同人と戦争は手段を選ばないのか、私気になります

プリンセスブライト

なんか、たまたま同人作品の売上に関するツイートを目にしたんだけど。シリーズ新作が出ると、「最新作が30くらい売れる」で「既刊がその何倍か売れる」って、ナニソレイミワカンナイ。

多分、シリーズ10作以上あるから、全作コンプする人がふた桁いけばそれぐらい売れるってことなんだろうけど。一瞬、もしかして新刊買う人より割る人のほうが多いってことなのか私気になります、と思った私は心が汚れているのかもしれんな。知らんけど。

同人の歩き方?

それはともかく、諸般の事情でリンクは張れないこのシリーズ12作+α出てるっぽいけど、値段が7以外は税抜き600円ぽいんだけど。確か、この手の同人販売サイトだと、600円と700円の間には料率の壁があるだけでなく、700円はお手頃価格な値段の割に利益率高いので、100円違いで料率7%の差がある600円で出す意味はあるのでしょうかみたいなのを読んだことあるんだけど。

ちなみに、唯一100円で売ってるのは第2期開始の特別価格の7なんだけど、全く関係ないけど、思い出した。テレビでも宣伝してる、全部集めると完成する付録を毎回つけた雑誌で創刊号だけ特別価格で安くしてるあれなんてタイトルだったか、思い出せない。

それで、「最初だけ安いけど全部買うと結構するコンプ商法の雑誌」ってググったら「ディアゴスティーニ」で引っかかったが、実際は「デアゴスティーニ」っぽい。

今回の感想

そんな訳で、同人でもデアゴスティーニ商法かと思ったけど、どちらかというと電子書籍の1巻無料商法とかに近いのかもしれんな。知らんけど。

けど、100円セールするなら第2期開始作より、単品でもおけっぽい番外編みたいなのの方がむいてる気がするんだが。まあ、アニメとかの2期だと1期を見てなくても大丈夫だ問題ないような脚本にしてるみたいに、つまりそういうことかもしれんな。知らんけど。

以下余談

「絵描き初心者のニートがDL同人で月40万を稼いだ25の裏技」

料率のことで、700円が利益率高いとか書いた元ネタなんだけど。多分、Amazonのオーナーライブラリーかアンリミ無料の時に読んだんだと思うけど。なんか、Kindle本がいつのまにか「当社サイトの有効なページではありません」になってるんだけど。

ググったら、Boothで売ってるからつまりそういうことかと思ったら、更にググったらなんかヤバイですねっぽい。

Kindle本読んだ時には劣化版IronSugar先生っぽいかと思ったけど、買いかぶり過ぎだったかもしれんな。ただ、顔出ししてユーチューバーやってるから、胆力はIronSugar先生以上かもしれんな。

知らんけど。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください