ジャストシステム

以前の記事で、有料の辞書買わなくても無料のオンライン辞書でいいじゃんみたいな記事を書いたんだけど。付属の辞書目当てATOKのプレミアムバージョン買っちゃった。

しかも、最新版の2017じゃなく2016かよ。そりゃ型落ち製品なら値段も安いとはいえ、あえて旧バージョンを買うほどかと思うかもしれんが。辞書目当てだとそれもありかもしれんよ。

オンライン辞書ついては↓
EPWING辞書はオンライン辞書に駆逐される運命なんだろうか

精選版日本国語大辞典

ちなみに、今回はAmazonからパッケージ版で買ったんだけど。現時点で2017と2016の価格差は、2017のクーポン込みで2384円か。普通なら迷わず2017いくよな。

ATOK 2016 for Windows [プレミアム] 通常版

新品価格
¥7,216から
(2017/2/15 21:05時点)

ATOK 2017 for Windows [プレミアム] 通常版

新品価格
¥10,100から
(2017/2/15 21:06時点)

で、辞書の中身だが、2017が「岩波国語辞典」「明鏡ことわざ成句使い方辞典」「大修館四字熟語辞典」「ジーニアス英和・和英辞典」の4種類に対して、2016は「精選版日本国語大辞典」「ジーニアス英和/和英辞典」と2種類。ジーニアスは両方あるので、違いは国語辞典関係なんだけど。2017は岩波国語辞典の他は、ことわざと四字熟語辞典なのに対して、2016精選版日本国語大辞典の一本のみ。けど、2016の精選版日本国語大辞典ってのは2005~2006年発行と古いが、元の紙本は全3巻で定価税別45,000円という代物なんだよね。

そうなるとおまけの辞書というよりは、辞書のおまけにATOKがついてくると言っても過言ではない状態だが。自社製品がビックリマンチョコみたいな扱いで、ジャストシステム大丈夫かと心配になるな。

〔精選版〕日本国語大辞典〈全3巻〉 | 書籍

精選版日本国語大辞典に話を戻すと、最近では電子辞書用が1万前後で売ってたり、iOS用のアプリが発売当初に4,800円(通常7,800円)でディスカウントされたりしてるので、ありがたみは薄れてるけど。しかし、期間限定とはいえ4,800円で安売りしてたのを考えると、まさかとは思うが改版の予定でもあるんじゃねって勘ぐりたくもなるけどな。

カシオ 電子辞書 追加コンテンツ microSDカード版 精選版 日本国語大辞典 XS-SH21MC

新品価格
¥9,016から
(2017/2/15 21:06時点)

iOS向け辞書アプリ「精選版 日本国語大辞典」の発売が開始、月末まで4,800円

余談だが、カシオの辞書コンテンツ版の「精選版 日本国語大辞典」は対応機種が限られてるんだけど。安価な機種はハブられて高価格モデルのみ対応と世知辛いので、これ目的でカシオの電子辞書を買う人は事前調査を忘れずに。

ATOK 2016 プレミアム

おまけの話が長くなったが、本題のATOKについて。届いて感じたのは、最近の市販ソフトの箱の小ささ。けど、中身はDVD-ROMと取説にユーザ登録ハガキとこれでも過剰包装なぐらいのペラさ。それでも、インストール方法だけじゃなく基本的な使い方まで書いてあるのは良心的だな。ぶっちゃけ、初心者がパソコン買って標準の日本語入力ソフトを使おうと思っても、操作方法はPDFとかの電子版マニュアルのみってのはやっぱハードルが高い気がする。

なお、メディア入りだが2WAYインストール対応なので、メディア使わなくてもネット経由でインストールできるのは便利。まあ、辞書でかそうだから素直にDVD使ったけど。それと、付属のハガキを使わなくてもオンライン登録もできるのでそうした。インストールにネット認証必要なんだから、その方がコスト的にもかからないんだろうが。加えて、ハガキを郵送で送るだけじゃなく、FAXでの登録にも対応してるあたり老舗の貫禄だな。東証一部上企業なんだから、当然と言えば当然なんだろうが。

ATOKイミクル

とりあえずプレミアム辞書もインストールして動作確認してみたが、やっぱ導入初期状態だと今まで使ってたGoogle日本語入力より変換効率悪いな。これが学習が進んでどのぐらい効率が上がるかの検証には、しばらく時間がかかるだろう。とりあえず、わざわざ旧バージョンの2016買ったお目当ての辞書だけど、まあ普通に使えた。

変換中に辞書引いたり、調べたい単語を指定してCtrl二回押し以外にも、イミクル単独で開いて任意の単語を調べられるので便利。ただ、検索方法が「単語検索」「部分一致」「前方一致」「後方一致」のみで、全文検索とかができないのはEBwin等の無料ソフトにも劣るな。

今回の感想

そんな訳で、有料の日本語入力ソフトを買ったのは最初のPC用にFEP付属のワープロソフト買った時以来だな。その後は、PC買った時についてるおまけソフトや、OS標準の日本語入力で十分だから金払ってまで買う必要性を感じてなかったが。時は流れ、現在は週平均5.0回記事を更新(ブログ村調べ)する自称ブロガーの端くれとなってるんだから。これだけ文章入力してるなら、日本語入力は市販ソフト使ってもいい気はするな。

もっとも、数年前に導入したGoogle日本語入力でも特に不自由感じてないことを考えれば、無料ソフトでも十分だった気もするけど。

以下余談。

辞書が私を大学生にしてくれた?

昔大学受験の時、英語教師にコンパクト辞書使ってる奴はダメと言われた。理由は、紙面が限られるので例文とかが載せられないから単語の応用力がつかないとかだったような。当時、分厚い辞書を持って行くのは重いという理由で、確かデイリーコンサイス英和辞典だったと思う、持ち運び便利な小型辞書を愛用していた私は賛同しかねたが。入学した大学の偏差値からすると、確かにその通りかもしれんな。

悪いこと言わないから現役の受験生は、辞書はサイズじゃなく中身で選んだ方がいいぞ。

三流私立大学の英語教育

さらに余談だが、その後入学した某三流私大に、教材はないけど代わりにロングマン現代英英辞典を買えという意識高い系の英語講師がいた。なんでも、ロングマンの英英辞典はネイティブスピーカー向けじゃなく、外国語としての英語学習者向けの英英辞典だからとか。単語の説明は大部分が基本的な英単語2000で書かれてるから分かりやすいとか言ってた。とはいえ、大学の偏差値を考えると少し背伸びしすぎだった気がする。それに、置物確定の辞書に3500円払うなら、他の教材にしてくれってのが学生の本音だったな。

そのまたさらに余談。仕方なく英語の授業に持ってたロングマンの英英辞典を見た別の講師が、英英辞典は日本語訳も載ってる方が良いと言ってた。具体的には、単語によっては「a very serious disease in which cells in one part of the body start to grow in a way that is not normal」と言われても直感的に分かりにくいけど、日本語なら「癌」の一言で方が付くというような説明だった。学生のレベルに合わせた的確な助言だったな。

cancer | meaning of cancer in Longman Dictionary of Contemporary English | LDOCE

ちなみにそっちの講師の教材は、本人が翻訳した有名アメリカ文学のダイジェスト版だったが。某有名出版社から出ている別の人が訳した本について、「訳が固い」みたいなことを言ってさりげなくdisってた。

村主章枝

なんか、元フィギュアスケート選手の村主章枝氏がヌード写真集出すらしいんだが。

村主章枝“フルヌード”は「抵抗なかった」 「最初から脱ぐ企画ではなかった」

〈速報〉村主章枝、ヌードは企画ではなく「心を開いた方が」

最初はヌードではなかったとか聞くと、AVに強制出演させられた人みたいだなと思ってしまう。

私はAV出演を強要された~“普通の子”が狙われる~

そんなことはないだろうが、村主氏といえばすでに週刊誌でヌードになってるからな。しかも、経済的に貧窮してるとも言われてるし。

元フィギュア村主がヌードになったワケ 極貧生活をTV告白

それはともかく、この写真集100ページないのに3,780円もするのか。

村主章枝写真集『月光』

新品価格
¥3,780から
(2017/2/14 20:55時点)

発売前から重版が決まってるって話だけど、そんなに需要あるもんなんだろうか。

今回の感想

この手の写真集を見ると、宮沢りえ氏の「Santa Fe」を思い出すな。

宮沢りえ Santa Fe 写真集

中古価格
¥3,600から
(2017/2/14 20:55時点)

全盛期人気絶頂時に出したこの写真集に、リアルタイムで衝撃を受けた者からすると。フィギュアスケートなら誰とは言えないけど、現役で活躍してる選手でもなければ意外だけど驚くほどじゃないかな。引退した選手ならどちらかというと、今の村主氏と同じ年齢だとすれば八木沼純子氏の方が需要ありそうな気がするんだけど。

八木沼純子(スケート) – オリンピアンズ・ストーリー – JOC

ついでにまたどうでもいいことを思い出したが、元バレリーナの経歴を持つ映画監督の周防正行氏の妻、草刈民代氏もなぜかアラフォーと言うより、アラフィフの時に写真集で脱いでるらしいけど。

