCPに対応してないのかもしれない。そこで、普通のテレビに繋いで試してみたら画質が改善した。もっとも、回線状態が悪くなると、やっぱり画質が落ちるけどね。

回線状態さえ良ければ、HD動画なら小型の家庭用テレビなら地デジと遜色ないぐらいには映った。けど、大画面テレビだとどうなんだろ。

Fire TV StickでYouTube動画も見てみた

Fire TV Stickは、YouTubeとかHuluといった動画サービスへの対応も売りにしてるが。これはFire TV Stick単体の機能ではなく、各サービスのアプリをインストールしてアプリ経由で対応してる。それなんで、YouTubeのアプリをインストして試してみたが、こっちも地デジ並の画質で見れた。

YouTube

新品価格
¥0から
(2015/10/28 20:27時点)

画質はネット回線次第なんだろうが。

Fire TV Stickの気になるところ

現時点で気になるところは、本体が結構熱くなるところかな。動画視聴でストリーミング再生を行うとなると、長時間の連続運用になるし、当然ずっとネットに繋ぎっぱなしになるからな。本体がどのぐらいの負荷に耐えられるのか、気になります。

もう一つは電源の切り方。設定やホームボタン長押しからメニューは出るが、スリープはあっても電源オフにする項目がないんだよね。一応Amazonのページ見て解決はしたんだが、電源引っこ抜くしかないんか。

Fire TV Stickハードウェアの基本情報

Fire TV Stickをオフにするには、USBケーブルを端末または電源から抜きます。

一応、スリープにすれば電源オフにする必要ないと言ってるけど、アップデートとか自動受信するってことは待機電力以上の電力消費するんだろうか。

注: 使用後にFire TV Stickをオフにする必要はありません。Fire TV Stickは、省エネのために30分後にスリープモードになるように設計されています。スリープ中も、重要なソフトウェアアップデートは引き続き自動で受信されます。

使い勝手的には、リモコンにボリュームがないのはかなり不便だと思う。HDMIで接続するデバイスだと、どれもボリュームは接続元のテレビやモニタで調整するみたいだけど。おかげで、テレビのリモコンも手放せないんだよね。これが日本の家電メーカーなら、HDDレコーダーみたいにレコーダーのリモコンでもテレビの最低限の操作は出来るようにするよな。しかも、設定で主要メーカーの製品に対応できるようにもするよな。

今回の感想

とりあえずファーストインプレッションは、動画再生目当ての人なら、4980円でも使用目的がマッチしてれば悪くないように思える。例え、Amazonのプライム会員でなくても、YouTubeとか別のサービスにも対応してるし。

Fire TV Stickは動画プレイヤーというよりは、スティック型Androidデバイスの機能限定版という感じだから。色々なアプリを入れて遊べることも考えれば、1980円ならよく出来たオモチャだと思う。別売りのゲームパッドとか使えば本格的なゲームも出来るみたいだが、そういった使い方だとスペック的にちょっと不安だが、1980円なら期待はずれでも笑って済ませられるな。

Fire TV Stick

新品価格
¥4,980から
(2015/10/28 20:27時点)

けど、3000円引きとか4000円ギフト券みたいな割引なしで買うなら、もうちょっと詳しい使用レポートが上がるのを待ったほうがいいかもね。

購入時の記事は↓
Fire TV StickをAmazonの策略にはまって買っちまったよ -プライム会員なら3000円割引で1980円だからな-