a0006_001914

カップヌードルライトプラス チーズフォンデュ

なんか、日清食品の新製品「カップヌードルライトプラスチーズフォンデュ」というカップラーメンが低カロリーを謳ってるんだけど。プレスリリース見ると、スープを飲んでも198kcalっていうけどさ、まだカップラーメンのスープ全部飲んでる人っているのか。

「カップヌードルライトプラス チーズフォンデュ」(11月9日発売) | 日清食品グループ

カップ麺の塩分

確かに、食事に汁物を加えると満腹感が出るから、カップ麺をスープまで飲むのは貧民的には1食100円前後で腹膨らます手段ではあるが。健康のため塩分を取り過ぎないことが当たり前になってる世の中で、さらに今年から1日の塩分摂取量の目標量が下げられたというのに。

知ってる?2015年4月1日より塩分摂取目標量が改訂されます

カップヌードルライトプラス チーズフォンデュのカロリーは低いみたいだが、塩分については何も書いてないんだけど。ちなみに、オーソドックスなカップヌードルだと、食塩相当量は4.8g (めん・かやく: 2.3g / スープ: 2.5g)入ってる。

カップヌードル | 日清食品グループ

もっとも、これは日清に限ったことじゃないが。一般的にカップ麺は塩分多めだから。例えば同じ醤油ラーメンだと、明星チャルメラが4.8g、サッポロ一番カップスターが5.1g。ただ、カップスターには塩分ひかえめの製品があって、そっちだと3.4gだな。それでも結構多いけど。

明星 チャルメラカップ しょうゆ : 明星食品

めん・かやく 1.8g
スープ 3g
合計 4.8g

サッポロ一番 | 製品情報 – サッポロ一番 カップスター しょうゆ

ナトリウム 2.0 g{めん・かやく:0.9 g スープ:1.1 g}

食塩相当量:5.1 g

サッポロ一番 | 製品情報 – サッポロ一番 カップスター Green Line しょうゆ 塩分ひかえめ

ナトリウム 1330 mg{めん・かやく:540 mg スープ:790 mg}
食塩相当量:3.4 g

今回の感想

日清食品の創業者、故安藤百福氏は、毎日自社のチキンラーメンを食べて96歳まで長生きしたというが。スープまで飲み干したかどうかは定かではないが、どっちにしてもチキンラーメンが体にいいとは思えないんだけど。

ちなみに、現在のチキンラーメンの食塩相当量は、5.6g (めん: 2.3g / スープ: 3.3g)

チキンラーメン | 日清食品グループ

昔は、スーパーで安売りされてる袋麺を買い置きしてた事があったけど。安売りされる中では、チキンラーメンが一番好きだったな。味がどうこうというよりは、器に入れてお湯を注ぐだけで楽だからだけど。ただ、年をとるにつれチキンラーメンの油が胃にもたれるようになってからは、めったに食べなくなったな。それを考えると、100近くでこれを毎日食べれるってのが健康の証なだけで、チキンラーメンが長寿の秘訣ではないと思うぞ。

そんな訳で、貧民は袋麺・カップ麺や普通のラーメン問わず、塩分の多いラーメンとかの汁は全部飲まないほうがいいぞ。そう言えば、以前の職場でも昼食がカップラーメンのみの人はたいていスープまで飲んでたな。まあ、底辺の肉体労働だったから、体が塩分を欲してたのかもしれんが。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply