Archive for the ‘Webとか’ Category

20160720a

さくらのレンタルサーバ初期費用無料

なんか、さくらインターネットさくらのレンタルサーバ12周年記念でキャンペーンやってるんだけど。おかげで、珍しく初期費用無料になったと思ったら、スタンダートプランのみ対象なんだよな。年額1543円のライトこそ、初年度の鯖代2/3ぐらいの初期費用無料のお得感は絶大なんだけど。

さくらのレンタルサーバ スタンダード

今回の感想

そんな訳で、滅多にやらない初期費用無料キャンペーン中だから、さくらのレンタルサーバ スタンダードでの契約を検討してた人にとってはいい機会かも。なんせ、さくらは廉価版のライトとメインのスタンダードの差が、青銅と白銀じゃなく青銅と黄金ぐらい違うからな。

まあ、アクセス数が少ないサイトなら、ライトでSQLite Integration(ja)+WordPressでやるのも貧民ぽくっていいかもしれんが。

さくらのレンタルサーバ ライトでWordPressインストール覚書 -SQLite + SQLite Integration-

ちなみに、このサイトはさくらじゃなくミニバードで運用してます。個人的には、便りのないのは良い便り的な無難なサービスだと思ってるので、レン鯖に月額270円ぐらい払う気あるなら初期費用が無料になってる時はお勧め

スターサーバープラスからミニバードに移行したよ

modem-24894

ニフティTOB

なんか、ニフティがTOBされるってニュースがあったんだが。ちなみに、今回二度目の完全子会社化なのか。

ニフティ、富士通がTOBで再び完全子会社化へ 上場廃止 ISP事業は「抜本的施策」検討

ニフティはパソコン通信からプロバイダに鞍替えして、サービス内容変わったけど名前だけは残ってるのは知ってたが。東証2部とはいえ、上場してたのは全然知らなかったな。

Nifty-Serve

パソコン通信と言っても、最近の若い人には意味不明だろうが。詳しくはWikipediaの説明を読んでもらうとして、大雑把に説明すると、テキストベースのコミュニケーション(掲示板・チャット等)中心のネットサービスってとこか。

ニフティサーブ – Wikipedia

私はNifty-Serveの他に、PC-VANとPeopleとアスキーネットも入会してたような。記憶に基づく当時のパソコン通信の印象は、NiftyとPC-VANがトップグループで、ASAHIネットと日経MIXあたりがだいぶ離されて、さらにその他が続くって感じかな。

PC-VANはNEC系だったんで、当時国民機と言われたPC-98ユーザーが中心だったような。対してNiftyは富士通系だけど、富士通のパソコン(FMRとか)は個人で使ってる奴いるのかってぐらいのシェアだったけど。非NECのDOS/VMacintosh系はNiftyを使う人が多かったような。私も、あの頃はMacユーザーだったからそうなったんだが。

二番手グループだと、ASAHIネットは名前の通り朝日新聞系列なんで、文筆家のユーザーを囲ってスノッブな雰囲気(個人の感想です)を出してたような。日経MIXも名前の通りで、ビジネス思考って感じだったような。

マイナー系だとアスキーネットは、覚えてないな。なんで契約したのか、もしくはID取ったのは記憶違いだったのか。PeopleはIBM系だったと思うけど、確か専用クライアントでアクセスする形式だったような。どっちにしろ、Niftyだけで事足りてたんで、それ以外はほとんど使ってなかったが。

Niftyで起きた事件

Niftyの会員数は100万人突破してたはずだけど、これだけの人数が集まれば変な人もいるし色々事件も起きたりする。その中で印象に残ってるのが二つほどあったな。

FLMASK事件

一つは、FLMASKというアプリをめぐる事件。このソフトは、画像にモザイク処理をするんだけど、モザイクが現在使われてる不可逆なタイプではなく、元の状態に戻せるモザイクだった。しかも、FLMASKでもモザイクを解除できたりする。それで、Niftyの写真系のフォーラム(2chで言う板)にFLMASKでモザイクかけたヌード画像がアップロードされてるのが問題視されてたんだよな。

当時のNiftyのシステムは、フォーラムにはNiftyが雇ったシスオペという管理人がいて、フォーラムのアクセス時間(1分10円~)に応じてキャッシュバックがあるって噂だった。それなんで、今みたいにブロードバンドが普及してない低速モデムだと、数10KB程度でも時間がかかって課金額が跳ね上がるNifty儲かるシスオペうはうはだったんだよね。

結局、FLMASKの作者は逮捕されたらしいが。Niftyで話題になってた時からだいぶ経った後っぽいな。

大阪府警が画像モザイク処理ソフト「FLMASK」の作者を逮捕

FLMASK – Wikipedia

現代思想フォーラム事件

もう一つは、現代思想フォーラムでの会員同士のバトルがエスカレートして、管理者のニフティにまでとばっちりが来て、結局裁判で争うことになった事件。

ニフティサーブ現代思想フォーラム事件(Wikipedia)

