Archive for the ‘Webとか’ Category

SQLite Integration不具合

最近、スターサーバーのエコノミープランの動作確認で、SQLite + SQLite IntegrationでインストールしたWordPressサイトの挙動を調べたり、旧ミニバードでもあえてMySQLを使わずSQLiteでWordPressサイト作ってみたところ。なんか、WordPressの設定変更できない項目があることに気づいた。

ちなみにこの現象、毎度おなじみSQLite Integration(ja)のページのコメントで、1年半以上前に指摘されてるので、既知の不具合みたいだな。

SQLite Integration(ja) | ユニマージュ

管理画面の設定が変更できない

もうちょっと詳しく不具合内容を書いてみると。こちらで確認したのは、WordPress管理画面ディスカッション設定で、一部のチェックボックスを除くと、元からあるチェックが外せないし、一度チェックを入れても外せなくなる現象だった。

例えば、「投稿のデフォルト設定」の「この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる」のチェックを一度付けると外せない。

「他のコメント設定」の「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」などのチェックが外せない。デフォルトでチェックが付いてない項目も、一度チェックを付けると外せなくなる。

「自分宛のメール通知」と「コメント表示条件」の項目も、デフォで付いてるチェックと一度付けたチェックは外せなくなる。

「アバターの表示」設定で「アバターを表示する」のチェックが外せない。その下の「評価による制限」と「デフォルトアバター」は変更可能。数字やプルダウンの項目は変更可能。

メディア設定のチェックボックスも外せない。

一般設定の「だれでもユーザー登録ができるようにする」と、表示設定の「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」のチェックはオンオフ可能だった。

設定が保存できない解決策

WordPress上で設定の変更が出来ないなら、該当箇所を直接書き換えるしかないんじゃねと考えてググってみたところ。WordPressの設定はファイルじゃなく、データベースwp_optionsテーブルに保存してるらしい。

オプション設定リファレンス

SQLite Integrationを使ってWordPressをインストールした場合、データーベースは「.ht.sqlite」ファイルになる模様。場所はwp-conten/databaseフォルダにある。これをダウンロードして直接編集すればいいはずだが。失敗するとWordPressアクセス不可どころか、データ吹っ飛ぶ可能性もあると思うので、くれぐれもバックアップは忘れずに。ちなみに、変更に使ったのはこれのポータブル版。

DB Browser for SQLite

具体的な手順は、アプリで.ht.sqliteファイルを開いたら、「Browse Data」タブ→Table:のプルダウンメニューから「wp_optinos」を選択→該当箇所の「option_value」を変更(0がチェックなし、1があり)

とりあえず変更したのは「require_name_email」「show_avatars」の二箇所。ちなみに、option_nameを一つずつ見ていってもいいけど、変更する項目が決まってるならFilterに入力して対象を絞ったほうが早いと思う。

終わったら、上の方にある「Write Changes」を押してアプリ終了。その後、サーバにある.ht.sqliteを差し替えて、サイトが正常に動作してれば多分OK。なお、私はレンタルサーバもデーターベースもググって調べた以上の知識はないので、この通りやって何が起きるか分からないので、やるなら自己責任でお願いします。

今回の感想

.ht.sqliteを直接書き換えることで、下記サイトでWordPressの管理画面からはチェックが外せなかった、「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」と、「アバターを表示する」の項目を無事外せた。もっとも、アバターは表示させといて良かったんでチェック付け直したけど。

http://sqlite.hatarakitakunee.com/

そんな訳で、MySQLを使えないけどSQLiteが使えるレンサバで、SQLite Integration使ってWordPressインストールしたはいいが一部の設定が変更できなかった人は、データーベースを直接変更しちゃえば姑息的には解決できるぞ。ただし、管理画面でチェック入れちゃうとまた外せなくなるけどね。

設定変更後ついでにググってみたところ、作者サイトのコメントの1ヶ月後ぐらいに、同じように手動で書き換えてる人がいた。ちなみに、「firefoxのSQLite manager」ってのはアドオンみたいだな。

wordpress4.4とSQLite Integrationでディスカッション設定が保存できない件

まあ、動作確認外の方法で運用してる以上、何らかのトラブルが起きるのは想定の範囲内だからな。一番の解決策は当然、MySQL使えるレンタルサーバ借りるのがまっとうな方法なんだろうけど。やるなって言われると、かえってやってみたくなるよね。

レンタルサーバー

最近、ロリポップスターサーバーと有料レンタルサーバーサービスをお試ししてみたんだが。それ絡みで調べてるうちに、ブロガーが使ってるレンサバを調べてた人がいたんで真似してみた。調査に使ったのは下記サイト。

SEOチェキ! 無料で使えるSEOツール

対象は下記4サイトで、独自ドメイン取得してるとこに限定。

だいちゃん

まずはだいちゃん氏から。どうでもいいが、ここは日本語ドメイン使ってるので、そのままだとSEOチェキれないから「Xn–n8jvce0l6c.com」で調べた。

だいちゃん.com | 人工透析患者の書く、障害者の自由に生きる為の知恵ブログ

ここのブログは、長谷川豊氏に人工透析記事をパクられたあたりから認識。その後、NHKのクロ現+フェイクニュース特集で、信頼性に乏しい情報で煽ってバズった人として出演してたのは驚いたが。インタビューで炎上芸人は辞めたとか言ってた気がするが、最近記事のタイトル見てる限りそうとは思えないかな。

フェイクニュース特集 あなたは被害者?加害者? – NHK クローズアップ現代+

で、だいちゃん氏が使ってるのは、アフィブロガー御用達と言われてるXSERVER炎上芸人目指してる人や、有名人になってバズらせるつもりなら、月1,000円ぐらいは必要経費ってことかな。

ちなみに、NAVARまとめ無断転載された写真の使用料を請求してバズったフォトグラファーの有賀正博氏もXSERVER。ただ、XSERVERでも落ちる時は落ちるみたいだけど。

NAVERまとめのライターに無断転載の損害賠償を支払っていただいた件

記事がバズったら、ブログがアクセス制限された。

同時アクセス2000を超えてもビクともしないブログ環境を構築する【WordPress】

鯖への負荷アクセス数だけでなく、WordPressだと使ってるプラグイン次第でもあるんだな。Xから直に指名された「WordPress Popular Posts」ここでも使ってるけど。うちも万が一バズったらこれは外すか。

キャビン

続いてキャビン氏のブログだが、ここもXSERVERぽいな。以前はお名前だったような気がするが。

元ダメ人間の灰色人生ブログ

個人的には、マウスクリック禁止がうざい。自分のブログで他サイトのリンク張る時、リンクテキストはタイトルから取ることが多いので、この手の小細工を使ってるサイトは好きになれない。

どうでもいいけど、この人は下記2サイトも多分同じ鯖で運営してる。3サイトを毎日のように更新してる点は、ブログを書いてるものとしては尊敬に値する。

http://pointosaito.com/
http://semiritaia.net/

その前はさらに、友人の婚活ブログまで書いてたって話だからな。

ダメ人間の日記を見守るスレpart92

cub

次は、ブログで稼ぐ力の重要性を説いてるcub氏だが、使ってるレンサバは意外にもリーズナブルなロリポップだった。

旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

まあ、ロリポと言っても100円台のエコノミーから2,000円超えのエンタープライズまであるからな。

元貧BP

最後は元貧BP氏なんだが。貧BP名義ではFC2ThinkPad X1 Yogaのアフィサイトはてなブログの有料プランだから、今回の調査とは一見関係なさそうだが。実は、アフィで一山当てる前に作ってたサイトが独自ドメイン取ってるんだよな。ただ、レンタルサーバーじゃなく、ライブドアブログみたいだが。

