国民年金の全額免除申請が受理されたよ2015

国民年金全額免除

7月に郵送で申請した、国民年金の免除申請の結果が届いた。今回も全額免除だったよ。これでまた、低年金者への道が一歩近づいたか。

20151013a

ちなみに、年金が全額免除レベルでも、国民健康保険は7割じゃなく5割軽減だったりする。生活保護より収入少ないのに、こんだけ抜かれて医療費も払わなけりゃいけないなんて、世の中間違ってるよな。そんなんだから「そうだ生活保護しよう!」ってなるんだよ。

国民年金の免除申請をするよ -面倒だからポスト投函-

20150712a

国民年金免除申請

7月になってから国民年金の納付書が送られてきたんだけど。去年免除申請してたので、例によって今年も免除申請のお知らせと申請書・郵送用の封筒も入ってたよ。

20150712b

去年の免除申請は、市役所行くのが面倒なので郵送で手続きしたんだけど。窓口で手続きするより、受理されるのに時間かかったんだよな。今年はさらに、個人情報流出事件やらかしてるから、また遅れるんだろうな。

ちなみに、申請用紙はまたちょっと変わった。そんなに頻繁に変更するようなもんじゃないと思うが。おそらく、記入欄が小さいとかいう苦情に対して大きくしたんだと予想。

20150712c

そんな訳でポストに入れてきたんで、後は受理されるのを待つだけ。

非正規雇用の若者は国民年金を払うなって、絶対に払った方がいいと思うぞ -それ以前に非正規でも厚生年金入れるだろ-

a0001_000393

非正規は国民年金払うな!?

なんか、NPOほっとプラスという「埼玉県内で野宿生活状態にある方、生活に困っている方の相談支援活動をしている団体」の代表が、非正規は国民年金を払うなと主張してる記事を読んだんだが。

非正規雇用の若者はもう国民年金保険料(15,590円)を支払うな!ー老後は生活保護を受けよう!ー

流石に今どきの会社なら余程のブラック企業でもない限り、非正規雇用(パート・アルバイト・派遣社員)でも厚生年金に入れるだろう。例外は、主婦が配偶者控除を受けるために年収103万円以内に収めたいのと、正社員の3/4未満しか働いてない・働かせてもらえない場合とか。

なので、非正規でもフルタイムで働いてるのなら、会社の社会保険に加入するように要求すべきだが。現実的には、その後の関係が悪化することをを考えると、やるんなら辞める覚悟が必要だろうな。

ちなみにパート主婦の雇用について、社会保険労務士・行政書士「簡単節減の方法」として紹介してるサイトがあった。このように社会保険料を削減することは、企業の利益につながるので、どこの会社も非正規は保険に入れたくないのが本音なんだよね。

パート従業員を採用し、戦力化する。

国民年金未納だと障害者年金受け取れないケースがある

とりあえず、非正規の国民年金加入者で年金保険料を支払うのが苦しい低所得者について話を進めるが。記事では「当然、年金保険料が支払えない場合、手続きを行えば、猶予制度や減免措置を講じられる」「減免措置の期間も年金加入換算されるので、本来はその手続きをしてほしいと思う」と書いてあるが。「ただし、これらの手続きをして、40年間年金保険料を支払い続けても、老後の受給金額は極めて低い」というデメリットについても書いてある。それなので、下記のように「国民年金保険料を支払うな」という見解に達したんだろうが。

だから、単純に考えれば、国民年金を40年間支払うよりも生活保護に移行した方がよい。
あるいは年金保険料を払えるだけ払い、年金受給後に、最低生活費に満たない分は生活保護を併給した方が生活はしやすい。

個人的には、後者については同意。私も国民年金は全額免除中だし、今後よほどの収入がない限り、免除期間分の保険料を追納しようとは思わない。老後、無年金・低年金になったら生活保護を受ければいいという考えにも同意できる。

国民年金免除期間の未納分についての見解は↓(金額は執筆時のもの)
国民年金保険料を免除した分は追納すべきか?

読み返してみると、物価スライドがあるからインフレにもある程度対応できると書いたが。マクロスライド制の現状を考えると、政府は年金制度をスポイルさせたいようだな。

だが、国民年金保険料を免除ではなく未納にしてると、万が一障害者になった時に障害者年金を受けられなくなる可能性について触れてないのはどうかと思う。というのも、障害者年金の支給要件の一つに、年金を加入期間の2/3以上納めてることがあるから。

年金について - 障害基礎年金の受給要件・支給開始時期・計算方法 | 日本年金機構

初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること

もっとも、障害者で障害年金も受けられない状態なら、間違いなく生活保護の受給要件は満たせるだろうから、そのまま生活保護受けろってことなのかねえ。

今回のまとめ

そんな訳で、非正規の生活困窮者については「国民年金払うな」なんて役に立たないアドバイスじゃなく、企業に「厚生年金に加入させろ」と働きかけるべきじゃね。まあそれは、このNPO団体の仕事じゃないかもしれんが。

また、記事の結論で「要するに、生活費を切り詰めてまで年金保険料を払う必要はない。現在かあるいは将来に向けて、生活保護を受給すればいい、ということである」としてるが。記事の内容から判断すると、「現在(略)、生活保護を受給すればいい」という件は、保険料を払っても払ってなくても、生活が苦しいなら生活保護の申請を考えろと読めるな。

というか、記事のタイトルは「国民年金保険料を支払うな」より「保険料払えないなら生活保護を受けよう」にして。内容も、「無理して国民年金保険料払うぐらいなら、貯金とかしないで生活保護受けようぜ」とかにした方がよかったんじゃね。

国民年金から未納保険料の催告状キター -すでに免除申請は受理されてんだけどね-

国民年金未納!?

なんか、日本年金機構からハガキが届いたんだけど。中をはがして見てみると、国民年金未納保険料 納付勧奨通知書(催告状)だったよ。以前の記事に書いたと思ったら書いてなかったが、今年の分の国民年金の免除申請は7月中に郵送で申請して、すでに全額免除で受理されてたりする。

20141007a

最近は未納の連絡来る前に、通知書のデータに反映されてるんだけど。今回は、免除申請書を市役所じゃなく、日本年金機構の方に直接封筒で送ったせいなのか、処理に時間がかかったからかな。

ちなみに、免除申請した場合、保険料の振込用紙や未納の通知書等が来ても無視するのが正しい対応。免除が受理されればそれらは捨てて良し。全額じゃなく一部免除だと、新たに振込用紙が送られてくるので、それで払えばいい。

まあ、ハガキにも「すでに保険料を納めた方や免除申請の方にも、行き違いでこの通知書が届く場合がありますので、ご了承ください」とは書いてあるけどね。

今年の免除申請書が送られてきたときの記事は↓
国民年金保険料納付免除の申請書が新しくなったよ

国民年金の2年前納と1年前納どっちがお得なんだ?

a0055_000855

国民年金

いつのまにか、国民年金に2年分まとめて払う、2年前納なんて制度が出来ていたのか。毎月保険料を納めるより、2年前納だと14800円安くなるんだって。ちなみに1年前納の割引額3840円だけど、これは1年分の数字だな。来年の1年前納の保険料がが分からないから正確ではないが、これの2倍だとすればだいたい1ヶ月当たり320円の割引。2年前納だと約616.7円だから、結構差がある。

平成26年4月から国民年金保険料の「2年前納」が始まりました

1年前納と2年前納どっちがお得?

そうなると、国民年金を払ってる人なら2年前納にした方が安いのかと思ったら。1年前納の方が特になる場合もあるという記事を見つけた。

国民年金保険料 2年前納より1年前納がお得になる場合とは?

この記事の主張をまとめると、「1年前納だとクレジットカードが使えるけど、2年前納は使えないので、クレカのポイントを考慮すれば、2年前納より1年前納がお得になるケースがある」って事だが。

以下、個人的にこの記事の内容を検証してみる。

クレジットカードのポイント

まず、クレジットカードのポイント還元率を1.75%で計算してるが。一般的な還元率は0.5%だぞ。私のメインの楽天カードでも1%だというのに。

楽天カードについては↓
働きたくないけど働かなきゃいけない新社会人へ -貧乏人こそクレジットカードは必須だよ-

また、クレジットカードによっては、国民年金保険料はポイント対象外の場合もあるので注意。クレカで支払う前に、カード会社に問い合わせといた方がいいだろう。

年金でポイントがつかない例
国民年金保険料もカードでお支払い:クレジットカードの三井住友VISAカード

所得控除

続いて、1年前納より2年前納の方が保険料を多く払うから、受けられる所得控除も多くなると言う指摘だが。「所得税・復興特別所得税・住民税の合計税率が30.42%の区分」だと、年収は「330万円を超え 695万円以下」の区分に入る。

No.2260 所得税の税率

高所得者になるほど有利だけど、低所得者だと不利になるな。

金利

最後に、クレカ払いの1年前納(179750円)と口座振替の2年前納(355280円)との差額(175530円)を銀行に預ければ、金利分得すると書いてるが。今までと違って、具体的な数字を出してない。まあ、楽天銀行の9/16時点だと1年定期が0.12%だから、税金引かれると170円弱だけど。キャンペーンとかで0.3%ぐらいあれば、422円ぐらいになるな。

とりあえず新生の2週間満期預金とかに入れといて、キャンペーンの高金利定期を待つのが得策か。

2週間満期預金についての記事は↓
2週間満期預金 | 年間120万円生活 -働きたくねぇ.com-

クレカ払いの1年前納が得になるケース

そんな訳で、クレカ払いの1年前納は、銀行がキャンペーンで高金利の定期がある時や、クレジットカードのポイント還元率が高ければ2年前納より特になるかもしれない。しかし、還元率1.75%のカードなんてあるのかよと思って調べたら、REX CARDというのが見つかった。

初年度年間費無料翌年度条件付(年間利用50万)無料だから。月2万ちょっとぐらいクレカの支払いがある人なら悪くないカードかもしれん。今メインで使ってる楽天カードには、更新時にEdyをつけてしまったが。楽天カードは、Edy搭載カードだと更新のたびに金が取られるようになったからな。次回更新時にEdy無しのカードに戻せない時の為に、REX CARDが使えるか検証する必要がありそうだな。

楽天カードのEdy発行手数料については↓
楽天カードを作るならEdyは付けるな -無料カードじゃなくなるよ-

REX CARDについては↓(2014.9.19追加)
REX CARDとREX CARD Liteってどうよ? -還元率1.75%の条件付無料と1.25%の無料クレカ-