Archive for the ‘PCとか’ Category

中華スマホ

なんとなく思うところがあったので、SIMフリーのスマートフォンを注文したんだが。で、届いたのがこのDOOGEE X5 MAX Proという中華スマホなんだけど。

DOOGEE X5 MAX Proスマートフォン 4G FDD-LTE 3G WCDMA MTK6737 64ビット 5.0インチ IPS HD 1280 * 720 スクリーンAndroid 6.0 2G 16G 8MP 8MPカメラ 指紋認証 ロック解除 スマートジェスチャー OTG

新品価格
¥9,900から
(2016/8/26 21:04時点)

当然、日本代理店経由の中華製造スマホと違って、Amazon.co.jpの取り扱いじゃないのでマケプレから買ったんだけど。今回買ったhommee-jpとかいう業者は、住所からしてまごうことなく中国の業者なんだが。だったらいっそ海外から個人輸入しようかとも思ったが。例えばGearBestだと、$84.39で香港から日本まで送料無料で送ってくるらしい。

DOOGEE X5 MAX Pro 4G Smartphone-84.39 Online Shopping| GearBest.com

ただ、送料無料だと15-20営業日ぐらいかかるんだよな。それに、ドメイン.comだけど中国の業者みたいだし。最悪初期不良だった場合、例え中国マケプレ業者だとしてもAmazon.co.jpの返品ポリシーが適用されるなら、差額は安心代と考えれば1万切ってプライム対象なら許容範囲じゃね。

X5 MAX Pro

で、これが中国業者のDOOGEE X5 MAX Proの梱包なんだが。これがAmazonのいつものダンボールの中に入ってた。

x5maxpro001

中を開けるとさらに本体が袋に、あとUSBの充電アダプタも写真取る前に出しちゃったけど、同じような白い袋に入ってた。

x5maxpro002

さらに開けるとこんな感じ。見た目は結構高級感があるな。袋や箱の封の仕方からすると、このマケプレ業者は中国から輸入して検品とかせず、そのままAmazon.co.jpの倉庫に横流ししてるだけだと推察する。

x5maxpro003 x5maxpro004

閑話休題。中身はプラスチック系のカバーに包まれてた。下にUSB充電アダプタ・ケーブルと取説。どうやら、付属品のアダプタは日本のと形状が違うので、おまけに日本仕様のを付けてるみたいだな。

x5maxpro005 x5maxpro006
x5maxpro007

取説は注意事項は多国語だが、説明は最低限が英語。日本語はなし。それと本体のカバーには商品説明の通り、使う前にバッテリーの絶縁テープを外せみたいな事が書いてあるな。

x5maxpro010 x5maxpro009

ようやく出てきた本体はこんな感じ。液晶がグレアなので、向かって左下にiPod touchが写り込んでる。画面には初めから保護フィルムが貼ってある。持ってみると結構な重さがある。大きさは、普段使ってるマウスと比べたがかなりの幅なので、屋外での片手操作は怖くなるレベル。

x5maxpro011 x5maxpro012

背面は、真ん中上の方に指紋センサー。右上にはカメラとライト。スピーカーは下の方にステレオっぽく配置。ボタン系は画面と向き合って右上にボリューム上下・電源と配置。USBとイヤホン端子は上面。

x5maxpro013 x5maxpro014

x5maxpro015 x5maxpro016

裏のカバーを開けるとこんな感じ。SIMスロットはMicroとNanoみたいだな。それと、MicroSDスロットが並んでる。バッテリーは、型番らしきものが「BAT16484000」

x5maxpro017 x5maxpro018

x5maxpro019 x5maxpro020

カバーの開け方は最初分からなかったのでググったら、右側面の下にスリットがあって、そこから開けるとパカっといった。詳細は下の動画参照(4分過ぎぐらい)

電源入れてみた

バッテリーの絶縁を外して電源ON。とりあえず、即効性の初期不良は回避。

x5maxpro021 x5maxpro022

WiFiの設定して、普段使ってるGoogleアカウントじゃない別のをひも付けて、動作確認用のアプリも入れてみた。具体的には、「パズドラ」「Chrome」「Google日本語入力」あたり。なお、SIMは入れないで、Wifiのみで運用する予定。

続きを書いた(2016.10.05)

驚愕の事実が判明した、続きを書いたぞ。やはり中華スマホは、簡単に素人が手を出していいもんじゃなかったか?

DOOGEE X5 MAX Proで中国・香港に通信してるアプリがあったんご -中華スマホマルウェア発覚?-

20160524d

SSD+外付けケース

最近、SSDUSB3.0対応の外付けケースを買ったんだが。最初は、外付けSSDでも買おうかと思ったが、選択肢が少ないのと内蔵ドライブの素性が分からないのと値段が高いのがネックなんで、バラバラに買って組み合わせることにした。

ちなみに買ったのは、外付けケースがORICOの2599US3

【日本正規代理店】 ORICO 2.5インチ HDD/SSD 外付け ドライブ ケース SATA対応 USB3.0対応 リムーバブルケース 工具不要 簡単 着脱 人肌のような手触り 2599US3 ブラック

新品価格
¥1,299から
(2016/5/24 21:56時点)

買った理由は、この外付けケースはAmazonで一番売れている。だからAmazonで一番いいケースに決まってるだろ。真偽の程はともかく、Amazonでどこのメーカー買うか悩んだ時って、こういう選択することがままある。

SSDはSanDiskのSDSSDA-240G-J25にした。ちなみに買ったのはAmazonじゃなく、ソフマップ.com。本当は楽天市場店で買いたかったんだけど、同じモデルの120GBはあったがコスパが高い240GBは取り扱いないんだよな。多分、売れ筋商品を寺銭取られる楽天で売りたくなかったんじゃないかと推測する。

SanDisk SSD PLUS 240GB [自社製MLCメモリー搭載] [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-240G-J25

新品価格
¥7,388から
(2016/5/24 21:57時点)

ちなみに、このSSDはAmazonで一番売れてるSSDではない(現時点で3番目)のに買った理由は、1番売れてるCrucialのCT240BX200SSD1はTLCだったので避けた。もっとも、最近の普及価格帯のSSDはMLCからTLCに移行してるみたいだから、つまらんこだわりかもしれんがね。

Crucial [Micron製Crucialブランド] 内蔵 SSD 2.5インチ BX200シリーズ ( 240GB / 国内正規品 / SATA / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) 自社製TLCメモリー搭載 CT240BX200SSD1

新品価格
¥7,170から
(2016/5/24 21:57時点)

ORICO 2599US3

extssd001

続いて各商品の雑感。まずはHDDケースから。中身は下のように、隙間がほとんど無くきっちり商品が詰まってる感じ。上がHDDケースで、下にケーブルとシール付スポンジと取説類。スポンジは、薄型ドライブ使用時に中で動かないようにする為らしい。ケーブルはコネクタ合わせても55cmぐらいで、ちょっと短め。

extssd002 extssd003

続いてケース本体。材質はプラスチックだが、表面にラバーっぽい滑りにくい加工が施されている。見た目は非常にシンプルで、表はロゴとLEDインジケーターがあるだけ。裏はスライドしてカバーを外せる。ゴム足とかはなく、小さいポッチが4つ付いてる。コネクタはUSB3.0のみで、電源もここから供給される。まあ、2.5インチだとそんなに電力食うデバイスは取り付けられないからUSB給電で十分なんだろう。

extssd004 extssd005 extssd006

カバーを外すとこんな感じ。カバー側のスポンジは最初から貼り付けてある。本体側にはSATA端子。ちなみにケース外すのは、最初かなり力が必要だった。Amazonの写真みたいな持ち方だと開けれなかったので、両手でコネクタ側を持って親指で押した。

extssd007 extssd008

SanSisk SDSSDA-240G-J25

extssd009

今度はSSD。パッケージは非常にコンパクトで、ストレージというよりフラッシュメモリっぽい。中身はSSD本体と取説関係と、7mmを9mmに対応させるスペーサ。なお、SanDisk自社製MLCメモリー搭載してるが、生産はMADE IN CHINAだね。

extssd010 extssd011 extssd012

PCにつないでみた

とりあえずHDDケースに取り付けてみたが。サイズ的にはかなりぴっちりで、コネクタ差し込む前はケースのスペースに余裕がない状態だった。下の2枚目は差し込んだ後の写真だが、それでもミリ単位ぐらいかな。

extssd013 extssd014

一応このままでもSSDは固定されてるが、構造上中で逆さ吊り状態になるのでSSDのスペーサとケースのスポンジ両方使った。貧乏性なのでどっちもシール剥がしてないが。

使用感

PCにつなぐと、LEDが青で点灯。アクセス時は紫っぽく点滅するが、なんか青が紫に変わるんじゃなく、青の下の別のLEDが付いてるように見えるな。難点は、「NS1066の取り外し」で取り外せる状態にしても、紫っぽいLEDが点きっぱなしなとこかな。動作上の問題はないんだろうが、精神的にはちょっと気になる。

ベンチ

最後にベンチマークの数字。

20160524a

Core2DuoにエアリアのUSB3.0拡張ボード突っ込んだPCでのベンチ結果はこんな感じだった。USB3.0のポータブルHDDよりはいい数字だが、3.5インチHDDと比べると思ったほど劇的な差は出てないかな。

エアリアのUSB3.0ボードについては↓
USB3.0のPCI Express増設ボード SD-PEU3R-2EL2が届いたよ

ちなみに、オンボードでUSB3.0対応してるPCでもSSDとHDD両方のベンチもとってみたら。こっちはHDDと比べると3倍近いスピードになってるな。

ポータブルHDD

ポータブルHDD

SSD+HDDケース

SSD+HDDケース

古いPCでSSDを活かすなら、SATAで繋がなきゃあんま意味ないのかもね。

今回の感想

そんな訳で初SSDなんだけど、OS用のCドライブで使ってないから速度の恩恵は今のとこあんま受けてないかな。HDDに比べて耐久性とかは気になるけど、ベンチの圧倒的な差を見ると、次はCドライブを換装したくなってくるな。流石にそうなると、同じSanDiskでも普及価格帯のじゃなく、10年保証のExtreme PROにしたくなるが。

SanDisk SSD Extreme PRO 240GB [国内正規品] メーカー10年保証付 SDSSDXPS-240G-J25

新品価格
¥11,580から
(2016/5/24 21:57時点)

まあ、480GBが今の240GBぐらいの価格帯に落ちてからの話かな。

20160426as

パームレスト

PCを使い始めてタッチタイピングが出来るようになった後、ほどなくして疲労軽減のためパームレストを使うようになったんだけど。最初は木製のパームレストだったが、キーボードをコンパクトなHHK系にした後は、高さがあって(2.5cm)使いにくいからウレタン製の奴(2cm)と併用してたんだけど。だんだん、ウレタンが劣化してぼろぼろ崩れてくるので、最近捨てて木製のみに戻したんだが。やっぱり使いにくいんで、パームレストを新調することにしたよ。

個人的には、ウレタンとかより木製の方がいいんで、サイズぴったりなFILCOの奴にしようかと思ったんだけど、これって4000円ぐらいするんだよな。

FILCO ウッドパームレストSサイズ(幅300mm) 天然堅木製 オスモカラー仕上げ 日本製 ブラウン FWPR/S

新品価格
¥3,540から
(2016/4/24 22:26時点)

ちなみに、HHKだと純正のオプション扱いのバード電子製のパームレストもあるが。個人的には厚さが足りない(1.35cm or 1.55cm)と思う。それに、パームレスト2個並べて使ってたんで、奥行6.6cmも不満だな。

バード電子 ウッド パームレスト

新品価格
¥4,320から
(2016/4/24 22:27時点)

どっちにしろ結構なお値段するが、木製パームレストったってぶっちゃけただの木の板だろ。だったら、ホームセンターで適当な木材でも買ってきた方が安上がりじゃねと思ったんだが。ググったら、同じように考えて実践した人もいるんだな。

【DIY】安く手に入れた木片でパームレストを自作

【社内環境】キーボード用のパームレストを自作してみました

木材

そんな訳で、ホームセンターへ行って物色してみたんだが。木材コーナーを見た感じだと、値段だけなら1×4のSPF材とかが安いんだけど。どうせ自作するなら多少高くてもこだわった木材にしたいかな。そうなると、ホームセンターで売ってる中だと国産のスギかヒノキあたりか。当然、SPFより量が少ないけど値段はかなり高くなる。それでも1000円以内で収まりそうだが。

考えた末、材料はヒノキにすることにした。スギより固いし、何より香りがいいからな。まあ、実を言うとヒノキの加工済みの木材が安売りしてたのが一番大きいんだが。しかも、厚さが2cm・幅9cm・長さ60cmぐらいと、半分に切ればパームレストにジャストサイズだったし。

20160426a

ちなみに、安いのは加工時に汚れとか傷がついたり、節が目立つとかの訳あり処分品だからだと思うが。まあ、多少汚れとか傷はあるが、節もなく簡単な加工で使えそうなのを選別するのは大変だったけどね。それでも、カット代含めて250円ぐらいで済んだから、これだと1×4のSPF材ぐらいの値段だと考えるとかなりお得じゃね。それに、カットしたてのせいか香りがすごくいいしね。

20160426b 20160426c

ヒノキパームレスト

家に帰って、カット面やささくれだってるところをヤスリで削ってみた。今回は最初から角が取れてたけど、そうでなければこれも自分でやる必要があるかな。とりあえず最低限の加工だけで使ってみたが、それでも結構いい感じだな。。

20160426d

実物のパームレストは上の写真の通り、市販のより幅にかなりゆとりがある。個人的には、このぐらいないと使いにくいかな。材質が木だから固いけど、肌触りは無垢材のだからここちよい。できればこのまま使いたいが。白木のままだと汚れやすいから、なんらかの対策が必要なんだろうが、それはしばらく使ってから考えるか。

今回の感想

そんな訳で、上のリンクみたいに塗装とかしないで、ホームセンターでカットした木材にヤスリかける程度なら安価で簡単にパームレストが自作できるな。問題は、ホームセンターの品揃えに依存する事か。耐久性については問題なさそうだが、使ってるうちに反ってきたりすると困るかな。まあ、まな板みたいに水気の多い使い方するわけじゃないので、そこまでナーバスにならんでも大丈夫だと思うけど。

20151205c

TOSHIBA(東芝)(32GB 48MB/s) UHS-I対応 Class10

前回の記事で書いた通り、Fireタブレット用に買った東芝海外パッケージのmicroSDカードの動作確認してみた。とりあえずは現物の写真から。梱包は上海問屋のロゴ入りクラフト封筒で送られてきた。商品はプチプチ袋入り。

20151206a 20151206b

パッケージは紙製で、中身を取り出すにはハサミとかで切って開ける必要あり。原産国は「Made in Taiwan」だった。

20151205a 20151206c

ちょっとピンぽけて判別しにくいが、パッケージ裏には日本語で「特定の海外/地域向け製品のため、日本国内でのサポートは受けられません」と書いてある。東芝製とはいえ、並行輸入品なのでサポートは期待できないので注意。

20151206d

パッケージを開けた中には、英語と中国語らしき文字で保証内容とかが書いてある。取説はWebで見ろというエコ仕様。microSDカードは紙とプラスチックのパッケージで密閉されてる。中にはmicroSDカードのみで、変換アダプタやケースは付属してない。

20151206e 20151206f 20151206g

上海問屋で購入した経緯は↓
「【送料無料】マイクロSDカード SDHCカード 32GB TOSHIBA(東芝)(32GB 48MB/s) UHS-I対応 Class10」を買ったんだが -発送メールから4日かかった-

Fireタブレットで使ってみる

20151206h

続いて、Fireタブレットでの動作確認。スロットカバーを開けて挿入すると、デフォルトでビデオ・写真・アプリがSDカードに保存されるというメッセージが出た。未使用状態での空き容量は28.97GB。

20151206i 20151206j

ベンチマーク

今回購入したmicroSDカードはUHS-IのClass 10だから、スペック的には「最低保証速度10MB/秒」出るはずだが。

参考
SDメモリカードの違い|東芝:パーソナルストレージ

海外パッケージだから、下手すると偽物とか偽造品かもしれないのでベンチマークを取って確認してみた。使用したソフトはA1 SD Bench。Amazonのアプリストアにはないので、Google PlayからAPKを入手してインストした。

A1 SD Bench – Google Play の Android アプリ

結果は、Read 33.72MB/s・Write 11.88MB/sだった。ベンチ取る前に音楽やビデオをダウンロードしたのは失敗だったか。ちなみに内蔵ストレージの方は、Read 119.78MB/s・Write 20.69MB/sだった。

20151206k

パッケージにはRead 48MB/s出るみたいなことが書いてあるが、おそらくUHS-I対応デバイスでの最大値と思われる。一応、FireタブレットはUHSに対応してるんだな。

Amazon.co.jp ヘルプ: SDカードを挿入、管理する

Fireタブレットは、すべてのクラスのUltra High Speed(UHS)microSDカードに対応しています。

アプリのSDカードインストール

続いて、内蔵ストレージの容量を圧迫してるアプリをSDカードに移動してみる。まず、1.39GBと無駄に容量くってる千メモからと思ったら、SDカードに移動不可だった。アカツキ使えねえ。

20151206l

今度は276MBのパズドラを試してみる。SDカードに移動できたが、一番容量くってる端末のデータ223MBが移動できないんじゃ意味なし。ガンホーも使えねえ。

20151206m 20151206n

そんな訳で、SDカードにアプリをインストールできるとはいえ。対応してないアプリや、対応してても内蔵ストレージから移動できないデータがある事を考えると。実質6GB弱の空き容量しかないFire タブレット 8GBだと、かなり運用が制限されるな。

Amazonコンテンツはどうよ

最後にAmazonのコンテンツについて。結論だけ言うとPrime Musicプライム・ビデオの音楽・動画はSDカードにダウンロード可だが、Kindle本は本体にしか保存出来ないようだ。

個人的には、容量の大きいマンガや雑誌はローレゾ7インチの画面で読む気はしないとはいえ。ラノベとかならKindle Fire HD 8.9よりは、Fireタブレットで読みたいのでちょっと残念な仕様。

* 当初電子書籍はmicroSDに保存不可でしたが、その後のソフトウェアアップデートで電子書籍も保存可能になりました。

今回の感想

今のところ、microSDカード自体の評価としては問題なし。Fireタブレットの動作もとりあえずOK。後は耐久性だが、こればっかりは使ってみないと分からないからな。まあ、信用できる店から買うなら、国内ノーサポートが気にならなければ、東芝の海外仕様のパッケージも悪くはないかな。値段差考えると、Amazonのトランセンドの国内正規品の方が無難な気はするが。4980円のタブレットになら、数百円でもケチりたくなるわな。

けど、楽天の期間限定ポイントがなければ数百円高くても、当日お急ぎ便でこっち買ってたけどな。

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 400× (無期限保証) Newニンテンドー3DS 動作確認済み TS32GUSDU1PE (FFP)

新品価格
¥1,400から
(2015/12/6 16:37時点)

Fireタブレットで使うなら、「Made for Amazon認証取得」で「Fireタブレット(Fire、Fire HD 8、Fire HD 10)とAmazon Fire TVで動作確認済みのmicroSDカードです」のSanSiskの買うのが一番面倒がないかもしれんけど。4980円のタブレットの半額以上のmicroSDカードは流石に手出しにくい。

SanDisk 32GB microSDHCカード (スピードクラス Class10, UHS-I, 最大転送速度: 48MB/s)

新品価格
¥2,690から
(2015/12/6 16:37時点)

まあ、海外パッケージとはいえ一応東芝だし。1年持てば勝利、2年持ってくれれば大勝利って事にしとこう。

Fire タブレット 8GB到着

昨日注文したFire タブレット 8GBが届いたんだけど。今回はAmazonいつものダンボールだったな。それはともかく、パッケージはFire TV STickみたいに、ビニール袋に紙の箱が入ってた。箱自体はKindle Fire HD 8.9と比べるとチープだな。

firetablet8GB002 firetablet8GB003

中身は本体と、取説・ACアダプタ・USBケーブル。USBケーブルは60cmぐらいと、短めで使いにくいか。個体差かもしれんが、ケーブルコネクタがきつめなのか、着脱にかなりの抵抗があるのが気になる。

firetablet8GB004 firetablet8GB005

ACアダプタはFire TV Stickのよりスリムだな。これなら横に2つ並べられそう。Fire TV Stickのもこれにして欲しかったか。

firetablet8GB006

向かって右がFireタブレット、左がFire TV Stickのアダプタ。Fireタブレットの表面がテカってるのは、保護フィルムみたいのを外してないから。

取説はイラストのみで異常に簡素。もう一つは保証内容が多国語で書いてある。

firetablet8GB007 firetablet8GB008 firetablet8GB009

詳細についてはWebで見ろってスタンスかな。

Amazon.co.jp ヘルプ: Fire (第5世代)ヘルプ

本体は軽量でも薄型でもないと思うけど。普段、重量級のKindle Fire HD 8.9使ってるから、かなり軽く感じる。ただ、背面ラバーコーティングみたいなKindle Fire HD 8.9と違って、プラスチックっぽい素材のFireタブレットはかなり滑りやすいと思う。一応、多少ざらついた加工はしてあるが、外での使用がメインなら滑りにくいカバーがあった方が安心だな。

firetablet8GB010 firetablet8GB011

ボタンはプラスチックで、いかにも安物って感じ。microSDのスロットカバーが耐久性なさそうなのは仕方ないか。できるだけ大容量のメディアを用意して、抜き差しを最低限に抑えたほうがいいだろう。まあ、この値段でカバーあるだけマシって考えたほうがいいかな。

電源入れてみた

そんな訳で、充電しながら電源入れてセットアップ。言語設定して、モバイルルータのパスワードとか無線LANの設定すれば、Amazonのアカウントとひも付けされてたみたいですぐ完了した。この時点での内部ストレージの空き容量は4.51GB。ちなみに、8GBのうち使えるのは5.63GBみたい。

firetablet8GB012

プライム・ビデオ

とりあえずプライム・ビデオで、ストリーミングじゃなくダウンロードして動画を見ることにした。今回試したのは「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 」の吹き替え版。1時間48分のSD画質でファイルサイズは593MB。

firetablet8GB013

例によって動画中のキャプチャは画面真っ黒になるので画像は出せないが、ローレゾ液晶にもかかわらず画質の劣化はあまり感じられなかった。SD画質なら解像度は720×480でアスペクト変更してるんだと思うけど、だとすれば液晶に合わせて引き伸ばしてるから通常ならぼやぼやになるはずだが。7インチ液晶という小ささが幸いして、気にならないんだろうな。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (吹替版)

新品価格
¥300から
(2015/11/26 20:44時点)

Prime Music

続いてPrime Music。これも普通に使えた。一旦音楽再生した後に電源ボタン押せば、画面が消えたまま再生したり、他のタスクに切り替えてバックグランドで流せたり出来るので、音楽プレイヤーとしての最低限の機能はあるな。ゲームとかアプリで音楽流す奴と一緒でも再生されるから、パズドラやりながらPrime Music聞くこともできるぞ。需要があるかはともかく。

音質も、思ってたほど悪くはない。ドルビーもないモノラルスピーカーだけどまあまあ聞けた。それにしても、楽天レンタルでまだ借りてない堀江由衣の「ワールドエンドの庭」がPrime Music対象になってるとは。あっちだと準新作扱いなんだぜ。これでレンタルしなくて済んだな。

ワールドエンドの庭

新品価格
¥2,500から
(2015/11/26 20:44時点)

microSD入れてみた

今回microSDカードは注文してなかったけど、動作確認のため手持ちの2GBのをとりあえず入れてみたが。低速だから「性能に支障をきたす可能性があります」とか警告されたよ。

firetablet8GB014

流石に、本体内蔵メモリ未満のmicroSDカードを使うつもりはないんだが。それなんで、外部ストレージ追加するのは内部が足りなくなってからでいいかな。Amazonプライム会員なら、トランセンドとかのメディアなら当日お急ぎ便対応だしな。

動作的には、FireタブレットからはES ファイルエクスプローラーでアクセスできるし。USBケーブルで繋げば、PCから内部ストレージ同様、microSDカードの中身も読み書きできる。特別なソフト必要なしで、PCとファイルのやり取り出来るのはAndroid系のメリットだよな。というか、iTunes必須のiOS系がうざいだけか。

Fire タブレット 8GB現時点での感想

とりあえずファーストインプレッションは、意外にサクサク動いてローレゾだけど画面はきれい。液晶は流石にIPSだけあって、この値段とは思えない。個人的にはノングレアの方が好みだけど。ただ、画面の明るさ、最低にしても結構明るい。省電力的にはこの辺はマイナスかな。

バッテリーの持ちに関しては、まだ使い始めだからなんとも言えんが。600MB弱のファイルをダウンロードして、1時間50分の動画視聴の後で100%→80%だから、この程度の負荷なら公称7時間は余裕で持つんじゃね。

現時点だと、8980円ならどうかは分からないが、4980円ならよほど致命的な欠点でもなければ良い買い物じゃね。まあ、スマホやタブレットを1台も持ってなくて、これが初めてとかならお勧めはしないが。2台目以降のサブ機としてなら、アマゾンのサービスに魅力感じるならお勧めできる。当然、プライム会員登録は必須だけどね。

Fire タブレット 8GB、ブラック

新品価格
¥8,980から
(2015/11/26 20:45時点)