Archive for the ‘PCとか’ Category

ジャストシステム

なんか先週、ジャストシステム株価急落ってニュースを見て知ったんだが、ここって上場してたんだな。しかも東証一部。そうこう調べてるうちに、なんか最近一太郎ATOKの新バージョン(2017)が発売されたみたいなんだけど。この二つ、まだ開発続いてたのか。

話題株ピックアップ【夕刊】(3):太陽誘電、ソニー、日本マイクロ

ニュースリリース | 2016.12.01 作成文書の種類やIT機器、身体特性に応じて最適な文書作成環境を提案する日本語ワープロソフト「一太郎2017」を来年2月3日(金)より発売

で、さらに調べてるてると、値段の高いプレミアムバージョンには辞書とかおまけソフトが付いてるんだけど。さらに、日本語入力ソフトのATOK2017もプレミアムだと一太郎と同じ、「岩波国語辞典」「明鏡ことわざ成句使い方辞典」「大修館四字熟語辞典」「ジーニアス英和・和英辞典」がついてるんだな。辞書の単独使用がどのぐらい出来るか不明だが、調べたい時にすぐ使えるなら結構便利かもしれん。

ATOK 2017 for Windows [プレミアム] 通常版

新品価格
¥11,072から
(2017/2/12 22:33時点)

辞典ソフト

昔はPCに、市販ソフトのおまけについてたEPWING形式の辞書を無料ソフトで使ってたんだけど。現行で発売されてる製品だと、公式にEPWING対応を謳ってる辞書はほとんどないみたいだな。まあ、最近は調べたい単語があればググって解決するからな。それなんで、ローカルでの辞書の必要性がないと言えばないんだが、探したら辞書のメディアが見つかったんで活用してみることにした。

EPWING

とりあえず、EPWING辞書をHDDにコピーして閲覧可能な無料ソフトをググッたところ、サポート終了を機に無償公開になった太っ腹な「ViewIng」が見つかった。EPWINGビュアー以外にも「EPWING/電子ブックインストーラ」も用意されてるのが最大の理由だったんだが。もしかすると、単純にCD-ROMをHDDにコピーするだけでも良かったかもしれない。

電子ブック/EPWING書籍ビュアー ViewIng3.0 – ビューイング –

EBWin

結論から先に言うと、ViewIng用のEPWING/電子ブックインストーラでコピーした辞書データを、「EBwin」という無料ソフトで使用することになった。EBwinにしたのは、ViewIngでは複数辞書の検索(俗に言う串刺し検索)ができなかったから。もっとも、国語辞典と英和・和英辞典を同時に検索する頻度がそんなにあるとも思えないが。

EBWin4

実際に使用してみたが、ちゃんと大辞林図版も表示されるし、英和辞典単語の音声再生にも対応してる。

新英和中辞典・新和英中辞典・大辞林

今回使用したEPWINGの辞書は、研究社の英和・和英辞典と三省堂の大辞林なんだけど。元々は、「クラリスワークス」というオフィスソフトのおまけだった。クラリスが解体されるからか、最後は投げ売り価格で叩き売りされてたので、辞書の単独の値段を考えるとアプリの方がおまけ扱いだったな。ちなみに4980円の時に買って、辞書以外はインストールすらしてなかった。

Report of ClarisWorks

ただ、今となってはこの辞書古すぎて使うには多少問題があるかもしれん。

研究社 新英和・和英中辞典 CD‐ROM版
(C) 株式会社研究社 1995

『新英和中辞典 第6版』
『新和英中辞典 第4版』

『大辞林』CD‐ROM版 1992年
◎編者=松村明
◎著作権者=松村明 三省堂編修所
◎発行=(株)三省堂

どれも20年以上前かよって、流石に古すぎねえか。とはいえ、研究社新和英中辞典は最新が5版で2002年、新英和中辞典が7版で2003年って絶版なのかこれ。大辞林の方は現在3版が2006年なんだが、これもこれで気になることがある。

オンライン辞書

今回の件で調べてみたんだけど、最近のネットで無料で使えるオンライン辞書って原典は結構いいの使ってるんだよな。例えば、goo辞書の国語辞典と英語辞典はこんな感じ。さらに他の辞典もあるんだから、ネット接続必須とはいえ機能十分だな。

goo国語辞書

国語辞書 – 大辞泉
goo国語辞書は、約28万6,300項目(2017年1月現在)を収録した小学館提供の『デジタル大辞泉』を搭載しています。

goo辞書 英和辞典・和英辞典

ランダムハウス英和大辞典
34万5,000語もの圧倒的な語彙、余りある解説量と17万5,000もの実用例が無料で検索できる最高のオンライン英和辞典です。

プログレッシブ和英中辞典
日本語の情緒を英語に!明快な文例が数多く収載され、英文レターや英語メール文章作成にも役立つ和英辞典です。

版数表示がないから最新版と仮定すると、「小学館ランダムハウス英和大辞典」は1993年発行なのか。大型辞典だと改定するのも大変だろうからしかたないのか。プログレッシブ英和中辞典は5版で2012年だから、実用範囲か。デジタル大辞泉は紙ベースじゃないだけに、年3回更新ってのはオンラインならではの強み活かしてるな。

さらに、コトバンクってサービスもあるんだが。多分ググってたどり着くことはあったと思うが、サービスを意識したことはなかった。ぶっちゃけ、コトバンクって名前が軽いんでてっきりWELQみたいな適当なキュレーションサイトかと思ったが、「朝日新聞、講談社、小学館など」といった超大手がバックに付いてるまともなサービスだったのか。

事典・辞書の一覧 – コトバンク

プログレッシブ英和中辞典(第4版)|小学館
プログレッシブ和英中辞典(第3版)|小学館
デジタル大辞泉|小学館
大辞林 第三版|三省堂
(一部抜粋)

ここの辞書はgoo辞書と比べると、ランダムハウス英和大辞典がないとか、プログレッシブの英和・和英が最新じゃないとかあるけど、ちゃんと詳細表示してるのは感心だな。他に、gooと同じデジタル大辞泉がある上、大辞林の最新版まであるのかよ。ちょっとインタフェースがウザいのに耐えられるなら、ローカルの辞書なんて要らなかったかも。

今回の感想

そんな訳で、素人には無料のオンライン辞書でも十分すぎるほどの実用性がありそうだな。そうなると、オンラインサービスで対応してない辞書を使いたいとかでなければ、無料のコトバンクやgoo辞書で十分か。いい時代になったな。

x5maxpro000

アドウェア?

こないだ買った、DOOGEE X5 MAX Proなんだけど。なんか、アプリ起動時とかに広告が出るようになったんで、気になって調べたが原因が分からんかった。仕方ないのでファイアウォールアプリの「NoRoot Firewall」入れて様子見したら、怪しい通信してるアプリが見つかったよ。IPアドレスで調べてみると相手先が中国とか香港って、いったい何通信してんだよっ。

doogeex5maxpro10005 doogeex5maxpro10006

マルウェア?

購入直後に、ヤバそうなアプリは全部「無効」にしたつもりだったけど。アプリの設定で「システムの表示」にしないと見えないアプリを見逃してたようだ。

doogeex5maxpro10007

で、今回見つけたヤバそうなのは下記の通り。

・ワイヤレスアップデート
・com.android.snap
・Search
・システムUI
・Androidシステム

どれも、なんか必要そうな名前なのがいやらしい。本当は胡散臭いのは全部アンインストールしたいが無理なので、とりあえず上の三つは無効にしといた。ただ、ワイヤレスアップデートはファームウェアの更新プログラムっぽいので、これの通信はファームの更新チェックの可能性も考えられるが、疑わしきはドゥテルテることにした。

doogeex5maxpro10010

ただ、「com.android.snap」に関しては、他機種の動画だがESETがウイルス/マルウェア認定(2:07以降参照)してるから、こいつは完全な黒かもしれんな。

ここで、ESETファミリーセキュリティ持ってんならお前も試せというツッコミがくるかもしれんが。すでに5台インストール済みなんだよね。

ESETに関しては↓
無料のウイルス対策ソフトが重いのでESETファミリーセキュリティを買ったよ

下二つは無効にできなかったので、仕方ないからNoRoot Firewallの方でブロックしといた。念のため、無効にしたやつもそうした。

doogeex5maxpro10008 doogeex5maxpro10009

ちなみに、許可してるアプリは現時点では以下の通り。プレイしてるゲームと、Google関係のアプリ。

・パズドラ
・古の女神
・Chrome
・Google Playストア
・Google Backup Transport

DOOGEE X5 MAX Pro

購入直後の状況 SDカードは他から流用したので結構使ってる

購入直後の状況
SDカードは他から流用したので結構使ってる

ちょっと話が前後したが、1ヶ月以上X5 MAX Proを使ってきた感想を書いてみる。とはいえ、ほとんどパズドラしかしてない気もするが。他に前提条件としては、SIMなしWiFiのみ運用で電話としてはまったく使ってない。ROOT取得などはせず、吊るしのまま。

開封時の記事は↓
DOOGEE X5 MAX Pro買っちゃたよ -中華SIMフリースマホデビュー-

デメリット

まずは使って気になるマイナス点から。とにかくデカくて重い。画面サイズが5インチだから、大きさがそれなりなのは仕方ないし。重さも大容量バッテリーとのトレードオフと思えば納得できるが、それでも重い。筐体は値段なりの作り。裸で使うと、裏面に指紋が付きやすい。個人的には外で使う気はしないが、使うならカバーかケースはあった方がいいだろう。

画面は2点タッチなので、マルチタッチ必要な人は選択肢に入らない。タッチ感度はいまいち。特に、画面下の戻るボタンは反応が悪い。画面のタッチについては、パズドラはちょっとやりにくい。なんか、ドロップの真ん中じゃなく端を掴んでウゲッとか、気づいたら隣のドロップ動かしてて悶絶することがある。タッチペン(スーペン・タッチワンド)も試したが、指の方がまだマシだった。もしかしたら、最初から付いてる保護フィルム外せば変わるかもしれんが。そこまでパズドラに命かけてないし、液晶傷リスクとか安い本体に追加投資するのを考えると、まあこんなもんだと妥協した。

doogeex5maxpro10002

調子いい時はこのぐらいいける
指かなり積んでるが

一つ注意が必要なのは、スピーカーが見かけはステレオっぽいが、ステレオじゃないどころか片側からしか音が出ない(画面に向かって右下)とこが中華クオリティらしくて安心した。

DOOGEE X5 Max Pro 4G LTE 2GB 16GB MT6737 Android 6.0 Smartphone

From Ben at 7/31/2016 6:06 AM

how many speakers the phone have?
At the bottom edge, there are speaker holes in both sides right & left, however, I can here the music from only one of sides.

Doogee Mobile
Thank you for your mail.
The other side is a microphone.

ちなみにDoogee MobileのWebでの回答によるともう片方はマイクらしいが。スピーカーの音が出る方の「戻るボタン」の下にマイク穴らしき物があるんだよな。マイク使ってないし、本当のとこは分解でもしないと不明だが。個人的には、「The other side is a microphone」じゃなく、ただの飾りなんだと思ってる。

メリット

続いてプラス面も。指紋認証が意外と使えて便利。背面の指紋センサに指当てるだけで電源入って使えるのに慣れると、電源オン→パスワード入力→使用可能程度のことがかったるくなるぐらい。たまに認証失敗するが、指紋登録で指の置き方のパターン増やせば改善されるんじゃね。まあ、中国・香港への通信の件があるから、指紋登録するのはガクブルものかもしれんが。

画面タッチの精度はいまいちだったが、画面自体はきれい。グレア液晶なので、これが許せないならアンチグレアの保護シート貼ったほうがいいかな。

後は何と言ってもバッテリーの持ちが良い。他のレビューとか見ると、バッテリーが持たないって意見もあるが、どんな機種と比較してるのか疑問に思う。具体的には、バッテリー警告(15%)出るまで何日かけるかにもよるが、パズドラだと6~7時間ぐらいはプレイできる。5%まで粘るなら、8時間ぐらいいけるんじゃね。Android 6の省電力機能のおかげか、一晩放置しても数%しか電池減らないし。ほとんどパズドラ専用機と化してるが、だいたいバッテリ充電頻度は3日ぐらいだと思う。ゲームしなければもっといけるんじゃね。まあ、これで持たないと言われれば仕方ないが。

バッテリーの充電時間はアラートの出る15%からフル充電で、付属の2Aの充電器使って3時間半ぐらい。Fireタブレットとかの1Aだと4時間以上かかるが、倍まではいかない。

今回の感想

結論としては、バッテリーの充電頻度から問題が起きなければ劣化を気にせず2年ぐらいは使えそうだから、1年経って爆発しなければお買い得じゃね。2年持てば言うことなし。あとは、交換バッテリ手に入ればとも思うが、その頃にはスペックが陳腐化してるかもしれんしな。

ただ、ほとんどパズドラにしか使ってないから、最新の高スペック要求するようなゲームだとどうなるかは不明。そういうのが目当てなら、素直にハイエンドのスマホ買えって話だが。

とはいえ、最初に書いたように中華スマホならではの問題もあるから、一般人が対策無しで使うにはちょっと怖い点もあるな。かと言って、ROOT化(iPhoneで言う脱獄)するとなるとお手軽ってわけにいかないし。まあ、中華スマホなんて、ROOT取ってなんぼって人向けと言われればそうかもしれんが。

そんな訳で一般人が使うとすれば、セキュリティ対策アプリのインストールは必須。使用時は、普段は機内モードなどにして、必要な時だけフィアウォールアプリで監視しながら通信オンにする。Googleアカウントを紐付けるなら、普段使ってるのと違う奴新規で作成。ID・パスワード入力するのは、情報流出してもいいようなサービスに限定。メールやSNS読まれても困らないやり取りのみ。GPSは使わない金銭絡みのやり取りもやらないか、被害額が限られるプリペイドマネーにするなど、可能な限りの自衛策をとるべきだろう。

DOOGEE X5 MAX Proスマートフォン 4G FDD-LTE 3G WCDMA MTK6737 64ビット 5.0インチ IPS HD 1280 * 720 スクリーンAndroid 6.0 2G 16G 8MP 8MPカメラ 指紋認証 ロック解除 スマートジェスチャー OTG

新品価格
¥9,550から
(2016/10/5 19:57時点)

もっとも、そこまで気を使って信用できない中華スマホ買うぐらいなら、「7万以上払ってもiPhone買うわ」って人の方が正解かもしれんな。

中華スマホ

なんとなく思うところがあったので、SIMフリーのスマートフォンを注文したんだが。で、届いたのがこのDOOGEE X5 MAX Proという中華スマホなんだけど。

DOOGEE X5 MAX Proスマートフォン 4G FDD-LTE 3G WCDMA MTK6737 64ビット 5.0インチ IPS HD 1280 * 720 スクリーンAndroid 6.0 2G 16G 8MP 8MPカメラ 指紋認証 ロック解除 スマートジェスチャー OTG

新品価格
¥9,900から
(2016/8/26 21:04時点)

当然、日本代理店経由の中華製造スマホと違って、Amazon.co.jpの取り扱いじゃないのでマケプレから買ったんだけど。今回買ったhommee-jpとかいう業者は、住所からしてまごうことなく中国の業者なんだが。だったらいっそ海外から個人輸入しようかとも思ったが。例えばGearBestだと、$84.39で香港から日本まで送料無料で送ってくるらしい。

DOOGEE X5 MAX Pro 4G Smartphone-84.39 Online Shopping| GearBest.com

ただ、送料無料だと15-20営業日ぐらいかかるんだよな。それに、ドメイン.comだけど中国の業者みたいだし。最悪初期不良だった場合、例え中国マケプレ業者だとしてもAmazon.co.jpの返品ポリシーが適用されるなら、差額は安心代と考えれば1万切ってプライム対象なら許容範囲じゃね。

X5 MAX Pro

で、これが中国業者のDOOGEE X5 MAX Proの梱包なんだが。これがAmazonのいつものダンボールの中に入ってた。

x5maxpro001

中を開けるとさらに本体が袋に、あとUSBの充電アダプタも写真取る前に出しちゃったけど、同じような白い袋に入ってた。

x5maxpro002

さらに開けるとこんな感じ。見た目は結構高級感があるな。袋や箱の封の仕方からすると、このマケプレ業者は中国から輸入して検品とかせず、そのままAmazon.co.jpの倉庫に横流ししてるだけだと推察する。

x5maxpro003 x5maxpro004

閑話休題。中身はプラスチック系のカバーに包まれてた。下にUSB充電アダプタ・ケーブルと取説。どうやら、付属品のアダプタは日本のと形状が違うので、おまけに日本仕様のを付けてるみたいだな。

x5maxpro005 x5maxpro006
x5maxpro007

取説は注意事項は多国語だが、説明は最低限が英語。日本語はなし。それと本体のカバーには商品説明の通り、使う前にバッテリーの絶縁テープを外せみたいな事が書いてあるな。

x5maxpro010 x5maxpro009

ようやく出てきた本体はこんな感じ。液晶がグレアなので、向かって左下にiPod touchが写り込んでる。画面には初めから保護フィルムが貼ってある。持ってみると結構な重さがある。大きさは、普段使ってるマウスと比べたがかなりの幅なので、屋外での片手操作は怖くなるレベル。

x5maxpro011 x5maxpro012

背面は、真ん中上の方に指紋センサー。右上にはカメラとライト。スピーカーは下の方にステレオっぽく配置。ボタン系は画面と向き合って右上にボリューム上下・電源と配置。USBとイヤホン端子は上面。

x5maxpro013 x5maxpro014

x5maxpro015 x5maxpro016

裏のカバーを開けるとこんな感じ。SIMスロットはMicroとNanoみたいだな。それと、MicroSDスロットが並んでる。バッテリーは、型番らしきものが「BAT16484000」

x5maxpro017 x5maxpro018

x5maxpro019 x5maxpro020

カバーの開け方は最初分からなかったのでググったら、右側面の下にスリットがあって、そこから開けるとパカっといった。詳細は下の動画参照(4分過ぎぐらい)

電源入れてみた

バッテリーの絶縁を外して電源ON。とりあえず、即効性の初期不良は回避。

x5maxpro021 x5maxpro022

WiFiの設定して、普段使ってるGoogleアカウントじゃない別のをひも付けて、動作確認用のアプリも入れてみた。具体的には、「パズドラ」「Chrome」「Google日本語入力」あたり。なお、SIMは入れないで、Wifiのみで運用する予定。

続きを書いた(2016.10.05)

驚愕の事実が判明した、続きを書いたぞ。やはり中華スマホは、簡単に素人が手を出していいもんじゃなかったか?

DOOGEE X5 MAX Proで中国・香港に通信してるアプリがあったんご -中華スマホマルウェア発覚?-

20160524d

SSD+外付けケース

最近、SSDUSB3.0対応の外付けケースを買ったんだが。最初は、外付けSSDでも買おうかと思ったが、選択肢が少ないのと内蔵ドライブの素性が分からないのと値段が高いのがネックなんで、バラバラに買って組み合わせることにした。

ちなみに買ったのは、外付けケースがORICOの2599US3

【日本正規代理店】 ORICO 2.5インチ HDD/SSD 外付け ドライブ ケース SATA対応 USB3.0対応 リムーバブルケース 工具不要 簡単 着脱 人肌のような手触り 2599US3 ブラック

新品価格
¥1,299から
(2016/5/24 21:56時点)

買った理由は、この外付けケースはAmazonで一番売れている。だからAmazonで一番いいケースに決まってるだろ。真偽の程はともかく、Amazonでどこのメーカー買うか悩んだ時って、こういう選択することがままある。

SSDはSanDiskのSDSSDA-240G-J25にした。ちなみに買ったのはAmazonじゃなく、ソフマップ.com。本当は楽天市場店で買いたかったんだけど、同じモデルの120GBはあったがコスパが高い240GBは取り扱いないんだよな。多分、売れ筋商品を寺銭取られる楽天で売りたくなかったんじゃないかと推測する。

SanDisk SSD PLUS 240GB [自社製MLCメモリー搭載] [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-240G-J25

新品価格
¥7,388から
(2016/5/24 21:57時点)

ちなみに、このSSDはAmazonで一番売れてるSSDではない(現時点で3番目)のに買った理由は、1番売れてるCrucialのCT240BX200SSD1はTLCだったので避けた。もっとも、最近の普及価格帯のSSDはMLCからTLCに移行してるみたいだから、つまらんこだわりかもしれんがね。

