amazonas-295892

アマゾン改悪?

なんかAmazon.co.jpの方のアマゾンが、全品送料無料サービスを終了するってニュースが結構大きく取り上げられてるんだが。現状では、購入金額合計が一定以上にならないと買えないあわせ買い対象商品や、取扱手数料が追加される特別取扱商品とかがあるから、すでに全品送料無料じゃないと思うが。

Amazon.co.jpの“全品送料無料”が終了、書籍除き2000円未満の注文は送料350円が必要に

今回の変更で2000円未満の買い物が送料350円となるなら、品揃えを無視すればケンコーコムみたいな送料無料ラインの低いとこと対等になった訳だから、一般の利用者にとってはサービス改悪だろうな。

まあ、プライム会員については引き続き送料無料だから。そうなると、以前は2500円以上買わないと買えなかったあわせ買い対象商品が、2000円以上から買えるように逆に改善された訳だ。そう、プライム会員ならね

Amazon.co.jp ヘルプ: あわせ買い対象商品を注文する

あわせ買い対象商品は、Amazonギフト券を除くAmazon.co.jp が発送する商品と組み合わせて、合計額が2,000円(税込)以上の場合にご購入いただけます。あわせ買い対象商品の単品でのご注文は承っておりません。

アマゾン送料無料終了の影響

アマゾンが送料無料をやめて、喜んでるのはどこなんだろう。やっぱ、佐川が泣き入れて契約解消してから配送を一手に引き受けているクロネコヤマトか。もっとも、アマゾンで一番過酷と思われるのは、プライム会員なら無料で使える当日お急ぎ便お急ぎ便サービスだろうからな。一般の利用者が追加料金払ってまでやってないだろうし、お急ぎ便が減ることはないから引き続きハードワークのままか。

そうなると、アマゾンに対抗して全品送料無料サービスに踏み切ったヨドバシとかビックカメラみたいな競合店か。アマゾンですら送料無料の例外を作ってるのに、この2社は数百円の電池とか化粧品でも送料無料になるからな。

もっとも、ライバルが脱落したことで、ヨドバシやビックもサービス改悪する可能性はあるな。

今回の感想

そんな訳で、プライム会員にとっては年会費が値上げされない限り、アマゾンの利用頻度は今までと変わらないかな。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.