ニフティサーブ現代思想フォーラム事件第一審判決

ニフティサーブ現代思想フォーラム事件控訴審判決

この件はNiftyを退会した後で知ったんだけど。事件が起きる前に、現代思想フォーラムの会議室(2chでいうスレ)のログを読んだことがあったんだが。LEE THE SHOGUNって人が香ばしくて、深入りすることなく去ることにしたんだけど。後日、現代思想フォーラム事件の被告がこのLEE THE SHOGUN氏だったのを知って、ものすごく納得した。

今回の感想

そんな訳で、ただの年寄りの思い出話になってしまった。

a1380_000343

生涯メール

なんか最近、母校の大学が無料で生涯メールアドレスを提供してるのを知ったんだが。この手のサービスの話題をどこかで聞いた記憶があると思ったら、専修大学の生涯メールアドレスが生涯どころか5年でサービス終了したって記事を読んだんだった。

専修大学「生涯メールアドレス」を終了、Yahoo!メールAcademic Edition終了が理由?

【重要】専修大学生涯メールアドレスサービス』終了について

大学の生涯アドレスってどうよ

生涯アドレスと言ったって、専修大学クラスでも終了するんだから、それ以下の大学のメアドなんていつなくなるか分からん。仮に一生物のアドレスだとしても、人にメアド教えた時に「なんちゃら大学出身なんですか」と憐れみの目で見られるならまだしも、「そんな大学あったんだ」って学校だとメリットないよな。

まあ、出身校が早稲田ぐらいだったら、これみよがしに大学のメアド使うかもしれないけど。

生涯アドレス利用案内 | 早稲田大学ITサービスナビ

今回の感想

そんな訳で、有名大学出身以外で生涯アドレスが欲しいなら、素直に金払って独自ドメインでも取得したほうがいいんじゃねって気はする。その場合、ここ(hatarakitakunee.com)みたいなふざけたアドレスだと人に教えられないから、ドメイン名は無難な感じにしたほうがいいけどね。

貧民だからメアド程度にびた一文払いたくないけど、それなりに信頼性のあるところがいいという場合は、GmailOutlook.comぐらいしかないような気がする。GoogleとMicroSoftなら、この先何があっても貧民の寿命よりは長生きするんじゃね。

wordpress-588495_640

SQLiteとSQLite IntegrationでWordPress

タイトルのとおり、さくらインターネットさくらのレンタルサーバ ライトWordPressをインストールした時の記録を残した。自分用のメモなので簡単に。

さくらのレンタルサーバライトにWordPressをインストール -SQLite + SQLite Integration-

詳細は上記リンクを参照してもらいたいが、かいつまんで話すと。MySQLが使えないさくらのレンタルサーバ ライトで、SQLite Integrationを使ってMySQLをSQLiteで代用してWordPressを動作させている。

個人的にはWordPressを使うなら、レンタルサーバーの予算を増やして、MySQLが使えるところと契約したほうがいいと思うけど。もしくは、無料でWordPressが使えるサービスを利用するとか。例えば、このサイトが利用してるミニバード・スタードメインの運営元、ネットオウルWPblogウェブクロウなら、条件付きだが無料でもWordPressが使える

WordPress無料レンタルサービス!WPblog
無料で使えるホームページサービス! ウェブクロウ

さくらのレンタルサーバ ライトならさくらのブログもある

こういう記事は書いたけど、さくらのレンタルサーバ ライトでWordPressを運用することについて勧めてるわけではない。単に、ブログ形式のサイトが作りたければ、さくらのレンタルサーバ契約者なら、さくらのブログというサービスが無料で利用できるので、そっちを使ったほうが手っ取り早いだろう。ちなみに、ライトでも他のプラン同様50個は作れる

それでも、すでにさくらのレンタルサーバ ライトを利用してるなら、とりあえずWordPressがどんなものか試してみる分には、今回紹介した方法はいいんじゃないかな。ただ、WordPressをインストールして動作は確認したけど、実際に運用はしてないのでどのぐらい実用性があるか分からないが。

以前に、キャンペーンで初期費用が無料だったから、さくらのレンタルサーバ ライトを契約したけど。今のところ使っているのはほとんどメール機能だけなんだよな。それなので、本来ならSQLiteで動いてるWordPressのアドレスを公開するべきなんだろうが、ちょっとできないんだよね。メールの方は、結構クリティカルな用途で使っているので。

まあ、本気でさくらのライトでWordPressサイトを構築しようと考えているのなら、2週間はお試し無料だから、実際に自分で試してみるのが一番だね。そんな訳で、あまり役に立たない結論になってしまった。



ミニバード

今月初めに、このサイトで利用してる有料レンタルサーバサービス、ミニバード更新案内メールが届いたんだけど。内容は、4/30で1年契約が切れるので、4/15に自動で更新するよ。解約とかする場合は、4/14までに解約申請しろとのこと。

あと、ネットオウルのプリペイド残高が足りないと、サービス更新できないとの注意も書いてあった。メールには現時点の残高と、ネットオウルポイントを適用した場合の請求額も書いてあるので。残高が足りないとかでなければ、放っておいても15日に自動更新される。

なお、ポイントは初期費用は全額だけど、月額の料金には最大25%までしか使えない。それなので今回の更新では上限の789ポイントまでは使えるが、全部は消化できない。こないだドメイン5年分まとめて契約したんで、結構ポイント貯まってるからな。まあ、来年以降には適用されるだろう。

ちなみにメールには書いてないが、契約内容を変更する場合は、手動で手続きすることで可能。例えば、1年契約を半年に変えるとか。ミニバードの場合、6ヶ月以上の契約で月額費用は1年契約と同じになるから、半年にしてもいいんだけど。プリペイド残高を必要最低限しか入れてない場合、更新時の手間が倍になるからな。私の場合、スタードメインで5年契約してるし、ネットオウルポイントは付くし。今のところミニバードに不満はないからこのままでいいかな。

そんな訳で、4/15になって自動で契約更新されたよ。

20150416a

ミニバード評価

契約2年目を迎えたミニバードだが。有料レンタルサーバーの契約を考えている人に勧められるかというと、WordPressを使ってサイトを構築するという前提なら条件によってはいいんじゃないかと思う。条件とは、今のサーバー初期費用無料+最大3ヶ月無料キャンペーン中に契約するか、独自ドメインをスタードメインで取得するかのどちらかか両方。

ミニバードのライバル

というのも、WordPressが使えて一ヶ月税抜き250円(6ヶ月以上の契約)という価格にしては、MySQLのデーターベースが5つ利用できるところは私の知る限りではあんまりない。ロリポップのロリポプランは1つだし。ロリポと同じGMO系列のコアサーバーのCORE-MINIなら、月額198円(12ヶ月契約)で10だからミニバードより条件はいいが。ここは転送量目安(月100GB)に加え、許容負荷率というよく分からない制限があるからな。まあ、アクセスの多い人気サイトでもなければ、問題にはならないと思うが。

コアサーバーはキャンペーンで、初期費用と7日間のお試しが無料になってるから、興味がある人は試してもいいかも。だけど、ロリポはダメだな。現時点だと、「初期費用無料期間限定キャンペーン中」なんてでかいバナーを貼ってあるのに、実際は月2000円のビジネスプランのみが対象とか。一応、他のプランも「引越し・出戻りで初期費用半額」キャンペーンはやってるが。

ミニバード+スタードメイン

後述したスタードメインについてだが。これは単純に、同じネットオウルのサービスで連携してるから、設定とかが楽なので。それと、ドメインの支払いで貯まったネットオウルポイントを、ミニバードの月額料金の25%まで充当できて安くなるから。

設定に関しては、中級者以上ならたいしたメリットではないかもしれんな。ドメインは、新規でスタードメインで取得するならミニバードは悪くないが。他ですでにドメイン取ってるけど、ポイントのために移管してまで使いたくないって人なら、ミニバードの機能と料金にメリット感じなければ、キャンペーンの初期費用無料ぐらいしかメリットないかもね。

番外編 月額100円からのWordPress

WordPressの動作環境の一つに、「MySQL バージョン 5.0 以上」というのがあるが。前にも書いたけど、MySQLが使えない100円台のレンサバでもSQLiteなら対応してることがある。で、MySQLの代わりにSQLiteWordPressを動作させるプラグインを使うと、100円台(さくらのレンタルサーバ ライトとか)のレンサバでも、WordPressでサイトを構築できたりする。

SQLite Integration(ja) | ユニマージュ

もっとも、公式には対応してない環境で動かすんだから、何か問題が起きた時のトラブルシューティングに苦労はするかもしれない。それよりは、baserCMSとかSQLiteに対応してるCMSを使ったほうが無難だとは思うけど。

個人的には、WordPressのほうがとっつきやすいと感じてるのと。困ったときにググって出てくる情報量の多さを考えると、ある程度カスタマイズをするならWordPressに圧倒的に分があるかな。それ以外にも、管理ページからアップデートやカスタマイズといった、ほとんどの作業が行えるWordPressになれちゃうと。手動でのアップデートや、プラグインとかテーマーをダウンロードしてアップロードしなくちゃならないってだけで、使う気起きないからな。

さくらインターネットのレンサバについては↓
さくらのレンタルサーバー本契約したよ -ウェブは当面使わないんだけどね-