国民年金の全額免除申請が受理されたよ2015

国民年金全額免除

7月に郵送で申請した、国民年金の免除申請の結果が届いた。今回も全額免除だったよ。これでまた、低年金者への道が一歩近づいたか。

20151013a

ちなみに、年金が全額免除レベルでも、国民健康保険は7割じゃなく5割軽減だったりする。生活保護より収入少ないのに、こんだけ抜かれて医療費も払わなけりゃいけないなんて、世の中間違ってるよな。そんなんだから「そうだ生活保護しよう!」ってなるんだよ。

国民年金の免除申請をするよ -面倒だからポスト投函-

20150712a

国民年金免除申請

7月になってから国民年金の納付書が送られてきたんだけど。去年免除申請してたので、例によって今年も免除申請のお知らせと申請書・郵送用の封筒も入ってたよ。

20150712b

去年の免除申請は、市役所行くのが面倒なので郵送で手続きしたんだけど。窓口で手続きするより、受理されるのに時間かかったんだよな。今年はさらに、個人情報流出事件やらかしてるから、また遅れるんだろうな。

ちなみに、申請用紙はまたちょっと変わった。そんなに頻繁に変更するようなもんじゃないと思うが。おそらく、記入欄が小さいとかいう苦情に対して大きくしたんだと予想。

20150712c

そんな訳でポストに入れてきたんで、後は受理されるのを待つだけ。

国民年金から未納保険料の催告状キター -すでに免除申請は受理されてんだけどね-

国民年金未納!?

なんか、日本年金機構からハガキが届いたんだけど。中をはがして見てみると、国民年金未納保険料 納付勧奨通知書(催告状)だったよ。以前の記事に書いたと思ったら書いてなかったが、今年の分の国民年金の免除申請は7月中に郵送で申請して、すでに全額免除で受理されてたりする。

20141007a

最近は未納の連絡来る前に、通知書のデータに反映されてるんだけど。今回は、免除申請書を市役所じゃなく、日本年金機構の方に直接封筒で送ったせいなのか、処理に時間がかかったからかな。

ちなみに、免除申請した場合、保険料の振込用紙や未納の通知書等が来ても無視するのが正しい対応。免除が受理されればそれらは捨てて良し。全額じゃなく一部免除だと、新たに振込用紙が送られてくるので、それで払えばいい。

まあ、ハガキにも「すでに保険料を納めた方や免除申請の方にも、行き違いでこの通知書が届く場合がありますので、ご了承ください」とは書いてあるけどね。

今年の免除申請書が送られてきたときの記事は↓
国民年金保険料納付免除の申請書が新しくなったよ

国民年金保険料納付免除の申請書が新しくなったよ

国民年金

7月になって、国民年金保険料納付書が届いた。普通のサラリーマンには関係ないが、自営業者や低スペックにはおなじみの。例によって、毎月のと一括用の納付書が束になってる奴。

私の場合はその他に、年金の免除申請の案内書と申請用紙。申請書を郵送する場合の、日本年金機構宛の封筒も入ってたよ。多分、前年度に免除申請した人しか入ってないと思うが。

20140704a 20140704b

国民年金免除申請

今年も年金免除申請の季節だな。そう思って書類を眺めてたら、免除申請書が新しくなってるのに気づいた。コスト削減のためか、一色印刷になっただけじゃなく。従来は真ん中の説明事項が書いてあったところに、市町村の確認欄になってるよ。おそらく、手続きに使う書類を減らす為か。まあ、書くこと自体は、変わってないと思うが。

20140704c

そんな訳で、気が向いたら市役所にでも出かけて手続きしてくるか。向かなかったら、面倒だから郵送するか。

国民年金の全額免除申請が受理されたよ

7月に申請した、国民年金保険料免除の申請が受理されたよ。結果は全額免除。これで来年の6月までは安泰だな。

20130819a

もっとも、全額免除期間中は、受給資格期間にはカウントされるけど、受給額が半減されてしまうから。将来的には安泰とは言えないわけだが。それでも、保険料を払ってないのに、半分は払った事になるんだから、贅沢は言えまい。

免除した分は後で払う事も出来るけど。追納するか免除のままにするかは、現在の収入と残りの寿命次第。少なくとも、現時点で免除要件を満たしてるなら、無理して払う必要はないと思う。なんせ、追納する・しない場合の損益分岐点は、65歳支給だと84歳ぐらい。それ以上生きるつもりなら、払う価値はあるだろう。だが、そこまで生きてる保証はあるのか。それ以前に、年金受給開始予定の65歳まですら、生きてるとも限らないんだぜ。

免除した保険料を払った方がいいかどうかの検証は↓
国民年金保険料を免除した分は追納すべきか?

ちなみに、年金もらえるかどうか分からないとか、もらえたとしても今の老人との格差がひどいとか言って、年金払ってない人もいると思うが。現行の年金制度でも、それほど損はしない仕組みになってる事に気づいた方がいい。

今の保険料だと、国民年金フル加入の40年間払うと、概算で800万円弱ぐらい。対してもらえる年金額は年間80万弱。だいたい、10年受給すれば元がとれて、その後はプラスに転じる。すでに年金受給が始まってる高齢者が貰いすぎてるだけで、長生きリスクに対する有効な対策なんだよ。さらに、厚生年金なら、低所得者なら自己負担が国民年金より減るのに、支給額は増える

それに65歳になる前に障害者になった時にも、年金払ってれば障害者年金が受け取れる。

国民年金不払いより免除を勧める記事は↓
国民年金の免除申請に行ってきたよ

とはいえ、年金制度は現行よりも良くなるより、どう考えても悪くなるとしか思えないのも事実だね。とりあえず現在、高額年金受け取ってる層をなんとかしないとどうしようもないだろうな。