HIDISCのBlue LEDワイヤレスマウスHDMW-7091BK買った -磁気研究所で通じるのはおっさん?-

ワイヤレスマウス

諸般の事情で、Bluetoothじゃないワイヤレスマウスが必要な気がするので買おうと思ったんだが。マウスに関してはマイクロソフト買っとけばいいんだよでファイナルアンサーなのは分かりきってるが、なんとなく「買い物ってのはなあ、外れた時痛い目見るから面白いんだよ」的な気分になったので、あえて非マイクロソフトのマウスにしてみた。

とはいえ、いくら安くてもただの赤外線ワイヤレスマウスには興味ありませんなので、今使ってるのと同じBlue LEDあたりで探したら、1,000円以下で2製品見つかったんだけど。

エレコム マウス ワイヤレス (レシーバー付属) Sサイズ 小型 3ボタン BlueLED ふわっと軽い 小型軽量 50g シルバー M-BL20DBSV


HIDISC ブルーLED 2.4GHz ワイヤレスマウス ブラック Mサイズ 3ボタン 省電力設計 収納可能な小型レシーバー 単3電池付き HDMW-7091BK


エレコムとHIDISCだと、知名度的にはエレコム一択な気がするが、HIDISCって磁気研究所のブランドっぽいんだよね。おっさん世代的には磁気研究所と言えば、秋葉原にリアル店舗があってメディアが安いので有名で、昔はここでMOとか買った記憶がある。

記録メディアに人生をかけた男 ? 秋葉原で世界に挑む磁気研究所の挑戦


磁気メディアが廃れた後、再び磁気研究所の名前を聞いたのは、KINGMAXのUSBメモリを買った時だった気がする。確か、楽天市場の店で買ったんだけど、後日磁気研究所だと気づいたような。

磁気研究所は今でも楽天に出店してるけど、メール便じゃないと送料無料ラインが1万ってのは厳しい気がする。

こんな感じで、磁気研究所は昔から商売やってるから、玉石混交のAmazonだけどヤバいですねな商品ではないというか、Amazon.co.jp発送じゃなくAmazon.co.jp販売だからな。

HDMW-7091BK

それなんで、せっかくだから磁気研究所のHIDISCブランドを選ぶぜして届いたのがこれなんだけど。パッケージは昔ながらの四方が接着されてるプラスチックのケースで、非常に開けにくい。その点、紙と組み合わせてる最近のマイクロソフトのマウスと比べると雲泥だが、企業規模を考えるとまあこんなもんだろ。

で、端をはさみで切って取り出したマウス本体がこれだが、ぱっと見目をひくのが表面のピントが合わないぐらいのてかてか具合。このせいなのか材質なのか、持った感じがかなり安っぽい。

裏返してみると、QCシールっぽいのがはってあるが。おそらくこれ、手作業で一つ一つ検品とかして人間がはってるんだろうなって感じで好感が持てます。けど、底面のプラスチックも安っぽいし、電池交換用のフタが開けづらい。それにしても写真暗いな。

レシーバーは小型で本体収納も可能。ノートパソコン用だと神経質な人だと出っ張り具合が気になるかもしれんが、デスクトップならよほどのことがない限りどうでもよさげ。

テスト用の単三電池は聞いた事ない「XZ Energy」のMADE IN CHINAだけど、超一流メーカーでも液漏れに定評のある○URACELLだかのMADE IN CHINAなのを考えると、○URACELLじゃないだけマシかもしれんな。

余談だが、○URACELLの液漏れであばばばした経験から、アルカリ電池(特に高価・希少な機器に使う場合)はメーカー製なだけでなく、原産国液漏れ対策にまでこだわるようになった。まあ、毎日のように使って電池切れたらすぐ分かる奴なら、そこまでナーバスにならなくてもいいのかもしれんが。

閑話休題。電池セットして使ってみたが、Windows 10でもLinux(Lubuntu 18.04)でもプラグアンドプレイでドライバ・設定なしでそのまま使える。まあ、ただの3ボタンのホイールマウスならどれも同じだろうけど。

使ってて気になったのは、今まで使ってたマウスの中でも高さが少し低いとこ。感じ方には個人差あるだろうが、何日か使ってると慣れますよだったけど。カーソルの動きに関してはBlue LEDの効果なのか、マイクロソフトのとも遜色ない気がする。ただ、底がざらついた素材なせいか摩擦が強いらしく、マウスの動きがちょっと重く感じる。マウスパッドとの相性次第かもしれんが。

ボタンはクリック感反発若干強め音もちょっと響く気がする。ボタンは消耗品だから、使ってるうちに変わるかもしれんが。ホイールは若干重めだが、ほどよい抵抗がある。スクロールがページ単位ならちょうどいいけど、数行とかだと大量にスクロールするには不向きかも。

残念なのは、マウスのオン・オフスイッチが付いてるんだけど、これの感触が悪い。オフにする時はいいんだけど、オンにする時はカチっとしない。また、スイッチの場所と重さのせいか片手でオンにできない。それなんで、マイクロソフトのほど頻繁にオン・オフするとなると面倒だと思う。

ただ、HIDISCのマウスには三段階のスリープモードがあって、最終段階だとボタンクリックしないとスリープ解除されないから、外出とか寝る前とかじゃなければ電源オフじゃなくスリープでもいいのかもしれんな。知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、HIDISCのBlue LEDワイヤレスマウスだけど、基本的な機能はマイクロソフトマウスと比べても遜色ない気がする。ただ、細かい作りとか1年と3年の保証期間とかを比較すると、HIDISCとの価格差をどうとらえるか次第なのか、私気になります。

ちなみに、今使ってるマイクロソフトのマウスはWireless Mobile Mouse 3500シリーズなんだけど、これの後継モデルが現時点で1,900円だからな。

マイクロソフト マウス ワイヤレス/小型 グレーWireless Mobile Mouse 3500 GMF-00423


個人的には、これのシアンが在庫なしの時に1,500円ぐらいで売ってたけど、いつ届くか分からないからスルーしてたのが悔やまれるって感じ。でも、1,900円の価格でも、マウスを1個しか買えないならマイクロソフト選ぶかな。HIDISCは、一家四人でマウス買うとかでまとめ買いするとか、子ども用で乱暴に扱われる前提とかならいいやって感じかな。

Amazon Fire TV StickにAdobe Flash Playerとドルフィンブラウザ入れて非対応アプリのフラッシュ動画再生するよ -ES File Explorer等のアプリ・APKファイル・Bluetoothマウスは必須-

続報については↓
Amazon Fire Stick使ってみた

Fire TV Stickでフラッシュ再生できる?

こないだ買ったAmazon Fire TV Stickなんだけど。実は到着日にAndroid用のドルフィンブラウザAdobe Flash Playerをインストールしてたんだが。ただ、ドルフィンの起動はできたけど、Fire TV Stick付属のリモコンやBluetoothキーボードでは設定の変更ができないので中断してた。そこで、Bluetoothマウス注文して今日それが届いたんで、Fire TV Stickで動画再生にフラッシュ要求するサイトの動画が見れるか検証するよ。

Fire TV Stick

新品価格
¥4,980から
(2015/10/30 20:09時点)

Fire TV StickにAPKインストールする方法

まずは、Fire TV StickにAPKファイルからアプリをインストールする方法について。とりあえずAmazonのAndroidアプリストアから、Fire TV Stickに対応してる、ES File Explorerをインストールする。

ES File Explorer

新品価格
¥0から
(2015/10/30 20:09時点)

続いて、ES File Explorerが対応してるNASにつなぐか、FTPサーバー立ち上げるか、オンラインストレージサービスを利用するなどして、ES File ExplorerアプリからAPKファイルをインストールする。ちなみに私はOneDriveを使った。

余談だが、家で使ってるモバイルルーターのGP02には、ルーターに挿入したmicroSDファイルをNASとして利用できる機能があるんだけど。これにアクセスするにはブラウザが必須になんだよね。通常のAndroid端末なら、ブラウザが当たり前のようにインストールされてるけど。Fire TV Stickの場合、デフォルトでブラウザなしだから入れたい訳で、鶏が先か卵が先かって話になるので、前述した通りOneDrive経由する羽目になった。

ドルフィンブラウザとAdobe Flash Player

閑話休題。続いてドルフィンブラウザFlash Playerの導入。ドルフィンのAPKファイルについては、実機から吸い出すかapk downloaderなどのツールを使って入手してください。APKファイルからのインストールには、不明なソースからのアプリインストールを許可する必要があります。

Flash Playerは、ドルフィンブラウザのアプリ説明に入手方法先のリンクがあるのでそこから。ちなみに、Fire TV StickのOSはAndroid 5.1相当みたいなんだけど、ダウンロードするファイルは「Flashコンテンツを再生する方法 [Android 4.1, 4.2, 4.3]」のリンク先にある、11.1.115.81でも現時点だと動作可能だった。

|Android| Flash プラグイン利用ガイド

Fire Tv StickにSculpt Touch Mouseをペアリング

ドルフィンブラウザとフラッシュをインストールしたら、ブラウザをマウスで操作するためにBluetoothマウスをペアリングする。今回使用したのは、マイクロソフトSculpt Touch Mouse 6PL-00007。青歯だから当然無線のワイヤレスマウスで、電源は単三電池が2本必要でちょっと重い。センサーにはブルートラックを採用してる。

マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth ブルートラック マウス Sculpt Touch Mouse 6PL-00007

新品価格
¥1,873から
(2015/10/30 20:16時点)

ペアリングは、設定からBluetoothを追加を選んでマウスの電源を入れとけば、特に苦労なく自動で認識した。

firetvstick2005 firetvstick2006

ただ、Fire TV Stick標準のランチャーだと、マウスポインタが表示されず動作してるのかどうか分からない。それなんで、マウスつなげてもリモコンが必須になるという。

Fire TV Stickのフラッシュ再生

標準ランチャーでのマウス操作は不可だが、ES File Explorerとドルフィンブラウザは、アプリを起動すればマウスポインタが表示されて動作可能。早速、ドルフィンブラウザの設定で「Flashプレイヤー」をデフォの「オンデマンド」から「常にオン」に設定。これでFC2動画で試したところ、動画再生は出来たが広告邪魔すぎ。ただ、この状態だとAdobeのページでフラッシュのバージョン確認しようとしたら、フラッシュが動作しなかった。

firetvstick2007 firetvstick2008 firetvstick2009

設定を確認したら、設定に「一般」と「高度」があって、高度だとユーザーエージェントが変えられるのに気づいた。UAを「Android」から「デスクトップ」に変更したら、FC2動画の画面を半分近く埋め尽くす鬼畜な広告も消えて、Adobe公式ページでフラッシュも動作してバージョン確認できたよ。11.1.115.81と古すぎるけど、これはAndroidがFlashサポート中止してからだいぶ経ってるから仕方ない。

firetvstick2016

UA変更後のFC2動画の動画再生はこんな感じ。全画面表示もできるんだけど、これやると全画面から戻した時に画面の表示がおかしくなるので、あまり実用的ではないかな。画面を元に戻すには、ホームボタン押して一旦ホームに戻ってアプリ起動し直すのが手っ取り早い。

firetvstick2014 firetvstick2015

続いて、ニコニコビューアによるニコニコ動画の動画再生。ニコニコならFire TV Stickにも対応アプリあるけど、あそこってログインしないと動画見れなくてうざいじゃん。それなので、意味は無いけどフラッシュ使用時の動画再生確認の為に見てみたが。一応、動画は再生されるんだけど、ニコニコのサーバが弱いのか、ニコニコビューアのサイトのせいかは知らんが、動画ががカクカクして途中で読み込みが止まったりした。まあ、イーモバ3Gの回線の可能性もあるが。