草刈民代、写真集見納め示唆「こんなに裸が多くなるとは…」

あらためて、宮沢りえ氏の偉大さを思い知ったよ。

すかいらーく株主優待改善

なんか最近、すかいらーく株主優待が改善したって話を聞いたんだが。まあ、都合が悪くなると既存の株主をMBOで切り捨てて、その後外資系ファンドを手を組んで手のひら返しで再上場したすかいらーくだぜ。どうせ改善ってもたいしたことないだろと高をくくってたら、思った以上に改善してた。

株主優待制度の一部変更(拡充)に関するお知らせ[PDF]

100株のミジンコ株主含めて3倍増って、これ後でシャレにならないやばい発表とか控えてるんじゃねと、勘ぐりたくなるぐらい。

すかいらーく優待改善に釣られて優待バカ復活

そんな訳で、すかいらーくの株買ったった。てっきり株価が、優待バカが「間に合わなくなっても知らんぞ」とばかりに買ってるのかと思ったが。かなり値上がりした時もあったけど、現時点の株価ならまあこんなもんだろレベルだったんでつい。

まあ、今後株価が下がる可能性もあるが、その時はその時で、300株に買い増せば優待が通常の3倍になるからいいんじゃね。ここまで優待利回りが高いと当然優待改悪リスクもあるけど。そうなったらそうなったで、また一人優待バカ「不運と踊っちまった」てとこじゃね。

ジャストシステム

なんか先週、ジャストシステム株価急落ってニュースを見て知ったんだが、ここって上場してたんだな。しかも東証一部。そうこう調べてるうちに、なんか最近一太郎ATOKの新バージョン(2017)が発売されたみたいなんだけど。この二つ、まだ開発続いてたのか。

話題株ピックアップ【夕刊】(3):太陽誘電、ソニー、日本マイクロ

ニュースリリース | 2016.12.01 作成文書の種類やIT機器、身体特性に応じて最適な文書作成環境を提案する日本語ワープロソフト「一太郎2017」を来年2月3日(金)より発売

で、さらに調べてるてると、値段の高いプレミアムバージョンには辞書とかおまけソフトが付いてるんだけど。さらに、日本語入力ソフトのATOK2017もプレミアムだと一太郎と同じ、「岩波国語辞典」「明鏡ことわざ成句使い方辞典」「大修館四字熟語辞典」「ジーニアス英和・和英辞典」がついてるんだな。辞書の単独使用がどのぐらい出来るか不明だが、調べたい時にすぐ使えるなら結構便利かもしれん。

ATOK 2017 for Windows [プレミアム] 通常版

新品価格
¥11,072から
(2017/2/12 22:33時点)

辞典ソフト

昔はPCに、市販ソフトのおまけについてたEPWING形式の辞書を無料ソフトで使ってたんだけど。現行で発売されてる製品だと、公式にEPWING対応を謳ってる辞書はほとんどないみたいだな。まあ、最近は調べたい単語があればググって解決するからな。それなんで、ローカルでの辞書の必要性がないと言えばないんだが、探したら辞書のメディアが見つかったんで活用してみることにした。

EPWING

とりあえず、EPWING辞書をHDDにコピーして閲覧可能な無料ソフトをググッたところ、サポート終了を機に無償公開になった太っ腹な「ViewIng」が見つかった。EPWINGビュアー以外にも「EPWING/電子ブックインストーラ」も用意されてるのが最大の理由だったんだが。もしかすると、単純にCD-ROMをHDDにコピーするだけでも良かったかもしれない。

電子ブック/EPWING書籍ビュアー ViewIng3.0 – ビューイング –

EBWin

結論から先に言うと、ViewIng用のEPWING/電子ブックインストーラでコピーした辞書データを、「EBwin」という無料ソフトで使用することになった。EBwinにしたのは、ViewIngでは複数辞書の検索(俗に言う串刺し検索)ができなかったから。もっとも、国語辞典と英和・和英辞典を同時に検索する頻度がそんなにあるとも思えないが。

EBWin4

実際に使用してみたが、ちゃんと大辞林図版も表示されるし、英和辞典単語の音声再生にも対応してる。

新英和中辞典・新和英中辞典・大辞林

今回使用したEPWINGの辞書は、研究社の英和・和英辞典と三省堂の大辞林なんだけど。元々は、「クラリスワークス」というオフィスソフトのおまけだった。クラリスが解体されるからか、最後は投げ売り価格で叩き売りされてたので、辞書の単独の値段を考えるとアプリの方がおまけ扱いだったな。ちなみに4980円の時に買って、辞書以外はインストールすらしてなかった。

Report of ClarisWorks

ただ、今となってはこの辞書古すぎて使うには多少問題があるかもしれん。

研究社 新英和・和英中辞典 CD‐ROM版
(C) 株式会社研究社 1995

『新英和中辞典 第6版』
『新和英中辞典 第4版』

『大辞林』CD‐ROM版 1992年
◎編者=松村明
◎著作権者=松村明 三省堂編修所
◎発行=(株)三省堂

どれも20年以上前かよって、流石に古すぎねえか。とはいえ、研究社新和英中辞典は最新が5版で2002年、新英和中辞典が7版で2003年って絶版なのかこれ。大辞林の方は現在3版が2006年なんだが、これもこれで気になることがある。

オンライン辞書

今回の件で調べてみたんだけど、最近のネットで無料で使えるオンライン辞書って原典は結構いいの使ってるんだよな。例えば、goo辞書の国語辞典と英語辞典はこんな感じ。さらに他の辞典もあるんだから、ネット接続必須とはいえ機能十分だな。

goo国語辞書

国語辞書 – 大辞泉
goo国語辞書は、約28万6,300項目(2017年1月現在)を収録した小学館提供の『デジタル大辞泉』を搭載しています。

goo辞書 英和辞典・和英辞典

ランダムハウス英和大辞典
34万5,000語もの圧倒的な語彙、余りある解説量と17万5,000もの実用例が無料で検索できる最高のオンライン英和辞典です。

プログレッシブ和英中辞典
日本語の情緒を英語に!明快な文例が数多く収載され、英文レターや英語メール文章作成にも役立つ和英辞典です。

版数表示がないから最新版と仮定すると、「小学館ランダムハウス英和大辞典」は1993年発行なのか。大型辞典だと改定するのも大変だろうからしかたないのか。プログレッシブ英和中辞典は5版で2012年だから、実用範囲か。デジタル大辞泉は紙ベースじゃないだけに、年3回更新ってのはオンラインならではの強み活かしてるな。

さらに、コトバンクってサービスもあるんだが。多分ググってたどり着くことはあったと思うが、サービスを意識したことはなかった。ぶっちゃけ、コトバンクって名前が軽いんでてっきりWELQみたいな適当なキュレーションサイトかと思ったが、「朝日新聞、講談社、小学館など」といった超大手がバックに付いてるまともなサービスだったのか。

事典・辞書の一覧 – コトバンク

プログレッシブ英和中辞典(第4版)|小学館
プログレッシブ和英中辞典(第3版)|小学館
デジタル大辞泉|小学館
大辞林 第三版|三省堂
(一部抜粋)

ここの辞書はgoo辞書と比べると、ランダムハウス英和大辞典がないとか、プログレッシブの英和・和英が最新じゃないとかあるけど、ちゃんと詳細表示してるのは感心だな。他に、gooと同じデジタル大辞泉がある上、大辞林の最新版まであるのかよ。ちょっとインタフェースがウザいのに耐えられるなら、ローカルの辞書なんて要らなかったかも。

今回の感想

そんな訳で、素人には無料のオンライン辞書でも十分すぎるほどの実用性がありそうだな。そうなると、オンラインサービスで対応してない辞書を使いたいとかでなければ、無料のコトバンクやgoo辞書で十分か。いい時代になったな。

ワリート分配金

今月のワールド・リート・オープン分配金が確定したんだけど。とうとう、ワリートも分配金70円から50円に引き下げられたか。さらに、トランプリスク発動のせいか基準価額下がって、全額特別分配転落したよ。

まあ、ワールドREIT関連の毎月分配型投資信託が軒並み引き下げしてたから、ある程度予想してはいたけど。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

気を取り直して、マネックスと楽天証券で買ってるワールドリート投信のパフォーマンス比較。ワリートの方は約+12.29%と若干の下げ。

一方、EXE-iグローバルREITファンドも19.70%と下がってるが、ワリートよりはマシなのでパフォーマンス差は7.41%とまた広がってる。

今回の感想

そんな訳で、トータルリターン的にはプラスだから、まだあわてるような時間じゃないけど。再び買い場が訪れた時は、毎月分配型投信からは手引いた方がいいかもしれんな。

それにしても、理屈では税金と信託報酬の差額の分だけ低コスト投信の方がパフォーマンスがいいのは分かってはいたが。複利の効果もあるといっても、1年程度でここまで数字が違うなんて、なんか計算方法とかミスったのかなあ。それとも、まじでここまで違うのか。