今朝配信された楽天レンタルニュースのメールで知ったが、楽天レンタルの送料値下げキャンペーン。2013/7/31 5:59で終了のはずが、さらに送料が値下げされて継続されていた。今回の送料は下記の通り。

1~7枚 280円
8~16枚 480円
17~20枚 580円

これはなかなか思い切った料金体系。下の画像で、DISCASとの1枚当たりの送料を比較してみた。4枚目までは僅差だが、それでもすべての枚数において、楽天の方が安くなってるのが分かる。今回もまた、少ない枚数を借りた方が送料が安くなる逆転現象が起きてる。特筆すべきは、各料金の上限枚数借りたときのコストパフォーマンス。4枚は70円と少数にしてはいい方だが、7枚の40円16枚の30円はかなりの魅力的な価格。逆に20枚は29円と16枚と比べて1円しか違わない

20130731rakuten

今回の記事はめずらしく、楽天を絶賛して終わるかと思ったが、そうはいかなかった。ちょっと残念なところがあるんだよね。

CDは相手が悪かった

まず、新作・準新作CDに関しては、相変わらずTSUTAYA DISCASのCD単品0円キャンペーンの前では霞む。これは、楽天が悪いのではなく、DISCASのキャンペーンがまじで他社潰す気じゃね、ってぐらい破格だから。それに、旧作DVDの単品・スポットレンタルに関しては、楽天の優位性は変らない。

DISCASについては↓
Posts tagged ‘TSUTAYA DISCAS’

ただ、実際に今回のキャンペーンで楽天で借りようとすると、当たり前だが送料の他にレンタル料金がかかるんだよね。新作280円・準新作170円・旧作50円。この料金足すと20枚借りても1枚あたり旧作79円。まあ、ネットレンタルでは最安値だし、これで借りたいと思った人は問題ないけど。

旧作全品10円まだー?

借りたい作品がレンタル中だったり、そもそも存在しなかったりすると、在庫の貧弱さに定評のあるにも関わらず利用してる楽天会員からしてみると、まだまだだね。なんせ、DVD・CD旧作厳選作品10円キャンペーンと、旧作DVD半額(25円)キャンペーンは7/31 5:59で終了したままだし。今手元に無料チケットもないし。楽天は、旧作5枚をクーポンで無料にして、残りは厳選10円か旧作25円で、レンタル料の1枚当たりの単価を下げなきゃ借りれないって猛者ぞろいなんだよ。

ちなみに私の定番、9枚レンタルで計算してみる。通常送料600円・前回キャンペーン590円・今回キャンペーン480円だと、1枚当たりの単価は66.67円・65.56円・53.33円の順。通常送料と最新キャンペーンで比べても、送料の1枚あたりの差は、13.34円。これが通常レンタル50円が25円になれば、25円の値引き。厳選10円にいたっては40円。今回の送料値下げよりも、レンタル料金値下げの方が値引き額が大きいからな。ぶっちゃけ、値下げ前キャンペーンの送料でも、厳選旧作10円と旧作DVD25円キャンペーンがあった7/31 5:59前の方が、対象作品を選べば安く借りれたはず。

あきらめたら……

というわけで、これに合わせた無料クーポン配って、10円・25円キャンペーンも実施しないと、私は借りないかな。まあ、キャンペーン始まったばかりだから、まだまだ慌てる時間じゃない。楽天ならきっと何とかしてくれるよ。と思っていたら、今回のキャンペーン期間は「2013年8月2日05:59」までって……

関連記事

ブログランキング にほんブログ村

拍手ボタン

Leave a Reply