きちんと蓄えとかなくて後悔のない生き方をしてる人には、守るべきものも守るべき人もない?

オウム弁当

なんか、岸部四郎氏の追悼記事みたいなので奥さんのエピソードを読んだんだけど。

07年6月、本誌で13年間の夫婦生活を回想した岸部さん。小緒理さんはマネージャーでありスタイリスト、運転手でもあったと告白。その苦労についてこう語っている。

「食事の管理から栄養、糖尿にならないようにとか、彼女は熱心でしたね。特別のおにぎりを作って楽屋弁当とかいっさい食べさせない」

「ルックルックこんにちは」の頃は再婚してなかったからオウム弁当を食べたりしてたのか、私気になります。

今回の感想

そんな訳で、岸部氏って独身時代から健康に気を使っていたっぽいな。しかし、ルックルックの頃は金ならあるっぽかったから、もっと食事に金かけてもよさげだった気もするんだけど。

もしかすると、岸部氏みたいな仕事をしてるとヘルシーさだけでなく、24時間営業宅配可能「オウムのお弁当屋さん」の利便性にも魅力を感じていたのかもしれんな。知らんけど。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください