楽天VYM

かねてから噂になってた楽天バンガードファンドの新型、楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド(楽天VYM)が、予定通り今日から買えるようになったんでとりあえず買ってみた。

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド | 投資信託・ETFのご案内 | 投資信託・ETFなら楽天投信投資顧問

なんか金額が中途半端なのは、物欲に買ったら投資する分をこっちにも回すことにしたから。なので、今後物欲に勝利するたびiFree S&P500と楽天VYMを買うことに変更。それ以外は、楽天VYMも毎営業日100円手動積立することにする。

物欲に勝ったらiFree S&P500インデックスに投資することにした -つもり貯金はじめました-

今回の感想

いくらついでとはいえ、流石に毎営業日3種類のファンド買い付けるのは面倒な気もするが。ぶっちゃけ、楽天証券もSBIみたいに毎営業日設定対応しろって話だよな。NISAの方が出来るんなら、特定口座だってできそうなもんだけど。まあどことは言わないが、毎営業日自動積立出来ない上に、低コストの投資信託にはマネックスポイントを付けないケチくさい証券会社よりマシとは言え。現状だと、新規でネット証券大手3社の口座作るとしたらSBI一択って感じだよな。

ネット証券のシェアを比較してみよう!

「データは嘘をつかない」って言うし。

関連記事

ブログランキング にほんブログ村

拍手ボタン

Leave a Reply