Posts tagged ‘電子書籍’

フリースタイル26 特集 マンガにとって「絵」とはなにか(江口寿史×上條淳士)

字が多いんで後回しにしてたが。江口寿史先生と上條淳士先生の対談目的なので、他はほとんど読んでない。こういう美味しいとこ取りできるのもアンリミのメリットだな。

個人的には対談内容は興味深かったが、買ってまで読むかと言われると悩む。まあ、江口先生とか執筆陣に興味ある人ならアンリミで読んで、永久保存版だと思ったら買ってもいいんじゃね。電書は権利レンタルだから永久とはいかないけど。

フリースタイル26 特集 マンガにとって「絵」とはなにか(江口寿史×上條淳士)

CARトップ (カートップ) 2018年 7月号

表紙につられたが、皆藤愛子氏は表紙以外は写真が1枚で拍子抜け。この手の雑誌ってメインの購買層がおっさんだろうから、もう少しグラビアとかに力入れてもいいんじゃねって気がする。しかし、皆藤氏もけっこういい年だったと思うが、やはりあざとい。

電子書籍にも、おまけの創刊号選り抜き版も収録されてるのは好印象だが。紙と違って印刷や物流コストのかからない電書なら、ダイジェストなんてケチなこと言わず1冊まるごと収録しろよって気がしないでもないが。おそらく、紙より優れた電子書籍など存在しないってことなんだろうと、なんとなく納得した

CARトップ (カートップ) 2018年 7月号 [雑誌]

セガアーケードクラシックス Vol.1: セガゲーに魅せられた米国人ゲーマーによる渾身の一冊

なんというか、カタログ的な文章で面白みがなく途中で断念。気が向いた時にパラパラ見る分にはいいんじゃね。読み物と言うより資料って感じ。

セガアーケードクラシックス Vol.1: セガゲーに魅せられた米国人ゲーマーによる渾身の一冊

上坂すみれの文化部は大手町を歩く

タイトルというか上坂すみれ氏の名前につられてスケベ心丸出して読んでみたが、そういう人には向いてない模様。全部読んでないので、もしかしたらどっかにサービスカットとかが隠れてるのかもしれんが。まあ、ファンの人にはいいんじゃね。いや、ファンなら買ってるか。

上坂すみれの文化部は大手町を歩く (NextPublishing)

そんな訳で、そういう目的なら声優雑誌にしとけ。

週刊大衆 2018年5月21日号

せっかくのアンリミなんで、普段読まない雑誌も読んでみることにしたんだが。まずは週刊大衆。どうでもいいが、かりあげクンの新作が未だに描き続けられていたことに、驚きを隠し得なかった。

週刊大衆 2018年5月21日号[雑誌]

この手の男性週刊誌で熟女グラビアは誰得なんだろうか、私気になります。まあ、読者層のメインはオッサンだからなんだろうが。中島史恵氏はアラフィフにしては見事だと思ったが。この手のグラビアならブックオフで安売りしてる写真集の方がいい気がしないでもない。なお、袋とじ電子書籍版にも収録されてるのは好印象。で、雛形あきこ氏の袋とじも見たんだが。

こっちは今じゃなく、全盛期の雛形あきこ氏で安心。なんで今更と思ったら写真集発売されるのか。

雛形あきこアーカイブ写真集『Springtime 雛形あきこ』

新品価格
¥4,104から
(2018/5/19 21:41時点)

まあ、熟女ヌードじゃなく昔の再録っぽいのはいいんじゃね。当時の雛形あきこ氏なら今でも通用しそうだし。ただ、紙オンリーでページ数と値段見るとボッタクリっぽいのが、私気になります。

デジモノステーション 2018年 6月号

キャンピングカーの特集目当てで読んだんだが、値段高すぎ。これなら中古の土地付きの家買った方が良くねって気がする。かと言って、なんとか買えそうなだとせいぜい一時的な車中泊ぐらいしか使えなさげだし。トレーラータイプが一番現実的な気がするが、これでも定住するのは無理ゲーっぽい。

デジモノステーション 2018年 6月号 [雑誌]

シューティングゲームサイド Vol.10

こんな中身の濃いレトロゲーム雑誌があったとは。もっとも、現在は休刊してるけど。需要の関係かネタ切れなのか、私気になります。

「ゲームサイド」シリーズ 休刊のお知らせ

内容については、特集のファンタジーゾーンテラクレスタは、当時の資料や関係者インタビューとか読み応えあり。他のは個人的にはあまり興味なかったかも。

ただこれ、おっさん以外の若者はレトロゲームに興味があるとかプレイしてるでもない限りは楽しめなさ気な気はする。

シューティングゲームサイド Vol.10 (GAMESIDE BOOKS)

声優アニメディア 2018年5月号

佐倉綾音氏って結構大きいから、戸松遥氏みたいな写真集出せばいいのに。戸松氏はやっぱスタイルいいな。

声優アニメディア 2018年5月号 [雑誌]

ディスクシステム(裏)報告書

このシリーズ、ゲームラボという雑誌の特集だけバラ売りしてるっぽい。ぶっちゃけ、ページ数の割に割高なので買うのはおすすめしないが、アンリミなら興味あるのだけ読んでも無問題。

内容はリアルタイムでディスクシステムのゲームやってたオッサンならいいんじゃね。某ファミコン芸人が監修した本と違って、かなり小さいスペースだがコピーツールについても触れてるし。

あらためて読むと、ディスクシステムって先進的な取り組みだったんだな。それと、ZANACは片面だったなそういえば。オンメモリかどうかは書いてないが、ググったらやっぱそうだったぽい。ディスクシステムのRAMアダプタって、ファミコン的には結構大容量だったから可能だったんだな。

ZANAC – バーチャルコンソール うぃき – アットウィキ

それにしても、ZANACはWiiのバーチャルコンソールで出てたのか。どうでもいいけど、switchってVCないのはファミコンミニとかで信者から集金するのに邪魔だからやってないのか、私気になります。

ディスクシステム(裏)報告書