LED電球がすぐ壊れる奴は、不運と踊っちまったんだよ

bulbs-1076448

LED電球

なんか、LED電球LEDの寿命より前に、他の部品が先に逝く事があるらしいんだが。

「長寿命」をうたうLED電球、LED素子よりも先に回路がダメになるケースも

元ソースはニュース記事でなく、個人のブログみたいだが。まあ、そういう事もあるよね。ぶっちゃけ、4万時間持つと言っても、保証期間せいぜい1年だろ。メーカーの宣伝通り持つかどうかなんて、お察し下さいレベルじゃね。

家のLED電球の場合

ちなみに、家で一番古いLED電球は、ブログ記事で書いた2012年5月より前から使ってたから、約4年ぐらい前のかな。メーカー品の他に、店頭最安値だったホームセンターのPBも使ってるけど、今のところどれも一度も交換しないで済んでるな。

LED電球で電気代をケチる

最近のLED電球は、ルーメン数が上がったり全方向型になるなど、明るさに関しては進化してるようだが。その分価格は高いし、消費電力も上がってるんだよな。今部屋で使ってるのは、スイッチの押し方だけで明るさ変えられるんだけど。PCやタブレット中心の生活してると、文庫本読んだり手書きするなど細かい字を扱う以外は、最低の超節電モード(110lm 1.4W)で必要十分だったりする。

私的LED電球の選び方 -明るさ3段階切り換えLED電球を買ったよ-

LEDの寿命より、明るさ切り替え用の回路とかにガタが来るかと思ったが。今のところ3年以上持ってるな。

明るさ切り替え付きLED電球

ちなみにこの電球Verbatim製なんだけど、買った時は三菱が代理店だったけど、今はアイ・オー・データに変わってるんだな。そのせいなのか知らんが、現行のラインナップは明るさ切り替えのない奴しか売ってねえ。まあ、元のメーカーが製造やめたのかもしれんが。

ホーム | Verbatim Lighting

部屋で使うならこれほど良い機能はないのに、どうして東芝とかパナソニックは追随しないんだろう。特に元マネシタとかしっかりしろよ。おかげで、値段が現時点で1980円って値上がりすぎだろ。

三菱化学メディア Verbatim LED電球 一般電球タイプ 口金E26 昼白色 6.8w 550ルーメン 明るさ3段階切り換え LDA7N-H/3S

新品価格
¥1,980から
(2016/2/24 21:44時点)

一応、ルミナスの商品で3段階調光機能付いてるのがあるけど、Amazonは直に取り扱ってないな。

ルミナス LED電球 スリムタイプ 3段階調光機能付き 口金E26 昼白色 550lm 40W相当 LEC7AN26/M (Luminous / ORION)

新品価格
¥1,294から
(2016/2/24 21:45時点)

ちなみに、ドウシシャオリオン電機の共同開発らしい。

ドウシシャ、調光器なしで明るさを3段階に切り換えるLED電球

ただ、ドウシシャのページで確認したが、商品一覧に調光機能付きのLED電球が見当たらなかった。おそらく、Amazonのマケプレでしか売ってないのは、流通在庫のみだからではないだろうか。

LEDシーリング

余談だが、前にリビングはLED電球だと明るさ的に厳しいと書いてたけど。こっちは結局、LEDシーリングにした。調光機能付いててリモコンで操作出来る奴。最初、天井の引掛シーリングにこんなでかいの付けて大丈夫かと思ったが、本体がものすごく軽いんだよね。流石LED。

リビングみたいに広い場所で使う場合、上位モデルのLED電球買うより、さらに高くなるけどLEDシーリングにした方がいいんじゃね。まあ、全方向型とかの高価なLED電球は使った事ないから、最近の奴だと明るさに関しても問題ないのかもしれんが。

ただ、電気代は蛍光灯並にかかるんだよね。まあ、明るさ調節して節電したり、交換の手間が減らせられるならそれもありなんだろうが。後は、LED電球の10倍近い価格の、元が取れるかどうかだな。と思ったら、現時点で6畳用5980円からと、最近はLEDシーリングでも安いのが出てるんだな。しかも5年保証付いてるし。

東芝 LEDシーリング 昼白色(単色)連続調光モデル(6畳用) リモコン同梱 5年保証 LEDH93073W-LD

新品価格
¥5,980から
(2016/2/24 21:45時点)

ただ、LEDシーリングだと買ってから取り付けてみたら思ったより暗かったとかの場合、トイレ用に回すとかが出来ないからな。通販よりは、実物見て買った方がいいかもね。あと、リモコン付きで明るさが調整できて、常夜灯モードに出来るのが最低条件かな。加えて、可能なら内部に虫が入らない構造の方がいいよ。LEDって紫外線出さないはずだけど、熱持つからなのか虫が寄ってくるんだよね。

不運と踊っちまった

カタログスペックと実際の製品寿命が違うのは、LED電球に限った話じゃないからな。まあ、高温下の環境だと寿命が短くなる部品が使われてるみたいだから。夏とか冷房のない部屋で使ったりするのを避けたり、高温時の対策がとられてると考えられる、「密閉器具対応」「断熱材施工器具対応」の商品を選ぶ方がいいのかも。

もっとも、件のブログ記事で故障したLED電球を分解してるんだが、見た感じは家でも使ってる東芝「密閉形器具対応」してる奴に似てるんだけど。まあ、最近は東芝の評判は地に落ちてるし。何より、日本製メーカー品でも製造は中国だからな。

増えてきましたLEDの不点灯 - 栄電気のココロ

故障の原因に関して、「放熱が悪いんじゃないか? ギザギザのついたヒートシンクのついたLED電球の方が何となく安心しています」と書いてるが。個人的には、使用頻度の高いLED電球には虫が集まってくるので、虫の死骸がたまりやすい形の電球はお勧めしないな。まあ、都会やタワー型マンションの高層階だと関係ないのかな。

今回のまとめ

そんな訳で、ここまでLED電球の値段が下がったのなら、保証期間過ぎて壊れても泣かないぐらいの価格なら気にせず買っていいと思う。高い全方向型とか買って4万時間持たずに壊れたら、死ぬほど後悔すると思うならやめといた方が無難。そういう人は、保証期間が長いのを選ぶべきだな。

なお、前にLED電球でお勧めと書いた、東芝のLDA6N/3はすでに生産完了品だけど。今現在入手可能な商品だと、パナソニックのLDA6DH2あたりが安くていいかな。

パナソニック LED電球 6.3W(昼光色相当) 口金E26タイプ<下方向タイプ> 明るさ電球40W形相当 485 lm LDA6DH2

新品価格
¥300から
(2016/2/24 21:45時点)

光の向きが下方向タイプだから、LED電球出始めのから進化してないと言えばそうだけど。それでも40W相当で509円とは、私が買った頃だとせいぜい、マイナーメーカーの20W相当ぐらいしか買えなかった金額だな。

とはいえ、最近は20W相当のショボい商品がないから、貧民的にはちょっともったいないと思う。ぶっちゃけ、トイレの電球に40Wとかいらねえから、無駄な電気代にしか思えないんだよな。なので、トイレとかで使う低消費電力のLED電球が欲しい場合は現行製品じゃなく。電気屋やホームセンターの見切り品コーナーに置いてある、昔の低性能なLED電球を探した方がいいかもね。

私的LED電球の選び方 -明るさ3段階切り換えLED電球を買ったよ-

三菱化学メディア Verbatim LED電球 一般電球タイプ 口金E26 昼白色 6.8w 550ルーメン 明るさ3段階切り換え LDA7N-H/3Sを購入した。目的は日中暗くなった時や、夜間に通常の電球ほどの明るさが必要でない時用に。最初はデスクライトとかを考えていたんだけど、LDA7N-H/3Sみたいに明るさ切り替えられるLED電球ならこれ一つで事足りるんじゃね、と思って。

明るさ3段階切り換えの詳細はパッケージにも書いてあるが下記の通り。ちなみに明るさを切り替えるには「一度スイッチをOFFにしてから3秒以内に再点灯すると明るさが切り換わります」とのこと。

モード 明るさ 消費電力
通常モード 550lm 6.8W
節電モード 330lm 4.0W
超節電モード 110lm 1.4W

今まではグリーンハウスのGH-LB061Lという電球色のを使っていた。30W相当で消費電力は5.9W。明るさは425lm。電球色にしてたのは昼白色のだとある程度の明るさになるとまぶしさを感じるから。今回買ったLDA7N-H/3Sと交換してみたが、かなり明るい。オフ・オンして節電モードにしてみたが思ったほど暗くはならない。通常ならこれで十分と思える。さらにオフ・オンして超節電モードにしてみたが、これが意外に明るい。確かに通常・節電モードと比べれば暗いんだけど本当に110lmで1.4Wしか使ってないんかいって疑いたくなるぐらい。よほど細かい字を読んだりしなければ普段もこれで十分いける。正直これは計算違いだった。

ただし難点もある。超節電モードをメインで使ってるわけだが、その為には電源スイッチの操作が何度も必要になること。実際に超節電モードにするには、オン→オフ・オン→オフ・オンの三段階が必要。さらにオフにしてから4秒以上経過して再点灯するとまた通常モードに戻るのも面倒な仕様。それを除けば今までより細かく電力消費を調整できるので非常に経済的。欲を言えばもう一段階、LEDナツメ球ぐらいの明るさが欲しかったかな。100%の明るさが20W相当で、今の節電モード・超節電モードと常夜灯ぐらいの明るさのを発売して欲しいところ。

で、どんなLED電球買えばいい?

とゆーわけでLED電球買うのなら、6畳までの一部屋で使うならそんなに明るさは必要ないと思う。とりあえず20W相当の安い奴買って点けてみて大丈夫そうなら部屋に。暗いようならトイレとか脱衣場みたいな狭い場所用にして、次は30W相当を試す、と。比較的長時間利用する部屋だったら、明るさ調整出来た方が便利だと思う。トイレとか頻繁にオン・オフして利用時間が短いところだとわずらわしいけど。

後は、リビングとか広いところはLED電球は向いてないかな。家もダイニングで40W相当の使ってたけどLED電球周辺部は明るくても、そこから離れる場所がどうしても暗くなっちゃう。遠くから見ると明るいところと暗いところがはっきり分かるぐらい。LED使うなら、天井から全体照らすのを諦めた方がいいと思う。LEDシーリングって手もあるけど消費電力そこそこあるし。

安価なLED電球だと密閉型器具に対応してない事が多いので、その手のに使うなら対応の奴を。家は今回買ったのを除けば、ほとんどホームセンターで売ってる安い奴なんだけど、密閉型だけはTOSHIBA E-CORE(イー・コア) LED電球(密閉器具対応・フィンレス構造・E26口金・一般電球形・白熱電球30W相当・420ルーメン・昼白色) LDA6N/3を使ってる。まともなメーカー製なのにAmazonで送料無料で700円ちょいで買えると以前の記事にも書いたが、まだ同じような値段だな。ちなみに三菱化学メディアのLDA7N-H/3Sは買って一週間もたってないのに800円から1200円に値上がっている。私はAmazon直で購入したんだけど今はマケプレしかないな。

個人的なベストバイはLDA6N/3・LDA6L/3

最後にどのLED電球買うかについてのアドバイスを。今までならあまり名の通ってないメーカーや、ホムセンとかのPBブランドでも安ければいいやと考えていた。だが、今回LED電球を交換して少し考えが変わった。多少価格が高くてもLDA7N-H/3S(下の画像)やLDA6N/3みたいにフィンレスですっきりした形状のを選んだ方がいい場合がある。

下の画像みたいなフィン付きで発光部との境目に水平な箇所がある奴は、悪いこと言わないからやめた方がいいよ。実は、電球替えた時に発見したんだがその部分に虫の屍骸が大量にあった…

丸型蛍光灯もLED電球にしてさらに電気代をケチる

LED電球で電気代をケチるで蛍光灯電球をLED電球にしたが、さらに丸型蛍光灯もLED化してさらなる高み(低み?)を目指すことにした。

現状ではペンダント型の照明器具で蛍光灯を使っている。これをLED化するには、丸型のLED蛍光灯を使うのが手っ取り早いが、高い。LED電球点けられるペンダントにする手もあるが、そこそこのお値段がする。もっと安くすむ方法はないか探したところ引掛レセップキャップというのを見つけた。

引掛けシーリングに取り付けられる器具と電球取り付け用ソケットが一体になってるだけだが、ホームセンターで320円で売ってた。
20120520b.png20120520c.png20120520d.png

非常に経済的だが弱点が二つ。一つはコードのスイッチがない。もしかしたらつけられるタイプもあるのかも知れないが。もう一つは見栄えが悪い(笑)
来客のあるリビングとかには普通の傘付きのペンダントぶら下げとくのが無難かと。

私が買ったのはパナソニック電工の引掛レセップキャップ(ミルキーホワイト)1A125V WW3410WK
20120520a.png

安くてお手軽にLED化出来て見栄え以外は非常に満足してる。ただ一つ気になるのは電球がソケットにきれいにつけられないとこ。何度やっても斜めになってしまう。買った奴すべて同じだったので個体差ではなさそうなのだが。実用上問題なさそうだから気にしないことにするが。
20120520e.png

安価で手軽にLED化出来るので個人的にはかなりお奨め。
他にもヤザワの角型引っ掛けランプソケット SF-3410というのあるみたい。
しかし、通販だと送料の関係か、ちと高い。近所にホームセンターあるなら直接買ったほうが安上がりだな。

通販ならまとめ買いか、他のと一緒に買うなら一定金額以上購入で送料無料になるところで買うのが得策。

LED電球で電気代をケチる

Amazonで買ったLED電球が届いた。これで全部の電球をLEDに交換できた。買ったのはTOSHIBA E-CORE(イー・コア) LED電球(密閉器具対応・フィンレス構造・E26口金・一般電球形・白熱電球30W相当・420ルーメン・昼白色) LDA6N/3
20120517a.png20120517b.png

LED電球は980円ぐらいになった頃から徐々に切り替え。すでに蛍光灯電球にはしてたけど、なんかすぐちかちかして交換するイメージが。仕様上、頻繁に点けたり消したりすると寿命縮むらしいからしょうがないが。

今はあまり明るさの必要のないところでは、消費電力2.9Wぐらいで20W相当の安い奴。他は5.8Wぐらいで30W相当の奴。今回買った東芝のは密閉器具用に使うため。しかしAmazonで通常配送無料で709円で売ってるのなら30W必要なところは全部これにするんだった。980円ぐらいの買ってたので。

20Wとか30W相当だとスペック的にはかなり暗そうだけど、実際使ってみると意外に明るい。広いリビングとかだときついかもしれないが、30W相当でも6畳ぐらいの部屋なら個人的には実用範囲。20W相当はそれなりに暗いけど、トイレとか狭い場所なら問題ない明るさだと思う。

とゆーわけで、照明は家庭の電気使用量で大きな割合を占めているから、これでかなり電気代節約になってるはず。これで寿命がカタログ通り40000時間ぐらい持てば言うことなし。