健康のため食事にカップ麺買う奴なんていないと正論書くと記事にならないのか、私気になります


隠れ油

なんか、インスタントのカップ麺だと下手すりゃラーメンよりそばのほうが油が多いとかいう記事を見たんだけど。

日本人の体を壊す「隠れ油とりすぎ」の深刻問題

ちなみにカップ麺、インスタント麺の場合は、ラーメンであろうとそばであろうと脂質はほぼ同じ。「そばだからヘルシー」ということにはなりません。下手をすればラーメンよりそばのほうが、脂質が高かったりします。天ぷらそばなどは、なおさら脂質がアップします。

確かに、天ぷらそばの脂質が多いのはその通りだろうけど、ラーメンよりそばのほうがヘルシーじゃなくなる理由が、私気になります。

カップそば

と言うわけで、大手メーカーのカップそばについて調べてみましたしたんだけど。記事の通り、油揚げめんだと油の量は麺の量の影響が多いのかもしれんな。知らんけど。

おだしがおいしいカップヌードル 鶏南蛮そば

脂質 11.8g

うまいつゆ 鴨だしそば

脂質 13.3g

まる旨 小海老天そば

脂質 10.0g

エースコックの小海老天そばは、油揚げめん・天ぷらでこの脂質なのは、麺の少なさもさることながらかき揚げじゃなく小海老天だからなのかもしれんな。知らんけど。

まる旨 小海老天そば 60g ×12食 投稿画像・動画

カップラーメンと比べるとノンフライのカップそばは少数派ですよっぽいけど、ヤマダイのラインナップにはあった。どうでもいいけど、ニュータッチって会社名じゃなかったんだな。

鴨だしそば

脂質 6.5g

これ、「鶏肉団子」と「別添オイル」なければもっと脂質減らせたんじゃねって気がする。

本格的なノンフライのカップそば 「凄麺 鴨だしそば」 2021年9月13日(月)リニューアル発売

さらに鴨肉を焼いたような食欲をそそる炭火焼き風の香りを閉じ込めた、別添オイルを合わせることで、臨場感ある鴨南ばんの雰囲気を再現しました。

カップそばでも一杯のかけそばみたいにチープなのをノンフライで作ればヘルシーになりそうな気がするけど、多分そういう需要はないんだろうな。具のショボいノンフライのうどんかラーメンだとここまで脂質を減らせるけど、ボリューム的には成人男性だと物足りないかもしれんな。知らんけど。

ノンフライ麺 うどん

脂質1.6g

ノンフライ麺 しょうゆラーメン

脂質1.5g

ちなみに、上の二つはラーメンは味噌ラーメンだったかもしれんが食べたことあるけど。味については、うどんは値段考えればまあこんなもんだろだったけど。ラーメンは、ラーメン好きな人はせっかくだから高価格帯の商品を選ぶぜだろうし、好きでない人は災害時とかでなければ食べなくても良いんじゃねって気がした(個人の感想です)

今回の感想

そんな訳で、記事の趣旨通りいつからカップそばなら油が少なそうと錯覚していたは事実っぽいな。ただ、油揚げ麺でもかき揚げとかの見た目から油吸ってそうなヤバいですねなの除けば、牛丼(並盛り 16.9g)とかハンバーガー(メニューによって差ありすぎ)と比べて脂質が多いとも思えんが少ないとも思えんか。

牛丼

メニュー別・栄養成分・アレルギー物質一覧 [PDF]

栄養成分 一覧表

マクドナルドについては、ハンバーガーなら9.4gだけど、59円バーガーの時代からハンバーガー1個じゃおやつ代わりにしかならなかったのを考えれば、これ1個で1食分にはならなそうだから参考にはならんかもしれんな。まあ、マックフライポテトがSでも11.3gなのを考えると、マックでサイドメニュー頼むならポテトはやめとけってなるのかもしれんな。知らんけど。

マクドナルドのハンバーガーが59円で買えたの、いったい何だったんだろう?

マジレスすると、健康に気を使う人はカップ麺とかは非常食とかじゃないと買わないんじゃねって気がするけど。百歩譲ってカップ麺食べるとしたら、麺の種類よりノンフライかどうかで選ぶんじないかと、私気になります。

以下余談

世界の本田

なんか、アイドルでラーメン大好きとか夜遅くに飯とかお菓子食ったりしてる割に体型を維持できてそうなのを見ると、影では努力してるのかそれとも天性の食べてもやせない肉体に自惚れて食事管理のイロハも知らんのか、私気になります。と言うことを、本田仁美氏の記事を見て思い出したことを、思い出した。

憧れの垢抜け美女に変身! 美くびれの持ち主、本田仁美さんにボディメイク術を聞いてみた

(感じ方には個人差があります)

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください