Posts tagged ‘ATOK’

一太郎2018

なんか、ジャストシステムが来年発売の一太郎2018の予約開始したぜみたいなDMが来てるんだけど。ジャストシステムもATOK2016プレミアム買って以来、楽天顔負けのDM攻勢してくるんだよな。楽天で鍛えられてるからそれはどうでもいいんだけど、なんか代わり映えしない似たような商品を繰り返し送ってくる気がするんで少しへきえき。

それはともかく、内容的にはプレミアム以上だとATOK用のオプション辞書に、来年改訂版される最新の広辞苑第七版をこんなに早くバンドルしてくるとは思わなかった。

表現力・語彙力をアップする連携電子辞典『広辞苑 第七版』 | 日本語ワープロソフト 一太郎2018 | ジャストシステム

ATOK2018?

これなら、精選版日本国語大辞典目当てに買ったATOK2016プレミアムをバージョンアップしても割に合うぜ。

ATOK買っちゃった -今の日本語入力ソフトやワープロはビックリマンチョコ扱い-

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。けど、なんか今回ATOK2018がないんだけど。ググったら、ATOKの新バージョンはパッケージ版廃止されて、月額課金のパスポートのみになったって、アドビみたいにジャスト税徴収するのかよ。

【速報】新ATOK、パッケージ版廃止で月額制のみに

おそらく、今までATOKと一太郎のプレミアム版に客寄せ用の辞書をバンドルしてきたけど。ごく一部のコアユーザ以外の一般層には、一太郎というか有料ワープロソフトはオワコンって昨今だと。辞書目当てで購入するなら、値段の安いATOKで十分じゃねって人が多かったんじゃね。それなんで、単価の低いATOKパッケージ版は廃止して、辞書が欲しけりゃ一太郎買えって路線変更したと推測。

まあ、私も辞書目当てでATOK2016買ったことは後悔してないが。日本語入力はATOKからGoogle日本語入力に戻したぐらいだからな。例えるなら、子どもがいない経営者が優秀な連れ子目当てでバツイチ同士で結婚するようなもんだから、母親には紅天女の衣装ほどの価値もないよな。

今回の感想

そんな訳で、一太郎2018広辞苑目当てで買おうかどうか悩むな。ちなみに、ATOKの方はジャスト税導入されても、2017のパッケージ版は今のところ販売継続するみたいだが。中には、はやくしろ! 間にあわなくなってもしらんぞー!とばかりにパッケージ版を買い煽ってるサイトもあるみたいだが、別にGoogle日本語入力かMS-IMEで良くねって気がする。

ATOK 2016が使いづらくてGoogle日本語入力に戻した -そりゃATOKもがおまけ辞書付けないと売れないわけだ-

ぶっちゃけ、ATOKが必要な人はすでに2017以前のATOK導入してるだろうし。それ以外で必要な人なら、素直にATOK Passportにしとけばいいんじゃね。個人的には、今のATOKって辞書のおまけみたいなもんだから、辞書がないパッケージ版を買う意味は一般人にはないと思う。それに、一太郎2018買うならATOK for Windows 一太郎2018 Limitedは付いてるんだし。まあ、Limitedがジャストシステム製品でしか使えないって、9801の暗黒時代並にLimitedされてるってオチならともかく。

ニュースリリース | 2017.12.05 「ATOK」の提供方法を「ATOK Passport」に統一し、Windows向けプログラムを、2018年2月1日(木)に更新

上のニュースリリース見ると、ダウンロード版のみだけどATOK用の広辞苑第七版単独販売するみたいだな。

ATOK連携電子辞典「広辞苑 第七版 for ATOK」

発売日
2018年2月9日(金)
価格
8,800円(税別)

※オンラインショッピングサイト「Just MyShop」からの直接販売のみとなります。ダウンロード製品のみです。
※お持ちのパソコンにインストールして利用します。

一太郎は持ってないからバージョンアップ版は使えないけど、ATOKユーザーには特別優待版(ジャストシステム製品・Microsoft Officeユーザー対象)は用意されてるので。価格は現時点で予約すると、プレミアムだとパッケージ版が税込18,468円、ダウンロード版が多分16,200円。対して広辞苑単独だと多分9,504円、参考までに紙の広辞苑の普通版は、初回版だとおまけの小冊子がついて9,108円。一太郎プレミアムの本体と広辞苑以外のおまけは下記の通り。

・一太郎2018 ATOK for Windows 一太郎2018 Limited
・イワタ書体(8書体)
・音声読み上げソフト 詠太8
・統合グラフィックソフト 花子2018
・インターネットメールソフト Shuriken 2018
・PDFソフトシリーズ JUST PDF 3 [作成・編集]

ATOKについてはGoogle日本語入力使うからノーカン。イワタ書体のフォントは魅力だが、電子書籍の作成には使えそうだけど商用利用については要問合せっぽいんだが。まさか、無料配布するならいいけど、Kindleで売るなら追加でライセンス料払いなってことなのか、私気になります。

株式会社イワタ 商利用権

それ以外のおまけソフトもあれば使うかもしれないが、金払ってまで欲しいかと言われると微妙。そうなると、広辞苑以外に魅力を感じなければ広辞苑単品買った方が良さそうだな。

ATOK 2016

以前に日本語入力ソフトATOKを、付属の辞書目当てで型落ちバージョンの2016買った事があったんだが。

ATOK買っちゃった -今の日本語入力ソフトやワープロはビックリマンチョコ扱い-

で、半年ぐらい使ってみた結果、日本語入力はGoogle日本語入力に戻した。機能的に劣るとか、変換効率が悪いとか、そういった事はさほど感じてないが。私の場合、テキスト入力は時事ネタを扱うことが多くて、有名人とか旬なワードといった人名や固有名詞が弱いATOKだと、イライラする事が多かったのが理由。

まあ、ATOKの場合付属辞書との連携とかの売りもあるわけだが。選択した単語をCtrl二回押しで調べてくれるイミクルは便利なんだけど。変換中の辞書引きは思ったより使わなかった。逆に、Google日本語入力に戻して困ったのは、HTMLのタグ打ちぐらい。これがATOKだと、途中で候補が出てきて入力数を減らせたんだけど。Google日本語入力の場合は全部入力する必要があるんだよね。この点だけはATOKの方が良かったかな。

Google日本語入力

ATOK 2016

ジャストシステム

なんか、今のジャストシステム収益構造が変わって、一太郎やATOKが売れなくても問題ないらしいんだが。だから真剣味が足りないってわけではないだろうが。

あのジャストシステムが大変貌を遂げていた

まあ、日本語入力も長い間MS-IME使っててそれほどの不満は感じなかったし。今では、Google日本語入力が無料で使えるからな。ワープロも、単品6万とかオフィスで10万とかクソ高い値段で売ってたのが信じられないぐらいの値段どころか、マイクロソフトにこだわらなきゃ無料で使えるし。

そう考えると、商用日本語入力ソフトがATOK以外は淘汰されて。ワープロ含めたオフィスソフトもAppleは無料、マイクロソフトも機能限定版は無料、サードパーティの互換オフィスもほぼ無料。そりゃ、この手のソフト作ってたとこが撤退したり潰れたりするのも不思議じゃねえな。

今回の感想

そんな訳で、まだ日本語入力ソフトFEPと呼ばれて、各社がしのぎを削ってた頃が懐かしいなあ。

それはともかく、少なくとも日本語入力ソフトに関しては、昔からATOKを使ってて鍛えに鍛えぬいたユーザー辞書があるならまだしも。新規でPC買う人は、OS付属のかGoogle日本語入力でいい気がする。まあ、ATOKプレミアム付属辞書に魅力感じれば、金出す価値はあるかもしれんけどね。個人的には、広辞苑が改版されたのが付くまでは食指が動かないかな。

以下余談

ジャストサウンド?

ジャストシステムのワープロソフト「一太郎」のプレミアムバージョン以上だと、音声読み上げソフト「詠太」ってのがついてるらしいんだが。しかし、ジャストも「花子」といいネーミングセンスがいまいちだな。音声ならもっとわかりやすくジャストサウンドでいいんじゃね。

そう思ったところで、思い出した。昔、その手のパソコン雑誌の広告に乗ってた「ジャストサウンド」を。

あなたの知らないゲームデバイスの世界「スーパースコープ」「メガアンサー」

技術革新ってのはこういう分野から起きるんだろうな。VRの開発状況を見てると、今も昔も人間は変わらないものだな。

ジャストシステム

以前の記事で、有料の辞書買わなくても無料のオンライン辞書でいいじゃんみたいな記事を書いたんだけど。付属の辞書目当てATOKのプレミアムバージョン買っちゃった。

しかも、最新版の2017じゃなく2016かよ。そりゃ型落ち製品なら値段も安いとはいえ、あえて旧バージョンを買うほどかと思うかもしれんが。辞書目当てだとそれもありかもしれんよ。

オンライン辞書ついては↓
EPWING辞書はオンライン辞書に駆逐される運命なんだろうか

精選版日本国語大辞典

ちなみに、今回はAmazonからパッケージ版で買ったんだけど。現時点で2017と2016の価格差は、2017のクーポン込みで2384円か。普通なら迷わず2017いくよな。

ATOK 2016 for Windows [プレミアム] 通常版

新品価格
¥7,216から
(2017/2/15 21:05時点)

ATOK 2017 for Windows [プレミアム] 通常版

新品価格
¥10,100から
(2017/2/15 21:06時点)

で、辞書の中身だが、2017が「岩波国語辞典」「明鏡ことわざ成句使い方辞典」「大修館四字熟語辞典」「ジーニアス英和・和英辞典」の4種類に対して、2016は「精選版日本国語大辞典」「ジーニアス英和/和英辞典」と2種類。ジーニアスは両方あるので、違いは国語辞典関係なんだけど。2017は岩波国語辞典の他は、ことわざと四字熟語辞典なのに対して、2016精選版日本国語大辞典の一本のみ。けど、2016の精選版日本国語大辞典ってのは2005~2006年発行と古いが、元の紙本は全3巻で定価税別45,000円という代物なんだよね。

そうなるとおまけの辞書というよりは、辞書のおまけにATOKがついてくると言っても過言ではない状態だが。自社製品がビックリマンチョコみたいな扱いで、ジャストシステム大丈夫かと心配になるな。

〔精選版〕日本国語大辞典〈全3巻〉 | 書籍

精選版日本国語大辞典に話を戻すと、最近では電子辞書用が1万前後で売ってたり、iOS用のアプリが発売当初に4,800円(通常7,800円)でディスカウントされたりしてるので、ありがたみは薄れてるけど。しかし、期間限定とはいえ4,800円で安売りしてたのを考えると、まさかとは思うが改版の予定でもあるんじゃねって勘ぐりたくもなるけどな。

カシオ 電子辞書 追加コンテンツ microSDカード版 精選版 日本国語大辞典 XS-SH21MC

新品価格
¥9,016から
(2017/2/15 21:06時点)

iOS向け辞書アプリ「精選版 日本国語大辞典」の発売が開始、月末まで4,800円

余談だが、カシオの辞書コンテンツ版の「精選版 日本国語大辞典」は対応機種が限られてるんだけど。安価な機種はハブられて高価格モデルのみ対応と世知辛いので、これ目的でカシオの電子辞書を買う人は事前調査を忘れずに。

ATOK 2016 プレミアム

おまけの話が長くなったが、本題のATOKについて。届いて感じたのは、最近の市販ソフトの箱の小ささ。けど、中身はDVD-ROMと取説にユーザ登録ハガキとこれでも過剰包装なぐらいのペラさ。それでも、インストール方法だけじゃなく基本的な使い方まで書いてあるのは良心的だな。ぶっちゃけ、初心者がパソコン買って標準の日本語入力ソフトを使おうと思っても、操作方法はPDFとかの電子版マニュアルのみってのはやっぱハードルが高い気がする。

なお、メディア入りだが2WAYインストール対応なので、メディア使わなくてもネット経由でインストールできるのは便利。まあ、辞書でかそうだから素直にDVD使ったけど。それと、付属のハガキを使わなくてもオンライン登録もできるのでそうした。インストールにネット認証必要なんだから、その方がコスト的にもかからないんだろうが。加えて、ハガキを郵送で送るだけじゃなく、FAXでの登録にも対応してるあたり老舗の貫禄だな。東証一部上企業なんだから、当然と言えば当然なんだろうが。

ATOKイミクル

とりあえずプレミアム辞書もインストールして動作確認してみたが、やっぱ導入初期状態だと今まで使ってたGoogle日本語入力より変換効率悪いな。これが学習が進んでどのぐらい効率が上がるかの検証には、しばらく時間がかかるだろう。とりあえず、わざわざ旧バージョンの2016買ったお目当ての辞書だけど、まあ普通に使えた。

変換中に辞書引いたり、調べたい単語を指定してCtrl二回押し以外にも、イミクル単独で開いて任意の単語を調べられるので便利。ただ、検索方法が「単語検索」「部分一致」「前方一致」「後方一致」のみで、全文検索とかができないのはEBwin等の無料ソフトにも劣るな。

今回の感想

そんな訳で、有料の日本語入力ソフトを買ったのは最初のPC用にFEP付属のワープロソフト買った時以来だな。その後は、PC買った時についてるおまけソフトや、OS標準の日本語入力で十分だから金払ってまで買う必要性を感じてなかったが。時は流れ、現在は週平均5.0回記事を更新(ブログ村調べ)する自称ブロガーの端くれとなってるんだから。これだけ文章入力してるなら、日本語入力は市販ソフト使ってもいい気はするな。

もっとも、数年前に導入したGoogle日本語入力でも特に不自由感じてないことを考えれば、無料ソフトでも十分だった気もするけど。

以下余談。

辞書が私を大学生にしてくれた?

昔大学受験の時、英語教師にコンパクト辞書使ってる奴はダメと言われた。理由は、紙面が限られるので例文とかが載せられないから単語の応用力がつかないとかだったような。当時、分厚い辞書を持って行くのは重いという理由で、確かデイリーコンサイス英和辞典だったと思う、持ち運び便利な小型辞書を愛用していた私は賛同しかねたが。入学した大学の偏差値からすると、確かにその通りかもしれんな。

悪いこと言わないから現役の受験生は、辞書はサイズじゃなく中身で選んだ方がいいぞ。

三流私立大学の英語教育

さらに余談だが、その後入学した某三流私大に、教材はないけど代わりにロングマン現代英英辞典を買えという意識高い系の英語講師がいた。なんでも、ロングマンの英英辞典はネイティブスピーカー向けじゃなく、外国語としての英語学習者向けの英英辞典だからとか。単語の説明は大部分が基本的な英単語2000で書かれてるから分かりやすいとか言ってた。とはいえ、大学の偏差値を考えると少し背伸びしすぎだった気がする。それに、置物確定の辞書に3500円払うなら、他の教材にしてくれってのが学生の本音だったな。

そのまたさらに余談。仕方なく英語の授業に持ってたロングマンの英英辞典を見た別の講師が、英英辞典は日本語訳も載ってる方が良いと言ってた。具体的には、単語によっては「a very serious disease in which cells in one part of the body start to grow in a way that is not normal」と言われても直感的に分かりにくいけど、日本語なら「癌」の一言で方が付くというような説明だった。学生のレベルに合わせた的確な助言だったな。

cancer | meaning of cancer in Longman Dictionary of Contemporary English | LDOCE

ちなみにそっちの講師の教材は、本人が翻訳した有名アメリカ文学のダイジェスト版だったが。某有名出版社から出ている別の人が訳した本について、「訳が固い」みたいなことを言ってさりげなくdisってた。