オトメの帝国

こないだ話の流れで紹介した、岸虎次郎先生の「オトメの帝国」なんだが。

「オトメの帝国」って「COLORFUL」と根本的には変わらない気がする

なんか、ジャンププラス移籍記念だかで無料で読めるみたいだから、興味ある人は読んでみてもいいんじゃね。タダだし。

個人的にはマイルドユリカラフルって感じだが、これはこれで。

どうせ自民勝利で株価上がるんだろうな

なんか、最近持ち株が増えてわけわかめになった気がするので、なんとなく売ることにした。で、売ったのは優待廃止したモリト下方修正で含み損拡大してるシステムソフト

このタイミングで売るなんてあり得なくねって気もしないでもないが。どうせこれまでの株高って、選挙対策で年金とかぶっこんでんじゃねって気もするので。短期的に上昇するようなことはあっても、長期安定で右肩上がりとはいかないんじゃないかと思ってる。もっとも、株で大した利益を上げてない雑魚の言うことだから信頼性は皆無だが。

今回の感想

そんな訳で、今回もマーフィーの法則発動してぐぬぬになるんだろうか。まあ、日本株は信じてないからそうなったらそうなったで粛々と結果を受け入れるだけだが。

とはいえ、このまま何もせず指をくわえて見てるだけというのも退屈なんで、楽天VT毎営業日100円積立もだけど、新たな投資先を検討することにした。というか、すでに投資してみたらしい。ぶっちゃけシンガポール株なんだが。

まあ、昔から日本もシンガポールみたいに金持ち移住促進とか、無資源国なんだからエリート教育して人的資源を育成すべきとか思ってたんだけど。だったら、日本よりイケてるシンガポールに投資したほうがいいんじゃねって思ったからなんだが。

ただ、シンガポール株だと米国株よりさらに手数料高くて、本来なら貧民的には手を出すべきじゃない気もするが。この辺は気が向いたらまた書くかもしれない。ぶっちゃけ、貧民はシコシココストの低いインデックス投信に分散投資するのが最適解って思い始めてるから、今回の結果も愚かな選択をしてしまった気がしないでもないが。

iHerb

なんか、日曜の夜にiHerbに注文したのが届いたんだけど。詳細は気が向いたら書くかもしれないけど。とりあえず、今iHerbで買う人はお試し品11円のプロテインバー注文しといた方がいいと思う。

California Gold Nutrition, CGN, スポーツ、プロテインバー、ピーナッツバター、ダークチョコチップ、グルテンフリー、2.1 オンス (60 g ) – iHerb.com

比較用に1円玉置いたのでわかると思うが、ぱっと見は小さいけど持ってみると意外にずっしりしてる。栄養成分見てると、なんかスポーツ向けというよりは非常食に近いんじゃねって気はするけど。

まあ、まだ食べてないから食ってみたら味がやばかったとかってオチはあるかもしれないけど。ちなみに、賞味期限は分かりにくいが、商品説明の使用期限が「08/2018」だから、2018/08/01でいいんだろうか。

楽天iHerb

余談だけど、最近のiHerb楽天市場に出店してるみたいだけどって、コンビニ払い対応といい、どれだけ日本進出に力入れてるんだよ。

IHERB

ただ、日本に支店作ったとかじゃなく、出荷から対応までiHerb本家と同じアメリカからみたいだけど。だったら、楽天で買う意味なくねって気がしないでもないが。まあ、iHerbぐらいハードル低くても、直にアメリカ企業に注文して個人輸入するのは抵抗ある人もいるかもしれんな。そういった意味では、今まで利用してなかった新規顧客を獲得する狙いなんだろうか。

今回の感想

そんな訳で、個人的にはiHerbは直接アメリカから買うので、楽天に出来てもほとんど関係ないかな。楽天にショバ代取られるからか、全体的に値段設定も本家より高めだし。けど、急激な円安になった時に価格変更するのにタイムラグがあるなら、楽天で買った方がお得になる可能性もあるんだろうか。

それはともかくとして、もう一つ問題があるとすれば品揃えからな。ちなみに今回注文した商品だと、お試し品以外でも全部置いてないんだよな。メラトニンはまあしょうがないけど。他にも、Two-Per-Dayとか有名所は置いてるんだけど、タブレットのみでカプセルはないとか。

この辺は今後改善するかもしれないけど、現時点だと送料無料の4500円以上買うには、これが最大のネックかな。もっとも、アメリカからの発送でも送料は全国一律443円だけどな。昨今のクロネコの乱とか宅配料金値上げラッシュを見てると、なんか複雑な気分になるな。

本家については↓

iHerb紹介プログラムについて

イオンオーナーズカード返金引換証

なんか、イオンから株主優待関連で第64回株主ご優待返金引換証と、オーナーズカードご利用明細書が届いたんだけど。あと、返金可能店舗の一覧が書いてある案内書も。

ちなみに、店頭での引き換え期限は2017/10/21から2017/12/20までらしい。なので、先走ってもらってすぐ返金しに行っても無駄足になるな。

期限が2ヶ月しかないのは短いと思ったが、それを過ぎた場合は返金引換証の裏に必要な情報を書いて送ると、銀行振込してくれるとのこと。

有効期間は返金開始日から2年だから結構余裕あるな。これなら、少額の返金で郵便代が痛い場合でも、3回分ぐらいまとめて送れば多少緩和されるか。まあ、普通郵便で送れば1回ごとでもいいかもしれないけど。

今回の感想

そんな訳で、返金額は見ての通りしょぼいけど。実質4ヶ月だから、1ヶ月あたりだと約5000円とあまり使ってないな。このペースだと半年フルに使っても、キャッシュバックは1000円程度になるのかな。ちなみに、今回の利用分はイオンのネットスーパーのみだった。

ネットスーパーの利便性から、年をとるにつれ利用機会は増えると思うので、返金額も徐々に上がるとは思うけど。それでも、返金率最低の3%を株買いまして上げようとするのはコスパ悪い気がする。それでも、最低単元の100株買ったのは優待改悪とかなければホールドしといて問題ないだろう。

プリンセスメゾン

なんか、某ブログで紹介してたニュースを読んだんだけど。とりあえず、今読んでる記事やリンク先の記事読む前に、やわらかスピリッツの「プリンセスメゾン」1話をお試しで読むことを推奨。

やわらかスピリッツ – プリンセスメゾン

ニュース記事はこれ。

増える女性のマンション購入 20代会社員「資産になる。買ってよかった」

なお、下のブログはさらっとネタバレしてるんで。コミック買おうと思ってるなら、その前に読まないほうがいいかもしれない。

*注意
タイトルで既に軽くネタバレしてるんでアンカーテキストをブログ名に変更してます
40代貯金2000万でセミリタイア

最初この作品の内容を聞いて、NHKがドラマ化するような話題作なら、ワンルームマンションの人とかが絶賛してないのはおかしいと思ったが。1話読む限りだと、この主人公なら内藤忍氏みたいなセールストークにそそのかされて買うようなたまじゃないから、紹介したら逆効果だろうな。もっとも、投資用マンションじゃなく自分で住むための物件探してるんだろうから、畑違いと言えばそうなんだが。

増える女性のマンション購入?

本題の産経ニュースの記事に戻るけど、ここではマンション購入例を出してるんだが。51歳のシングルマザーの契約社員が自己資金300万円で、大阪ミナミの築28年のマンション買ったのと。20代の女性会社員が2350万円を35年ローン組んで、大阪天王寺区の築19年2LDKのマンションの2例なんだが。

ちなみに、前者の物件って自己資金の不足分が530万円なんだけど、このぐらいの金額でもローン借りれるんだ。後者は独身だとすると、20代で35年ローン組むってのは、かなり重い女になるんじゃね。まあ、このぐらいの不動産買っても痛くないぐらい、高年収か金融資産とか相続財産があるんなら別だけど。

これらの良し悪しは実際の物件見ないとなんとも言えないし、将来的には大阪の地価が上がってウハウハになる可能性もあるかもしれないけど。

今回の感想

そんな訳で、マンション購入と言っても、自分じゃ住まないで貸して大家業やるってワンルームマンション投資みたいな話じゃなく、終の棲家になってもいいような話なんだな。

ただ、個人的にはマンション買うなら、維持管理がまともに行われるという前提で、自分の年齢マイナス20年ぐらいの築年数までにしとかないと年取ってからヤバいと思うけど。そうなると、51歳のシングルマザーは築年数だけ見れば、まあ逃げ切れるならいいんじゃね。非正規でローン払い終わる前に仕事なくならなきゃいいけど。

20代の女性会社員は、その若さでいきなり人生の選択肢を狭めてしまったような気がしないでもない。賃貸に出せば約12万の家賃と言っても皮算用だからな。2LDKなら借り手が付けば、ワンルームマンションより長期契約になりそうだけど。そうなると、ネックはやっぱ築年数かな。なんせ、ローン払い終わったら築54年の築古物件だからな。