ソフトバンクのはめ込みMMSが使えなくなるって超めでたい -2019年11月末日と言わず前倒しで進めてくれ-

2019年11月末日

なんか、ソフトバンクの携帯SMS「ソフトバンク携帯電話をご利用のお客様」ってメールが来たんだけど。大雑把にまとめると、お前の使ってる携帯いい加減古すぎてやばいから、You!とっととスマホにしちゃいなよみたいな(感じ方には個人差があります)

具体的にはこんな感じ。

サーバ証明書切り替えによる3G端末影響告知 | モバイル | ソフトバンク

2019年11月末日をもって、音声通話サービス、ショートメッセージサービス(SMS)以外の一部機能についてもご利用いただけなくなりますので、あらためてご案内申し上げます。

2019年11月末日以降ネットワーク自動調整をすれば、写真1枚送ったぐらいで1,000円近く取られるボッタクリのMMSが使えなくなるのか。個人的には大歓迎だから、もう来年早々にもとっとと廃止してくれたほうがありがたいぐらい。

ちなみに、このソフトバンクのクソ仕様は、わざわざS!ベーシック契約してなくてもソフトバンク同士だとMMSが送れるってガチのクソ仕様なんだよな。まあ、無料の範囲内ならタダでMMS使えるから、トラップ回避できない人なんて少数派ですよってことなのか、私気になります。

ソフトバンクはS!ベーシックを契約しなければパケット代がかからない、そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

それはともかく、使えなくなる機能に「カメラの起動」が入ってるのは、ワケガワカラナイヨ。

機種変更ご検討のお願い

で、未だにガラケー使ってる雑魚どもに、スマホを使える機会を与えてやるからありがたく乗り換えろとか、4G携帯に機種変するなら事務手数料をむりょうにしてやんよみたいなキャンペーンを紹介してるんだが。割引適用されるには条件がーのオンパレードで、相変わらず携帯のキャンペーンはうざすぎるって印象しかないな。

それに、真の狙いは機種変じゃなく、月額料金の高いプランに誘導することだろうし。こっちとしては、ペイペイの100億円バラマキの補填や、実質0円とか過剰値引きの財源になるために割高な月額料金払うつもりはさらさらないからな。

今回の感想

そんな訳で、携帯は電話SMSさえできればどうでもいい。トラップ入りで追加料金かかるクソMMSとか、割高なデータ通信はいらないから、980円のホワイトプランが廃止されるまではこのまま現状維持かな。

3G停波とか携帯壊れて買い換える機種もなくなったとかなら、流石に別の道を探すけど。その時はもうキャリアとは縁切りして、格安SIMの通話SIMでも使うかな。といっても、通話SIMで月額980円より安いのって0simかロケットモバイルぐらいしかない気がしないでもないが。

ソフトバンクにだって語りたくない過去の一つや二つあってもおかしくない? -孫正義がパチモン売ってた?-

ソフトバンクはパチモン売ってた?

ちょっと前の記事なんだけど、ホリエモン氏がソフトバンクの孫正義氏を上から目線で「昔はパチモノを売っていただけ」とか評してる記事を見たんだが。そのパチモノが、ソフトバンクのパソコン雑誌の事らしいんだけど。

堀江貴文が暴露する「孫正義は昔はパチモノを売っていただけだったのによくぞ成り上がった」という話

「最初にアスキーが雑誌を出すわけ。当時は色々なPCの種類があって、各専門誌があるんだよね」

「それを孫さんは後追いでパクリ雑誌みたいなのを出していたんですよ。みんなパチモノだと思ってた。あの頃は」

パソコン雑誌

一応元ネタの動画も見て確認したけど。パチモンって具体的には「Oh!シリーズ」の事らしい。ただこれ、少し事実と違う気がするんだけど。

雑誌関連の話の流れをまとめるとこんな感じ。

・ソフトバンク以前のコンピュータ雑誌は技術評論社とアスキーしかなかった
・ソフトバンクの雑誌は全部パチモン
・最初にアスキーが「アスキー(月刊アスキー?)」って雑誌を出す
・当時はメーカー各社がいろいろなパソコンを出してたから、各機種向けに専門誌を出してた
・その状況の後追いでソフトバンクがパクり雑誌(Oh!PC, Oh!MZ, Oh!Xとか)

動画の説明だと、8bitマイコン時代の各メーカーが群雄割拠した80年代ぐらいの話だと思うが。まず、ソフトバンクのOh!シリーズが出る前って、そんな各機種向けの雑誌ってなかったと思うが。

パソコン雑誌 - Wikipedia

8ビットパソコン

当時のPCの種類で具体例としてあげたのが、NECのPC-88・98、シャープのMZ・X1、富士通のFM-7。メーカ名のみだとソニー・日立・東芝と、別格扱いのアップル。ついでに補足しとくと、あの時代だとソニーはSMC-777、日立はベーシックマスター。東芝はパソピアみたいだな。どうでもいいけど、アスキーが推進してたMSXには触れてなかったが、低スペだからハブったんだろうか。

8ビットパソコン - Wikipedia

それはともかく、この時代の各専門誌といっても、前述したようにそこまでニッチなのはソフトバンクぐらいじゃね。ある程度シェアがあった4~5種類ぐらいだろと思ってたが、実際は短命なのも含めればもっと多かったのか。

SBクリエイティブ - Wikipedia

今回の感想

個人的には、ソフトバンクのコンピュータ雑誌と言えば「Beep!」が好きだったけど。まあ、私の場合マイコンに興味持ったのは「ゲームセンターあらし」から「こんにちはマイコン」の流れがきっかけだから。上の動画で語られていた高尚な雑誌には縁がなかったので、もしかするとホリエモン氏の言うとおり、昔はソフトバンクが元ネタにしてたような各機種向けの専門雑誌があったのかもしれないね。

そんな訳で、アスキーって昔はそんなすごかったのか。てっきり、MSXカ○スエンジェルズの会社だとばかり思ってたよ。

黒歴史

余談だが、ちょっと業種は変わるけど現在一流企業になった中には、当時の成果をなかったことにして大きくなった会社もあるけど。例えば、現スクエニのスクウェア「アルファ」に、エニックス「TOKYOナ○パストリート」とか。光栄「団地○の誘惑」とか。この類は後に、バカな中学生の万引きがきっかけでパクられた例もあると言えばあるが。それを除けば、ソフトレンタル屋から成り上がったソフマップに比べれば、黒歴史ってほどではないと思うけどね。

第157回 シュッピン株式会社 代表取締役社長 鈴木慶3 | 起業事例 | 起業・開業・独立・会社設立ならドリームゲート - ベンチャー・起業家支援サイト

そして1982年、僕はソフマップを設立し、日本初のソフトウエアレンタル事業を始めることになるのです。

また、著作権問題をクリアしなければ、いずれ店が続けられなくなると考えていたところ、ある支援者からのアドバイスもあって、商売を中古パソコンの売買に鞍替えしたんです。

それから10年以上経ったWindows95以降の話になるが。知り合いの話なんだけど、ソフマップの通常とは隔離されたソフト売り場のレジの前って、CD-Rがスピンドル単位で山ほど詰まれてたんだって。ソフマップは中古パソコンだけじゃなく中古ゲームの売買もしてたからな。今だと、DVD-Rもご一緒にいかがですかって感じなんだろうか。

ソフトバンクはS!ベーシックを契約しなければパケット代がかからない、そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

このソフトバンク、容赦せん?

ちょっと前に、携帯にソフトバンクの請求確定お知らせメールが来たんだけど。いつもは通話料ゼロで2台分2000円ちょいなんだけど、今回は1000円近く上乗せされてやがったんだけど。明細を確認したところ、なんかS!メール(MMS)のパケット代が請求されてたんだけど。S!ベーシック契約してないのになんでだと思って調べたら、ソフトバンク同士だと電話番号宛てにMMSが使えるんだけど、添付ファイル300KB超えると有料になるんだな。

パケット通信料の目安 | ホワイトプラン | 料金プラン | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクへのメール無料については、ソフトバンク携帯電話、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク携帯電話宛が対象となります。iPhone 専用メールアドレス(○○○@i.softbank.jp)やみまもりカメラとのメール送受信、メール容量が300KBを超える大容量ファイル添付機能や国際メールでの送受信、フォトビジョン宛の送信、海外でのご利用には通信料がかかります。

105SH白ロム

これで思い当たるふしが出てきた。こないだ、親の携帯を新しくしたので、今までと設定が変わってるかもしれん。親に確認したところ写真付きのメールを送ってたが、新しい奴(105SH)はデフォルトでメールのファイルサイズを、MMSの添付ファイルが有料になる300KB超えるような設定にしてくれやがってたよ。おかげで、約500KBの写真1枚送っただけだが、これでもパケット代が1000円ぐらいかかってやがった。さらに、仮に相手が全データ受信したら、そっちからもダブルでパケット代ふんだくるのか。

今回の感想

そんな訳で、S!ベーシック契約しなければパケット料金はかからないと思っていたから、今回の料金システムは盲点だったな。流石はソフトバンク、あこぎな商売をする。まあ、こちらの落ち度でもあるが、それにしてもソフトバンクにはめられた感はぬぐえない。

さらに、デフォルトでMMSメールの添付ファイルが有料になるよう設定してる、共犯のシャープはクソだな。とはいえ、これはシャープの決定と言うよりソフトバンクの意向かもしれんから、台湾企業に救済してもらった無能な経営陣がいた時代の産物とはいえ、一概にクソとは言えんかもしれんが。