Crucial [Micron製Crucialブランド] 内蔵 SSD 2.5インチ BX200シリーズ ( 240GB / 国内正規品 / SATA / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) 自社製TLCメモリー搭載 CT240BX200SSD1

新品価格
¥7,170から
(2016/5/24 21:57時点)

ORICO 2599US3

extssd001

続いて各商品の雑感。まずはHDDケースから。中身は下のように、隙間がほとんど無くきっちり商品が詰まってる感じ。上がHDDケースで、下にケーブルとシール付スポンジと取説類。スポンジは、薄型ドライブ使用時に中で動かないようにする為らしい。ケーブルはコネクタ合わせても55cmぐらいで、ちょっと短め。

extssd002 extssd003

続いてケース本体。材質はプラスチックだが、表面にラバーっぽい滑りにくい加工が施されている。見た目は非常にシンプルで、表はロゴとLEDインジケーターがあるだけ。裏はスライドしてカバーを外せる。ゴム足とかはなく、小さいポッチが4つ付いてる。コネクタはUSB3.0のみで、電源もここから供給される。まあ、2.5インチだとそんなに電力食うデバイスは取り付けられないからUSB給電で十分なんだろう。

extssd004 extssd005 extssd006

カバーを外すとこんな感じ。カバー側のスポンジは最初から貼り付けてある。本体側にはSATA端子。ちなみにケース外すのは、最初かなり力が必要だった。Amazonの写真みたいな持ち方だと開けれなかったので、両手でコネクタ側を持って親指で押した。

extssd007 extssd008

SanSisk SDSSDA-240G-J25

extssd009

今度はSSD。パッケージは非常にコンパクトで、ストレージというよりフラッシュメモリっぽい。中身はSSD本体と取説関係と、7mmを9mmに対応させるスペーサ。なお、SanDisk自社製MLCメモリー搭載してるが、生産はMADE IN CHINAだね。

extssd010 extssd011 extssd012

PCにつないでみた

とりあえずHDDケースに取り付けてみたが。サイズ的にはかなりぴっちりで、コネクタ差し込む前はケースのスペースに余裕がない状態だった。下の2枚目は差し込んだ後の写真だが、それでもミリ単位ぐらいかな。

extssd013 extssd014

一応このままでもSSDは固定されてるが、構造上中で逆さ吊り状態になるのでSSDのスペーサとケースのスポンジ両方使った。貧乏性なのでどっちもシール剥がしてないが。

使用感

PCにつなぐと、LEDが青で点灯。アクセス時は紫っぽく点滅するが、なんか青が紫に変わるんじゃなく、青の下の別のLEDが付いてるように見えるな。難点は、「NS1066の取り外し」で取り外せる状態にしても、紫っぽいLEDが点きっぱなしなとこかな。動作上の問題はないんだろうが、精神的にはちょっと気になる。

ベンチ

最後にベンチマークの数字。

20160524a

Core2DuoにエアリアのUSB3.0拡張ボード突っ込んだPCでのベンチ結果はこんな感じだった。USB3.0のポータブルHDDよりはいい数字だが、3.5インチHDDと比べると思ったほど劇的な差は出てないかな。

エアリアのUSB3.0ボードについては↓
USB3.0のPCI Express増設ボード SD-PEU3R-2EL2が届いたよ

ちなみに、オンボードでUSB3.0対応してるPCでもSSDとHDD両方のベンチもとってみたら。こっちはHDDと比べると3倍近いスピードになってるな。

ポータブルHDD

ポータブルHDD

SSD+HDDケース

SSD+HDDケース

古いPCでSSDを活かすなら、SATAで繋がなきゃあんま意味ないのかもね。

今回の感想

そんな訳で初SSDなんだけど、OS用のCドライブで使ってないから速度の恩恵は今のとこあんま受けてないかな。HDDに比べて耐久性とかは気になるけど、ベンチの圧倒的な差を見ると、次はCドライブを換装したくなってくるな。流石にそうなると、同じSanDiskでも普及価格帯のじゃなく、10年保証のExtreme PROにしたくなるが。

