マネックスが信託報酬高い投資信託にしかマネックスポイント付かない塩対応を改善したぞ -今となっては心の底からどうでもいい?-


Susanne Jutzeler, suju-fotoによるPixabayからの画像

マネックスポイント

なんか、マネックスがインデックスファンドとかの低コスト投信にマネックスポイント付けない塩対応を一部改善したらしいんだけど。

投信マネックスポイントの取得対象が拡大

と言っても、付与率0.08%から0.03%に減らすせこさだけど。ついでに「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」みたいに対象外も若干あるけど。これだと、0.03%投信のポイント還元率はマネックスと楽天証券どっちがいいのか、私気になります。

投資信託でポイント

まあ、投資信託どこで買うのが一番お得みたいな記事は、インデックスブロガーとかが計算して書いてくれるだろうと思ったら、流石本職仕事が早い。

【マネックス証券】投信マネックスポイントの取得対象が拡大。低コスト・インデックスファンドも対象に。

ただ、楽天だと「10万円ごと」だから残高次第ではマネックスの方が有利なケースがあるかもしれんな。知らんけど。

ポイントをためる

それでも、インデックスが多そうな低コストの0.03%投信なら積立が主流な気がするから、だったら購入時のみとはいえ上限月5万までなら楽天カードで積立して1%のポイント貰えるほうが大きい気がする

楽天カードクレジット決済で投信積立ができる!

ちなみに、以前に書いた記事読み直してたら、楽天の投信残高のポイントはハッピープログラム以外に投資信託資産形成ポイントってのもあったか。こっちは残高50万以上じゃないとポイント付かないみたいだが。

投資信託を買うならマネックス証券がお得って、知ってた? -2013年04月分のワールド・リート分配金と手動積立-

投資信託資産形成ポイント

楽天銀行「ハッピープログラム」において、投資信託資産残高に応じてポイントを受取っていらっしゃる場合、当「資産形成ポイント」の付与対象外となりますのでご注意ください。

楽天だとハッピープログラムと投資信託資産形成ポイントの併用は出来ないけど、ハッピープログラムのメリット考えるとハッピープログラム一択な気がする。

マネーブリッジ、楽天銀行の普通預金の金利 0.02%を0.10%にするサービス

今回の感想

そんな訳で、現在の楽天証券の投資信託残高の保有ポイントと楽天経済圏の囲い込み戦略がここまでくると、マネックスの後手後手の対応はニーメラー牧師を彷彿させるな。マネックスも米国株は先の先を取る攻撃的なスタイルだったのに、投資信託は2種類とはいえバンガードの商品を早くから取り扱ってた目の付け所は良かったんだけどな。

以下余談

Shock! Shock! Shock! Monex Shock!

そういえば、マネックスって昔は宗教上の理由だかで信用取引に対応してなかったのに、いつの間にか手のひら返しで信用取引はじめてたな。もっとも、めまぐるしく変わる世界経済情勢を考えれば、時流に乗ってサービス改変するのも当然なのかもしれんな。知らんけど。

信用取引で思い出した。マネックスと言えば、ライブドアショックの後にライブドア株掛け目ゼロにして、ライブドア株を担保にしてた人に信用取引のヤバいですねさを衝撃をもって教えた過去があったのを。そう考えると、当初のスタイルはトレーダーじゃなく資産運用したい個人投資家には良心的だったのかもしれんな。知らんけど。

最近の若いもんは知らないかもしれんが、それが世に言う「マネックスショック」なんだけど、この記事ではその点を意図的なのかは知らんが無視してるな。まあ、ライブドアで2階建てとか3階建てするような人では億り人になるのは難しいってことなのかもしれんな。知らんけど。

信用取引のススメ【億り人からのアドバイスも】

参考

マネックス・ショック

ライブドアショックの舞台裏とその余震

屈辱の投信積立一部解約 -楽天証券投資信託成れの果て2018-

投信積立損切り

こないだ、楽天証券の特定口座確定益相殺するためスターハブの株を売ったんだけど。

スターハブ一部損切りしたお -そろそろ損益通算の季節-

まだ利益がそこそこあったので、最近含み損が拡大してる投資信託損切りした。ちなみに解約したのは先週金曜で、対象は毎営業日100円手動積立やってた、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」「iFree S&P500インデックス」「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」の3つと、毎月1,000円積立の「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」

例によって特定口座なんで、翌営業日に書い直したんだが。なんか、25日は米国市場が休みで休業日なんで、注文は翌日扱いになるっぽい。

なお、S&P500に関しては、iFreeから「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」に乗り換えた。なんせ、eMAXISの方が後発なのにiFreeの残高超えてるし、なにより信託報酬が安いからな。

eMAXISと言えば、インデックス投信としては今では割高になった無印eMAXISの後出しでSlimを出してきたんだけど。ニッセイみたいに信託報酬を下げるでもなし、別商品なんで無印から乗り換えも出来ず、無印で積立してた人は未だに割高な無印を保有せざるを得ない塩対応なんだけど。まあ、仮にSlimで無印と同じようなはめ込みでeMAXIS SkinyだかeMAXIS Zeroだか出すにしても、現在のSlimの水準から下げる余地はほとんどないような気がするのでよしとすることにした。

余談だが、eMAXIS無印ユーザーは手数料高いのにSlimeに乗り換えない理由については、おそらくeMAXISがインデックス投資の最適解ともてはやされた時代に投資を始めた人は結構な含み益になってるから、乗り換えると利益の2割が税金で取られるからな気がする。

今回の感想

そんな訳で、eMAXIS三菱UFJ国際投信について思うところはあるけど、信託報酬に関しては安さは正義だからオレは食うだけ。

しかし、現時点だと毎営業日積立以降の積立投信は全部含み損になってるんだが。ぶっちゃけ、ここ1年ちょいの積立よりマネーブリッジの0.1%普通預金にしてたほうがマシだったどころか、そっちの方が全然良かったってことなんだよな。

ちなみに、一番成績いいのが -9.62% の「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」で、悪いのが -18.84% の「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」って、投資信託が1年で出せる数字じゃねえって気がするが、現実は厳しい。

ワリートは完全敗北と言っても過言ではなかろう

ワリート最終損益

なんか、ワールド・リート・オープンの取引報告書が来たんで確認したところ、解約時の基準価額がさらに下がって最終確定益は約3.05%にまで落ち込んでたよ。銀行預金には勝ってるとは言え、TOPIXのインデックス投信の方が全然マシだったのは不甲斐ない気がする。

EXE-i

参考までに、同時期に始めたEXE-iグローバルREITファンドの方は、現時点で+13.78%らしい。これ一時期+30%ぐらいあった気がするんだけど、盛者必衰だな。

まあ、ドンマイ

ワリート撤退してSmart-i先進国リートに乗り換えた -やっぱりREITが好き-

インデックス投資には勝てなかったよ

早くも今年の損益調整で損切り確定してるワールド・リート・オープンだが、なんとなく全解約した。確定損失3万超えぐらいだが、トータルでは現時点では一応1万5千ちょいのプラスらしい。

だいたい2年と1ヶ月のパフォーマンスは、暫定で約+4.55%ってとこか。銀行預金と比べれば、まあこんなもんだろうけど。ここ2年の相場を考えると、修学旅行の入浴時にタオルで前を隠さなきゃならないようなお粗末さかも。

Smart-i先進国リート

で、ワリート売った資金の乗り換え先だが、今度は低コストの先進国REIT投信にした。選んだのは、りそなアセットマネジメントSmart-i 先進国リートインデックス。巷でよくある、S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)のインデックスファンド。

ファンド詳細│投資信託│りそなアセットマネジメント

この投信、見ての通りコストは最安クラスなんだけど、とにかく資産総額低い低すぎる。その点が気にならないわけじゃないんだけど、まあその時はその時。

それ以外の問題は、Smart-iだとワリートに入ってた国内REITがなくなるとこだが。現時点の月報によると、ワリートの日本の比率は3%程度だから、まあどうでもいいか。なんか日本の不動産が爆下げでもしたなら、こっちもSmart-iのJリートインデックスを買えばいいか。

今回の感想

ワリート毎月分配型が悪いんじゃなく、高コスト投信のせいだと思う。まあ、分配金を出さずに内部で再投資したほうが、税金払わず済むから有利ってのは別腹だけど。

今回の件で、投資の教科書通り投資信託におけるコストは最重視すべきだと、身をもって思い知ったよ。都会の風に逆らうオレ様カッケーみたいな感情は、中学生ぐらいで卒業すべきだな。

【2018年03月】ワールド・リート分配金(第二部) -そろそろ乗り換え先考えとくか-

ワリート分配金

3月のワールド・リート・オープン分配金が確定したんだけど。今回もまた全額特別分配だったよ。株には「買うは易し売るは難し」みたいな格言があるけど、投資信託も一緒な気がする今日このごろ。

ちなみに現在の損益は、まあ、こんもんじゃね。

これ損切りしたら、次はリートじゃなくハイテク株とかにしようかな。