世界中を飛び回るハンドキャリーが選んだ珠玉の旅道具

今のライブドアブログは有料プランが廃止されて、無料でも旧有料プランと同じ機能が使えるらしいが。鯖は無料でも、独自ドメイン取ってるってことは有料なんだが。しかも、記事書いてるのは最初の2ヶ月だけなのに、2年目も金払って更新してるのはちょっと意外。

最初に記事書いた後放置してるのは、おそらくその後に始めたThinkPad X1 Yogaのアフィブログが大成功して、こっちにリソース割く必要性が感じられなくなったからだろうな。実際、貧BP時代にバリューコマースのLenovoアフィしかやってないような事書いてたが、その時点から楽天のアフィも貼ってたりするんだよな。

HP Spectre 13 x360 Limited Editionとの比較

その後、Amazonのアフィもはじめたのは以前書いた通り。

元貧BP(wow360)が打倒cubの為かLenovoに続いてAmazonアフィに手を出したみたいです -気づいちゃった!-

おそらく、独自ドメインの「世界中を飛び回るハンドキャリーが選んだ珠玉の旅道具」でアフィれそうな商材も、「ThinkPad X1 Yoga はじめて日記」でアフィった方が勝算ありそうだと思ったら。予想以上にThinkPadアフィサイトが盛況で、他のアフィ商材紹介するまでもなかったと推測するが。だとすると、放置してる独自ドメインサイト残してるのも謎だな。まあ、ThinkPad X1 Yogaが売れすぎて、月にしたら100円ちょっとのドメイン代ぐらい無視できる水準と思ってるのか。単に、自動更新になってたのを忘れてただけかもしれんけど。

イケハヤ

余談だけど、元貧BP氏のライブドアブログって、イケハヤ氏と同じ鯖っぽいんだよな。

まだ東京で消耗してるの?

イケハヤ氏と言えば貧BP時代に、イケハヤ氏のベーシックインカムだかのおこぼれにあずかろうとしたのか、集客集金のノウハウをタダで教えてもらおうとしたのか、大分擦り寄ってた記憶があるが。その時のアドバイスに、当時の貧BP氏が使ってたFC2ブログをダメ出ししてるのがあったな。確か、FC2はSEO的に弱いから、ブログサービスならライブドアブログはてなブログがいいって言われたとか。

個人的な憶測だが、当時の貧BP氏は多分ThinkPad X1 Yogaアフィより、「世界中を飛び回るハンドキャリーが選んだ珠玉の旅道具」をアフィるほうが儲かるとふんでたんではないだろうか。それゆえ、ライブドアを独自ドメイン、レノボアフィのはてなははてなのサブドメインにした。

もしかすると、元貧BP氏があれだけ早くバリューコマースのアフィで外こもり出来るほどの収益を上げられたのは、はてなブログでアフィサイトをはじめたからかもしれんな。長期的な視点だと、独自ドメインのほうが有利だとは思うが。短期的にはサーチエンジンからの集客が見込めない独自ドメインよりは、はてなの方がスタードダッシュが効いたのかもね。その結果、2月から始めたにも関わらず、ASPの2016年上期のコンテストで新人賞を獲得した実績に繋がったんじゃね。

2016年上期バリューコマースASコンテスト結果発表 | バリューコマース アフィリエイト

そうなると、元貧BP氏の成功はイケハヤ氏のおかげな点もあったってことか。そのせいか、hin_bpのTwitter垢ではdisってた元貧BP氏が、最近の別人格のTwitterでは妙にイケハヤ氏を持ち上げたりしてるのもようやくイケハヤ教の教えを理解できたからなんだろうか。

今回の感想

そんな訳で、4人とサンプルが少ないけど。ブロガーにとって独自ドメインや使ってるレンタルサーバーの優劣より、自分の芸風にあってるかどうかのほうが重要そうだな。まあ個人的には、なんかしでかして炎上する予定がなければどこでもいい気がするけど。

とりあえず、長いスパンで見るなら独自ドメインだけには金かけてもいいと思う。ドメイン不要の場合は、規約で運営会社が投稿した記事を利用できる条項が許容範囲なら無料ブログでいいんじゃね。それが嫌なら、モバイルで広告出るのが許せるならスターサーバーの無料プランかXdomainの無料鯖かな。

まあ、無料で規約に問題がなく広告もないとこがあればそれが一番だろうが。

全部読むのが面倒な人のためにTwitter規約まとめ(個人の解釈です)

・Twitterの投稿内容はユーザーが権利を保持する
・Twitterは投稿内容を自由に使えるだけでなく、他の人にも使用させられる
・Twitterに許可された範囲なら投稿内容を無償で使える

Twitter

なんか、Twitterの規約ではユーザーが投稿した内容は誰でも自由に使えて許可を取る必要もなく無断で好き勝手し放題みたいなツイートを見たんだが。

個人的には、Twitterの埋め込み機能使ったり、アプリとかでAPI利用してツイート取得する分には無問題。他のメディアやスクショを貼り付けて、元URLも載せてないようなのは有問題だと思っていたが。規約を再度よく見たらちょっと勘違いしてた点もあった。

確かに良く読むと、上記ツイ主の主張通り、無許可でテレビ番組に使っても良さそうに思えるが。同時に、ナニソレイミワカンナイ点も出てくるので、ちょっと気合い入れて原文の規約を解釈してみることにした。

Twitter規約

とりあえず英語と日本の規約はここ参照。

英語
Terms of Service

日本語
Terms of Service

まずは問題になってる規約の該当箇所当たりを大雑把に訳してみるが。あらかじめ言い訳しておくと、私の大学入学時の英語の推定偏差値は50程度なので、内容の正確性についてはお察しください。

You retain your rights to any Content you submit, post or display on or through the Services. What’s yours is yours — you own your Content (and your photos and videos are part of the Content).

権利はユーザーのもの。

By submitting, posting or displaying Content on or through the Services, you grant us a worldwide, non-exclusive, royalty-free license (with the right to sublicense) to use, copy, reproduce, process, adapt, modify, publish, transmit, display and distribute such Content in any and all media or distribution methods (now known or later developed).

一度ツイートしたらTwitterに、どのような手段でもコピー等が出来る許可を与えた事になる。

This license authorizes us to make your Content available to the rest of the world and to let others do the same.

Twitterはツイートした内容を、他の人にも利用させられる。

You agree that this license includes the right for Twitter to provide, promote, and improve the Services and to make Content submitted to or through the Services available to other companies, organizations or individuals for the syndication, broadcast, distribution, promotion or publication of such Content on other media and services, subject to our terms and conditions for such Content use. Such additional uses by Twitter, or other companies, organizations or individuals, may be made with no compensation paid to you with respect to the Content that you submit, post, transmit or otherwise make available through the Services.

ライセンスは、Twitterに他の人や会社等にもツイートした内容を利用できると具体例(放送・配布等)上げて説明。で、追加使用したTwitterや他の人は利用料は払わなくていい。

私の英語力だとどう読んでも、ユーザーはツイートしたコンテンツを、Twitterに世界中の誰にでもあらゆる方法で利用可能に出来る権利を与えているが。Twitter以外の第三者が勝手に、ツイートしたコンテンツを自由に利用できるとは書いてないと思う。まあ、Twitterに許可を求めれば、本人の好むと好まざるとに関わらず利用できるとは読めるけど。

仮に、私がテレビ番組でTwitterに投稿された動画を使おうと思うなら、数が少なければ投稿者に直接依頼。数が多いとか投稿画像がメインの番組なら、Twitterに番組内での許可を求めるようにして、ユーザーには報告のみかな。ベストな選択肢は、テレビ局が会社単位でTwitterと契約することだと思うけど。

諸悪の根源?

