SQLite Integrationの設定が保存されないアレを改善するプラグインがあるのか

SQLiteでWordPressの闇?

なんか、WordPressのデーターベースを本来対応してないSQLiteに対応させるプラグイン「SQLite Integration」の、設定が変更できない謎の現象を改善するプラグインがあるみたいだが。

1回設定してはいそれまでよなら直接データーベースをいじれば済むかもしれんが、頻繁に変更する人やデーターベース直はヤバいですねって人だとプラグインのほうがありがたいかもしれんな。知らんけど。

  • WordPressをSQLite Integrationで運用して、管理画面の設定が変更できない人は.ht.sqliteを直接変更すればOK? -自己責任だぞ-
    https://hatarakitakunee.com/wp/?p=8625

SQLite Integration

ちなみに、SQLite Integrationだが、現時点だとwordpress.orgのプラグインページからは「ガイドライン違反」で落とせないっぽいんだけど。

このプラグインの公開は2019年6月29日に停止されており、ダウンロードできません。 理由: ガイドライン違反

単に、作者と連絡取れなくなったのが原因みたいなんだが。

そういえば、結構前からSQLite Integration(ja)の公式ページっぽいとこがあぼーんしたと思ってたら、今では別の人がサブドメインとったのかがらりと内容が変わってるのな。

  • スタッドレス交換を激安特価で!ブランド志向から価格重視の30代サラリーマン必見のタイヤショップはズバリこれだ!
    http://dogwood.skr.jp/

今回の感想

そんな訳で、SQLite Integrationは、通常はMySQLとかが必要なWordPressがPHP使えるならほとんど対応してるっぽいSQLitieさえあれば使えるようになるありがたいプラグインだけど、今後も大丈夫だ問題ないと言い続けられるかは心配になってくるな。

まあ、よほどの物好きでもなければこれ使うのはレンサバがSQLiteしか対応してないとこだろうから、今後もWoredPressを使い続けるならSQLite Integrationで強行するか、MySQLとかが使えるサービスに移行するとかの判断を迫られる時期に来てるのかもしれんな。知らんけど。

個人的には、今SQLite Integration使ってるサイトは、お手軽だから致命的な不具合出るまではこのままでいいかと思ってるけど。

https://sqlite.hatarakitakunee.com/

今後新しくサイト作る場合は、Static Site Generatorで作りたいと思ってるんだけど、導入がWordPressより手間暇かかって面倒臭そうなんだよな。まあ、一度環境構築して運用ルーチンが決まればWordPressより楽になるとは思うんだけど。

もっとも、緊急性はないから現時点では優先順位は低い気がしないでもない。

テキストエディタにGoogleドキュメントやWordが入る時代になったのか?

テキストエディタGoogleドキュメント?

なんか、Googleドライブで使えるテキストエディタ探してたら、Googleドキュメントをすすめる記事を見つけたんだが。とりあえず、GoogleドキュメントやWordはエディタというよりワープロじゃね。それとも、もはやワープロって言葉自体が死語になってるのか、私気になります。

ブログ入門のテキストエディタに「Googleドキュメント」をオススメする理由

ついでにワープロを調べてみたら、ワードプロセッサーの略でハードとソフトがあるって、ワープロ専用機のことは完全に忘れてたな。

ワープロとは - コトバンク

閑話休題。まあ、Googleドライブ内のテキストファイルならGoogleドキュメント使うのが一番お手軽なのは同意だけど。ただ、ブログ執筆で使いたいのは、GoogleドキュメントじゃなくGoogleテキストなんだよな。ぶっちゃけ、ここまでGoogleドライブでのテキストの扱いがひどいと、GoogleのエンジニアってGoogleドライブ使ってないんじゃねって気がしてきた。