firetvstick2017 firetvstick2018

Fire TV Stick + ドルフィンブラウザの情報

最後に確認くんとかによる、Fire TV Stickの情報について。OSはAndroid 5.1で認識されてる。別サイトで解像度を見てみたところ、1920x1080(32bit)とほぼモニタのスペック上限になってた。これなら操作性はともかくとして、下手なタブレットよりもブラウザ閲覧には向いてるんじゃね。

firetvstick2011 firetvstick2012 firetvstick2013

今回の感想

なんか、思ってたより普通にWebブラウザが動作したんで拍子ぬけた。まだ使い込んでないので、使用感についてはあまり突っ込んだことを書けないが。今のところ気づいた点は、マウスだけだと操作が厳しいので、URL入力用のキーボードと、いざという時のためにリモコンは手放せないとこ。キー入力は、マウスで文字クリックしても効かなかったので対応してないと思われる。

キーボードはFire TV Stickのリモコン入力に慣れれば済む話だが、HDDレコーダーとかのリモコン並に入力しづらいからな。リビングのテレビに繋いで頻繁に利用するつもりなら、Bluetoothのただのキーボードじゃなく、マウス代わりに使えるポインティングデバイスを搭載したキーボード買ったほうがいいかも。

本格的にブラウザ閲覧に使うなら、ドルフィンブラウザをカスタマイズしてマウスジェスチャーの設定したり、PCとブックマーク同期する価値はありそうだな。Androidのブラウザは他にもあるけど、フラッシュ対応を謳ってるドルフィンブラウザが現時点ではベストか。

個人的には、Chromeが対応してればそれに越したことはないんだが。ただ、ChromeのAndroid版って、拡張機能もアプリも対応してないんだよな。逆に言えば、AndroidやFire TV StickでPCのChrome並の機能が実用レベルで動作するなら、ぶっちゃけChromebookの存在価値がなくなるかもしれんからな。それ考えるとAndroidのChromeは、将来的にアプリとかに対応する可能性はなさそうだな。

そんな訳で、まだPC代わりに使えるかどうかは判断できないが。Fire TV Stickには、期待できるポテンシャルを秘めていそう。Fire タブレット特売4980円ならともかく、下手なタブレット買うより、画面広々と使えるFire TV Stick買ったほうが色々遊べそうだな。

購入時と開封時の記事は↓
Fire TV StickをAmazonの策略にはまって買っちまったよ -プライム会員なら3000円割引で1980円だからな-
Amazon Fire TV Stickが発売日に届いたんでレビューするよ

おまけ マウスの話

今回のタイトルとは関係ないが、マウスについての補足。諸般の事情で、以前ブログ記事に書いたセンサーが赤外線(赤い光のやつ)のマウスから、結構前にブルートラックのに乗り換えたんだけど。今赤外線の使ってるんなら、とっととブルートラックの買って、赤いのは窓から捨てたほうがいい。一度青いのに慣れると、二度と赤いのには戻れなくなるほど違うから。いやまじで。

firetvstick2020

今使ってるマウスは向かって右から、今回買ったBluetoothの6PL-00007・古いPC用の62Z-00009・今使ってるブルートラックのGMF-00298。参考までに購入価格は、1873円・780円・1073円。どれも、同程度のスペックでこれらより安いモデルはあったが、マイクロソフトのブランドを考えると、多少の価格差は無視できるレベルと判断した。

マウスのレビューはある程度使い込まないと、真の使い勝手はわからないと思ってたら、書くのをすっかり忘れてたな。写真下にしいてあるマウスパッド共々、機会があったらレビューするかな。ちなみに、マウスパッドはRazerのゲーム用でかなりの値段がする。まあ、使用期限近いけど使いみち思いつかないビックカメラの株主優待券するため、リアルショップ行って勢いで買っちゃたんだけどね。

Razer Goliathus 2013 Soft Gaming Mouse Mat - Small (SPEED) マウスパッド 【正規保証品】 RZ02-01070100-R3M1

新品価格
¥1,545から
(2015/10/30 20:10時点)

マウスについての記事は↓
マイクロソフトの無線マウスが壊れた!?

マイクロソフトの無線マウスが壊れた!?

注意!

今からマウス買う人は、悪いこと言わないからセンサーがブルートラックの奴にしとけ。赤外線はお勧めできない。また、以前は「赤いレーザー」と書いてるが、赤外線のオプティカルマウスだとレーザーじゃなく光か。

暫定記事は↓の下の方
Amazon Fire TV StickにAdobe Flash Playerとドルフィンブラウザ入れて非対応アプリのフラッシュ動画再生するよ -ES File Explorer等のアプリ・APKファイル・Bluetoothマウスは必須-

本文

マイクロソフトの無線マウスを使おうと、レシーバーをUSBポートに差したら動かなかった。読み取り用の赤いレーザーも出てないし。電池入れ替えたり交換してもダメ。しかたないので、以前調子悪かった時に買った、マイクロソフト ワイヤレス オプティカル マウス Wireless Notebook Optical Mouse 3000と交換した。前回は買った後に動くようになったんだけど、今回はまじで故障したようだ。

20131006a

交換したら、心なしかポインタの動きがスムーズになったような。以前と同じ型番の色違いモデルなんだけど。光学式も読み取りレーザーとかが、経年劣化でもするのか。それと、ホイールの動きがスムーズになったよ。ボールマウスと違って、光学式だとメンテフリーなんだけど。ホイールだけは構造上、使っているとゴミだか指の皮脂とかなんかがたまってくるんだよね。やっぱ新品は快適快適。

20131006b

マイクロソフトのマウスといえば3年保証なんだよね。メールの注文履歴が残ってないから、いつ買ったかは分からないけど、とっくに3年は過ぎてるはず。多分、リアル店舗で買ったと思われる。交換した方はAmazonマーケットプレイスで去年の9月末に買ってた。金額は780円。けど、このモデルもう売ってないや。

今買おうと思うと、ここまで安いMS製のマウスってないんだな。バファローとかロジクールならあるけど。個人的には、マウスはマイクロソフトに限ると思っているので。よほどの価格差がなければ、またメーカー指名買いかな。MS制マウスでAmazon直接販売でも1345円なら、他メーカーにするまでもなかろう。

マイクロソフト ブルートラック ワイヤレス マウス Wireless Mobile Mouse 3500 シャイニーブラック GMF-00297

新品価格
¥940から
(2013/10/6 22:57時点)

まあ、MS同様3年間の製品保証つけてるロジクールなら、まだ検討の余地はあるけど。こっちだと、ワイヤレスでも891円から売ってる。ロジの有線マウスは2,3個買ってるけど、悪くはなかった。日本法人は商標の関係でロジクールになったけど、Logitechのマウスといえば世界的にはかなり有名ブランドのはず。それだから、以前はマイクロソフト嫌いだったので、あえてロジクール選んでたんだけど。でも、会社で使ったMSマウスが良かったんで、自宅のも新しく買う時にはMSにしちゃったよ。ハードウェアと保証に関しては、マイクロソフトは信用できるかな。

と、書き終わってから、念のために古いマウスに再度電池を入れたら、動いた……

ちなみに、「ポインタの動きがスムーズになったような」と書いたけど違った。マウス自体の動きがスムーズになったので、操作しやすくて勘違いしたみたい。おそらく、古いマウスの底面四隅にはってある、すべりを良くするシールが消耗してたのが原因な気がする。

そんな訳で古いのは予備に取っておくとして、新しいのをこのまま使う事にするよ。