SanDisk SSD Extreme PRO 240GB [国内正規品] メーカー10年保証付 SDSSDXPS-240G-J25

新品価格
¥11,580から
(2016/5/24 21:57時点)

まあ、480GBが今の240GBぐらいの価格帯に落ちてからの話かな。

20160426as

パームレスト

PCを使い始めてタッチタイピングが出来るようになった後、ほどなくして疲労軽減のためパームレストを使うようになったんだけど。最初は木製のパームレストだったが、キーボードをコンパクトなHHK系にした後は、高さがあって(2.5cm)使いにくいからウレタン製の奴(2cm)と併用してたんだけど。だんだん、ウレタンが劣化してぼろぼろ崩れてくるので、最近捨てて木製のみに戻したんだが。やっぱり使いにくいんで、パームレストを新調することにしたよ。

個人的には、ウレタンとかより木製の方がいいんで、サイズぴったりなFILCOの奴にしようかと思ったんだけど、これって4000円ぐらいするんだよな。

FILCO ウッドパームレストSサイズ(幅300mm) 天然堅木製 オスモカラー仕上げ 日本製 ブラウン FWPR/S

新品価格
¥3,540から
(2016/4/24 22:26時点)

ちなみに、HHKだと純正のオプション扱いのバード電子製のパームレストもあるが。個人的には厚さが足りない(1.35cm or 1.55cm)と思う。それに、パームレスト2個並べて使ってたんで、奥行6.6cmも不満だな。

バード電子 ウッド パームレスト

新品価格
¥4,320から
(2016/4/24 22:27時点)

どっちにしろ結構なお値段するが、木製パームレストったってぶっちゃけただの木の板だろ。だったら、ホームセンターで適当な木材でも買ってきた方が安上がりじゃねと思ったんだが。ググったら、同じように考えて実践した人もいるんだな。

【DIY】安く手に入れた木片でパームレストを自作

【社内環境】キーボード用のパームレストを自作してみました

木材

そんな訳で、ホームセンターへ行って物色してみたんだが。木材コーナーを見た感じだと、値段だけなら1×4のSPF材とかが安いんだけど。どうせ自作するなら多少高くてもこだわった木材にしたいかな。そうなると、ホームセンターで売ってる中だと国産のスギかヒノキあたりか。当然、SPFより量が少ないけど値段はかなり高くなる。それでも1000円以内で収まりそうだが。

考えた末、材料はヒノキにすることにした。スギより固いし、何より香りがいいからな。まあ、実を言うとヒノキの加工済みの木材が安売りしてたのが一番大きいんだが。しかも、厚さが2cm・幅9cm・長さ60cmぐらいと、半分に切ればパームレストにジャストサイズだったし。

20160426a

ちなみに、安いのは加工時に汚れとか傷がついたり、節が目立つとかの訳あり処分品だからだと思うが。まあ、多少汚れとか傷はあるが、節もなく簡単な加工で使えそうなのを選別するのは大変だったけどね。それでも、カット代含めて250円ぐらいで済んだから、これだと1×4のSPF材ぐらいの値段だと考えるとかなりお得じゃね。それに、カットしたてのせいか香りがすごくいいしね。

20160426b 20160426c

ヒノキパームレスト

家に帰って、カット面やささくれだってるところをヤスリで削ってみた。今回は最初から角が取れてたけど、そうでなければこれも自分でやる必要があるかな。とりあえず最低限の加工だけで使ってみたが、それでも結構いい感じだな。。

20160426d

実物のパームレストは上の写真の通り、市販のより幅にかなりゆとりがある。個人的には、このぐらいないと使いにくいかな。材質が木だから固いけど、肌触りは無垢材のだからここちよい。できればこのまま使いたいが。白木のままだと汚れやすいから、なんらかの対策が必要なんだろうが、それはしばらく使ってから考えるか。

今回の感想

そんな訳で、上のリンクみたいに塗装とかしないで、ホームセンターでカットした木材にヤスリかける程度なら安価で簡単にパームレストが自作できるな。問題は、ホームセンターの品揃えに依存する事か。耐久性については問題なさそうだが、使ってるうちに反ってきたりすると困るかな。まあ、まな板みたいに水気の多い使い方するわけじゃないので、そこまでナーバスにならんでも大丈夫だと思うけど。