記事中で紹介したスターサーバープラスは、2013年9月30日で新規受付を終了するのでご注意を。それより前に申し込んだ人は、受付終了後も継続して使えます。詳細は「『スタードメイン』無料サーバー機能「スターサーバープラス」の新規受付終了について」を参照してください。

前回の記事では、有料レンタルサーバーに対する、スタードメインのスターサーバープラスのコストパフォーマンスの高さについて言及した。だが、無料サービスのレン鯖ってどこまで使えるのだろうか。一番気になるのがこの点だろう。

無料で利用できるサーバー機能は、URL転送・メール転送・WEBスペースのみ。メールサーバーはないので、独自ドメインでメールを受信したければ他のサービスを利用しないといけない。

まずはウェブから見てみよう。

ウェブサーバーの機能

ウェブサーバーは、PHPやMySQLが使えないけど容量10GBのスターサーバーか、3GBしかないけどPHP・MySQL使用可能なスターサーバープラスのどちらかを選べる。WordPressが使えるのは後者の方。ちなみにこのサイトは、Wordpressを使いたかったのでプラスにした。それなのでスターサーバーの評価は割愛する。

スターサーバープラスは、有料サービスと比べると省かれてたり制限されてる機能はあるが、個人的には事足りてる。

ディスク容量

ディスク容量は3GB。昨今の無料サービスと比べても控えめかもしれない。だが少なくはなかろう。高解像度の写真何千枚を発表したいとか、動画ファイルをアップロードしまくったり、倉庫利用に使うとかなら別だが。私みたいにWordPressで記事書いて、ちょこちょこ画像を載せるぐらいなら、一生かかっても使い切れないぐらいのサイズだよ。

MySQL

MySQLは使えるが、利用できるデータベースは1個で、利用可能な容量は100MBまでの制限がある。正直これが必要十分かどうかは分からない。簡単インストールでWordPressインストールしただけなので意識してなかったり。この説明で使えないと判断できる人は、素直に有料のレン鯖借りればいいんじゃない。

独自CGI不可

独自CGIは使えないので、何か凝った事をやろうと思っても難しい。PHPの利用は可能だから、それで実現可能なことなら出来るが、一部制限があるので注意。

SSH・Cron不可

シェルログインとCronは使用できない。まあCGIが使えないせいか、PHP以外のPerl・Ruby・Pythonといった言語関係も利用できないので、なくてもあまり困らないのではないだろうか。

ウェブ機能の評価

CGIを自作したり、簡単インストールで対応してないプログラムも導入してみたい人なら、無料サービスでは機能不足だろう。ちなみに今のところ簡単インストール可能なのは、WordPress日本語版しかない。動作確認済みプログラムもWordPressとXoopsCubeの二つで「※全ての機能の動作を保証するものではありません」だったりする。

それを考えると、面倒くさいことはしたくない。サイト管理はWordPressのみって人にはお勧め。少なくとも、私はスターサーバープラスの機能で満足している。

続いてメール機能編。

スターで独自ドメインのメールアドレスは使えるの?

前述したように、スタードメインの無料サーバーにはメールサーバがないメール転送は可能なので、独自ドメインのメアドから転送すればメールソフトでの受信は可。そんな姑息な方法は使いたくないなら、独自ドメインが使える無料メールサービスを利用するのが一番。マイクロソフトのOutlook.com(旧Windows Live Mail)とか。

スターには「GoogleApps簡単設定」が用意されてるのでGoogleAppsの方が楽かもしれないが、2012/12/6以降は無償版の提供がなくなってしまった。

ちなみに、私はマイクロソフトのサービスの前身だったHotmailから使っているので、Windows Live Mail(当時)で設定した。手動なので簡単とはいかないが、手順どおりやればそれほど難しくはないと思う。参考までに記しておく。

  1. Windows Liveアドミンセンターからドメインの追加をする。必要な設定が表示されるので控える。
  2. スタードメインのドメイン管理ツールのDNSレコード編集から、先ほど控えたMXレコードを設定する。
  3. 下記リンクを参考にメールソフトの設定をする。設定後、メールの送受信が可能かを確認。

アプリから Outlook.com メールを送受信する – Microsoft Windows ヘルプ
1. 2.

なお、無料サービスで不満があるのなら、個人的にはさくらインターネットのレンタルサーバーかさくらのメールボックスの利用をお勧めする。何といってもメールは信頼性が一番大事だから、値段だけで決めない方がいい。さくらの信頼性に関しては、スターやロリポップのサービスが、さくらの再販ってとこから察してください。

結局スタードメインって使えるの?

私自身、9ヶ月以上スターのサービスを利用してこのサイトを運用してるが、重大な障害が起きたりはしてないと思う。マイナーなサービスだから、よほどの事でもないと話題にならないのかもしれないが。個人の趣味サイトとかなら必要十分じゃね。

仕事用で、サーバーダウンが致命的な機会損失に繋がるような場合なら、素直にさくらインターネットあたりで契約しといた方がいいんじゃない。ビジネスは信用第一だよ。

と言うわけで、独自ドメインでホームページを持ちたいのなら、ドメイン取得すれば無料のレンタルサーバーが付いてくるスタードメインはお勧めできる。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

2 Comments

  1. says:

    2ちゃんねる丸出しの気持ち悪い口調ですね^^;

  2. ブログのサーバーを変えました。 | アナログウェブログ says:

    […] ゼロからはじめる WordPress – 独自ドメインのメリット 年間120万円生活 -働きたくねぇ.com- – スタードメインのスターサーバー… ちょこヒマノート – […]

Leave a Reply