ギャラリー自撮り事故で2,200万被害らしいが -これ応用した新たな悪徳商法が出来そう-

自撮り事故

なんか、アートギャラリーで展示作品を破損した事故映像がテレビのニュースでも取り上げられていたんだが。

https://www.youtube.com/watch?v=gS6M9c3q9xY

この件で、作者は弁償を求めないとか言ってるみたいだが、こういうのって何らかの保険とかに入ってないのか。しかも、気の利いたコメントまで出してる。

美術館で自撮り⇒転倒して2200万円の作品を破損⇒作者が大人のコメント

なんかデジャヴ感じると思ったら、以前にも似たような事故が最近あったな。草間彌生氏と言う著名な芸術家の作品にも関わらず、全然話題にもならなかったが。

草間彌生のかぼちゃが壊れたが、さすが世界のKUSAMAだ、なんともないぜ?

今回のサイモン・バーチ氏は、アーティスト的な知名度は草間氏より上とは思えないが、監視カメラっぽい映像が残ってて絵的にも絵になるから話題になったんだろうか。

今回の感想

そんな訳で、不運と踊っちまった時に今回みたいに見逃してもらえればいいけど、そうとは限らないからな。個人向けの賠償責任の保険か、その手の特約付けた方がいいかもしれんな。

関連記事

ブログランキング にほんブログ村

拍手ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください