業務スーパーのこだわり生フランク ハーブ入りを茹でずに焼いてみた

こだわり生フランク ハーブ入り

なんか、久々に業務用スーパー「こだわり生フランク ハーブ入り」を食べたんだが。こだわり生フランクに関しては、パッケージの取説みたいにソーセージを茹でるなんてドイツでは少数派ですよみたいなコメントを以前もらったんだけど。それなんで、今回は焼いてみようと思ったんだけど。

冷凍のままだと10代のようにガチガチだから、このまま焼いても大丈夫だ問題ないとは思えないので解凍する。とりあえず、1本だけ冷蔵庫に一晩以上置いといたら、もう若くないんだ的なフニャフニャになってしまった。

この状態でフライパンで焼いてみたが、焼き方は以前にテレビで見た「油ひかず弱火で転がしながら焼く」みたいなやり方にしたら、なんか生フランクから脂がでなくてフライパンにくっつきそうになった。一般的な袋ソーセージだとすぐにしみ出てきた気がするけど、これはケーシングの腸が突撃一番並に厚いからか、ほとんどしみ出てこなかった。

ただ、つながってるとこを切り離すときに雑にやったせいか、先っちょの皮がむけて中がちょっとはみ出てたから、徐々にそこから漏れ出してきた。そうなると、ソーセージが完全に包まれたままだったら最後まで出さなかったのか、私気になります。

そんな訳で、表面が焦げない程度に焼き目つけながら焼いてたが、焼き加減がいまいちわからん。そういえば、肉料理だと竹串でさして出てきた汁が赤っぽければまだで、透明だったらOKとか聞いた気がするのでやってみたら透明だった。さらに念を入れて切って中を確認したら、まだちょっと肉が赤っぽいとこのこってたんで、火を止めてアルミホイルで適当に包んで予熱を通してみた。で、最終的にできたのがこれ。

諸般の事情でパンが山型になってるけど、まあ、こんなもんだろ。ちなみに、ケチャップは普通のだけどマスタードiHerbで買った、Annie's Naturals, オーガニック, ディジョンマスタード

このマスタードもは、Annie's Naturalsのケチャップが気に入ったので同じメーカなので買ってみたけど。マイユとは違うけど、これはこれでおいしい気がする。個人的には、マスタードに求めてるのは辛さとかアメリカンな砂糖入りのとかじゃなく、ディジョンマスタードみたいなマイルド系なので、そっちのが好きな人には合わんかも知れんが。まあ、iHerbで送料無料ライン調整とかじゃないとちょっとお高い気はするけど。

今回の感想

こだわり生フランクを焼いて食べてみた感想は、ソーセージ単体だと茹でたのよりしょっぱく感じた気がする。パンに挟んだ場合は、ケチャップつけてもちょうどいい感じになったけど。総合的な評価は、茹でるより焼いたほうがなんか肉っぽさが増したように思えた。おそらく、焼き加減さえ間違えなければ茹でるより焼く方がうんめーにゃーじゃね。知らんけど。

ただ、焼く手間考えると今後はどうするかな。手順さえわかれば茹でるよりも楽な面もある反面、焼く場合タイマーさえかけとけば放置可能ってお手軽さはないからな。

しかし、公式のやり方が茹でる一択なのはなぜなんだろうと思ったとこで気づいた。多分、スーパーとかで普通に変える袋入りのソーセージなら加熱調理済みでそのままでも食えるけど、生ソーセージでしかも冷凍となると十分に火を通してないと最悪ヤバいですねだからつまりそういうことなのか、私気になります。

以下おまけ

生ソーセージの焼き方

これ書いた後、生ソーセージの焼き方をググってみたら、あらかじめお湯に入れると楽みたいな情報があるんだが。

他にもいろいろ焼き方があるっぽいが、生からだと結構時間かかるのは仕方ないっぽいな。

あと、テレビで業務スーパーの回しもんなんじゃねってぐらいマンセーしてる業務田スー子氏のレシピも引っかかったんだが。生フランクを、ソーセージじゃなく具材の一部として使うのは目から鱗な気がする。

またひとつ賢くなってしまいました。

業務スーパーのピザクラストでカレーを食べたよ -ナンより安い-

業務スーパー ピザクラスト

今日の昼はカレーにした。ナンはなかったが、冷凍庫に業務スーパーで買った冷凍のピザクラストがあったので、これで代用できないか試してみることにしたよ。

20150510a 20150510b

冷凍状態の生地はこんな感じ。直径が約17cmで厚みはそこそこある。値段は5枚入ってて税抜き200円を切ってたと思った。

20150510c

オーブントースターで焼くとこんな感じ。

20150510d

ピザ生地でカレー

普段はピザソース塗ってチーズとかトッピングして、普通にピザとして食っているが。今回はこれをナン代わりにちぎって食べてみる。ちなみにカレーは自分で作った豆カレー。

20150510e

豆は楽天のアメ横大津屋スパイス・豆の専門店で買ったムングダールを使った。

20150510f

皮なしの緑豆をひき割りにしたもので、すぐに煮えるって聞いてたが、浸水後でも結構時間かかった。これ買った時はタイ産だったけど、いま売ってるんは中国産だな。

閑話休題。そんな訳で、カレーにピザ生地をちぎってつけて食べてみたが、結構いけたよ。味はピザ生地そのものだけど、外はカリッと、中はしっとりした仕上がりで悪くない。まあ、同じ業務スーパーなら、冷凍ナンの方がベターなのは当然だけど。値段考えると、ピザ生地でもいいやと思えちゃう。ピザ生地だと1枚の量もそこそこ多いので食べごたえもあるし。今回はそのまま食べたけど、ピザ生地にバター塗ったり、焼く時チーズのせてチーズナンもどきにしてみてもいいかも。

業務スーパーのたっぷりサイズのビーフカレー中辛を食べたよ -味を極めた本格派!?-

たっぷりサイズのビーフカレー

今日の昼はレトルトカレーだった。今回食べたのは、業務スーパーで売ってた「たっぷりサイズのビーフカレー」
レトルトの袋そのまま売っていて、確か税抜60円切ってたような。

20141220a 20141220b

たっぷりサイズのビーフカレー食べてみた

実際に盛り付けてみるとこんな感じ。

20141220c

写真を見て分かるとおり、たっぷりなのはサイズだけで、決してビーフや具がたっぷりってわけではない。それでも、以前に記事にした「おとなの大盛カレー」に比べると、多少はマシかな。かなり小さめだがニンジンがそこそこ入っていて。さらに、それより小さい玉ねぎみじん切りが、スープですくうとほぼ入ってるぐらいある。

20141220d

ニンジンと玉ねぎ

20141220e

玉ねぎ

肉はその玉ねぎより小さく、目で確認するのは大変だった。食べてると、たまに肉にあたるのが分かるんだけどね。

20141220f

牛肉

最初に食べた時に甘さを感じたが、味は悪くない。「味を極めた本格派」には思えないが、オーソドックスなカレーの味になってる。正直、レトルトカレーの頻度が高いなら、賛否両論分かれそうな個性的味わいの「おとなの大盛カレー」よりも、こっちの方が食べ飽きないと思った。

甘さについては玉ねぎなのか、材料に入ってる砂糖かは分からんが。全体的には中辛で、ほどのほどの辛さに仕上げてある。個人的にはちょうど良かったかな。普通に、この値段にしては結構いける。ちなみに、原材料はこんな感じ。

20141220g

特に奇をてらった物ははいってない。業者の表示が販売者の神戸物産だけで、どこで作ってるかが書いてないのは気になるが。量はたっぷりというだけあって、大人の大盛カレーと同じ250g。

おとなの大盛カレーの感想は↓
業務スーパーおとなの大盛カレー(中辛)を食べたよ -5個入り298円(@59.6)とは-

今回のまとめ

コスパでは5袋入りのおとなの大盛カレーには負けるが。1個ずつ買えるのを考えると、初めて買うならこっちの方が無難かな。味も100円クラスの中では並より上の位置だと思う。というか、たっぷりサイズの方を5袋入りにして、大人のカレーをばら売りした方がいいんじゃね。

「味を極めた本格派」ってキャッチコピーはどうかと思うが。値段が安くて普通に食えるレトルトカレーとして、覚えておいて損はないかな。

サムラートのバターチキンカレーはまじで甘口だった -通販レトルトカレー-

サムラート

今日のお昼は、前に楽天のサムラートオンラインストアの送料無料セットで買ったレトルトカレーの一つ、バターチキンカレーにしたよ。

バターチキンカレー

見た目は以前の記事で書いたとおり、そっけないレトルトの袋が紙袋に入ってるだけの簡易包装。

20141115a 20141115b

とりあえずお湯で温めて皿に移したけど。最初に開けた時に香りがたって、これは期待できるかと思ったら。一口食べてみて衝撃が走った。なんでこんなに甘いんだ。原材料確認したら、結構前の方に砂糖があったけど、これが原因なのか?

20141115d 20141115c

具のチキンはレトルトの肉で、特に特筆する事はない。まあ、量はそこそこ入ってるが、400円クラスの価格帯ならこれぐらいは当然かな。それと、今回は業務スーパーのナンで食べたんだけど。これがライスだったら、評価は激減した。少なくとも、このサムラートのバターチキンカレーに関しては、白いご飯とは合わないと思った。

トータルでの評価は、マイルドでコクがあるんだけど、甘さでほとんど吹っ飛んでしまうのが難点。個人的には、カレーは辛くなくてもいいとは思ってるが、甘いのはちょっと物足りないと考えさせられた。

業務スーパーの冷凍ナン

ちなみに、ナンは前述したように、業務スーパーで売ってる「ナン(プレーン)」というインド直輸入の冷凍ナンにしてみた。

ナン(プレーン)

100gのナン4枚入で、税込300円ぐらいだったと思う。写真だと分かりづらいが、パッケージはチャック付きになっている。

20141115e

中を開けると、ナンとナンの間にシートが挟んであって、くっつかないようになってる。ナンに見える黒い点はゴマだと思うが、原材料には書いてないな。

20141115f 20141115g

解凍法はオーブントースター1300Wだと、凍ったままで約5分との事だが。家のはそこまで出力が上がらないので、今回は魚焼きグリルで解凍した。ちょっと焦げたが。

20141115h

もう一枚はレンジで解凍してから、オーブントースターで軽く表面をカリっとさせたが。こっちの方が無難かな。けど、うまく焼けるなら、魚焼きグリルの方が美味しくできるんじゃないかと思った。

ちなみに、ちょっと薄めでもっちり感は端にちょっとあるだけだけど、味はまあまあかな。店で食べるナンとパンの中間からナン寄りって印象。少なくとも、スーパーとかで売ってるデルソーレのナンみたいに、ほとんどパンだろって突っ込みはしなくても済んだ。

ただ、1枚100gってのはちょっと微妙。市販のナンだと、1食は150gぐらいのが多いんだけど。まあ、1.5枚食えばいいんだろうが、そうすると4枚入りだと1枚余るし、切るのも面倒。個人的には、同じ値段なら150g 3枚。もうちょっと安くなるなら、75g 4枚の組み合わせがベターかな。

今回の感想

そんな訳で、サムラートのレトルトカレーについては、前回食べたチキンティッカと比べると、バターチキンはかなり人を選ぶ味だと思えた。またサムラートで買うことはあっても、バターチキンだけはリピートしないな。

業務の冷凍ナンは悪くはないんだけど、次善の選択という気がする。個人的には、シディーク 楽天市場店の送料無料の選べる3種インドカレーとナン5枚セットに、パキスタンの丸いナン5枚セットを追加した方がいいと思う。

別にナンだけ頼んでもいいんだろうが、それだと冷凍60サイズでも最低670円の送料がかかるんだよね。送料込みのセットが税込2138円だから、ナン5枚540円+送料670円だと、928円で冷凍カレーが3個付いてくる。仮に60サイズで入らなくて20サイズになっても、送料の差額分(670円なら150円)を追加するだけだし。

80サイズまで想定するなら、いっそナンをパキスタンスタイルの丸ナンじゃなく、5枚セットで1080円の普通のナンにしてもいいか。

もっとも、そこまで買うと結構な価格になるし。冷凍庫に空きがないと入らなくなりそうでもあるが。そう考えると、業務の冷凍インドナンの、お手軽でそこそこの味な点は認めざるを得ないか。

楽天サムラートとシディークのカレーの記事は↓
楽天のサムラートオンラインストアで買ったレトルトカレーを食べたよ -チキンティッカマサラカレー-
楽天のシディークオンラインショップで買ったカレーと丸ナンを食べたよ

業務スーパーの「ひよこ豆のスパイシーカレー」を食べたよ -インド直輸入 特盛1.5人前-

ひよこ豆のスパイシーカレー チャナ・マサラ

20140802a

今日の昼は、業務スーパーの「ひよこ豆のスパイシーカレー チャナ・マサラ」にした。これは税抜き155円と、貧民にしては贅沢品なんだが。パッケージによると、内容量が300gで1.5人前だから。1人分と考えれば許容範囲ではないか。

20140802b

箱から出した中身ははこんな感じ。日本のレトルトカレーと違って、容器が透明なプラスチック。裏の説明では、「湯煎の際は、袋が鍋のふちに触れると穴が開くことがありますのでご注意ください」とある。

ひよこ豆のスパイシーカレー感想

食べてみた最初の感想は、味うすっ。スパイシーさはほどほどだが、個人的には塩が足りないと思う。辛さは3段階の1だけど、結構辛い。ただ、食べた時にひりひりするような刺激ではなく、後からくる感じ。今回は評価の為、そのまま完食したけど。次があるなら塩を足そうかと思う。

インド直輸入だけあって、普段食べてる日本のレトルトとは一線を画してるが。インドレストランで食べるのともちょっと違うか。まあ、日本のレトルトも、よほど高い奴じゃない限りは、お店の味とは違うからな。おそらくインドの一般家庭で食べるような味なんだろう。

量は300gなので、かなり多いかと思ったが実際はそうでもない。カレー自体は一人前分ぐらいなんだけど、具材のひよこ豆がかなり多い。下手するとご飯なくてもいいんじゃねってぐらい。食後感は確かに1.5人前だな。ひよこ豆は、よくあるやわらかすぎる水煮の缶詰とかパックと違って、歯ごたえが残ってるのはよい。

ひよこ豆のスパイシーカレーって買い?

20140802c

原材料を見ると、一般的なレトルトカレーと違って添加物や加工油脂を使ってないのは好感を持てる。値段はそこそこ高いが、内容量に対するひよこ豆の割合が多いので割高には見えない。

ちなみに、このカレーはKohinoorという会社の商品を、日本向けの箱に入れてるみたいだが。パッケージの写真から判断すると、中身はこれと同じか。

Seasoned Chickpeas - Chana Masala

そういった意味では、日本のカレーよりインドの方が好きな人や。レトルトカレーのカロリーや原材料が気になる人にはいいんじゃね。でも、味付けはもう少し強くてもいいと思う。このシリーズ何種類かあるみたいだが、他のもこんなに薄いんだろうか。