ここまで読んでなんとなく、今回みたいなTwitterは無断利用大歓迎みたいな誤解を生む原因が見えてきた。日本語訳の規約で原文とニュアンスが違う箇所があるんで、ちょっと比較してみる。

This license authorizes us to make your Content available to the rest of the world and to let others do the same.

このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

この文章では「us」「当社や他の利用者」になってるが。その前では「us」は「当社」なんだけど。これって、利用できるのは「当社や他の利用者」だとしても、ライセンスで権限を与えてるのは「当社」だけなんじゃね。

ちなみに、件のツイ主が誰でも利用できる根拠としてる規約の該当箇所だが。

確かに、Twitter以外(or other companies~)も使用できるみたいに書いてあるが。

Such additional uses by Twitter, or other companies, organizations or individuals, may be made with no compensation paid to you with respect to the Content that you submit, post, transmit or otherwise make available through the Services.

ユーザーが本サービスを介して送信、投稿、送信またはそれ以外で閲覧可能としたコンテンツに関して、Twitter、またはその他の企業、組織もしくは個人は、ユーザーに報酬を支払うことなく、当該コンテンツを上記のように追加的に使用できます。

その前の文章では、ライセンスではユーザーがライセンスを与えるのに同意するのはツイッターのみ(for Twitter)だと読めるんだけど。

You agree that this license includes the right for Twitter to provide, promote, and improve the Services and to make Content submitted to or through the Services available to other companies, organizations or individuals for the syndication, broadcast, distribution, promotion or publication of such Content on other media and services, subject to our terms and conditions for such Content use.

ユーザーは、このライセンスには、Twitterが、コンテンツ利用に関する当社の条件に従うことを前提に、本サービスを提供、宣伝および向上させるための権利ならびに本サービスに対しまたは本サービスを介して送信されたコンテンツを他の媒体やサービスで配給、放送、配信、プロモーションまたは公表することを目的として、その他の企業、組織または個人に提供する権利が含まれていることに同意するものとします。

それ踏まえて続けて読めば、「ユーザーはTwitterが稿内容を誰にでも利用できるよう提供するのに同意する」「提供するTwitterと提供された第三者は使用料を払わなくてもいい」と解釈するのが自然だと思う。

今回の感想

そんな訳でいろいろ書いてきたが。私は英語の達人でも法律の専門家でもないからな。真偽のほどはTwitterに確認するか、裁判起こして判例にならないと分からないけどね。

まあ、個人でTwitterの発言を参照にしたいなら、埋め込み機能使えば済むことだと思うけど。テレビ番組とかで使うなら、権利関係はクリーンにしておくべきだとは思うけどね。

以下余談というか、真のエンディング?

ぐぬぬ

なんか書き終わった後で気づいたけど、ツイ主がこの件で他にもつぶやいてるのに気づいた。

リンク先見ると、テレビを意図してるかは不明だが、放送( broadcast media)で使うのを歓迎・推奨してるな。このルールに従えばTwitterの規約的に利用範囲内と見なされるんだろうか。でもこれ、動画に関しても適用されるんだろうか。それと、規約とかルールじゃなく、「Twitter Developer Documentation」内の文章ぽいんだが。

Developer Terms — Twitter Developers

個人的には、あくまで開発者向けのガイドラインで、無断使用御免の免罪符じゃないと思うけど(個人の解釈です)

ぐぬぬぬ

もう一つがこれなんだけど。

こっちのリンク先も見たら、弁護士ドットコムの記事だとTwitterの規約の解釈とはまた違った見解が出てるな。一応弁護士先生が絡んでるなら、素人よりは信憑性あるはずだよな。

とくダネ!がSNSの台風動画「返答なくても使用」、弁護士「違法とまではいえない」

報道目的なら合法となる可能性が高いというのは分かったけど。

「ツイッターの規約では、コンテンツの所有権がユーザーにあることを前提に、ツイッター社に対して、非独占的かつ無償使用することを許諾する内容が記載されています。その意味では、ツイッター社が提供するサービス上において、通常想定される利用については、ツイッターを利用する以上、許諾したとみなされるでしょう。

しかしながら、仮に許諾したとみなされたとしても、その範囲は、ツイッター社が提供するサービス上に限定されます。そのため、ツイッターのサービスとは直接の関係のない、テレビメディアでの利用についてまで、当然に許諾したということにはなりません。

したがって、著作権者の許諾がない以上、原則として、他人の著作物を無断で使用することはできないことになります」

そうじゃない場合、動画が無断使用できないらしいんだけど。「ツイッター社が提供するサービス上に限定」という根拠はなんなんだろ。例えば、規約では認められてるけど法律的には無効とかの見解があるなら、まだ分かるんだが。

やっぱり結論は、裁判まで行かないと決着付きそうにないな。

スターサーバーリリース

なんか、スターサーバーのサービスが開始して、旧プランの受付が停止され新プランが始まったが。とりあえず、お試しで最安プランのエコノミーを契約して、MySQLなしだから対応してないはずのWordPressをインストールしてみたよ。例によってSQLiteとSQLite Integration使ってだが。

さくらのレンタルサーバライトにWordPressをインストール -SQLite + SQLite Integration-

機能一覧とかにSQLiteは書いてないが、PHP使えるならSQLiteも使えると考えていいのかな。

機能一覧 | レンタルサーバー【スターサーバー】

スターサーバー エコノミーWordPressインストール

備忘録的に、スターサーバー エコノミーWordPressをインストールした時のメモを書き残しておくが。かなり大雑把に書いてるので、WordPressをファイルからインストールした事ない人が参考にしたいなら、もっと丁寧に解説してるとこをググった方がいいと思います。

気が向いたらもう少し詳しく書かないこともないけど、ぶっちゃけライトプラン(旧ミニバード)契約してるからお試し期間後は本契約しないと思うので。

事前準備

WordPress.orgからファイル(wordpress-4.8.zip)をダウンロード。
今回は以前に落としてたのを使ったが、最新版でも多分問題ないと思う。

https://wordpress.org/download/

続いて、下記ページのリンクからファイル(sqlite-integration.1.8.1.zip)をダウンロードして、ローカルで「wp-config.php にリネームし、内容を編集」以外の作業を行う。

SQLite Integration(ja)

スターサーバー準備

ネットオウルのページにログインして、ドメイン設定とサブドメイン設定(任意)を行う。無料独自SSLを使用するならその設定も。FTPのIDとパスワード確認して、ローカルで準備したファイルをアップロード。なお、「wp-config.php」は「wp-config-sample.php」をコピーしたものをリネームして、リモートで編集するのが個人的に好みなのでそうした。

アップロード・編集後、WordPressのURLにブラウザでアクセス(独自SSL設定したならhttps://~)して、WordPressのインストール・設定をする。

今回の結果

そんな訳で、まっさらな新規なら簡単に独自SSL対応させられるんじゃね。ちなみに、今回インストールしたのはこれ。2週間ぐらいは残ってると思う。なお、独自SSLはすべてのプランで対応とか書いてあったが、実際はすべての有料プランみたいで無料プランは対応してなさげ。世の中甘くねえ。

https://ssl.hatarakitakunee.com/

とりあえずはリリース記念で今月末まで初期費用無料キャンペーンやってるから。スタンダード契約してもいいと思ってる人にはいいかもね。エコノミーは、サクラのライトとロリポのエントリーより高い月額料金設定はちょっと強気すぎるんじゃね。



まあ、独自ドメインをムームードメインで取れば、ロリポップ!の初期費用無料に出来るけどね。スターサーバーも、せめてライトが旧ミニバード相当のままだったらまだ勧められたんだけどな。

新スターサーバー?

なんか、ネットオウルが提供する有料・無料のレンタルサーバー系の6サービスを、クラウド型高速レンタルサーバーStarServer(スターサーバー)」に統合するらしい。だから最近、ミニバードの初期費用無料キャンペーンやってなかったのか。

高速レンタルサーバーサービス「スターサーバー」をリリースします!

ぱっと見たところ、さくらとロリポをまぜたようなプランだな。気になるのは、一番安いエコノミープランにSQLiteが使えるか否かかな。これがあれば、MySQlなしでもSQLite Integration使ってWordPressがインストールできるからな。

さくらのレンタルサーバライトにWordPressをインストール -SQLite + SQLite Integration-

まあ、ネットオウル的にはそんなせこいことせずに、WordPress使うならライト以上のプランにして欲しいだろうが。さくらの缶ジュース1本分みたいに月額100円台のプランで客を釣って、将来的には上位プランへの移行を推進させたいなら、撒き餌代わりにエントリーでもSQLite使えるようにするんじゃね。さくらと違って、サービス統合後はロリポみたいにプランの移行可能らしいし。

ミニバード改悪

ただ、今回のサービス統合だとミニバードが移行するライトプランだと、使えるMySQLのデータベースが5個から1個になるんだよな。これだと、ロリポのライトとデータベース的には値段も機能も同等の立場になるから、旧ミニバードのロリポへの最大の優位性が消えることになるな。

けど、従来からの利用者は今まで通りMySQL 5個使えるから、個人的には問題ないが。やっぱ、この料金でMySQL 5個は結構負担だったのかもしれんな。

だとすると、初期費用無料で月額料金最大2ヶ月無料になった時に契約した人は勝ち組かな。次点は初期費用無料のみあたり。別に、消費税増税前に初期費用半額で契約したことなんか全然恨んでなんかないよ、ほんとほんと。

ミニバードが初期費用無料キャンペーンやってるよ -3月に契約した負け組み-

それはともかく、そうなると今後は旧ミニバードプランはあまりおすすめできなくなるな。いっそ、移行後の改悪前にミニバード駆け込みキャンペーンとかで初期費用無料でもやってくれれば。まあ、ネットオウル的にはライトからスタンダードへの移行を進めたいんだろうが。

独自SSL(Let’s Encrypt)

あと、サービス統合で新たに全プラン無料で「独自SSL(Let’s Encrypt)」が提供されるのは結構大きいかな。こないだロリポが対応してるから、あんまインパクトないかもしれんが。

とはいえ、以前に独自SSL対応キボンヌとか書いといて言うのもなんだが。これ、新規にWordPressインストールして構築するならいいけど、既存の環境を完全対応させるとなるとかなり面倒ぽいんだよな。個人的には、少なくともここのhttps化については、ギリギリまで対応しないでいいやと思ってる。

今回の感想

そんな訳で、今回のサービス統合でナニソレイミワカンナイとか言われそうなサービスが整理されて少しはすっきりするんだろうか。ただ、スターサーバーのプランは表の5種類だけじゃなく、「上記以外にもプランをご用意しています」なんだが。どうも、このほかに無料サービスとオプションの有料サービスの移行プラン7つが追加されるから、数えてみたら現時点で判明してるだけで12プランあるっぽい。どうしてこうなった。

で、今のとこ無料サービスの詳細が分からないんだよな。最安プランのエコノミーがMySQLなし、ライトだと1個ってのを考えると。モバイルだと広告付くけどMySQLが使える無料サービスは、今まで通り広告付きで提供されるんだろうと予想するが。とりあえず、8/7にWPBlogスタードメイン契約者の無料サーバーから人柱になるみたいだから、それ待ちだな。



以下余談。どうでもいいけどこの感覚、昔野村ファンドネット証券がサービス統合されて、野村證券の口座が2つに増えた時を思い出したな。

2003年8月のメール 『野村ファンドネット証券に口座をお持ちの方へ』

これはこれで気が向いたらなんか書くかももしれないが。