業務スーパーのこだわり生フランク ハーブ入りを茹でずに焼いてみた

こだわり生フランク ハーブ入り

なんか、久々に業務用スーパー「こだわり生フランク ハーブ入り」を食べたんだが。こだわり生フランクに関しては、パッケージの取説みたいにソーセージを茹でるなんてドイツでは少数派ですよみたいなコメントを以前もらったんだけど。それなんで、今回は焼いてみようと思ったんだけど。

冷凍のままだと10代のようにガチガチだから、このまま焼いても大丈夫だ問題ないとは思えないので解凍する。とりあえず、1本だけ冷蔵庫に一晩以上置いといたら、もう若くないんだ的なフニャフニャになってしまった。

この状態でフライパンで焼いてみたが、焼き方は以前にテレビで見た「油ひかず弱火で転がしながら焼く」みたいなやり方にしたら、なんか生フランクから脂がでなくてフライパンにくっつきそうになった。一般的な袋ソーセージだとすぐにしみ出てきた気がするけど、これはケーシングの腸が突撃一番並に厚いからか、ほとんどしみ出てこなかった。

ただ、つながってるとこを切り離すときに雑にやったせいか、先っちょの皮がむけて中がちょっとはみ出てたから、徐々にそこから漏れ出してきた。そうなると、ソーセージが完全に包まれたままだったら最後まで出さなかったのか、私気になります。

そんな訳で、表面が焦げない程度に焼き目つけながら焼いてたが、焼き加減がいまいちわからん。そういえば、肉料理だと竹串でさして出てきた汁が赤っぽければまだで、透明だったらOKとか聞いた気がするのでやってみたら透明だった。さらに念を入れて切って中を確認したら、まだちょっと肉が赤っぽいとこのこってたんで、火を止めてアルミホイルで適当に包んで予熱を通してみた。で、最終的にできたのがこれ。

諸般の事情でパンが山型になってるけど、まあ、こんなもんだろ。ちなみに、ケチャップは普通のだけどマスタードiHerbで買った、Annie's Naturals, オーガニック, ディジョンマスタード

このマスタードもは、Annie's Naturalsのケチャップが気に入ったので同じメーカなので買ってみたけど。マイユとは違うけど、これはこれでおいしい気がする。個人的には、マスタードに求めてるのは辛さとかアメリカンな砂糖入りのとかじゃなく、ディジョンマスタードみたいなマイルド系なので、そっちのが好きな人には合わんかも知れんが。まあ、iHerbで送料無料ライン調整とかじゃないとちょっとお高い気はするけど。

今回の感想

こだわり生フランクを焼いて食べてみた感想は、ソーセージ単体だと茹でたのよりしょっぱく感じた気がする。パンに挟んだ場合は、ケチャップつけてもちょうどいい感じになったけど。総合的な評価は、茹でるより焼いたほうがなんか肉っぽさが増したように思えた。おそらく、焼き加減さえ間違えなければ茹でるより焼く方がうんめーにゃーじゃね。知らんけど。

ただ、焼く手間考えると今後はどうするかな。手順さえわかれば茹でるよりも楽な面もある反面、焼く場合タイマーさえかけとけば放置可能ってお手軽さはないからな。

しかし、公式のやり方が茹でる一択なのはなぜなんだろうと思ったとこで気づいた。多分、スーパーとかで普通に変える袋入りのソーセージなら加熱調理済みでそのままでも食えるけど、生ソーセージでしかも冷凍となると十分に火を通してないと最悪ヤバいですねだからつまりそういうことなのか、私気になります。

以下おまけ

生ソーセージの焼き方

これ書いた後、生ソーセージの焼き方をググってみたら、あらかじめお湯に入れると楽みたいな情報があるんだが。

他にもいろいろ焼き方があるっぽいが、生からだと結構時間かかるのは仕方ないっぽいな。

あと、テレビで業務スーパーの回しもんなんじゃねってぐらいマンセーしてる業務田スー子氏のレシピも引っかかったんだが。生フランクを、ソーセージじゃなく具材の一部として使うのは目から鱗な気がする。

またひとつ賢くなってしまいました。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください