日本でUberが無害なのはタクシー業界が白タク絶対殺すマンだから?

ライドシェア

なんか、米国ではUberとかのライドシェアサービス交通量を減らすんじゃなく増やしてるって記事を見たけど。タクシーの相乗りが増えれば他の交通機関が減るみたいなものか、私気になります。

そうなると、白タク違法でUberが金額的にはあんまメリットなさげな日本だと関係ない話でファイナルアンサーかもしれんな。

相乗り

Uberがヘルモードの日本だと、日本の規制下で割高になったUber使うメリットないから、むしろタクシー会社相乗りアプリとか作ったらいいのかもしれん。そんな風に考えていた時期が私にもあったんだけど、そうなるとタクシーの売上が減りそうだから無理ゲーかもしれんと気づいた。まあ、タクシー会社と関係ない会社がやるなら問題ない気がすると思ったら、すでにそのものずばりなアプリがあった。

ついでにググってたら、「道路運送法では、タクシーは1回の運送につき1つの運送契約という決まりがあり、原則として相乗りは禁止されている」のを知ったって、どこまでタクシー会社に甘いんだろ。

さらについでに、「タクシー 天下り」とかでググってみたらつまりそういうことっぽいな。知らんけど。

閑話休題。ちなみに、日本交通では相乗りの実証実験してたみたいだがすでに終了してる事を考えると、やっぱタクシー会社的には相乗りされたくないのが本音なのか、私気になります。

  • 相乗りタクシー by 日本交通|通勤・終電後・鉄道遅延時にお得に使えるタクシーの相乗りサービス
    https://ainori.japantaxi.jp/

    2018年3月11日(日)をもって、実証実験を終了いたしました。
    ご利用誠にありがとうございました。

今回の感想

そんな訳で、天下り天国の日本ではUberも本国のようなサービスをする気はなく、業界団体に屈服する形でサービス展開してるのを考えると、日本でライドシェアは今後も普及しないのかもしれんな。

その分、利権団体がなさげで余計な横槍が入らないUber Eatsでは、日本の法律ギリギリのラインを狙ってるのかもしれんな。知らんけど。

そう考えると、日本でライドシェアとか相乗りが流行るには、なんちゃらペイとかの決済関連の企業が割り勘アプリのついでに相乗りアプリでも開発しないとダメかもしれんな。それとも、中国人と友達になって「皇包車」とかを使えばいいんだろうか。

まあ、今のとこそっちは観光客メインみたいだから日常の足には使えなさげだし。利権を守るためには手段を選ばない日本で、天下り関連団体がバックに付いてるタクシー業界相手に正面からケンカを売るようなバカな真似はしないだろうな。知らんけど。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください