Posts tagged ‘車田正美’

男坂

なんか、30年ぶりに連載再開してから、ネットで途切れ途切れで更新してる「男坂」だが。いつのまにか週プレからジャンプ+に移籍してるんだな。とりあえず、動物ネタはやめてくれえ。これじゃあ、男坂じゃなくムツゴロウ坂じゃんって気がしないでもない。

[第1話/鯨海乙女編]男坂 – 車田正美 | 少年ジャンプ+

年のせいもあるかもしれんが、もうこれギャグマンガにしか見えなくなってきた。まあ、民明書房刊信じてるようなキッズでなければ、当時からギャグマンガだったのかもしれんがね。

今回の感想

ちなみに、eBookJapanだと「※2017年7月30日までの期間限定無料お試し版です」で、3巻まで全ページ立ち読みできる。4巻以降はアレなんで、未読の人は3巻まででいいかもね。まあ、いい大人が今時これ読んでも、思い出補正なしじゃきついかもしれんが。

男坂【期間限定無料】 (1)



余談だが、「男坂」は全巻電子書籍で買ってるけど。4巻以降はクーポンとかないと買う気になれなかったので、3社にばらけてしまった。

楽天Kobo

BookLivie

eBookJapan

そんな訳で、400円のジャンプでコミックこんな面倒な事になりたくなければ、普通の人はKindleとかで揃えた方がいいかもね。

男坂 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)

a1180_000829

男坂

こないだの記事で書いたけど、週プレNEWS男坂が「“未完”の大作、30年振りに復活!」って事で、連載再開されたよ。

感想は、まあ何というか、あれだな。予想を裏切る展開になっていたよ。これが30年間考えていた、この先の展開だったのか。それとも時代の流れか。車田御大も、もう60歳だからな。

とにかく今後の展開も、いい意味でも悪い意味でも、目が離せないよ。

車田正美作品一部値引きの記事は↓
男坂の電子書籍が100円、しかも3巻全部とは -クーポン程度で買ったオレ涙目-

男坂全巻100円

電子書籍で全巻揃えた「男坂」が値下げされてるよ。全3巻だから、1巻割引すらないだろうとたかをくくっていたんだけど。まさか全巻100円くぁwせdrftgyふじこlp

男坂 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ちなみに、車田正美の最高傑作、「男坂」に比べると話題になりにくい「雷鳴のZAJI」も100円になってる。こっちは文庫版ベースで1巻完結なのに、セールって。車田作品でも、ワゴン行きクラスの売れてなさぶりだったんだろうか。

雷鳴のZAJI (ジャンプコミックスDIGITAL)

それと「あかね色の風―新選組血風記―」も、1巻完結で100円か。

あかね色の風―新選組血風記― (ジャンプコミックスDIGITAL)

このセール、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanとBookLive、BOOK☆WALKERでも100円になってるが、Koboは値下げされてないな。

それと、いつのまにかジャンプコミックの電書版、モノクロ税込400円・カラー税込500円に値上げされてたんだな。これは地味にきつい。こうなると、大幅割引が来るまでは手が出しづらいな。

今回の買い物

結局、「雷鳴のZAJI」「あかね色の風―新選組血風記―」を買ってしまったよ。これらの作品が100円なら買ってもいいって人は、100円のうちに買っといた方がいいんじゃね。流石に、どっちも1巻しかないんだから、1巻無料にはなるまい。なったら泣くぞ、まじで。

なお、今回は中途半端なポイントを消化するために、eBookJapanで購入した。ちなみに、男坂はKobo。

20140603a

男坂の記事は↓
Koboからキャンペーンのクーポンが来たので「男坂」を買ったぜ

男坂再び

このキャンペーン、BookLiveとBOOK☆WALKERでは6/15までと書いてある。eBookJapanの車田正美画道40周年記念キャンペーンのページには、期間は7/20までとなってるが。eBookJapanだけが長いのだろうか。


まあ、買った後だからどうでもいいと思っていたら、驚愕の事実が判明した。なんかさらっと「男坂連載再開」って書いてあるじゃねえか! まじかよ。ということは、新作の宣伝でのセールだったのか

なんで今更という気がしないでもないが。それでも、これはもう期待せざるを得ない。

Koboクーポン

楽天koboイーブックストアから、以前の記事で書いた「エントリー&まとめ買いで最大30,000円分クーポン還元キャンペーン」のクーポンが届いたよ。250円クーポン4枚だけど。これでようやく「男坂」1巻買って、コンプしたぜ。

20140215a 20140215b

男坂

そんな訳で「男坂」全3巻が揃ったところで、一気読みしてみた。内容については、車田正美の最高傑作として名高い作品なので、ここでは触れないけど。まったく、これを早期打ち切りにした、当時の少年ジャンプ編集部は見る目ないよな。だからマガジンに発行部数抜かれるんだよ。ああ、ジャンプが凋落するのは、それから10年以上たってからだったか。

そんな訳で、連載終了をリアルタイムで、見て続きを待ち焦がれていたような人なら買って損はない、とは言い難いかも。というのも、今回の電子書籍版は単行本を底本としているんだけど、あとがきとかが載ってないんだよね。それに、カバーの折り返し部分の著者近影とか一言みたいなのもないし。そこまで求めるなら紙の本を買えって意見もあるかもしれないが。個人的には、出版社の電子書籍化に対するこだわりが感じられない。

それなんで、紙の単行本を持ってる人なら買う必要はないかな。まあ、手抜きの電子化でも、手持ちの端末で漫画だけを読むために、金払う価値があると思うなら別だけど。クーポンはあと3枚あるけど。ジャンプコミックで使うのは、考え直した方がいいかかもしれんな。

男坂 1-【電子書籍】

男坂 1-【電子書籍】
価格:368円(税込、送料込)