ここで、思い出した。GoogleってGithubみたいなサービスがあることを。

Cloud Source Repositories - コードを保存、管理するためのプライベート Git リポジトリ  |  Google Cloud

やっぱ、Googleでテキストエディタが必要そうなエンジニア系は、Googleドライブじゃない開発環境使ってるんだろうな。そう考えると、Googleドライブでテキストエディタがないのも納得できる気がする。

今回の感想

そんな訳で、Google謹製のGoogleドライブ対応テキストエディタには期待できないから、サードパーティ製の使うしかないかな。現時点だと、StackEditがあれば用が足りる気がしないでもないが。なんか、同期されない時があったり、感覚的にGoogleドライブとの連携がいまいちしっくりこないんだよな。

StackEdit – In-browser Markdown editor

ChromeBook使ってるわけじゃないから、オンラインですべて完結させずにローカルに頼ってもいいとは思うけど。将来的には、出来るだけ身軽になるためにも、ローカル環境の依存度は下げときたいところ。

ブロガーおすすめテキストエディタ?

ついでに、個人的なブロガーブログ執筆におすすめのテキストエディタでも書いとく。マルチプラットフォームデータ同期するなら、とりあえずSimplenoteでいいと思う。

Simplenote

まあ、ネットに繋がらないと地獄見るけどね。

simplenoteのweb版が落ちてるんで、ChromeのStackEdit使ってる

そうならないためには、アプリ版もダウンロードしといたほうがいいかも。あと、バックアップはこまめにとっとくべきだな。

SimplenoteのアプリってWindows版もあるんだな

SimplenoteのWeb版だけがアクセスできなかった理由が判明

ローカルのみでいいなら、Windowsならフリーウェアでも優れたアプリあるから、どれでも好きなの使えばいいんじゃね。個人的にはここ最近は、EmEditor Freeしか使ってないけど。キーバインドカスタマイズ出来るのが必須な人じゃなきゃ、だいたい問題ないと思う。

EmEditor (テキストエディタ) – Windows用テキストエディター

AndroidだとJota Text Editorで決まりな気がする。なんか、Androidアプリが使えるChromebookでも、これが定番って話を聞いた気がする。

Jota Text Editor - Google Play のアプリ

もっとも、私の場合エディタの基本的な機能しか使ってないから、ぶっちゃけGoogleドライブでGoogleドキュメントでテキスト編集するのと大差ない気がしないでもないが。GoogleもGoogleテキストまでいかなくても、Googleドキュメントのテキスト編集モードとか作ってくれればなあ。

スターサーバー(旧ミニバード)でzipファイルをリモート上で解凍する方法があったのか

リモートでzip解凍

ファイルマネージャーが低機能でzipファイルをリモートで解凍出来ないから、ローカルで解凍したファイル全部FTPで送るのが面倒くさいスターサーバー(旧ミニバード)なんだけど。あまりに面倒なんでググってみたら、そのものズバリな解決方法が見つかったっぽい。

FTPで大量ファイルのアップロードに失敗する時の対応方法

元ネタは、似たようなリモート解凍出来ないシステム使ってるエックスサーバー用らしい。スターサーバーもエックスサーバーの関連会社、ネットオウルのサービスだからか、上記リンク先のスクリプトのzipファイル名変えただけで動作した。この方法を思いついた人には感謝だな

余談だけど、セキュリティーがーな理由でSSH禁止してたエックスサーバーも、いつの間にかSSH使えるようになったからもうこの方法は不要だろうな。スターサーバーの方は未だに使えないままだけど、エックスが解禁してるんだから上位プランあたりは使えるようにしてもいい気がしないでもない。

今回の感想

そんな訳で、スクリプト書き換えてアップする手順が増えるとはいえ、どうせzipファイルもFTPするんだからたいした手間じゃないな。WordPressの手動インストールとかだと、今まで数千のファイルをいちいちアップしてたことを考えれば、むしろ超快適じゃね。

とはいえ、いくらスクリプトでzip解凍できるからって、SSHとは言わないからせめてスターサーバーのファイルマネジャー上で圧縮・解凍ぐらいはしたいことには変わらないけど。



ブログと言えば「mesh抜きでは日本におけるblog草創期を語れない」って言いすぎ?

アンチ

なんか、とあるインフルエンサー事実婚結婚したら、長年のアンチと思われる人から粘着コメントもらったみたいでいろいろとつぶやいてたんだけど。

昔、宅八郎氏が森高人形持ってテレビに出てた頃、森高千里サイドから訴えられたらどうするって言われて、そうなったら本望とか言ってたのを思い出した。そう考えると、多分これご褒美

昔作ったホームページの掲示板に、グロ画像貼られまくったことを思い出したって、知り合いが言ってた。

ブログ

前置き長かったけど本題。はあちゅう氏のツイートに「18歳でブログ始めた時」とか、「あれからもう14年」って記述があるんだけど。ブログってそんな昔からあったのかとググったら、Amebaが2004年9月設立らしいから、ブログ自体はその前からあるっぽいな

アメーバブログ - Wikipedia

そうなると、「mesh抜きでは日本におけるblog草創期を語れない」事件はその前なのか、私気になります。ついでにググったら2002年だったか

2002年のブログ騒動について今更振り返る : 佐倉葉ウェブ文化研究室の作業報告書

この頃のブログと言えば、今主流のWordPressじゃなく、Movable Typeの天下だった気がする。けど、その後に登場した、ブログの女王と呼ばれた眞鍋かをり氏は無料ブログ使ってたような。そうなると現在のブロガーって、ブログサービス使ってる人とレンタルサーバーでCMS系インストールしてる人のどちらが多いのか、私気になります。

小屋マジック月42,000円をタネ明かしをすると月2万円の保険が隠れてた?

氷川爽助

ちょっと前の記事なんだけど、小屋暮らしブロガーNHKにも出たことのある氷川爽助氏が、人生の3大支出の一つ保険について書いてるんだけど。氷川氏のブログのすべての記事を読んでるわけではないが、なんかゲンスルーがツェズゲラにボマーの話を振ったような不自然さを感じるような気がしたのが、私気になります。

無駄に保険をかけていたあの頃…(遠い目

記事の内容自体は、よくある保険見直して月々の支出がこんなに安くなりましたブイって感じだが。氷川氏がこれまで月2万払ってたってのは意外すぎるんだが。

当時、親に言われるまま知り合いの保険屋さんに加入して毎月2万円以上飛んで行ってた。

というのも、この人前に小屋マジックだかのテーマでテレビ出演した時、1ヶ月の支出を公開してたんだけど。その金額にこの月2万の保険が入ってた記憶が無いんだが。念の為メモを確認したところ、合計42,000円の中にそれらしきものは入ってなかった。

食費 10,000円
電気 0円
水道 0円
ガス 0円
WiFi 2,000円
ケータイ 3,000円
健康保険 15,000円
ガソリン 12,000円
TOTAL 42,000円

ついでに年金も入ってないし、車もあったような気がするけどこっちの保険や税金も書いてないな。当時なんか仕事してたはずだから、もしかして健康保険は社保で年金込みなのかもしれんけど。

そんな保険で大丈夫か?

それはともかく、保険見直し本舗で見直した結果がこれなんだけど。がん保険は好みの問題だろうが、県民共済なら年齢関係なく保険料は一律だろうから、アラサーの選択肢なら60歳ぐらいまでは悪くないと思うが。

最終的に県民共済とがん保険だけ入っておいて、後は全部解約しちゃいましょうということで話がつきました。

ただ、氷川氏ってもうすぐ結婚するんじゃなかったっけ。なのにそんな保険でだいじょうぶなのか、私気になります。

正直、がん保険も要らない気がするし家出来て結婚するとなるとまた考え直さないといけないだろうから、その時はまた相談しようと思ってます。

まあ、その時はその時でまた考えるみたいだけど。