Posts tagged ‘投資信託’

投信積立損切り

こないだ、楽天証券の特定口座確定益相殺するためスターハブの株を売ったんだけど。

スターハブ一部損切りしたお -そろそろ損益通算の季節-

まだ利益がそこそこあったので、最近含み損が拡大してる投資信託損切りした。ちなみに解約したのは先週金曜で、対象は毎営業日100円手動積立やってた、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」「iFree S&P500インデックス」「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」の3つと、毎月1,000円積立の「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」

例によって特定口座なんで、翌営業日に書い直したんだが。なんか、25日は米国市場が休みで休業日なんで、注文は翌日扱いになるっぽい。

なお、S&P500に関しては、iFreeから「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」に乗り換えた。なんせ、eMAXISの方が後発なのにiFreeの残高超えてるし、なにより信託報酬が安いからな。

eMAXISと言えば、インデックス投信としては今では割高になった無印eMAXISの後出しでSlimを出してきたんだけど。ニッセイみたいに信託報酬を下げるでもなし、別商品なんで無印から乗り換えも出来ず、無印で積立してた人は未だに割高な無印を保有せざるを得ない塩対応なんだけど。まあ、仮にSlimで無印と同じようなはめ込みでeMAXIS SkinyだかeMAXIS Zeroだか出すにしても、現在のSlimの水準から下げる余地はほとんどないような気がするのでよしとすることにした。

余談だが、eMAXIS無印ユーザーは手数料高いのにSlimeに乗り換えない理由については、おそらくeMAXISがインデックス投資の最適解ともてはやされた時代に投資を始めた人は結構な含み益になってるから、乗り換えると利益の2割が税金で取られるからな気がする。

今回の感想

そんな訳で、eMAXIS三菱UFJ国際投信について思うところはあるけど、信託報酬に関しては安さは正義だからオレは食うだけ。

しかし、現時点だと毎営業日積立以降の積立投信は全部含み損になってるんだが。ぶっちゃけ、ここ1年ちょいの積立よりマネーブリッジの0.1%普通預金にしてたほうがマシだったどころか、そっちの方が全然良かったってことなんだよな。

ちなみに、一番成績いいのが -9.62% の「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」で、悪いのが -18.84% の「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」って、投資信託が1年で出せる数字じゃねえって気がするが、現実は厳しい。

ワリート最終損益

なんか、ワールド・リート・オープンの取引報告書が来たんで確認したところ、解約時の基準価額がさらに下がって最終確定益は約3.05%にまで落ち込んでたよ。銀行預金には勝ってるとは言え、TOPIXのインデックス投信の方が全然マシだったのは不甲斐ない気がする。

EXE-i

参考までに、同時期に始めたEXE-iグローバルREITファンドの方は、現時点で+13.78%らしい。これ一時期+30%ぐらいあった気がするんだけど、盛者必衰だな。

まあ、ドンマイ

インデックス投資には勝てなかったよ

早くも今年の損益調整で損切り確定してるワールド・リート・オープンだが、なんとなく全解約した。確定損失3万超えぐらいだが、トータルでは現時点では一応1万5千ちょいのプラスらしい。

だいたい2年と1ヶ月のパフォーマンスは、暫定で約+4.55%ってとこか。銀行預金と比べれば、まあこんなもんだろうけど。ここ2年の相場を考えると、修学旅行の入浴時にタオルで前を隠さなきゃならないようなお粗末さかも。

Smart-i先進国リート

で、ワリート売った資金の乗り換え先だが、今度は低コストの先進国REIT投信にした。選んだのは、りそなアセットマネジメントSmart-i 先進国リートインデックス。巷でよくある、S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)のインデックスファンド。

ファンド詳細│投資信託│りそなアセットマネジメント

この投信、見ての通りコストは最安クラスなんだけど、とにかく資産総額低い低すぎる。その点が気にならないわけじゃないんだけど、まあその時はその時。

それ以外の問題は、Smart-iだとワリートに入ってた国内REITがなくなるとこだが。現時点の月報によると、ワリートの日本の比率は3%程度だから、まあどうでもいいか。なんか日本の不動産が爆下げでもしたなら、こっちもSmart-iのJリートインデックスを買えばいいか。

今回の感想

ワリート毎月分配型が悪いんじゃなく、高コスト投信のせいだと思う。まあ、分配金を出さずに内部で再投資したほうが、税金払わず済むから有利ってのは別腹だけど。

今回の件で、投資の教科書通り投資信託におけるコストは最重視すべきだと、身をもって思い知ったよ。都会の風に逆らうオレ様カッケーみたいな感情は、中学生ぐらいで卒業すべきだな。

ワリート分配金

3月のワールド・リート・オープン分配金が確定したんだけど。今回もまた全額特別分配だったよ。株には「買うは易し売るは難し」みたいな格言があるけど、投資信託も一緒な気がする今日このごろ。

ちなみに現在の損益は、まあ、こんもんじゃね。

これ損切りしたら、次はリートじゃなくハイテク株とかにしようかな。

小型PCの誘惑

最近、オーナーライブラリで読んだ本の影響もあってか、なんか小型PCが欲しくなったりした気がするんだけど。

小型PCで遊ぶ 2017冬


で、Amazonとか楽天で商品探したり、BTOのカスタマイズとか色々やってたんだけど、なんとか欲望なんかに負けたりしないですんだよ。

LIVA Z

ちなみに、今回の物欲はLIVA Zシリーズの小型パソコン。このシリーズ、CPUの種類とOSの有無でいくつかバリエーションがあるが。欲望と戦ったのは一番安い、CPUがCeleronでOSがついてないタイプ。

ECS 小型デスクトップパソコン LIVA Zシリーズ Celeron N3350/メモリ4GB/eMMC32GB/OSなし LIVAZ-4/32(N3350)

新品価格
¥18,700から
(2018/3/8 23:33時点)

OSなしでどうするのかと言うと、これにLinux入れようかと考えてたんだけど。というのも、Windows 10で使うなら標準のストレージ32GBだから少なすぎる。かといって、SSD増設できてもスロットがコスパの悪いM.2 2242なんだよね。だったら、32GBでもなんとかなりそうなLinux入れれば安上がりなPCになるんじゃね。まあ、諸般の事情で断念したが。

で、購入金額をつもり貯金しようと思った時の価格が18,880円だったが。これをiFree S&P500楽天VYMに3日間に分けて分散すると計算が面倒になるので、3,000円×6回の18,000円にしといた。この画像は3日目の注文分。

なお、投資信託の損益については……少し積立を始めた時期が早かったかな。もしくは遅すぎたかな。

今回の感想

そんな訳で見事欲望をしずめたんだけど。なんか、元貧BP氏がLenovoのノートPC注文したとか見てたら、またなんか買いたくなってきた気がする。

ただ、CPUの脆弱性が完全に解決してない今は買うな時期が悪いって気がするんだが。

Intel、第8~6世代CPUで脆弱性対策後のベンチマーク結果を公開

まあ、普通にPC使う人なら気にならなさげな気がするが。