mushoku2006痔ろう

なんか、投資のセオリー無視した一点集中の流儀で資産を2億円近くにまで増やしてリタイア生活を送ってる、mushoku2006氏が痔になったらしい。それも要手術レベルの痔ろうらしいんだが。

mushoku、痔ろうになる。>< 1

年間生活費100万円ドケチリタイア生活を送ってるとはいえ、金ならあるmushoku2006氏だから生活への影響は軽微だろうが。この資産額にしてはケチりすぎじゃねって点がちょっと気になった。

医療保険なし

どうも、mushoku2006氏は医療保険とかには入ってないらしい。社保のリーマンなら傷病手当金と高額療養費制度があるから、十分な貯金額があれば医療保険は不要って考え方もあるだろうが。個人的には、掛け捨てで月2,000円弱までの医療保険なら、大半は生命保険料控除に含まれるから掛けといてもいいと思うけど。mushoku2006氏みたいに控除される税金払ってないならメリットないのは確かだが。とはいえ、mushoku2006氏も今回の件で保険に入ってればよかったとか書いてるけどね。

国民健康保険

ついでに、国民健康保険すら不要だという認識も、若気の至りと言って思い直してるけど、これちょっと引っかかった。mushoku2006氏って金融資産は2億円ぐらいだけど、確定申告上の収入基礎控除の範囲内に押さえてるはずなので、おそらく国民健康保険料7割軽減で5,000円ぐらいじゃね。ちなみに月額じゃなく年額。

名古屋市:保険料を軽減する制度(暮らしの情報)

このレベルだと、高額療養費自己負担限度額低所得者(市民税非課税)の区分になるだろうから、医療費は35,400円までで済むんじゃね。

名古屋市:高額療養費制度について(暮らしの情報)

まあ、入院時には保険適用外の支出もあるみたいだから、mushoku2006氏ほどの資産額なら共済系の掛け捨て医療保険に入っててもいいかと思うけど。億り人なら保険金当てにせず自分のポケットから支払えば済むんだから、それすら不要かもしれんな。

おひとりさまの入院・手術

もう一つ気になるのは、mushoku2006氏が単身者で実家も遠い点。病院にもよるだろうが、入院するなら保証人が必要だし、手術となると当日は付添人もいるんじゃね。保証人は書類のみだろうから、適当に判子押しとけばいいかもしれんが。付き添いも、全身麻酔じゃなければいなくてもいいんだろうか。

これ、将来的に大病を患った時の懸念事項なんだよな。賃貸の保証人サービスみたいなのもあるけど、過去にはこういう事例もあったし。

おひとりさまピンチ! 身元保証人がいない

将来的には、保証会社より公共サービスとかで解決できるようにして欲しいんだが。保証人不要な社会になれば一番理想だけど。

今回の感想

そんな訳で、リタイア後の生活で税制上の優遇措置を得たいなら、mushoku2006氏みたいに投資は特定口座源泉あり申告なしにして税制上は低所得者になるのが一番だな。年金も下手に働き過ぎて住民税払わないといけないぐらいもらうなら、その手前で押さえて貧困層の特典享受する方がいいかもしれん。

まあ、税制はその時々で変わるから、今の税制に最適化しすぎるとつぶしがきかなくなる恐れもあるので、やはり稼げる時に稼ぐのが一番だとも思うけど。

何はともあれ、お大事に。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

2 Comments

  1. masa says:

    私も独り身の賃貸住まいなので、保証人の問題は付きまといます。

    幸い、入院するほどの大病はなかったにせよ、風邪や腰痛がひどいときは気軽に頼れる人がいなくて、食料の買い出しさえ辛かったですね。

    マイナンバー制が導入されて、所得がなくても金融資産に応じて課税されるなんて事態に将来なるかもしれません。

  2. 綾川澄生 says:

    masa さんコメントありがとうございます。

    確かに、一人暮らしだと風邪とかちょっと調子が悪いぐらいでも大変ですね。
    食料については災害対策もかねて簡単に調理できる食料を備蓄しといた方がいいかもしれません。
    ちなみに、一時期はレトルトの在庫におかゆが入ってました。

    マイナンバー制で個人資産状況が筒抜けになると、金融資産に応じて課税するのも現実的になりますが。個人的には、政治家は金持ちが多いので資産税は導入されないか、現金以外の株とかは対象外で骨抜きにされるかと思ってます。

Leave a Reply