口内炎

何日か前、食事中に頬の内側と唇の裏を噛んで炎症になってしまった。しばらくほっといたが治らず、唇の方は口内炎に悪化した。これは、前に楽天のサンドラッグで買ったサトウ口内軟膏を試す、絶好の機会だと思って使ってみたよ。

サトウ口内軟膏

使い方

取説によると、患部の唾液をティッシュとかを押し当ててふき取って、軟膏を患部にうすくのばせと書いてある。その通りに塗ろうとしても、薬剤がボロボロになってはがれてくる。なので、塗るんじゃなく、患部に置くような感じがいいと思う。まあ、今まで使った他の口内炎の薬もそんな感じだけどね。

効果

配合されている成分と働きは以下の通り。その他にもいくつか添加物が入ってる。

成分分量働き
アズレンスルホン酸ナトリウム水和物0.02%粘膜に直接作用し炎症を鎮め、傷ついた粘膜を治します。
グリチルレチン酸0.3%炎症を鎮めて、はれをとります。
セチルピリジニウム塩化物水和物0.1%すぐれた殺菌作用があります。

使用感

患部に塗ってみると香料の香りを若干感じる。塗り心地は前述したようにあんまりよくない。個人的に期待してた、付着性の高い基剤が患部を覆って保護する効果は、それほど強くない。食後に付けても次の食事まで持たない。

まあ、口内炎の薬を使うって事は、だいたい口内の動きで当たるところに口内炎が出来てるから。悪条件下での使用になるので仕方ないのかな。寝る前に使えば、朝まではなんとか付いてるけど。

なお、本来の効能である、消炎と治癒効果についてはさほど感じられない。実際は効いているのかもしれないが、体感的には薬の保護で症状の悪化を防いで、自然治癒で治ったように思えた。

結果

あまり効果を感じてなかったが、使い続けてたら段々と治りかけてきたよ。実際、4~5日ぐらいで、普通に食べても痛みがしなくなったよ。速攻性はなさそうだが、効くことは効く。あまり口内炎がひどくなる前に使うのが良さそうだな。

20131228a

最終的に、1回2箇所の治療にしては使用量が多くなった気はするが。まあ、値段も同種の製品と比べて安いからな。医者が処方する薬に比べるといまいちな感は否めないが、最低限の効果は感じた。そんな訳で、病院行って薬貰うまでは、リピートしてもいいかな。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.